• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

.reoのブログ一覧

2017年06月20日 イイね!

night run

night run


夕べ遅く、samuraiさんとコンビニで別れてから

一人で久しぶりに深夜徘徊をしてました。




ここのところ子供の事や色々な事もあって、

夜は基本何処にも出ないことが多くなってきましたが、

たまにはそんな日があってもいいかな?とか思い、

地元周辺を普通にドライブみたいな感じで。



平日の深夜にもなると田舎なもんで、

国道から一本ずれるとクルマの通りはほぼ無くなり、

結構ゆっくりと普段の場所と違う場所で深夜の景色を眺めたり。





samuraiさんと話した後も少し考える事もあって・・・・・・

まぁ、最近の自分の考え方、どうなのかな?

とか、夜景の向こうに見える決して多くない街灯を眺めながら・・・・・

色々と再考してみたり。







みんな、同じ空の下の何処かで、負けないように一生懸命生きてるんだよね~

なんて思ってみながら、残り少ないほうじ茶飲んで、

そこから30分くらい地元の夜景とレビンを眺めつつ、

今、目指している事に向かっている事柄に集中しているうちに、

ちょっと、尖がり過ぎているような気がする自分を反省して、

結局、慣れ浸しむ裏山には上がらずに帰路についた感じでした。









まぁ、自分の人生、自分で決めて、自分次第で歩いているところ・・・・・

最後は自分にとって一番何が大事なのか?・・・・・



普段、何げなく通り過ごして見過ごしてしまいがちな地元の夜景も、

なんだか新しい景色に見えて、そこに何かヒントがあるような・・・・・





走らない夜なのにnight run.

たまにはそんな日があっていいかな・・・・・























Posted at 2017/06/20 19:46:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月30日 イイね!

