• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

KOUTAぁ(°σ_ °)のブログ一覧

2016年03月25日 イイね!

誰かに似ている気が

誰かに似ている気がんーーー。。。

似てるんだよなぁ誰かに
結構身近な人だなぁ

以上(短いなぁ、おい。。。)

Posted at 2016/03/25 20:29:11 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月17日 イイね!

SUPER Police machine

警察とか言う組織の中にはM〇Pや○○軍団などわけわからん軍団がいます

それらのマシンを紹介しまぁーす

フォード ファルコン インターセプター
Black pursuit special

M.F.P.班により整備、改造を施された対暴走車両特殊改造車、600馬力、燃料窃盗者爆殺装置付き。
フォード・ファルコンをベースにした黒色の車体と、WAIAND社製スーパーチャージャー搭載。


オーバー・ヘッドツイン・カムV8エンジン搭載FRカスタム車”迎撃機”。




マシンX スカイライン 2000 GT-EX TURBO



エンジン:L20ET改
最大出力:300PS/7400rpm
最大トルク:41.0kgm/4400rpm
最高速度:240km/h
乗車定員:1名
マイクロコンピューターなどの機器を助手席スペースに設置している為。

4点式ロールケージ設置の為に取り外された後部座席のスペースに人を乗せることもあった。

車体色:ブラック(側窓付近にゴールドのライン)
ホイール:カンパニョーロ ゴールド
シート:RECARO
ステアリング:ナルディ クラシック

特殊装置

マイクロコンピューター
警視庁のデータベースとリンクしている。また各種計算も行える。

また、西部署内の専用端末ともリンクしており、端末で検索されたデータを受信し車内で閲覧する事も出来る。

車載モニターマイクロコンピューターと連動して、前科者リストの検索・閲覧などが可能。

現代で言うカーナビゲーションも搭載。

特殊無線機
警察無線は勿論、船舶無線や航空無線も傍受出来る。

サーチライト
上下左右可動式。シフトノブの後ろの操作盤で操作。

ニコン製リモコン式スチルカメラ
採証用。
ロールゲージに取り付け。レーダー・スピード感知器フロントグリルの進行方向右側に設置。特殊発信ペイント弾発射銃

塗料から発信された電波は車内のモニターで確認出来る。フロントグリルの進行方向左側に上下左右可動式のインパクトトレーサーを装備。車内のシフトノブ先端の赤い発射ボタンを押して発射させる。

自動車電話

増設燃料タンク
トランク内に150リットル分のタンクを装備。

増設メーターコンソール
タコメーターや240km/h対応速度計、電圧計など。

遠隔操作式自爆装置起爆
スイッチは木暮課長が管理。




スーパーZ フェアレディZ280 S-130 2by2


マシンXに代わる大門団長の専用車。AT車であり、ドア窓からルーフ部分を油圧ダンパー式フルオート・ガルウィング化。

ボンネット上には2連装の催涙弾発射銃が2基搭載されており、運転しながらの発射が可能である。

銃身は台座が上下し銃身も上下左右動き前方は基より斜め左右へ発射可能。

また、リアバンパー下部にはマフラーが5本出ているように見えるが、左右の4本は煙幕発生装置(通称「スカンク」)であり、中央部の1本が実際のマフラーである。

赤色灯は昇降式。乗車定員4名。

マシンX同様に西部署内にスーパーZ専用の保管庫があり、シルバーのドアが両側にスライドして開くと暗闇の中からエンジン始動音とライト(赤色含)点灯、そして専用サイレンが鳴り響き発進、現場に急行する。




マシンRS-1スカイライン RS-TURBO

攻撃・戦闘指揮車

ナンバーは品川59た35-29。

発砲して抵抗する犯人に対応するための単装20ミリ機関砲2門が助手席側のルーフ部分に装備されている。

マフラーに擬装した急加速装置「アフターバーナー」を装備し、追跡時に威力を発揮している。

ルーフには空力抵抗を考慮したための変形バーライト(大型警光灯)を装備。

助手席に大型コンピュータを置いている為1人乗り。そのコンピュータには敵味方識別装置 (IFF)、目標物の平面・側面投影が可能な逆合成アパーチャレーダー (ISAR)、レーダーホーミング装置が装備されていた。

エンジン出力(FJ20ET改)280ps。最高時速265km。
アフターバーナー使用時の最高速度到達時間は16.3秒。





マシンRS-2 スカイライン RS-TURBO


ナンバーは品川59た35-28。

特殊無線機(警察無線、航空機無線、船舶無線、遭難自動通報無線、アマチュア無線、各種緊急無線等の送受信が可能。組み込まれていたのはアマチュア無線機の八重洲無線FT-77S)

無線傍受用アンテナ

電動式サンルーフ

4連装特殊弾発射筒
通常とは逆ヒンジで開くトランク内に装備され、無煙閃光弾、信号弾、曳光表示弾、発煙弾、催涙ガス弾の5種類の特殊弾を発射可能

センサー信号処理装置、パルスドップラーシステム、シグナルコントロールなどを装備している。

トランク部分の後部両端に長めのアンテナが取り付けられており、このアンテナの先をサンルーフ部分に固定している。

助手席側の床は鉄板張りのフラットフロアとなっており、シートを後部へスライドさせることでサンルーフからの安定した射撃が可能となっている。

また、サンルーフを装備するためにRS-1・RS-3に装備されている大型パトライトは設置されておらず、車体後部側面に反転式パトライトを装備しているのが特徴。

乗車定員2名。エンジン出力(FJ20ET改)280ps。最高時速260km。




マシンRS-3 スカイライン RS DOHC(NA)


