車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
022 【ルーフモール取り外し】
立川のラーメン屋へ行った時の事。
すぐ脇にシルバーのMBが止まっていたんですが、ルーフモールがブラックになっていて、「おっ!?なかなか渋いじゃん」って印象を受けました。
たしか、こんな感じで・・・。





で、早速、“ルーフモール取り外し”でググって見ると、こんな素敵なお手本動画が見つかりました。



開始1:00辺りからルーフモールの外し方が紹介されます。

なるへそ、意外と簡単に外れることが判ったので、早速、実車へGO!!!
① まずはテールゲートを開けて、内貼りはがしをモールの端に突っ込みます。

② 次に、てこの原理で抉上げていきますが・・・



③ これが意外と固い・・・。ビデオとは大違いで、なかなか外れません。



④ 思い切ってグイッとやったら・・・「パキッ!!」という音と共に、何かがはじけ飛びました。

Σ(゚Д゚;

⑤ もぅ、後には引けず、作業続行。何回、部品が飛び散ったことやら・・・。

⑥ ハイ、全部外れた姿がこちら。




⑦ 計8カ所にこんな白いクリップが付いていて、これで嵌め込み固定していました。




⑧ で、問題の弾け飛んだ部品というのは、ロックしてたツメの部分が折れたものと判明。1クリップに2個のツメがあるんですが、ココは片側(上側)が折れてしまってます。



⑨ どうも、涼しい時期だと樹脂が固くなっていて、柔軟性が損なわれて折れるようです。よって作業は夏場の暑い日がオススメですよ。(ビデオのヤングマンも半袖だし・・・)
下は無残にも折れてしまったツメの残骸。5つも・・・。



⑩ で、これが車両側。やっぱし汚いですね。



⑪ アルコールでふき取った後です。あー、スッキリ!



⑫ そして外したルーフモールに黒のテープを貼って戻せば出来上がり。

⑬ ・・・の予定でしたが、モール幅が25mmに対し、テープは19mmと寸足らず。とほほほ。

⑭ てな訳で、Amazonに30mmのカーボン柄ラッピングテープを発注かけました。

ハッピークロイツ テープ式 30mm レーシングライン 1.5M x 4本 ガーニッシュ カーボンブラック HZ2413

⑮ 昨日20日の夕方5:30にAmazonをポチったら、今日21日の午後1:00に自宅配送という、相変わらずの迅速さ!

⑯ 天気も良かったので即、実施。2時間ほどかけて施行したのがコチラになります。

before:



after:



⑰ カーボン柄も悪くはないですなぁ。



余ったテープの使い道を考えながら、今日は満足の休日でした。

では。
Posted at 2017/05/21 15:48:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 徒然2017 | クルマ
2017年05月20日 イイね!
021 【Smart Closing Tale Gateのretrofitに成功!!】
皆さん、こんにちは。
先日の予告に合わせ、これからコツコツと溜めていたネタをアップしていきますネ。

さて、施工から大分時間が経ってしまいましたが、念願のSmart closing 機能(キック・クローズ)のRetrofitに、成功しましたので、ここにご報告させて頂きます。

実現に際し、ミン友のnewguttiサンのご協力がありました事をご紹介すると共に、この場をお借りして、御礼申し上げます。
newサン、CAFDファイルのご提供、有難うございました。

それではまずは、結果を動画でご覧ください。



如何です?足を動かすだけで、リアハッチが閉じましたね。

さて、Smart closingの定義ですが、一般に、Comfort accessと呼ばれている機能、即ち、F34の場合は、
①    FOB keyを持っていれば、ドアロックの施錠/開錠をドアノブへのタッチで行えること。
②    リアゲートの開閉をリアバンパーの下で、足を動かすだけで行えること。(キック・クローズ)
の2操作を指す訳ですが、残念ながら私のMY2013のF34には、②の内、閉機能がありませんでした。

MY2014以降からは、閉機能も付属されていて、名実ともにComfort accessとなっているようです。

キック・クローズ機能の利点として、ラッゲージから重い荷物を取り出す時には、必然的に両手で持ち上げるため、テールゲートを閉じる時には両手が塞がっていてクローズ・ボタンが押せません。よって、どうしてもリアゲートを閉める時は、荷物を下ろした後、わざわざ、クローズ・ボタン操作をする必要があります。

特に、田舎へ帰った時なんかは、土産にコメや味噌を箱一杯、実家から渡されるもんですから、両手で取り出した後なんかは、足で閉めることが出来ればイイなぁと常々、思っていた次第です。