young generation


もう、結構な年月garageをやっている気がします。

始めた当初は自分もまだ少しだけ若い側で、

来る方たちは当然若者だらけ。



レプリカの2輪に乗った高校生も結構来る時代、4輪を転がす自分に、

4輪とか速いんすか?みたいな感じで接してくる方もいたりして、

なんだか心ワクワクするような、彼らのちょっと俺ツエーオーラが凄く楽しくて、

当時から変わらない自分の決まり台詞は「ちょっと横乗る?」みたいな感じで。





黒のFCで33ナンバーに拘って山を転がしていた自分の元に来た若者たちと、

毎晩のように人知れず山の中で走り込んで、レプリカに乗っていた高校生たちも、

気が付けば4輪に転向してきて、なぜかそれがみんなFC3Sに乗るという。



90年代当時はまだまだやった、やられたの下剋上。

今のように人のやることが気になって、気になって、

ちょっとでも何かあればチクッてやるみたいな小さな人間も、

いなくはなかったものの絶対数は少なく、

ただ単に、自分との速さとの戦いがあって、求めていくやつはクローズドに行き・・・・・・



そんな若さが溢れていた時代も、結婚、子育て、その他多々色々な事情が重なり、

時代の移り変わりとともに、山の中で見たRX7も残像だけが残り静寂だけが残った21世紀初頭。



ストリート全盛から世の風潮はクローズド万歳な時代に変わり過ぎいく刻ととも、

いつしか若者の自動車離れが叫ばれるようになり、手軽に乗れるスポーツカーは姿を消し始め、

新しく出てくるスポーツカーは、間違いなくクルマも価格も進化して、

気軽に誰でも乗れる乗り物ではなくなり、

相変わらず若者の間での静寂は変わらなかった2000~2010年頃。

そして自分自身もどこか何かにシラケはじめていた時期も重なり・・・・・


そんな頃、当時高校生でレプリカに乗って暴れていたsamuraiさんがひょっこりGarageに現れて、

時の流れで外見は仕事が出来る感バリな出来た大人に変わっていたものの、

熱い中身は変わらずで現れて、なんとなくシラケていた自分の心に何処か灯がともり始めた矢先・・・




空前の大震災があり・・・・・

しかし、そこをリアルに生死の体験した人達が感じたのは・・・・・

元気に生きているうちにしか、好きなことをすることは出来ないということ。



そこから自分達の周りは確実に何かが変わった感じで、

走りをほぼやめていたsamuraiさんも、ある青年との出会いから再出発。



samuraiさんの「もう一度やりましょうヨ」という言葉に後押しされたかどうか、

そこから崖下まで落ちていた自分自身も、もう一度這い上がろうと・・・・・




そしてsamuraiさんとも色々頑張ろうと決めて、走り続けようと思う現在(いま)、

自分の年代の子供達の年代の方々がGarageに多々いらしてくれるようになり、

紆余曲折を経たクルマとの付き合い方も、なぜか、自分が若いころクルマに打ち込んだ雰囲気や、

自分がGarageを始めた頃の若い方たちのような雰囲気を醸し出す方たちとの出会いがまた増えて、

クローズドをやり直し始めた最近も、若いカップルメカニックの大きな力添えや、



なによりも、子供の頃に自分のFCを見てスポーツカー好きになった方や、

その昔雑誌に良く出ていた頃の自分を子供ながらに覚えていて、わざわざ訪ねてきてくれたり、



その方々がまた、新たな方々を連れてきてくれたり、



表面では無く、毎日同じ景色を見れる多々の方々と触れ合わせていただける最近の感じが、

なんだか20数年前に戻ってきた雰囲気で。




自分が好きな道を一時は迷い全開で崖から落ちたりしながらも、

結局は時代の流れとか関係なしに地道に歩いていてきて良かったかなと思ってみたり。











色々な思い持ちながらyoung generation.


本気で走るもよし、




全力で自分のクルマラブになるもよし。




あの頃のまま変わらず乗り続けるもよし。
(あっ、young generationじゃないか・・・・・(笑))







なんでも情報が入る時代、何か周りと違うんじゃないかとか迷うことも多々あったとしても、

時代は勝手に流れていくだけで自分の気持ち変わらず、他所は他所。





それにしても長くやっていると凄いなとつくづく思う。

まさか、自分の子供と同年代の方々と一緒に走れるまで、

自分がGarageをやっているとは・・・・・










young generation.

若いこれからの方々に・・・・・




あの頃と何も変わらずに・・・・・



















































Posted at 2017/05/31 01:36:38 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月15日 イイね!

Sunday 3型の会


確か去年の夏?その前あたりで、

イソメ先輩と「同世代の方と「昭和の会」みたいのをやりたいですね~」、

みたいな感じの話から、「取り敢えず小さな輪の中でやりましょう」、

な感じで話はなんとなく進んだものの、去年は自分もイソメ先輩も忙しさが先行していて、

結局具体的にやりましょう、となってきたのは今年に入ってから。


まぁ、ただ単に、随分と歳を重ねてきた自分達が、

単に当時の雰囲気を味わいながら街中を歩くだけという、何とも最初はアバウトな企画で(笑)

そんなアバウトな企画をきっちりまとめてくれる、さすがな素晴らしい方がいてくれたお蔭で、

「第一回 昭和3型の集い」という感じで、東京の西、青梅でこじんまりと開催に至りました。



で、開催されたものの・・・・・個人的に画像がほぼ無いという素晴らしいオチで・・・・・

イソメ先輩にご承諾を経て、2枚程画像をお借りしました。






ここ青梅は30年ほど前の昔、深夜の奥多摩にいく時に毎日のように通った場所だったのですが、

実は街を歩いたのは今回が初めてという(笑)



20代の頃は、早くステージに行きたくて、何も見ようともせずに素通りしてしまっていたその街も、

年を重ねてゆっくりと街中を眺めながら歩くと何とも言えない懐かしさを感じました。

自分が一生懸命人知れず上手くなりたくて走り込みに行っていたその通りすがりの街は、

自分が生まれる何百年も前からきっとあって・・・・・

そして今もその当時の雰囲気を何処彼処に残しながら変わらずに生きている。

皆様と歩きながら一人、もしかしたら違うことを考えながら歩いていたかもです(笑)



そして、今回参加された方々は昭和3型の年式ですが、

イソメ先輩の方にも書かれていましたが、乗っているクルマは皆様、平成生まれ・・・・・



まぁ、その辺はおいておいて・・・・・






そして、今回リクエスト?もあって、自分は娘と二人で参加させていただきました。

最初は普通に一人で参加を考えていましたが、

考えてみれば、娘と二人っきりで遠距離ドライブとか生まれてから一度も無いなと・・・・・

ただ、娘は長距離がちょっと弱くてどうしょうか?一瞬躊躇したのですが、

本人に聞いたら、「行きたい!」と言ってくれたので、のんびりと父娘で高速の旅を楽しみました。


ここ1~2年は、個人的に激動なことが続き、自分がやりたいことどころか、

下手するとクルマも乗れない、生活さえままならなくなる状態まで落ち込んでいた時もあり、

それでも子供たちは変わらずに自分を支えてくれていたので、なんとか生きてこれた感じで(笑)


