• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

bangdoll0819のブログ一覧

2017年03月10日 イイね!

千葉遠征

千葉遠征こちらに居るのも後、数日。

さすがに色々と忙しく、ドライブの記録をアップしていませんでした。

遅ればせながら、千葉への日帰り遠征を。
ルートは、よく拝見させていただく、ペリさんの『冬晴れの快走、房総ドライブ』を参考にさせていただきました。無断借用です。すみません。
(さすけ食堂に寄りたかったので、逆走になりましたが。)

本日の愛車はこちら。



えーと、BT-42です。(お察し下さい。)
サスペンションは天下のクリスティ式。履帯が無くても・・・いや、いや。

朝一でレンタカーを借りて、海ほたるへ。
東京にいる間に一度は渡っとかないとね。



遠く見えるのが『風の塔』。

本日の最初の目的地は、こちら。



さすけ食堂。
ここで名物のアジを味わいます。



これは『さすけ定食』。アジフライとアジのお刺身を一度に味わえます。
お刺身には、カンパチと太刀魚も入っていました。
アジは、身が厚くて、ジューシー。お刺身もプリプリ。
朝食を抜いてきた甲斐がありました。
近ければ通いたくなるお味です。

さて、空腹を満たしたところで、ここからは館山に向かいます。
館山湾を右手にみながら、洲崎を経由して太平洋側へ。



太陽が低い冬のほうが、海がぎらぎら輝いてまぶしいですね。



太平洋を行き交う貨物船が遠くに見えました。

さてここからは千葉を縦走します。
白浜フラワーパークを経由し、安房グリーンラインへ。



対向車さえもほとんど無く、適度なアップダウンと
程よいコーナーが続く快走路です。

気持ち良く走り続けられるので、勢い画像が少なくなってしまいました。

安房グリーンラインから外房黒潮ライン(国道128号)に入り、さらに県道88号へ。ぐんぐん北上し、県道34号、長狭街道を左手に折れます。しばらく走って、県道182号線へ。冬枯れの林を駆け抜けました。

国道465号にぶつかった所で、急にダム湖が見たくなり、右折。
戸面原ダムへと向かいました。



あいにく自動車道からはダム湖はあまり見えませんでした。。



そのまま県道88号を南下して、再び県道34号、県道182号線を経由して、国道465号、先ほどは右折した交差点を左折。
そこから県道93号へ入り、マザー牧場をかすめ鹿野山へ向かいました。

ここでルートを見失い、偶然『九十九谷展望台』にたどり着きました。



結構高いところ、見晴らしも良いのですが、海がまったく見えません。
眺望が開けている方向に海が無いだけですが、
地平線まで続く山並みは圧巻でした。



さて、ここまで来たらお約束の地へ。



千葉フォルニアこと、袖ヶ浦海浜公園へ。
途中、ナビの設定を間違えてしまい、距離優先で対向の出来ない細道へと迷い込んでしまいましたが、無事到着。



少し細いから、ワシントンヤシモドキでしょうか?

実は、私の郷里徳島のJR徳島駅から徳島市のシンボル眉山にいたるまでの区間にもこのワシントンヤシモドキが植えられています。
何やら不思議な感じです。
徳島に帰ったら、徳島のワシントンヤシモドキで異国を感じてみよう。

Posted at 2017/03/22 14:50:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | 日記
2017年03月05日 イイね!

ルームシェア ストーリー

こっちも一気読み。


ルームシェア ストーリー  宇木 聡史(著)


初めての作家さん。ラブストーリー大賞がらみ。

読みたかったのはラブストーリー。
ラブストーリーは、ハッピーエンドにして欲しい。
なので、評価は低い。

お気に入り度 6点。

読んでいて思った。
ここに描かれる二人の距離感は絶妙で、本人は気が付いていないけれど、
かなり理想のカップルに思える。
それに気が付くのは、、、

他の作品を読んでみたい、と思う程度には面白かったし、
実際に別の作品を読んでみようと思う。
Posted at 2017/03/06 13:39:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書 | 趣味
2017年03月04日 イイね!

