• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

QLのブログ一覧

2012年11月27日 イイね!

さらば青春の兎

さらば青春の兎先月の26日に最後の旅行をした後、同30日に我が白兎とお別れをしました。納車されたのが2007年の1月でしたから、5年と10カ月近く(そのうち3カ月は免停で乗れなかった)を共に過ごしてきたことになります。振り返れば納車翌日に早速ロングドライブをこなしたのですが、あの時に感じた「この車を選んで良かった」という嬉しさは、結局最後まで失われませんでした。何故ゴルフが世界中から評価され続けているのか、その理由を日々の生活の中で学べたような気がします。というわけで今回は、良き相棒として頑張ってくれた我が白兎ことV GTI について、最後の感想を書き連ねてみたいと思います。

■エクステリア
ゴルフ史上最も曲線を多用した外観は、最初はあまり好みでなかったものの、フロントグリルの良い意味での「下品さ」がいつ見ても強烈だったせいで、今やノスタルジックなものとして心に残っています。VI やVII の端正なマスクとは真逆の、造り手の気合と情熱をそのまま表したかのような奇抜なモデルに乗れたことは、優等生と評されることが多い歴代ゴルフの中にあって貴重な経験だったのかもしれません。本国オプションのLEDテールランプは、LEDが広く普及し始めた今の基準で見ても格好良かったし、後付け感が顕著なサイドスポイラーやブルマと呼ばれた商用車チックなリヤバンパーも、いつの間にか愛着を持つようになっていました。キャンディホワイトの塗装も耐久性に優れており、適当に洗車をしていただけでワックス掛けなど一度もしなかったのに、5年後でも柔らかな艶を保っていたのは驚きでした。また、ボディ剛性の高さを誇示するかのようなあの異様に太いCピラーも、他社のハッチバックと差別化されていて良かったですね。惚れ惚れするような色気などは絶無でしたが、さりとて堅苦しさとは無縁の面白いデザインのモデルだったと思います。

■インテリア
そもそもゴルフは大衆車であるため、内装に華美な部分など見当たらないのですが、機能主義的な割り切りの良さ・簡素さが、ある種の清々しい雰囲気を醸し出しているのは事実です。スイッチ類の使い勝手で不満を抱いたことは無いですし、各パーツの退色や経年劣化も目立ったものはありませんでした。個人的にはチェック柄のGTI 専用シートが最高でしたね。適度に張りがある(しかもこれが最後まで失われなかった)ため長時間運転し続けても背中や腰が全く疲れず、同乗者からも確実に好評を得ていました。色々な車に試乗しましたが、ことシートに関しては現在もこれを上回る物には出会えていません。人気車種だけあってアフターパーツがたくさん販売されていることも楽しめた要素の一つです。至極当然の話ですが、我が白兎のインテリアは他の誰のゴルフよりも私好みに仕上がっていました。

■動力・駆動系
あるときディーラーのメカさんと話をしていた際に、興味深い質問を受けたことがありました。それは「QLさんはエンジンとトランスミッションのどちらが気に入ってGTI に決めましたか?」という内容でした。確かに2ℓターボエンジンもパワフルで良かったのですが、改めて考えてみると私はDSGの方に強く惹かれていたのだと思います。バトルギアやグランツーリスモの中でしか速く走ることができなかった私にとって、ATのように簡単に運転できて且つMTのようなダイレクトな加速感も味わえるDSGは、ゲームと現実をリンクさせる魔法のツールでもありました。発進時にアクセルを少し雑に踏んだだけでもホイールスピンを誘発するような過敏さには気を使いましたが、VI GTI を試乗してその洗練された制御プログラムを体験した後では、逆にV GTI のやんちゃさが好ましく思えてきました。買い替えを検討しているときも、DSGの存在は大きな要素の一つでした。国産車でいえば現行アクセラのATのスポーツモードもなかなか良いのですが、やはりDSGのSモードの方がスムーズさでも活きの良さでも一枚上手のような気がします。あのブリッピング時の「ブフォッ!」という音は、演出が過剰で可笑しかったのですが、でもずっと忘れないでしょうね。