上の子たちはもう手の大きさも当たり前のように大人の手で、

その成長が、親から離れて独り立ちしていくサインのような気が昔からしていて、

一番下の娘も段々と繋ぐ手の大きさが大きくなるにつれ、

親から離れ、自分の脚で歩く時が段々と来ている訳で、そんなことも含めて、

今回の集まりで、娘も誘っていただけた事は個人的にも良かったなと思いました。



で、話はあちこち飛んでいますが、

青梅の街は、昭和生まれの自分達が歩くには十分に楽しめる場所でした。

個人的には昭和にあった、今では忘れ去られてしまいそうな、

ごく普通な生活用品とかが展示されていたのが興味深かったですね。


クルマもそうですが、意外と当時大量流通していたモノの方が、

あとから現存しないモノが多いような気がして(例えばどこでも見かけた70系のカローラとか)

そうゆう面でも、生活用品から子供の頃を思い返せたのは感慨深かったですね。



食事を挟んで(ここでイソメ先輩に、その後娘がずっと爆笑することになる事柄が(笑))

午後からは、近くの鉄道公園に行って散歩?散策を。



こじんまりとしている感じでしたが、入ってみると意外と楽しめるモノが多く、

この辺りから娘も皆様に馴染んできてやっとエンジンがかかってきて、

皆様と一緒に楽しく乗り物に乗ったり、イソメ先生の博学的なことを聞いたり、



そんなこんなしているうちに、この日は本当にあっという間に時間が過ぎていました。



ある意味、皆様みんカラ繋がりではありましたが、多分に殆どクルマの話はしなかったりで、

最近はクルマとかの集まりが苦手な自分にも非常に楽しい時間が過ごせたなと。

あと、幼馴染や同級生とはまた違う、同年代で同じような刻を過ごしてきている皆様だから、

それも楽しく過ごせた一日の大きな部分を占めていましたかね。


帰りにサプライズなお土産頂いたりいろいろありましたが、

久しぶりに充実した休日を過ごした気分で、帰ってから娘も「凄く楽しかった」と言ってくれたりで、

初めての父娘ドライブも成功に終わったかなと(笑)




アバウトな初期企画から、ちゃんと取りまとめていただいた企画段取りが素晴らしく良かったお蔭で、

みんなで楽しめた3型の会。

また機会があったら、こじんまりと楽しまさせていただければと思いますヽ(*´ー`)ノ












Posted at 2017/04/16 00:22:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月11日 イイね!

Monday


今年もあっという間に4か月ほど経ち、

気が付けば桜の季節。

裏山でのまったりドライブに最適な時期が来た感じです。








って、いいながら、正月明けからここ数か月は、週に何度もお茶のみに行っていたので、

「暖かくなったから、さぁ行こう!」っていう気持ちではないですが(笑)





まぁ、ブログでは全くと言っていいほど去年から走っていることは書いていませんが、

そんな中の昨日、月曜日エビス西にsamuraiさん達と行ってきました。



SNS上で何も動いていなくても、現実生活は色々流れていくわけで、

なんだかんだとここ数年で変わっていくことは多々。

若い方たちも少しずつ増えていく中、

昨日も男子、女子と2名の頼りになるメカニックさんもお手伝いに来てくれて、

段々と自分のような年寄りは窓際の方に(笑)




samuraiさんがエビス西を走ったのは去年が初めてで、

というかまぁ、その前は20年くらいクローズドは走っていないというか・・・・・

確かずっとサーフィンしてたんだったかな?



