車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月20日 イイね!
仕事の帰り、ちょっと話題になっていたので気になっていた新しいお店に行ってみることにしました。
普段の帰宅ルートとは違うこともあってか、お目当てのお店に到着するまでにもいろんな面白そうなお店がたくさんあってあちこち寄り道しながら行きました。
洋書の種類が充実している本屋さんや思いがけないところにある小さい手芸やさんが普段はめったにお目にかかれないような輸入毛糸を扱っていたりというのがよかったです。
いろんな宝探しの気分で楽しみました。

お目当てのお店に到着してさっそく目を引いたのは輸入のキッチン用品のコーナーでした。
ピカピカと輝くような銅製のお鍋なんか、まるで外国のドラマか映画に出てくるようなものがたくさんあります。
調理器具などはいいなと思っても、やっぱり使い慣れたもののほうがいいのでここは見るだけにしておきました。
特に銅製のお鍋は見栄えがいいし、なんだかお料理上手になった気分になります。
でも実際はいつもピカピカの状態にしておくためには一生懸命磨かないといけないそうです。
普段洗ったりするだけではダメなのだそうで、これはやっぱりディスプレイ用なのかもしれないなと思います。
あるいはたくさん「キッチンメイド」さんがいるお金持ち専用なのかもしれません。

面白く見て結局買ったのは、馬のデザインの鍋掴みです。
指人形ならぬ手袋人形とでもいう感じでしょうか、馬の上半身が鍋掴みになっています。
手を入れて口の部分で鍋をつかんだりフタを取ったりという作業をするわけです。
腹話術にでも使えそうなくらいよくできた「馬」ですっかり気に入ってしまいました。

他にも犬・猫などのデザインがありましたが、なぜか鶏や豚はありません。
食材として使われることの多い動物だけにちょっとリアルすぎるのかなと思いました。

さて喜んで買った鍋掴み、厚さもいいくらいだしと思ったのですが、実際は「もうちょっと分厚かったらいいのにな」という感じです。
オーブンでローストをしているときにトレイを取り出そうと思ったら中味の重さもあってかちょっと「手が熱い」ということになります。

もうひとつ、コンロから鍋を下ろそうとして使う場合に馬の鼻先がコンロの火に触れてしまいそうになることもあるのです。
圧力鍋など使っていて火からおろす場合でも、弱火にしてまた鍋を戻す、という作業をするためにはコンロの火がついたまま作業します。
そういうときに馬の鼻がうっかり火に触れてしまって焦げてしまいそうになるのです。

せっかく気に入って買った鍋掴みですから、やっぱり焼け焦げなんかつけたくはありません。
本来は手の火傷を防ぐための鍋掴みですが、なぜか鍋掴み自体を傷めないように用心深く作業しないといけないのです。
Posted at 2017/02/03 14:59:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | ライフスタイル | 日記
2017年01月12日 イイね!
机の上などに雑然と物が散らばったりしていませんか?ちょっとした小物入れなんかは今や百均に行けばいくらでも手に入ります。でも人と同じものというのもつまらないですよね?シールなんかでデコるのも良いのですが、お手軽にで来る「カルトナージュ」という物をしてみませんか?

カルトナージュとは、簡単に言えば厚紙で出来た小型の収納ボックスの事です。発祥はフランスで、18世紀には生まれていたそうです。本場ではほぼ紙のみで工作されますが、日本においては布などで装飾することも多いようです。そのため「布箱」とも呼ばれます。

制作するにあたって、用意するのはまず厚紙、これがフランス語で「カルトン」と言い、語源となっているわけですね。箱を作るのである程度厚みが必要です。お菓子の外装程度ではなく、破くのが困難名ものにしてください。他にケント紙・クラフトテープ、場合によっては布素材も必要ですね。
工具も必須です。製図に使う筆記用具や、定規、切り取るためのカッターに貼付け用のボンドも揃えましょう。カッターを使う時のためにマットなどがあれば良いですね。他にも縁を止めるのにクリップなども欲しい所です。