Dに変更できないか聞いたところ、こんな答えが返ってきました。

D:「そういう依頼が来ることはありますが、逆に困るケースもあるので、BMWドイツ本社でも、積極的ではなく、変更は難しいのです。」
ワシ:「困るケース?それって、どういうコト???」
D:「ハイ、荷物を積み降ろしている最中に、突然、テールゲートが下がってきて、挟まれたってケースが世界中でクレームとして報告されているようです。」
ワシ:「・・・・・」
D:「なので、miyaサンのような要求があることは確かですが、本国の指示で、対応はできないことになってます。」
ワシ「でも、現実に機能しているモデルもあるでしょ?」
D:「ハイ、それは認めますが、積極的に拡大する予定はありませんデス、はい。」
ワシ「・・・・・」  (´・ω・`)

こんな実験をされている御方がおられます。

実験車両はF31ツーリングのようですが、F34GTはこんなもんじゃないですよ。ホントに重量のあるリアハッチですから、相当な衝撃があるのは事実です。
 

まっ、挟まれるリスクより利便性を優先する私ですので、こうなりゃ、自力で変更するしかないじゃんと思い、いろいろ調べた結果、HKFMモジュールのファームウェア(F/W)のFlashing(書き換え)に辿り着きました。

①    まずはドナー・カーのI-STEPバージョンをチェック。Smart Close機能のあるF34車両のCAFDファイルを確定します。(これはnewguttiサンからcafdを提供して頂きました。)

②    対象モジュールはHKFMです。

③    私のcafdはCAFD_0000157F_008_000_003.ncd。一方、newサンのはCAFD_0000157F_008_001_006.ncdとバージョンが上がっていました。

④    NCD/CAFD Toolを使って自車輛のCAFDと比較してみると、HKFMでは追加パラメータがあることを発見。即ち、F/Wも異なる訳です。

⑤    次にターゲットのI-STEPに合わせたPSDZDATAを準備。I-STEP表から該当バージョンを探すと、自車はv50.4でしたが、変更対象は54.1でした。

⑥    そこで、車両のHKFMのファームウェアを、50.4から54.1へ書き換えちゃうことに決定。

⑦    F/Wの番号は、旧がSWFL0000157C_010_001_000で、新がSWFL0000157C_010_004_000です。

⑧    ここからE-sysを使ってFlashingする訳ですが、結構細かい操作があって、とても書ききれませんので、概略だけ述べます。

⑨    車輛から、FA,ECU,SVTを読み出して、

⑩    I-STEPのTargetをv54.1(F20_14_11_502)にセットしたらCalculateしてSVTとTALをセーブします。

⑪    “expert mode” の “TAL-processing”にて、セーブしたSVTとTALを呼び出して、“blFlash” & “swDeploy” & “cdDeploy”にチェックを入れて、Startを押す。 

⑫    途中、エラーがポンポン出ますが焦らない。Rheingoldにて後で消去できます。

⑬    こんな画面が出て、3分ほどで終了。



⑭    SVTを読み出して、HKFMのCAFDとSWFLの番号を見てみると・・・。ハイ、変わってました。

変更前:
 

変更後:
 

⑮    あとはCodingでパラメータを変更して終了です。

【所感】
・本来、Falsh作業は安全のため、バッテリーチャージャーを繋いで行うようですが、私は持ち合わせがなく、ファイルサイズから長時間はかからないだろうと決め込み、半ば博打状態で実施しました。幸い、想定通り、3分程度で終了しましたが、これがFEM_BODYやREM等の大容量の場合は、計算上、30分以上は必要になるので、その際はチャージャーが必須でしょう。

・Smart-Close機能の再現性に若干、難があります。例えば、ゲートをキック動作で開けた時は、その後時間をおかないとキック動作では閉まりません。逆に、リモートキーのトランクオープンで開けた場合は、必ずキック動作で閉まります。又、運転席下のスイッチで開けた場合も、キック動作で閉まります。きっと、電圧チェックやセキュリティと何か関連があるかもしれません。又、FEM_BODYやREMのF/Wバージョンも違うことは判っていますが、Flashはしていませんので、その影響かもしれません。

・純正のSmart Close機能では、閉まる際に注意喚起のブザー音が鳴りますが、私の場合は無音です。REMのユニットも交換する必要があるかもしれませんが、流石にそこまで必須の機能では無いので、放置してあります。

・電動式ハッチバックのモデル(3ツーリングや4GCなど)の方々と、情報交換できればと思っています。宜しければ、製造年月とキック・クローズ機能有無とI-STEPバージョンとCAFDファイル番号(FEM_BODYとREMとHKFM)をお知らせください。