で、去年末もう一回走ろうと思ったら雪・・・・・






基本、自分達は街乗りドライブしかしないし、7で子供達を園や学校に迎えに行ったり、

買い物に行ったりという、ごく普通の使い方の中で、人知れず7とお付き合いをしている中で、

こうゆうクルマに乗っていると、誰が速いと遅いとか、あいつは大したことが無いとか、

サーキット走ってないじゃんとか、まぁ、めんどくせ~ことこの上ない方が多々(笑)



じつはその大昔もそんなことがあって、めんどくさいから結果出しにいったわけなんですが、



年月が経つと知りもしないまた新たな色々な方が出てきて、陰口たたかれて、

そんなこと言われて「はいそうですか」とはいかない性格なんで、

取り敢えず、前みたいに結果だけを追い求めるクルマ造りではなく、

あくまでも、自分たちのstance、「街で子供と一緒に普通に乗る」をconceptに、

「サーキットを走らない自分達がたまにサーキットを走るとどんな感じすか?」

みたいな(笑)感じで昨日も走ってきました。



いや、でもね若い男女カップルがいると、なんだか空気がピンと張りつめなくて、

ある意味新しい感覚でサーキットにいられましたね。

公道で走りあうのは危険だから、「楽しむんだったらサーキットに行け」とか言っておいて、

結局サーキットに来たら、タイムが~とかライン取りが~とかあ~だのこ~だの始まって、

全開で走ったらどこか壊れたとか、ぶつかったとか、なんだか楽しみに来てるんだか、

修行にでもきてるんだか、全く分からない状態な場所が自分の思うサーキットで(笑)


昨日は自分とsamuraiさんはある意味ちょっと思うことある中現場にいましたが、

若い二人のお蔭で、本来クルマを楽しむ環境というか、これでいいじゃんみたいな感覚を、

みんなでまったりお弁当食べながら感じ、天気も良かった一日を楽しみました。





まぁ、それで肝心なエビス西コース。

先週、2コーナーの路面を舗装し直したばっかりらしく、

そこだけつるつるのスケートリンク状態(笑)

自分達の後から来た方は、そこでグリップしないのでハーフスピンのオンパレードでしたが、

楽しんで走られていたので良かったなと。






そんな中、街乗りsamurai号ですが、今回、楽しみと言いながら、

何か言いたいなら結果をと言われちゃうのもめんどうなので、

目標タイムを2秒台に設定していったんですが、

2コーナーつるつる事件で、そこだけ全くアクセルを入れる事が出来ずに、

目標タイムに100分の23秒足りないところで残念でしたが、

ベスト繋げていけばそんな状況でも2秒前半はいけそうだったので、

もう少し詰めていけば、現状の状態でドライバーとクルマは1秒台にはいるかなと。

筑波も1分フラットは見えてきた感じで、エビス西2回目の保育園に送り迎えSPLのRX7としては、

まぁ、いい感じにはなってきたかなと。

このままのconceptで西コース分切も見据えて・・・・・次回は来年?(笑)








世の中の殆どの方が、スポーツカーに乗っていても街乗りがメインで、

個人的にそれでいいと思いますし、自分も今後もみんなとのんびりお茶を飲みに行きながら、

スーパーに買い物にも行く使い方は変わらないと。














毎日乗る人もいれば休日の時に楽しみたいとか、

若い時でも年取ってからでもデートでドライブとか、

本当にクルマって、スポーツカーていいなと思った月曜日でした。















Posted at 2017/04/11 18:43:53 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月01日 イイね!

2017


あけましておめでとうございます。


昨年も多くの方々に助けられて過ごした一年でした。

その中で、昨年初頭に決めた第一段階の初期目標は取り敢えず達成したところはあるので、

今年も出来る範囲の中で黙々と進んでいけたらと思います。



本年もよろしくお願いいたします。


Posted at 2017/01/01 12:51:50 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「○o。.Ψ( ̄∇ ̄)Ψ.。o○」
何シテル?   06/23 00:13
Reos Style
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

フライデーナイト・・・。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/03 17:11:15
気が付けば。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/13 11:16:20
白と、黒と、本音と、想い。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/25 00:39:42

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
4ドアGTS-4ベースのRB26搭載フル公認R仕様です。 内装もフルにR仕様で、外装も2 ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
AE111、エンジンだけがスワップされてクルマ自体が過小評価されているのかな?と思ってし ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
SA22C型RX7。自分の人生を決めたクルマです。(最近過去を振り返ることも大切だと感じ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
一応、希少な純正白の後期∞Ⅲ(白の生産台数30数台?現存台数10台前後?)ですが…内装も ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.