車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
クラウンという生き方若い頃の私は、クラウンが好きではありませんでした。

なんと言いましょうか・・・「保守的な大人」というイメージなのかなぁ。

他のセダンに比べて、クラウンは特にその印象がありました。


そんな20代の頃、友人の家の車が6代目クラウンでして。

確か、3ナンバーだった様に記憶しています。

それで、都内から箱根まで行ったんですよ。

夜のR246を。

仲間3人だったので、私は後席に。





写真は2ドアHTですが、友人の4ドアHTでも、似た様な感じでした。

シートも、サポートがどうとか、医療器具並みに疲れないとか、そういうものではなかったですね。

それに、やっぱりバネは柔らかい。

多分、ダンパーも抜け気味だったのでしょう、なんだかいつまでも揺れてる感じで。

しかも血気盛んな、20代青年の運転。

箱根の山中に至っては、広い後席で飛ばされない様、踏ん張るのに必死でした。





あの頃のクラウンは、自動車に乗っていることを意識させない方向で、進化していたのかと思います。

自動車というよりは、応接間かと。

それに、グランドツーリングカー的なところも、狙っていなかったでしょうね。

ゴルフ場まで快適に行ければ、いいのかなぁと。

100km/hほどで3時間くらい、といった使い方でしょうか。

でも、実際多くの日本ユーザーは、こういう使い方が一般的なのでしょう。

500miles a dayなんて、やっぱりクルマウマシカな人くらいしか走りません。


私は、セダンとはいえ、走りの性能は必須と考えていました。

なので、クラウンについては、ちょっと否定的な印象に繋がっていたのかもしれません。

そんなクラウンにも、21世紀に入り大変革が訪れます。





12代目 ゼロクラウンです。

いよいよクラウンも、走りの性能を語れる車になったのか。

しかも、今までのクラウンの強みであった優れたNVH性能には、更に磨きが掛かっています。

これは、楽しみな車になりましたね。

でも、思えば走りのセダンは、既にいろいろとありました。

同じトヨタにも、こんなセダンが。





アリストです。

果たして、クラウンもこの方向で良かったのでしょうか?



思えば、クラウンは走り性能至上主義でないところに、その存在価値があった様に思えます。

多くの日本ユーザーが、日本国内での使い方に合わせて進化した車。

それこそが、クラウンの世界だったのかなと。

それを、例えばドイツ車的なテイストを加えながら仕上げていった時に、クラウンの独自性は残るのでしょうか?

車の性能って、横Gが高く出せればいいのかな?

ニュルで速く走ればいいのかな?





もちろん、そういう世界観も必要です。

でも、みんながその方向に向かなくても、良かったのでは?

少なくとも、クラウンは。

私が若い頃に思っていた、保守的な印象。

でも、それこそがクラウンの世界であり、クラウンの生き方だったのだと思います。


「世界市場を視野に入れたグローバルカー」は、結局のところ最大公約数的な車になって、なんだか個性がぼやけてしまう傾向にあります。

「世界中の人達から愛される車」って、現代ではなかなか難しいです。

私が「個性がない」と思っていた昭和のクラウンは、日本国内からの視点で見ているからなんでしょうね。

そことは違うところから見ると、すごく日本的な個性のある車に、見えるのかもしれません。





コピーで「CROWN JAPAN」と言われても、車を見るとピンときません。

このコピーで言うのであれば、こうあってほしいものです。





グローバルはわかりました。

今は、もっと日本的な風合いの車がほしいですね。

あぁ、昭和のクラウンが懐かしい・・・


Posted at 2017/01/22 03:16:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 昭和 | 日記
2017年01月18日 イイね!
F1では主流らしいです。前回、エンジンの話をしましたので、その流れです。

今まで知らなかったのですが、F1では普通に採用されている技術があります。




TJI (Turbulent Jet Ignition)

2014年のメルセデスF1から、採用されています。

今のF1、と言うかモータースポーツ用エンジンの狙い。

それは、パワーと燃費


この2つ、相対するものの様ですが、技術としては同じ方向です。

要は、熱効率の向上なんですね。

後は、軸足をどちらよりにするか、でエンジン特性が決まります。





そんな訳で、F1のエンジンは、希薄燃焼(リーンバーン)で使われています。

これは、薄い混合気を使うんですよ。

なので、火を着けるのが、とても難しいのです。

じゃあ、どうしましょう?