道具が揃ったら製図します。子供の頃にやった「展開図」を思い出してください。あの要領で箱を作ります。のりしろは要りません。ボンドでくっつけていきます。ある程度固まったらクラフトテープで補強します。周りに布の装飾を貼り付ければ完了です。

タンス状にするには外箱も作ることになりますが、そうなるとかなり大変になってくるので、手軽に入れられる箱程度に留めておきます。人とは違った小型のおしゃれBOXを作ってみませんか?ゆくゆくは引出し付きの豪華なものを製作しても良いかもしれませんよ。
Posted at 2017/02/03 14:54:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味 | 日記
2016年10月03日 イイね!
私は今現在働いている会社に不満と不信感が募り辞める決意をしました。何度もくじけ何度も泣きながら、それでもお金と思い頑張ってきました。
必死に頑張るしかないと、私なりに会社の為に働いてきましたが、次から次へと入って間もない私に色々な仕事の役割を押し付けられてきました。

それに答えようとしてきましたが、なかなか自分の思うように仕事が出来ずに、上司の希望にも答えられず自分の中で苛立ちと絶望の日々を過ごしてきました。少しずつ成長していけば良いと言いながらも、時間がたつに連れて仕事が出来ない私に対する態度や言動は、私を段々と追いつめてい
きました。仕事中も頭がボーッとして集中力もなくなり、頭が圧迫されて何も考えられなくなりミスばかりする毎日で、逆に自分を追い込んでいく形になり、このままでは自分は病気になってしまう、自分が駄目になり他で働くことが出来なくなるかもしれないという不安から、給料よりも生活が大変になることがわかっていながらも、辞める決断に至りました。

この歳でまた一からのスタートにとても不安を感じます。人間関係もうまく行くのかという不安もあります。でも自分で決断した以上はそんな事は言っていられないと、自分が今まで経験してきたことを、今一度振り返りきちんと考え同じことを繰り返さず前に進む為にも、今回の会社で学んだ事は私にとってとても良い経験だったと思っています。

どこで仕事をしても必ず不満や自分で納得できない事がたくさん出てくると思いますが、次はきちんと働いたらそれをきちんと認めてくれ、そして私を成長させてくれるような仕事を探して勤めたいと思います。今の職場は働く人もいれば働かない人もいる、それでも皆同じ時給で働いている事に全く納得出来ない会社でした。どこに行ってもそんな人は沢山いると思いますが、私はきちんと仕事を覚え誰にも負けない仕事をして認めてもらえるように働いていく意欲を今から持っています。

今の会社に私が辞めたことによって私がどれだけ仕事をしてきたか気づいてくれたら、私が今まで必死に働いてきたことは間違いではなかったと思えるからです。次の仕事を探すときは慎重に長くきちんと働ける所を時間をかけて探して行きたいと思います。仕事をするのは大変で必ず愚痴は出
るし嫌になる事があるのは当然ですが、それでも私は自分が必死に働いた事は認められたい気持ちが強いので、次の仕事では早く仕事を覚えて早く認められる人材を目指しています。頑張って認めれる事によって働く意欲は強くなり、この会社の為に頑張ろうという気持ちが自然に芽生えてくるものだと今までの経験してきた中で学んだ事です。

そして何より皆同じく働くことが一番大事だと思います。やはり働く以上適当はあり得ないです。それが仕事をして給料をもらうことだと思います。今の会社より認めてもらい、今回辞めた事は間違いではなく正しい判断だったと思いたいです。そして人間関係もうまくいき、自分の中で納得でき、周りもきちんと働いている職場に付きたいです。それが給料に反映され、仕事が辛くてもそれでもどこか気持ちの中で楽しく仕事が出来る職場を自分できちんと見つけ、これからもっと前進して行きたいです。とにかく今は会社を辞めて、少し自分を見つめなおしたいです。そしてこれから先の事をきちんと考え、自分の満足できる職場を探して、自分の中に今どれだけの能力があるのか試してみたいです。仕事はどこも大変ですが、頑張る分認めてくれる企業はきっとあると信じています。
Posted at 2017/01/17 17:28:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2016年09月26日 イイね!
金属と金属をくっ付ける方法は数多く存在しますが、その中の一つに「熱圧着」があります。これは半導体集積回路やMEMSの作製などに用いられる技術とされ、JISでは「特殊の溶接 ≫ マイクロ接合」の中の項目として分類し定義しています。定義のポイントをあげると、融点以下の温度条件の下で、圧力を加え、密着させ、塑性変形を生じさせて、双方の清浄面の接触で接合する。と、なります。

