車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月13日
【そろカメ】レンズひとつで変わる世界
【そろカメ】レンズひとつで変わる世界 【そろそろカメラの話をしよう】

3ヶ月前の話ですが、
7月15日 レンズを買いました。

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM


いわゆるナナニッパというやつです。
やってしまいました。

「F2.8通しの世界を一度味わってみたかった」

と言えば聞こえはいいんでしょうけど、
たいして写真がうまくもない自分の
持ち物としてはいささか早すぎる。
どうみても、分不相応。
まあしかし、どうせいつか必ず欲しくなる
だろうし、早いか遅いかはたいしたちがい
でなく、まあいいじゃないですか。もうどうに
でもなれ、です。

ニコン純正品だとこれが25万円します。
論外です。買えません。
純正F4通しだと15万。しかしこの値段が
妙に買いづらい。もうちょっとなんとか
ならないものか。

そうこう考えあぐねているうち、必然的に
サードパーティー(他社製品)に流れていく
わけですが、もちろん購入には不安が
つきまといます。

そもそもシグマのレンズには、ピンずれ
のうわさが絶えません。
これは一応、問題なかったのですが、
むろん厳密にいえばピンはズレてるので
しょう。ただ私のくもりきった眼(まなこ)
にはよくわかりません。

というわけで、次から写真作例を挙げながら
レンズの特徴など説明して参りたいと思います。

といっても、たいした写真がないんですよね。
いきなり使いまわしなんですが、

『紫翠蒼然(しすいそうぜん)』

(撮影日:7月17日)
これを撮ったとき、このレンズ買って正解
だと思いました。
なんたって解像度がちがいます。

比較用に過去に撮った
18-105 F3.5-5.6の作例を並べてみます。

(撮影日:6月26日)
よくごらんになって頂きたい。
バックを彩る青葉のざわめきを。
一枚目のほうが断然、一枚一枚クッキリ
写り込んでいることがおわかりいただけ
るはずです。
誰ですか。気のせいなどとおっしゃる声は。


これもブログからの使いまわしですみません。
わりときれいに撮れたので再登場。

『八月の慰霊碑』

これも撮ったとき、レンズを買って正解
だと思いました。(二度目)

というより、こういうのが撮れたら旅先まで
重いレンズかついでいった甲斐もあったと
いうものです。

そうです。このレンズの欠点のひとつは、
たいへん重いことです。

・重さ1.4kg
ボディを含めると2キロ超。カメラをかまえた
左腕が重さに耐えかねてプルプル震えます。
この非力な左腕をダンベルか何かで鍛える
必要があります。

・そして、でかい。
商品を開封したさい、あまりの図体のでかさに
(えらいもんを買ってしまった)
と頭を抱えました。それくらい大きい。
これはまるで大砲(おおづつ)です。ラピュタ
にでてくるアレです。ムスカ倒せそうです。

季節はずれで申し訳ないですが、
真っ先に「蓮」が撮りたくて。

『初ロータス』

(撮影日:7月17日) F4 1/400秒 +0.5EV
池の真ん中もこれこのとおり。
望遠でバッチリです。

『青ロータス』

F8 1/320秒 -0.5EV
ハスを撮るため買ったようなものです。
105ミリじゃ、とてもこんな風にはいかない。

これも季節はずれになりますが、
『ひまわり』

(撮影日:7月17日)
試みにF2.8開放で撮ってみましたが、
どうやら失敗例のようです。
やはり絞らないとダメですね。
残念なのは、今夏のひまわりが
これだけになってしまったこと。

こんな花も撮れます。
『薄紅いろのダリア』

(撮影日:7月17日) F4 1/500秒 -0.5EV
・最短撮影距離が150cm。つまり被写体
から1m50cm離れないとピントが合わず、
シャッターもおりません。
花からすんごい距離あけて撮ってる姿は
間抜けとも言えなくはないですが、でも
きれいに撮れてるでしょ?