プラグよりも、もっと強力な火種を使えばいいのでは?





そこで出ました、TJI。

中程の部品にご注目。

スパークプラグです。

これは、前回の様なプラグなしのHCCI燃焼ではありません。

でも、直接シリンダーの混合気に火花は飛ばしません。

火花を飛ばすのは、プリチャンバー。

ただの通路みたいですけどね。

ここへ右側にあるインジェクターから、ガソリンをちょっと多めに噴きます。

なので、出来てくる混合気も、ちょっと濃い目です。

ということは、プラグで点火するのも容易なのです。

燃焼し始めた濃い目の混合気は、次にシリンダーに出て行きます。

ポイントはこの出し方。

プリチャンバーの先は、こんな形状です。



外周近くに、いくつかの穴が開いています。

ここから、燃焼した混合気が噴出してくるんです。

穴が、真ん中でなくて外周近くで放射状に開いているのがポイントです。

こうすると、燃えにくい外側へ火炎を噴出させることで、一気に全体を燃やせるんだそうです。

このあたりは、HCCI燃焼と似てますね。

今までのSI燃焼が、ライターで火を着けていたとすると、このTJIは火炎放射器で着けてるイメージでしょうか。

なので、一気に完全燃焼出来るのだそうですよ。



あれ?

この濃い混合気へ先に火を着け、その勢いで薄い混合気を燃焼させる・・・

むかし聞いたことがありますね・・・



あつ、これだ!



ホンダ CVCCエンジン


これは、まず副燃焼室の濃い混合気を燃焼させ、それ使って主燃焼室の薄い混合気を燃焼させる。

技術は、繰り返したりするものなんですね。



ちなみにこのTJIは、鍛造ピストンでお馴染みのマーレで開発されたものです。

今のF1では、ほとんどのチームがこのマーレ製を採用しているそうです。


唯一使っていないのは・・・ホンダ。

この希薄燃焼システムは、元々うちで開発したんだよ!という自負からでしょうか。

でも、2017年シーズンからは、もう使わざるを得ない状況らしいですよ。
Posted at 2017/01/18 10:10:55 | コメント(6) | トラックバック(0) | メカニズム | 日記
2017年01月15日 イイね!
本当に出来たら、21世紀の大発明!今朝は珍しく、群馬南部でも積雪でした。