■ボディ・ハンドリング
シャシーに関しては、4ドアのハッチバック車としては最高レベルの剛性であり、5年後でもヤレた感じは全くありませんでした。逆に足回りに関しては、乗り心地にも配慮がなされているためか、俊敏な切り替えしが要求される場面においては明らかに柔すぎて追いついていけないことが多々ありました(その分、高速道路をひたすら突き進むときなどは快適で助かりました)。またブレーキも、ペダルの踏み幅に対する効き方が不自然で、しかも制動力自体が不足気味だったことは最後までしっくりこない部分でした。ビルシュタインのBTSとCOXの4ポッドキャリパーを装着するのが最終目標だったのですが、それを実現できなかったことが唯一の心残りでしたね。ドライブフィールに関しては、ファミリーカーをチューニングしてスポーティに仕立てたモデルとしては非常によく出来ていたと言えるでしょう。しかし、設計上は室内空間を優先したコテコテのFF車であり、前後の重量バランスが同クラスのライバル達に比べてもあまりよろしくないので、爽快感には欠けていました。旋回時に遠心力がフロントタイヤの接地面よりも前に掛かる感じが強いので、アクセルやブレーキで如何にそれを補正するかが、この車を操るうえでの醍醐味だったと思います。エンジンの力強さとDSGの活発さに心打たれて、このモデルをスポーツカー的に評価するライターが当時は大勢いましたが、ハンドルに伝わってくる重量感やコーナリング時の穏当な挙動を考えれば、実際はグランドツーリングカー的な性格が強かったと思います。

■総評
ごくシンプルに表現するなら、ゴルフV GTI はまさに万能のモデルだったということになります。自動車に求められる要素を一つ一つピックアップした場合、それぞれの項目においてこれを上回る車は多く存在するでしょう。しかし、すべての項目をハイレベルで満たした完成度の高いモデルとなれば、他を探すのに相当苦労するのではないでしょうか。初代GTI が伝説的であるために、その系譜に連なるV 型もVI 型も(そしておそらくはVII 型も)ホットハッチという括りで語られがちです。それに当てはめるなら、車格や重量から見ても確かに最近のGTI は退屈と評されても仕方ないかもしれません。ただ、私のように仕事もプライベートも1台で全てを熟すことを条件とすれば、これほど「刺激的な実用車」も無いわけです。同じCセグメントのライバルたちだけでなく、Dセグメントのエントリーグレードのセダンたちと比較しても、あらゆる要素をバランスよく内包した最もコストパフォーマンスの良いモデル…。それが我が白兎に対する私の最終的な評価になります。

車選びに迷われている方がいましたら、何型であれ一度はゴルフGTI に試乗してみることをお薦めしますね。一般大衆の希望を最大公約数的に詰め込んだこの車は、自分にとって本当は何が必要で何が不要なのか、その答えを明らかにしてくれますよ。
Posted at 2012/11/27 02:01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2012年11月07日 イイね!

The answer is blowing in the wind

The answer is blowing in the wind唐突ではありますが、先月は多忙な日々が続いていました。その原因は、次期主力戦闘機の導入に関することです。少し前のブログで我が白兎が抱えている問題を報告したばかりなのですが、その後も他のトラブルが相次いで発生した(エンジンの吸気系の不具合、飛び石によるフロントガラスの破損、天井の内貼りの剥がれ等)ため、実は9月末に買い替えを決断したのです。それ以降は様々な手続きのため休日の度にディーラーへ通っており、またプライベートの諸事情もあって、10月中は遠出する時間も得られないような状態に陥っていました。

さて次の愛機についてですが、最終的にはVW ・シロッコ R-Line に決定しました。当ブログではシロッコについて割と嫌味なことを述べてきたため、結果として掌を返したと言われても仕方がありません。なので、以下でその経緯について説明させていただきたいと思います。

今回の件で最初の分かれ道となったのは、各部を修理して未来のゴルフVII GTI やビートルR 等を待つか、それともその修理代や下取り価格を頭金として次の車に乗り換えるか、ということでした。しかし、VII のノーマルグレードの日本上陸が来年5月であることを考えれば、次期GTI の導入が2014年春以降になるのは確実であり、そこまで期間が開いてしまうと修理しないわけにもいきません(特に異音は耐えきれない)。また、たとえ修理して乗り続けたにしても、別の箇所にトラブルが発生してまた費用が掛かる可能性も出てきますし、その間の車検代や下取り価格の下落も含めれば、損失の方が大きいといえるでしょう。そもそも、最近は私生活面でちょっとした変化が起きたことから、車への出費を抑える必要性に迫られ始めたところでした(どちらかといえば、これが最大の理由になるかもしれません)。そういうわけで、最初の選択肢としては買い替えを選んだのです。