ナンバーは品川59た35-26。

旧マシンRS。

RS-1・RS-2の登場を期にルーフ上の大型パトライト・エアロスプリットなどのエアロパーツの追加と、タイヤサイズの変更といったRS-1・RS-2に仕様を合わせるための再改造を実施しRS-3となった

ただし、元がターボ車ではないためRS-1・RS-2とはボンネットの形が異なる

初代マシンRSなのにRS-1ではなくRS-3になった理由は不明。

最高速度255km。




サファリ4WD 日産サファリ


フロントバンパーに散水銃2門、ルーフ内部に高圧放水銃2門を装備する。

特別機動車両隊通称「特機隊」の旗艦となる指令車。

定員3名。

放水の必要があるときは、後部にポンプ付きの放水用タンク車「警視庁 特別機動 0112」を連結する。

また潜望鏡式ビデオカメラ・レーダーを装備し、無線だけでなく電話回線の傍受・盗聴も可能である。

放水銃・ビデオカメラ使用の際は、ルーフを前方に開ける必要がある。




港303 レパード V6-3000 アルティマ前期

自動車電話を装着。

トランクにTL(トランクリッド)アンテナが装着されている。

港302 レパード V6-3000 ツインカムターボ

前期型に比べパワーが大幅アップした



まぁー、警察権力というものは。。。





Posted at 2016/03/18 09:01:44 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年03月15日 イイね!

すげぇー

貰い物だけでここまで揃うとは。。。



Posted at 2016/03/15 20:48:16 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月14日 イイね!

祝・みんカラ歴1年!らしい、

祝・みんカラ歴1年!らしい、ほぉえぇーーー。もう一年になるみたいよ
Posted at 2016/03/14 19:28:34 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年03月13日 イイね!

プジョー 205 TURBO16

プジョー 205 TURBO16前までこの車の事はあまり好きでは無かったのですが調べていくうちに好きになりました。


ジャン・トッドはWRCにてアウディクアトロで目覚しい実績を挙げていた4WDを、躊躇なく205ターボ16に組み込むことと同時に、エンジンをミッドシップ化することを決定した。



これは、当時のフロントランナーであったフロントエンジン4WDのアウディ・クアトロの旋回性能に問題があることを見抜いていたためである。

しかし当時のラリーでは、ミッドシップ車こそ複数車種あったものの4WD車はアウディ・クアトロがようやく登場した時期であり、ミッドシップエンジン4WDというレイアウトと駆動形式の組み合わせは未知の世界であった。

そのため、エンジンやギアボックスなどを、プジョー・205のミッドスペースという限られたスペース内においてどこに配置するかというレイアウトの問題のほか、4WD機構のスペシャルステージにおける耐久性など、信頼性が未知数であったことから、この決定は社内でも大きな議論を呼んだ。しかし、これらの決定は後のグループBのマシンレイアウトの王道となり、彼の慧眼によって205ターボ16はWRCで大成功を収めるのである。

現在でも半ば伝説的な最速のレースカテゴリーとして名高い、グループBによるWRC最後の2年間は、最も過激で、競技車が圧倒的なパフォーマンスを示したことで有名である。205ターボ16は、そのグループB最速の2年間において、ドライバーズ、マニュファクチャラーズの両タイトルを決して譲ることなく制し続けた、グループB最強のラリーカーである。



エンジン出力はライバルと比較して控えめで、200台の市販車はデチューンされて200PSという平凡なスペックであったが、ワークスのエボリューション1では、わずか1tに満たない車重で350PS


エボリューション2では450PSを搾り出した。



その強力な馬力はステージの路面状況によってブースト圧の調整を受け、1986年のサンレモラリーの第1ステージでは3barの過給圧から540PSを出すに至っている。

その強大な出力はビスカスカップリング式4WDシステムによってフロント:リア=35:65の割合で4輪に配分された。



グループB消滅後、ジャン・トッドは、205ターボ16による次なる戦いの場としてパリダカールラリーを選び、1987年より本格参戦した。パリダカ用にホイールベースを延長するなど、大幅な改造を施した205ターボ16グランレイド(205T16GR)を持ち込み、1987年・1988年とパリダカを圧勝で2連勝するなど、砂漠でも無敵を誇ったことから「砂漠のライオン」と恐れられた。


なおグループS参戦計画があったかは不明




Posted at 2016/03/13 18:40:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「きょうは、いろいろと、たのしかったでシッ!www」
何シテル?   09/24 22:06
ここで出会ったのも何かのご縁としてよろしくお願いします 高校の頃スバルに魅せられました 今は会社のアトラスを運転するのが楽しいです
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/3 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ステップわーごーんんんんんんんん (ホンダ ステップワゴン)
「ド!」ノーマルです 昔山でブイブイ言わしてた人の車とは思えない「ド!」ノーマルですw ...
ホンダ ステップワゴン おもーいV-TEC (ホンダ ステップワゴン)
家の車が進化したぜ 回すとV-TECのような音がします (i V-TECというテクノロ ...
日産 アトラス あとらすくん (日産 アトラス)
シングルキャブ 2WD FR 総重量4.2トン 積載量2トン エンジン型式 ZD30 ...
スバル その他 スバル その他
非常に迷っております 親によると、荷物が乗る方がいいんじゃね?(σ゚∀゚)σチェケラッ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.