関東は、元々あまり雪が降りません。

しかも群馬南部は、東京が雪でも降らなかったりします。

でも東京の人からは「群馬は雪が凄いでしょうね」なんて言われます。

群馬北部はスキー場が多いので、そのイメージなんでしょうね。



先日のネットニュースからです。

正直、にわかには信じ難いものがありました。


マツダ 大幅に燃費改善した新エンジン 2018年度末から投入

スカイアクティブも、いよいよ第2世代へ。

その目玉となるのが、今回発表された新エンジンです。

搭載される新技術は「HCCI Homogeneous Charge Compression Ignition」予混合圧縮着火と言います。

今までのガソリンエンジンに対して、燃焼の方法が変わっています。



エンジン燃焼方法の概略図です。

左から、ディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、HCCIです。


ディーゼルエンジンは、空気をシリンダーに入れて圧縮し、高温となった空気に直接軽油を噴き出します。

軽油はガソリンよりも着火点(燃料自身が燃え出す温度)が低いので、火種(スパークプラグ)なしで燃焼するんですね。



ガソリンエンジンは、空気とガソリンを混ぜた混合気をシリンダーに入れて圧縮し、上にあるプラグから火花を飛ばして燃焼させます。

ガソリンは、軽油よりも着火点が高いので、自己着火しにくいです。

でも引火点(火種を使って燃え出す温度)が低いので、火種があれば燃焼します。

これら2つの欠点ですが、どちらもシリンダー上部の1点から燃焼し始めるので、全体が燃焼するまで時間が掛かります(マイクロ秒といった単位ですが)。

そうすると、シリンダーの下の方までは完全燃焼出来ず、燃え残りが出てしまいます。

燃え残りってことは、無駄にしてしまった燃料なので、その分燃費は悪くなるんです。

燃費を良くする為には、この燃え残りが少なくなる様に、完全燃焼させなければなりません。



そこで、HCCI。

空気とガソリンを混ぜた混合気をシリンダーに入れるのは、普通のガソリンエンジンと同じです。

違いは、プラグで火花を飛ばすのではなく、ディーゼルの様に自己着火させるのです。

えっ?? ガソリンはそれが出来ないから、プラグで火花を飛ばすんじゃないの?

それが、ガソリンと空気の混合方法だとか、温度、圧力の条件を整えれば、可能なんだそうです。



HCCI燃焼には、こんなメリットがあります。

・シリンダー内のあらゆる場所から自己着火が起こるので、一瞬で燃焼出来る。
・その為、完全燃焼になりやすい。
・あらゆる場所から燃焼するので、希薄燃焼(リーンバーン)でも燃焼しやすい。
・燃え残りが少ないので、燃費の大幅向上(約30%)が見込まれる。


もう完成の域に達したと言われるガソリンエンジンで、本当にこれが出来たら、世紀の大発明ものです!


ただ、そう簡単にはいかない難しさもあります。

こんな課題もあるんです。

・HCCI燃焼をさせる条件が、なかなか揃えられない。
・全てHCCI燃焼だけではカバー出来ない。
・カバー出来ない部分は、今までのスパークプラグによる燃焼(SI燃焼)が必要。
・HCCI燃焼とSI燃焼を併用するので、スムーズな切替制御が難しい。



当然、マツダ以外の各社も研究しているはずですが、実用化はまだまだといった感じです。

技術発表しているケースも、メルセデスくらいしかありません。

それなのに、マツダは2018年度末と、具体的な時期を決めて量産化の発表をしてきました。

それなりに、目処が立ってきたということなのでしょうね。


今でも、本当にHCCI燃焼なんて出来るのか? 不思議でなりません。

世の中、EV, ハイブリッドと、脱エンジン化が確実に進んでいます。

21世紀のガソリンエンジンは、まだ死んではいないのです。

頑張れ! マツダ!
Posted at 2017/01/15 12:31:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | メカニズム | 日記
2017年01月11日 イイね!
日曜朝の定番です。ガレリア ルーチェでの童夢展を後にして、もう1ヶ所名古屋で行きたいところがありまして。

おっと、その前に。

かみさんから依頼(命令?)を、遂行せねばなりません。

で、向かったのがこちら。




青柳総本家の直営店です。

名古屋といえば、これですよね。

当然ここで買うのは、ういろう・・・ではないんです。

実はこちら。



カエルまんじゅう おいもあん(季節限定)

うちのかみさんは、かえるが大好き。

3年くらい前、旅行で名古屋に来た時に、この存在を知りました。

お土産用、自宅用にと買ったのですが、あまりの美味しさにお土産用まで食してしまい・・・

帰宅後に通販で追加注文、という逸話を持っています。

そんなカエルまんじゅうには、季節の限定商品があります。

11月は、このおいもあんだったのです。


着いたのは、15時くらい。

さっそく注文すると「本日分は売り切れ」とのこと・・・

あ〜残念。

しからばと、今回は通常版をお買い上げ。



あと、カエルまんじゅうと言えば、CMです。

ただこのCM、閲覧注意です。

この歌が、脳内ヘビーローテーションされてしまいます。





さて、次は私の行きたかった場所。



ミユキモール

な〜んだ、また買い物?