その時までサヨナラ

土曜日に一気読み。


その時までサヨナラ  山田 悠介(著)


本当に何気なく手に取った一冊。
金曜日に飲みすぎて、気だるい土曜日の朝。
走る気になれないので、そのまま読書に突入。
したら、一気に読み終えた。

別居中の妻が旅行中に事故死。大した怪我も無く助かった息子を、義理の両親に
引取らせようとするが、妻の親友を名乗る謎の女性が現れ。。。

仕事人間の主人公の、再生の物語。
息子との関係、仕事との関係、いろいろと。
主人公が立ち直って行くのを支える、妻の親友。
その謎が最後に解き明かされます。

主人公の性格が急に変わっちゃってる所が気になりますが、
先が気になり一気に読ませてしまうところは、作家の手腕のなせるところでしょう。

ただし、明かされる『謎』は、私が受け入れられないものでした。
まったく信じていないので。
第三者を介さない『奇跡』はファンタジーとして許せるのですが、
特別な能力を持つ第三者が居ると、丸っきり白けてしまうのです。。

お気に入り度 5点。

面白く読んだけれど、納得のラストではない。
個人的な好みの問題です。
Posted at 2017/03/06 13:31:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書 | 趣味
2017年03月03日 イイね!

未来(あした)のおもいで

金曜に読んだ。


未来(あした)のおもいで  梶尾 真治(著)


『つばき、時跳び』の、少し不思議、感が良かったので、もう一冊。
同じように、タイムトラベル。時間とラブロマンス。
ただし、SF,じゃ無くて、ファンタジーと思ったほうがいい。

なんだか予定調和だけど、安心して読めます。
人に惹かれるきっかけって、こんな物かもしれないなあ。

お互いに相手を思い、そのために行動する。
でも、上手く行かなかったり。

舞台は、熊本県は白鳥山。
言ってみたくなる事請け合いの一冊。

お気に入り度 7点。

個人的には、やはりSF的な要素を濃くして欲しい。
<そうなると、著者の作風とはずれるのでしょうが。
Posted at 2017/03/06 13:16:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書 | 趣味
2017年03月02日 イイね!

あしたはひとりにしてくれ

昨日読み終えた。


あしたはひとりにしてくれ  竹宮 ゆゆこ(著)


竹宮さんは3冊目。
なんとなく『知らない映画のサントラを聞く』を読み、その後『砕け散るところを見せてあげる』を
薦められ、本書『明日は一人にしてくれ』にたどり着いた。
なので、『とらドラ!』も『ゴールデンタイム』も知らない。

良くも悪くも、竹宮テイストが詰まった一冊。
こころの奥に孤独を抱え込んだ『良い子』の物語。

でも、『良い子』で居るのってそんなに大変か?まあ、進学校に進んで、
いつ落ちこぼれるとも知れない不安と日々戦っているようだけど、
家族が居て、友人が居る。
『捨て子』である過去など吹っ切れそうにも思えるんだが。

それはさて置き、書評を見ると、タイトルの意味は?見たいな事を書いてあるものが多かった。
私が思うには、だんなの心の叫び、でしょ?と感じる。

お気に入り度 6点。
Posted at 2017/03/02 13:28:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 読書 | 趣味

プロフィール

「千葉遠征 http://cvw.jp/b/2407216/39495315/
何シテル?   03/22 14:50
bangdoll0819です。よろしくお願いします。 徳島の地で細々と暮らしています。 愛車遍歴 初代 ダイハツ L55ミラターボMT 2気筒でター...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ほとんど更新できないとは思いますが、よろしくお願いします。
そんなですから、数にはこだわらない方向で。

たぁじおん号、見かけた人、居ないかなあ。
7 人のお友達がいます
TRD86GTRD86G * 伊勢伊勢 *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 ハム好きのtomoハム好きのtomo
マツダ命マツダ命 ふぢいふぢい

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ ストロベリーハンター (マツダ デミオ)
マツダ デミオ(DJ)XDに乗っています。 ツーリングにしなかったのが変なこだわり。 2 ...
その他 わんこ こむぎ (その他 わんこ)
元野良犬。 子犬のとき、足に怪我をして動物愛護管理センターに保護されていました。 怪我の ...
ホンダ ビート るくしおん (ホンダ ビート)
オープンカーがほしくて、軽なら2台持ちできるかなと中古で購入。 最後までカプチと悩み、で ...
その他 自転車 アオバ号 (その他 自転車)
サブ自転車 AOBA自転車店謹製(うそ)のミニベロ。 100均のライトがチャームポイン ...

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.