次の分かれ道は、どの車にするかということでした。VW 以外で私が興味を持っていたのはマツダ・新型アテンザ、同CX-5、ホンダ・CR-Z、スバル・BRZ、アウディ・A1ぐらいでした。が、選択肢としては現行のGTI が一番無難であり、それを凌駕するほどの魅力が上の5車種にはありませんでした。ゴルフであれば何ら不満は無いし、以前からディープブラックのVI GTI は凄く格好良いと思っていたので、やがては「ごちゃごちゃ考えるくらいなら、さっさとこれに決めようかな」という気分になっていたのです。そんな状況下で、ふと気になったのがシロッコでした。シロッコはデビュー直後に2.0を一度試乗したきりだったので、ゴルフより旋回性能が高いということ以外はあまり記憶に残っていませんでした。しかし、CR-Zを検討しているうちに「それならシロッコもありじゃないか」という考えに至り、候補に含めることになったのでした。

此度の買い替えに際して、私は1.4、2.0(中古)、Rの全てのグレードを試乗することができました。そして、その中で運転していて最も楽しかったのが1.4でした。確かに2.0やRの方がパワーに余裕があって楽なのですが、ディーラーの許可を得て峠を走ってみたときには1.4の軽快感に感心させられました。1.4と2.0では車重が20kg程度しか変わらないのに、S字の切り返しなどでは1.4の方がかなり機敏に動いてくれます。これは軽さの影響というより、エンジンが非力な分だけ挙動をコントロールし易いからだと言えるでしょう。溢れるパワーをブレーキで抑えるのではなく、少ないパワーをアクセルで絞り出す方が、攻めている感じが強くて面白いことを再認識した次第です。私がマイカー選びの基準としていた「前車を抜きたいときに抜けるだけの加速力」という点で、痛痒感が残るのは否めません。ただそれを差し引いても、私には1.4の扱い易さが一番魅力的に感じられました。またインテリアに関しても、日本への導入直後はゴルフVと同じパーツが使われていたせいで興醒めしたのですが、2010年に本国仕様と同等になったことから質感が幾分向上していたので特に不満も無くなっていました。走りも内装も納得できるレベルで纏まっている上に、同じVW 車であること。最終的にはこれが決め手となって、シロッコが次期愛機の最有力候補として一躍浮上してきたのでした。

余談ながら、今回意外だったのはRの味付けがとてもジェントルであったということです。FFにしては過剰なパワーを有していながら、いつでもグリップを失わないようにコンピューターが上手く調整してくれるため、安心してアクセルを踏むことができます。足回りは一番硬いモードにしてもなお乗り心地が良いと感じられるほどであり、排気音も回転数を上げない限りはそれほど刺激的でなく、夜中に住宅街を走っても問題は無いでしょう。雑誌やネットの試乗記ではバリバリのスポーツカー的な評価をする向きが多いのですが、荒々しさという点ではV GTI の方が顕著であり、むしろ高級GTカーとしての性格が濃い部分に私は好感を覚えました。サーキットを全開で走るのも楽しそうですが、高速道路をゆったり流す方がこのモデルには相応しいのかもしれませんね。

話を戻しまして、最後の分かれ道はノーマルモデルとR-Line の選択でした。といっても、これに関しては最初からR-Line しか眼中にありませんでした。ノーマルモデルの外見的なネガを全て解消した専用エアロと内装の加飾だけでも元が取れるのに、なかなか格好良い18インチホイールが付いて29万円の差なら、こちらを選ばない手はないでしょう。ただし、そこで立ちはだかったのが納期の問題です。R-Line は殆ど受注生産に近く、在庫を抱えているディーラーが皆無なため、納期は最短でも来年の3月になるとのことでした。ノーマルモデルをコツコツとカスタマイズしていくのか、あるいはゴルフVI GTI にするのか、それともいっそ白兎を修理してVII GTI が導入されるまで乗り続けるのか…。9月末頃の私は、そういう妥協に迫られていたのです。ところが、10月に入ってすぐに他店で納車直前のキャンセルというイレギュラーな事態が発生し、交渉の結果その個体を譲り受けることができたことから、納期の大幅な短縮が可能となりました。そして、目途さえ立てばあとの話は早いもので、以後は各種手続きと白兎の下取り価格アップ作戦を実行に移すことになりました。偶然にも助けられたとはいえ、この一連の流れにおいて担当の営業さんとメカニックさんが果たした役割は大きかったと思います。諸々の理由により細かい内容は書けないのですが、普通のディーラーでは不可能な対応をしてくれたと言えるでしょう。かくして、今回の買い替え騒動は最初から最後まで予想外の展開を経て、一応の決着を見たのでした。