いえいえ、そうでは御座いませぬ。

目的は、この場所なんです。

今はショッピングモールですが、以前はこれがありました。




御幸毛織です。

本社と本社工場が、この地にあったんですね。

私くらいの年代だと、小学生時代はサッカーではなく野球です。

御多分に洩れず、私も下手っぴながら野球やってました。

そうすると、やっぱり観るわけですよ、日曜朝のあの番組。

ミユキ野球教室

私の印象に残ったのは、番組内容よりも最初に流れるあのCMだったんですね。


そのCMの会社は名古屋にある、それで今回の訪問となった次第です。

店内は、普通にショッピングモールです。

でもここには、そのルーツを物語るオブジェがあるのです。



ひつじくんファミリーです。

ちょっと目が怖そうですが・・・

これを探しに、店内調査開始です。



しばらくして、怪しいエリアを発見。



ひつじくんの背後にある階段、まさしくこれですよね?

あれ? 肝心のひつじくんが居ません・・・

早速調べてみると、驚愕の事実が!!

ひつじくん 四日市工場に引っ越してました

しかも3ヶ月程前に。

うわ〜ショックです!

念の為、ツリーのあるあたりの床を見てみると・・・



床面の目地が違うところがあります。

やっぱり、ここにひつじくんが居たんですね。


このままだと、本当に普通にショッピングモールに来ただけになってしまいます。

ここに御幸毛織があった、そんな面影はないものかと、再度店内を調査・・・

おっ、これは!!




看板にひつじくんが!

ちょっとこれで、自分の気持ちが救われた気がします。

でも、1回くらいは四日市工場のひつじくんオブジェが、見てみたいですね。
Posted at 2017/01/11 10:04:19 | コメント(7) | トラックバック(1) | よもやま話 | 日記
2017年01月08日 イイね!
「童夢 ”ゆめ”を”かたち”に」展来年の話をすると鬼が笑う、と申します。

昨年の話をすると、鬼に怒られてしまうのでしょうか。


昨年11月に、名古屋市にありますアウトガレリア ルーチェで開催された、童夢の展示を見て来ました。

この企画展では、林ミノルさんがレースの世界に足を踏み入れてから、童夢-零 発表するまでの足跡が紹介されています。

まず初めは、林さんが最初に手掛けた車です。




カラス(ホンダ S600 レーシング)

1965年、レーシングドライバーで有名な(豪快な生き様でも有名な)浮谷東次郎からの依頼で、製作されました。

ベースは、ホンダ S600。

これをGTカーに改造する、といった依頼でした。

限られた予算と時間の中で、行われたこと。

それは空力ボディの製作と軽量化でした。

改造部分は2つ。



ノーズコーン

既存のボディはそのままで、上から被せています。

ライトカバーから見えるフロント部は、グリルを外しただけのノーマルボディが見えます。




ハードトップ

トランクリッドを外したボディに、こちらも上から被せています。

その為、トランクリッドがあった部分には大きな穴が開き、ハードトップと隙間が出来ていますが、そのままです。

ハードトップ後端には、スポイラーも付いています。

当時、「勝てるマシン」を作る為に、空力に着目するのは非常に稀有なことでしょう。

そんな空力の概念が確立していない時代に、整流の為にスポイラーを付けているとは。

林ミノルさんの非凡な才能を、感じずには入られません。



ハードトップの中を見ても、そのまんまS600のボディが見えています。

車が完成したのは、レースの前日。

しかも、車は他の改造も施す為に作業時は現場になく、形状確認も出来ていませんでした。

当然、形状が合うはずもなく、当日は現物合わせで、無理やりリベットで取り付けしたそうです。

なので、完成後の仕上がりは・・・

そこで、少しでも見栄えを良くしようと、無限(現M-TEC)創業者、本田博敏さんのアイデアで、つや消し黒に塗装されました。

それが元で、この車は後に「カラス」と呼ばれることになりました。

この黒塗装、私は黒板の塗料だと聞いていました。

ですが最近では、ストーブの耐熱塗料だという記述が多いのかな?

実際はどちらなんでしょうかねぇ?