とうとうFlashingにまで手を出してしまいましたが、購入依頼2年を過ぎて、Codingにより随分、自分好みにカスタマイズできたなぁと悦に浸っている今日この頃です。

では。
Posted at 2017/05/20 14:03:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | コーディング | クルマ
2017年05月13日 イイね!
020 【Unmarked police car at Chuo-Highway】前回予告した内容と異なりますが、今日のホットな話題を共有したく・・・。

実家の長野に帰省しました。午前に出て、昼食は駒ケ根市の名物、ソースかつ丼(定食)を堪能。

”おすすめスポット”に紹介しましたので、見てくださいネ。)

で、道中にて表題の捕り物劇を一部始終、目撃しましたのでご参考に。

①下り線の諏訪湖SAを過ぎた直後の路側帯に白のクラウンが赤色灯+ハザードを点けて停車中。
(写真は同型車両)



②私のGTが通過後、赤色灯をオフし、本線へ合流。1台、間を開けて追尾される。(ターゲティングされましたw。)

③こちらは90km/hで定速走行。

④約5分後、追い越されて、私が後方へ。(この時点で私はターゲットから外された模様。)
ヘルメットをかぶった青い服の方々が2名、お乗りになられていました。
後席窓とリアにスモークフィルムが貼ってありましたな。

⑤そこへ足立ナンバーのワゴン系車両が推測110km/hで追い越しをかけてくる。

⑥私と前方のクラウンを追い抜いた直後、クラウンが追走開始。

⑦あっと言う間に見えなくなって・・・

⑧約5分後に前方の赤色灯が見えた時には、クラウンの後ろに例の足立サン。クラウンの助手席から赤い誘導棒を出されて80km/hで縦列走行してました。(写真はイメージ&合成です)



⑨その後、静かに辰野PAへ2台仲良く、消えていきました・・・。

ご愁傷様です。

皆様、お気をつけくださいな。特に、外国車を目の敵重点的に狙っているように思えるのは、私だけでしょうか・・・。

では。
Posted at 2017/05/13 21:35:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 徒然2017 | クルマ
2017年05月11日 イイね!
019 【次回予告】みんカラを始めて2年が経ちますが、初めて、1ヶ月以上、投稿できませんでした。
4月から新たな職位となり、急に多忙を極め、プライベートの時間が激減したのが最大の理由です。
且つ、業務出張が連続し、自宅のPCを触れない日々も続きました。

漸く、5月連休で落ち着き始め、今週から若干の余裕が出来てきましたので、久々に投稿してみる次第です。

とは言うものの、ネタはそこそこ集まっていますが、記事の作成と写真の整理ができてないのが実情。

そこで、これからボチボチと綴っていきますので、気長にお付き合いくださいね。



さーて、次回(以降)のmiyaブログわぁ~?・・・。

① Smart close retrofitに成功!!
② ルーフモール取り外し
③ SLIアクティベート化の公開制限について
④ 新旧混在(米国にて)
⑤ マレーシア食紀行
⑥ 微笑みの国、タイ王国
⑦ Steering Column Coverのビビり音対策
⑧ DCC低速起動化に成功!!
⑨ 25,000km到達
⑩ 燃費20km/ℓでました

の10本です。お楽しみにぃ!!



ジャン、ケン、ポンッ!!!




では。
Posted at 2017/05/11 22:21:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然2017 | クルマ
2017年04月09日 イイね!
018 【Warning!】昨日の朝の出来事。
我が家の大蔵大臣と早朝花見へ出発した直後、「ポーン!」と例の音。





“バックアップライト”ってナニ?予備の電球???