・あと、シャッターを半押しでピントを合わす
とファインダー越しの画面が、「カッチャ」
と上下動します。はじめはビックリしましたが
どうやら手ブレ補正が効いてるようでそういう
仕様らしいです。

・それと、色ノリが悪い。撮ったばかりの
画像は色あせたみたいで、現像してやっと
色が出ます。

・・・などといろいろありますが、

そういえば、とあるみんともさんとのコメント
でのやりとりを思い出しました。
高いレンズを買えばいい写真が撮れるわけではない。
「いい写真を撮るにはどうすればいいか」
という設問に対し、その方が導き出した答えの
ひとつです。
この言葉は私の胸深くに刻みつけています。

その一方で、カメラを購入してもうすぐ一年、
今は写真が面白くてしょうがない時期です。
レンズひとつで変わる世界に私は魅了され、
銀行の預金残高をおびやかし続けます。

すこしお話しが大仰になりましたが。
こんなものにもチャレンジしました。
『お月さん』

(撮影日:9月16日)※みんからで写真を
みて昨夜が中秋の名月だったことを知り、
あわてて撮った。
200ミリ最大望遠でさらにトリム最大。
やっと月面をとらえた。
撮れるもんなんですね。
天体望遠鏡にあこがれた世代としては、
ちょっと感動。

今年の夏の暑さはひとしおでしたね。
『ルリマツリ』


『花ざかりのスロープ』

菊ですけどね。

『なす色とうがらし(観賞用)』

なんだかうまそうと思って撮ったら、
とうがらしだった。

やっと季節が追いついた。
『草秋』

___________________________________________

今回は、過去ブログですでに
登場ずみの40ミリマイクロレンズを
再度ご紹介。

Nikon AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G


すっかり「ごはんレンズ」として、旅先での
名物料理の撮影に欠かせなくなりました
この単焦点。

お花のマクロ撮影も可能ということで、
ものぐさな私にはうってつけなんですが、

ただその代わり、40ミリの焦点距離だと
被写界深度が狭いためにしべにピンを
合わせると花びらに合ってないなど、
本格的なお花のマクロ撮影には物足りなさ
を禁じえません。やはり90ミリ以上がよさ
そうですね。

さて、なんの花かわかりますか?










『にらの花』

そう、にら。食べるニラです。
(撮影日:9月14日)
花マクロの面白み・真髄は、このように
一般的な草木のイメージをくつがえし、
大胆なクローズアップによって掘りおこ
される別の一面を見せることだと
思うんですよね。

『月見草』

(撮影日:9月17日)
路傍に可憐に咲いていた。
雨で汚れているのも一興。

『花虎の尾』

(撮影日:9月17日)
何度しらべてもハナトラノオ。
名前がかわいくない。

『ポーチュラカ』

(撮影日:9月20日)
サクマドロップをばらまいたような
色とりどりな花壇。

『お稲荷さん』

もはや説明などいらない。

最後に季節の花を添えて。
『コスモス』


ここまでごらん頂きありがとうございます。
また次回、お会いしましょう。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2016/10/13 20:43:06

イイね!0件



この記事へのコメント
2016/10/13 21:37:58
こんばんは♪

相変わらずの綺麗なマクロ写真、流石ですね♪

OS付きのナナニッパ、裏山です~^^
私も勢いでポチッとしましたが、勢いだけでは手ぶれ補正まではムリでした(´;ω;`)
手ぶれ補正無しだと多少は軽いようですが、それでも確かに”重い”ですね(゚д゚)!
予想通り、手ぶれ補正付きでもブラしちゃってる私の腕だと手持ちは無理ってことに今さらながら気が付いて、三脚使える時以外は出番がない状態です^^;
今から筋力トレーニングしても無理だろーしなぁ(自爆)
コメントへの返答
2016/10/13 22:20:22
Cruさん、コメントいただきありがとうございます。

やはりCruさんはVC手ブレ補正なしだったんですね。何シテルみて、おやっと思いました。まあCruさんは私より上級者だからなんとでもなるんだろうと思います。

なにより、Cruさんはタムロンなんですね。今回自分がシグマをえらんだのは、以前お会いしたときみせていただいたシグマの印象が強かったからだと思います。ただ購入後の調べで、決断をくつがえすようなうわさを耳にし、どっちなんだろうと思ってましたら、Cruさんがタムロンってことはやはり正解はそちらですか。