この車を駆って参戦した鈴鹿クラブマンレースでは、車の効果かドライバーの腕か、見事デビューウィンを飾っています。




童夢-零

1978年に発表されました。

カラス以降もレーシングカー製作をしていましたが、なかなか事業として成功せず。

ならば!と一気に市販ロードスポーツカーへと舵を切ったのが、この童夢-零です。

その年のジュネーブショーに出展したところ、大盛況。

その後も市販化に向けて、開発が進められました。



あっ、このステアリング、覚えています。

これは、車両より先行して、単品で市販されていましたね。


公道走行可能な車として販売するには、型式認定が必要です。

当時の担当は、運輸省。

日本では、型式認定が取れれば販売可ですよ、と表向きにはなっています。

しかし、既存の自動車メーカーでない企業が、ゼロから開発した車の型式認定を取得するのは、非常に困難です。

最近になって、なんとか光岡自動車が可能にしたくらいですから。

これが30年以上前の話ともなれば、その壁がどれほど高かったか、想像に難くないです。

童夢も、この壁にぶち当たりました。

当時の運輸省は、申請を受理する気など全くなかったのでしょうね。



童夢-零といえば、先程のシルバーのイメージが強いのですが、赤もあったのですね。

実はこの赤い車、単なる色違いではありませんでした。
(私は色違いだと思っていました)



童夢 P-2

日本で型式認定が取れないのであれば、アメリカで取得して輸入車にしよう、と計画変更されたのです。

その為には、童夢-零をアメリカ法規に対応させたのが、P-2です。

この車では、バンパーが大型化されています。

また法規対応で、高さも上げられています。

ただ大きく高くすると、ボディデザインも大きく変わってしまいますよね。

そこで全体のイメージを変えない様に、ボディデザインを変えているのです。

実はそっくりなこの2台、共通部品はほとんどありません。

今度は、こちらの車でテストを重ねて、市販化に向けての開発が進められました。



そんな中、童夢に思いもよらない話が舞い込みます。

童夢-零の商標権です。

そのデザインを使用した、モデルカー、文具等の関連商品が販売されたことで、多額のロイヤリティーが支払われたのでした。

私も、色鉛筆だったかな? 購入して貢献しましたよ。


その収入で開発も加速するのか?と思いきや、これになりました。



童夢-RLのルマンチャレンジです。

根っからのレース屋さんである林さんは、それを資金にして元に戻ってしまいました。

童夢 P-2の市販化計画は、そんなことで 立ち消えに・・・


あの頃、大ブームを起こした日本のスーパーカーが、こんな幕切れだったとは。

ショッキングな結末を知った、驚きの1日でした。
Posted at 2017/01/08 10:21:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベント | 日記
プロフィール
「@サーキットの豚 さん えっ? 快晴なんですね。今回は珍しく、関東では群馬だけ雪模様。こんなに天気が違うとは・・」
何シテル?   01/15 13:00
クルマ、バイク、自転車と、自分でコントロール出来る乗り物が好きです。 それも日本製が好きです。 (自分で買えそうもないものには、興味が持てなくて) ...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
速く走ったり、モディファイとかは得意ではありません。

でも、どうでもいい知識は、たしなむ程度にはあります。

こんな文系自動車趣味人ですが、よろしくお願いします。

34 人のお友達がいます
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * カエル好きカエル好き *
wasabi@1972wasabi@1972 * 山あり山あり *
楽農家楽農家 * 石川くん石川くん *
ファン
33 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ インサイト ホンダ インサイト
2003年に購入 登録時の全国販売台数は・・・私の含め4台でした。 現在走行16万km ...
ホンダ フリード ホンダ フリード
2010年購入 折しもエコカー補助金の嵐が吹き荒れる時期に購入。 滑り込むも、タッチア ...
ホンダ Dio (ディオ) ホンダ Dio (ディオ)
1989年購入 社会人1年生の時、当時都内に住んでいました。 街中移動(特にホンダ青山 ...
ヤマハ YSR50/80 ヤマハ YSR50/80
1999年購入 当時RZ250Rに乗ってましたが、ビビリィな私、とても性能を使い切って ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.