R-Line を選んだことで、当初は「もうこれ以上手を加える必要はないな」と思っていたのですが、最近ネットでシロッコ用のパーツを検索していると、興味深い物を幾つも見つけてしまいました。納車は今月の中旬になりそうですから、それまではパーツの購入予定リストの作成に勤しむ日々が続くことになるでしょう。高揚感というよりも、高枕安眠というか泰然自若というか、激動の一ヶ月を過ごしただけに、それが今の偽らざる心境ですね。
ちなみに、白兎は先月30日に某所で売却しました。初めての新車であり、一番長く乗った車でもある彼(彼女?)については、次回で語るつもりです。
Posted at 2012/11/07 04:17:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2012年10月12日 イイね!

好感度 up ?

好感度 up ?先日、別件でディーラーを訪れた際にVW ・up ! (4ドア)を試乗してきました。本当は先月の末にも試乗が可能だったのですが、その時点で既に二組のお客さんに先を越されていたので、あえて今月に延期したというわけです。周辺地域で私が最初ということであったなら、嬉々としてブログをアップしたのですけどね…。それはともかく試乗後の感想として、率直に言ってup ! は欧州で評価されているほど素晴らしいモデルではないと思いました。

まずエクステリアについては、VW らしくシンプルかつクリーンに纏められていて、なかなか格好良く見えます。特に上級モデルのhigh up ! はアルミホイールも装着しており、フロントバンパーやリヤゲートの個性的なデザインと相俟って、未来的という観さえあります。曲線を多用した有機的なデザインに関しては国産車も悪くないのですが、直線を組み合わせた幾何学的なデザインに関しては、やはり欧州車の方が一枚上手ですね。
次にインテリアについてですが、さすがにポロほどではないにしても、ビートル並には良い質感を表現できています。少し前に知人がフィアットのチンクエチェント(ラウンジ)を購入したので試乗させてもらったのですが、その時に感じたことと同様で、同じプラスチックのパーツでも造形や塗装に拘ることで、ある程度質感を高めることができるのだなと強く認識させられました。運転席の頭上空間は、ポロよりも余裕があります。逆に後部座席と荷室が狭いのは、このサイズの車としては仕方のないことです。よく評論家などが「大人4人が乗車するのに充分な空間」などと書いていますが、ポロの後部座席ですら30分以上は御免被りたいのに、それより狭いup ! が「充分」なわけがありません。リヤは子供用か荷物置きと割り切る方が正解ですね。リヤウィンドーがはめ込み式なのは、あまり気にしなくてもよいかと思います。換気性能では通常の上下にスライドするタイプよりも、こちらの方が優秀なはずです。一つ難点を挙げるなら、エアコンのセンターベントがダッシュボードの上に付けられていることです。これだと、PNDの設置箇所次第では風の流れを完全に遮ることになってしまいます。何か設計上の避けられない理由があったのか、それともデザイナー間の連絡がうまくいってなかったのか、この点だけは謎ですね。
最後に走りについてですが、ここは賛否両論に別れるところだと思います。乗り心地やステアリングの感覚などは同価格帯の国産車よりしっかりしていて、たとえ安くともドイツ車であることを実感させてくれます。問題は、新型のトランスミッションであるASGの変速ショックが大きいことです。MTをコンピューターに制御させているだけのASGは、スマート・フォーフォー(チンクを購入した知人がその前に所有していた)のトランスミッションとフィーリングが非常に似ていて、特に1速から2速に入る時に大きな揺れが発生します。変速する瞬間に軽くアクセルを抜くとか、あるいはマニュアルモードで走るとかすれば、ある程度ショックを打ち消すこともできるでしょう。しかし、そもそも日本においてこの手のコンパクトカーを買う人々が望んでいることは、如何に安楽に運転できるかであって、あれこれテクニックが要求される時点で、このモデルは日本のユーザーに受け入れらにくいと言えます。多少価格が上がっても7速DSGにするか、せめて普通のATでも載せておけば、国産車からの乗り換え客をより多く獲得できるのでしょうが…。他の部分の造りが良いだけに、とても残念でなりません。