早速ググって見ると、“バックランプ”(後退灯)のこと。変な日本語だのぅ・・・。

シンボルもテントウムシみたいな提灯みたいなで、ピンとこないけど、電球をイメージしていることは何となく理解。

大臣にバックギアの状態で後方点灯確認をお願いしたところ、「左が点いてないわよ」とご指摘アリ。



(´・ω・`)・・・。

丸2年、無故障できましたなんてブログに挙げた途端、コレですよ。

きっと、球切れだなと放置を決め込んだものの、警告灯が点きっ放しはやはり、気になる。
取説見ると、簡単に外せそうなイラストになってるんで、早速、DIY開始。



ところが、カバーを外したところで、・・・。
「何をどう外すのよ?」
説明書が簡素すぎて、よぅ解らんがな。





爪が固くて、折れてしまいそうでビビッてしまい、早々に作業終了。

そこで今朝、いつものDではなく、姉妹店へ直行して、診てもらったところ・・・。

D:「電球が切れるケースは少なくて、どちらかというと、取り付けユニットがおかしくなる場合が多いですよ。」

ワシ:「でも購入後まだ2年だし、製造年月からも3年チョイよ?ユニットなんて壊れるん???」

D:「そぅなんですよねぇ・・・。そう思いたいんですが、現実はそんなもんです、ハイ」

ワシ:「じゃぁ、バラすとこ、一緒に見ててもいいっすか?」

D:「どうぞ、どうぞ」

てな訳で、整備ブースへ入って、リアゲートを開けて、(カバーは既に外してあり)、フムフムと・・・。

整備士その2サンがエンジンかけてサイドを引いて、ギアをバックにいれると、やっぱり左が点かず。
すかさず整備士その1さん、プラスチックの部品やらコネクタやらを指で触った途端、あら、不思議!?
チャンとバックランプが点いちゃうでござーる。

D:「でしょ?やっぱりユニットが変になってます。電球は切れてませーん。」
D:(`ー´) ドヤッ!

ワシ:・・・(「でも、余計、ヤバいんじゃね???」)
ワシ:なるへそ、解りました。で、どうすれば???

D:「ユニット部品を取り寄せます。F34用の在庫があるか調べてきますね」

待つこと約5分。

D:「miyaサン、残念。本国ドイツから取り寄せでーす。2-3週間はかかりますー。」

ワシ:「じゃあ、その間はどうすんの?」

D:「警告出ても、走行安全には支障がありませんので、暫くのご辛抱です。」

ワシ:「・・・。でも~、お高いんでしょぉ~ぅ?」

D:「あっ!、miyaさんは3年保証に加入されてますから、無償で大丈夫っす!」

ワシ:「スグに手配してください、大至急で、モタモタしないでね。」
ワシ:「あと、単純な接触不良かもしれないから、接点復活剤でも塗っておいてよ」

D:「わかりましたっ!電極に白く粉が吹いているようなので、掃除しときまーす!」

結局、部品取り寄せをお願いして店を出た訳ですが・・・。

再発!!!



月曜から長野で仕事の為、今日中に移動せにゃならず、仕方なくそのままで帰省しました。

実家着が午後の3:00。未だ、陽は高い・・・。

「自分でやっちゃえっ!!!」

ってことで、これから分解&清掃手順を写真付きでご紹介します。

① カバーを外します。スライドさせるだけで簡単に外れます。



② ユニットが見えます。上下のツメ(これがまた固い)を折らないように、慎重にマイナスドライバーで抉ると、ユニットが浮いてきます。



③ そのまま、真っ直ぐ下に引けば、ユニットが外れます。

④ ユニットに直接2ピンのコネクタが刺さっているため、これが外れにくい原因です。



⑤ ポロッと出てきたユニットです。4ピンコネクタで配線されてはいるモノの、ユニット内は金属板のみで配線されているという事実。これもコストダウンの一環なんでしょうなぁ・・・。



⑥ これがユニットの単体写真。デカ球がバックライト。細球がリアフォグとのこと。よーく見てみると、フォグの下側の電極に白い粉のようなものが付着しています。腐食してきてるのかな?



⑦ 電球を外してみます。電極も白色に変色しておりまする。



⑧ 接点復活剤が無かったので、CURE-CRC-556を吹きかけて、掃除しておきました。

⑨ あとは逆の手順で取り付けて終了。念の為、問題のない右側も同様のクリーニングをしておきました。

で、結果ですが、見事?に警告が消えまして、通常に戻ったとさ。
めでたし、めでたし。

皆さんのお車も、同様の警告がでましたら、先ずは電極クリーニングをお薦めします。
(まさか、LEDに換装してるんじゃないでしょうねぇ・・・。でも、ユニットが逝かれてたら、同じですよー!)

では。
Posted at 2017/04/09 19:52:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 徒然2017 | クルマ
プロフィール
miya320iGTです。よろしくお願いします。 この歳でBMWに目覚めるとは思いませんでした・・・。 自宅Codingに嵌ってます。ご興味のある方は遠慮な...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
ここまで流行るとは!恐るべしアルミテープヾ(≧▽≦)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/04 09:34:20
NEW5シリーズ(G30)試乗~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/26 15:28:29
BMW 最新プログラムへアップデート → 再コーディング 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/05 13:03:43
ファン
41 人のファンがいます
愛車一覧
BMW 3シリーズグランツーリスモ BMW 3シリーズグランツーリスモ
BMW 320i GT M-sportに乗っています。 【2015/8/17】購入後5 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.