熱圧着と拡散接合は、拡散接合についてのJISの定義でも、材料どうしを密着させ融点以下の温度で加圧、としている点は熱圧縮の定義と共通しています。けれども、「できる限り塑性変形が起きない程度の加圧」とする点が違っていて、また原子の拡散現象を利用することを明記していることも拡散接合の定義だけの特徴です。
ただ、現在では、両者を同列に扱って説明されることも多くなっています。
一方で熱圧着加工を「摩擦圧接加工」と同じ意味と説明する文献もあります。摩擦圧接は材料同士を加圧して接触させながら逆方向に回転させることで摩擦熱を生じさせ、求める温度まで上昇したときに回転を止め、さらに高い圧力を加え続ける方法です。高温下で高圧力で密着させたまま一定時間置くことで結合が生じます。

拡散接合も摩擦圧接も、溶融まではいかない程度の高温の下で密着させて加圧する点で共通していますが、前者は原子の拡散現象を利用し、後者は原子間引力を利用します。また回転による摩擦熱を利用するのも後者を特徴づけるところです。
ただ、熱圧着をマイクロ接合に分類しているJISのイメージでは、拡散接合の方が近い言葉ではないかと思いますが、どうでしょうか。
Posted at 2017/01/17 17:24:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 仕事 | 日記
2016年09月18日 イイね!
私の近所には100円ショップが3件あります。セリアにレモン、ダイソー。どの100均も同じようで品揃えが異なり様々なものが置いてあります。
今回は子供のおままごとのキッチンを作るためにいくつか工具を探したので参考になればと思いますが、あくまで私の地域の100均の品ぞろえです。
まず木を切るために探したのがのこぎり。
一番始めに行ったレモンではパイプを切るのこぎりしかなく、ダイソーでも細いものなどはありましたが求めている程度の大きさののこぎりはありませんでした。
セリアにあるものがちょうどよく大きさ的には持ち手も合わせて私の肘から手にかけてくらいかと思います。
切れ味も100均のものなので多少引っかかる感じはありますが普通の木の板なら簡単に切ることができました。調子に乗っていると刃がずれてひっ転ぶこともありましたが。

そしてその木を張り付けるために探したのがグルーガン。
レモンに行ってみると店員さんはグルーガンの存在すら知りませんでした。
セリアでは販売を終了しているそうでもう売っていないとのことでした。
そしてダイソーでは216円と少し割高ですが販売しておりスティックもいろんな色がありましたが透明を購入しました。
普段使い慣れていないので垂れたり伸びたり気づくと思いがけないほうへついたりとドタバタでしたが付きはいいです。
くっつけた木の端の部分がギザギザなので金属製のやすりを探しました。

こちらはどこの100均にもありました。ダイソーが大きい店舗だったので紙製など種類は多かったですが。
全部で合計540円で工具が買えました。100均なのでクオリティが、と思う方もいるかもしれませんがホームセンターのものでも残念なものもありますし試しに何か作ってみたいなと思い立って購入するにはいい価格ではないかと思います。
自分には才能がなかったとあきらめるにも惜しくない価格ですし。
ちなみにですが今回以前に金づちを購入したのですがダイソーで購入した金づち、持ち手と頭の部分が開始30秒くらいで取れて2個目を買いましたが3年ほど持っていますので商品の質以外にも当たりはずれもあるようです。

Posted at 2016/12/26 17:40:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 趣味 | 日記
プロフィール
「なぜか用心深くしないといけないもの http://cvw.jp/b/2398437/39263692/
何シテル?   02/03 14:59
erlinde
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
愛車一覧
トヨタ 1600GT トヨタ 1600GT
トヨタ 1600GTに乗っています。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.