またいつか浜辺でお会いできれば光栄です。

それと、台湾の写真よかったです。とくに緑と赤の玄関の写真は完全にプロ級だと思います。
2016/10/13 23:30:28
連コメ失礼しますm(__)m

私がタムロンにした最大の理由は・・・”手ぶれ補正無しの安価モデルがタムロンしかない”ってことですww
ほんとはシグマのカチッとしたシャープさが好きなんですけど(´;ω;`)ウッ…
あともう一つ、Ricoさんも書かれているように最短焦点距離がタムロンの手ぶれ補正無しモデルだと0.95mと短いんですよ^^
って言ったって、ブレちゃうと何の意味もないですよね^^;
ま、しばらく使ってみてどうしても手ぶれ補正無しだとムリって思うようになったら買い替え検討してみます。その前に通帳残高が大問題ですけどねwww
コメントへの返答
2016/10/13 23:45:30
はい、わかりました。

まさかそこまで懐事情がおキビしいとは。OSつきシグマの私は恵まれてるんでしょうか。

ベテランのCruさんが悩んでるくらいだから、初心者のわたしが紆余曲折あってもおかしくないですよね。

ただ、タムロンはNikonの本来の色に近いと聞いたもんですから。シグマは色ノリ悪いし、あちゃーと思いまして。

もうこれだけでも面白いですよね、カメラの話って。
2016/10/14 00:26:59
こんばんは(^_^)

RicoAlfaRomeo さんのブログ、文章が面白くて夫婦揃って楽しませてもらってます♪ さっきも嫁が仁淀ブルーのブログを読みながら「やっぱりこの人のブログ面白いー!」って言っておりました。 私にはない文才、とても羨ましく思います。

私は懐が寂しいものでして、中々新しいレンズを買うに至っておりませんが、シグマのこのレンズは良さそうですね。 やはり解像度がいいと見ていても気持ちよくなります。 それにしてもRicoAlfaRomeo さんは写真に対して勉強熱心ですよね。 私なんて何も考えずに撮りたい物を撮ってるだけ。 上達するワケがありません💦

いい写真を残す為には高性能な、ある程度値段の張るレンズを選ぶのも1つの手だと思います。 しかしながら一文無しの私にはそれが出来ない…>_<… 仕方ないので自分は手持ちのレンズだけでどこまでやれるかチャレンジしてみます!

お稲荷さん、とっても美味しそう!
コメントへの返答
2016/10/14 12:23:07
どうも、一文無しさん。

今回のブログは途中から一文無しさんへの言い訳になってます。あれだけ言っておきながらレンズ買うなんて、と自分でも弱冠あきれています。

ですがブログ本文が私の正直な考えのようです。ほら、写真うまい人っていいレンズ持ってるじゃないですか。形から入ろうとするのを何かと言い訳して自己正当化しているんですよ。きっと。

文章をほめていただいてうれしいです。
支離滅裂になりそうなのを必死に食い止めながら、人さまに読んでもらえるよう努めております。

では、また。
ありがとうございました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「12月1日 仕事終えて帰ったら、ぴったし3万km。ほぼ丸3年。年1万キロのペースを保つため、もっと走らねば。」
何シテル?   12/01 18:10
Ricoとは、「Gunslinger Girl(作・相田裕)」に登場する男の子の名をつけられた少女のことで、作中、ドラグノフでビシビシ狙撃するのが実に印象的なこ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
【そろカメ】玉ボケさんぽ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/28 11:46:41
お友達
ファン
46 人のファンがいます
愛車一覧
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
ゲームやってMiToを買った男の話。
その他 Nikon D7100 その他 Nikon D7100
男は四十過ぎたら、カメラです。
トヨタ ヴィッツ トヨタ ヴィッツ
RSと同等の1.5Lエンジンでよく走った。 とても気に入っていた。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.