結論として、VW ・up ! は基本的に上質でありながら、あまり他人に薦められないモデルだということになります。過去のブログを読んでいただければわかるように、私はup ! に対してあまり良いイメージを抱いてなかったのですが、それが覆されたのは内外装の質感やステアフィールに関する部分だけで、トータルで判断すればやはり国産のコンパクトカーや軽自動車の方がお買い得であると言えます。将来的に完全EV化されカーシェアリング型のシティコミューターとしての役割が与えられたとき、つまり自動車という乗り物に対する概念を変革する任務が達成されたときに、up ! は初めて真の評価を獲得することでしょう。こんな「未完成」な状態で販売を開始するくらいなら、bulli の市販化を実現してくれた方がまだ面白いし、実際に売れるのではないかと思います。
Posted at 2012/10/12 10:30:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2012年09月14日 イイね!

Cセグメントの新基準

Cセグメントの新基準先日、ベルリンでVW によるメディア向けのプレゼンテーションが行われ、そこで新型ゴルフ(通称ゴルフVII )が公開されました。
新型はボディサイズが全長4,255mm(先代比+56mm)、全幅1,799mm(+13mm)、全高1,452mm(-28mm)となっており、若干のワイド&ロー化を果たしています。また、ホイールベースも2,637mm(+59mm)に延長され、主に後席と荷室のスペースが拡大しています。注目すべきは車両重量で、明らかにサイズアップしたにも係わらず先代比で100kg近くも軽量化されています。これは事前に発表されていた新型アウディ・A3のスペックからも予測できたことではありますが、改めてVWグループの技術力というか、基本性能の向上に対する執念に驚かされます。
新型では安全装備の充実も図られており、衝突や追突の後でブレーキを自動的に作動させる「マルチコリジョン・ブレーキ」、「ACCアダプティブ・クルーズコントロール」、レーダーを使った前方危険感知システムである「フロント・アシスト」、車線から逸脱しそうになるとステアリングを修正してくれるレーン・アシスト、駐車時にセンサーで障害物を感知し車両の周囲360度をモニターに映し出すパーキング・システム、さらには交通標識認識システムなど、様々なデバイスが選べるようになっています。しかも、今まではGTI のみに装備されていたXDS(電子制御式ディファレンシャルロック、という名の内輪強制ブレーキシステム)が、新型では全グレードに搭載されるそうで、走行性能の底上げにも余念がありません。
搭載されるエンジンの種類に関しては、私自身200ps以下の物に興味がないので、ここでは省略させていただきます。ただ、唯一目を惹かれたのが2.0 ℓ のTDI で、最大出力150ps、最大トルク32.6kgm(1,750〜3,000rpm)、燃費24.3km/ℓ というスペックは、「速さはいらないけど余裕は欲しい」という贅沢な街乗り派や、もしくは高速道路を多用するロングツーリング派にピッタリではないかと思います。国産車・輸入車に係わらず、消費者の選択肢を増やすという意味でディーゼルモデルの増加は歓迎すべきことですし、VGJ には国内導入に本気で取り組んでほしいところです。
エクステリアのデザインについては、かつてのゴルフIV と同様に、大量生産の実用車として満点に近い完成度を具えていると言えます。最近のVW らしく直線を基調としていますが、垂直水平に近い線が多いポロやパサートに比べ、新型ゴルフは斜線の組み合わせが多いため、よりシャープでスポーティに見えます。個人的な意見を挙げるなら、テールランプの内側を鋭角風にしたのは失敗でしょう。元来塊感の強いリヤセクションの中に尖った形のテールランプを配置することで、少しでも軽快感をアップさせたいというデザイナーの狙いはわかるのですが、実用車の鑑たるべきゴルフに求められるのは安定感や質実剛健さであり、そこだけは水平に近いラインで纏めた方がスッキリして良かったのではないかと思います。インテリアに関してはセンターコンソールがドライバーの方に向いているなど、実用性を損なわない範囲で個性が与えられていて良い感じです。特にシルバーのパネルを装着しているタイプは室内の雰囲気がパサートに似ていて、一クラス上の高級感を醸し出しています。はっきり言って、「これじゃアウディ・A3は必要ないな」というのが私の本音であり、クワトロ以外のモデルは現時点ですでに検討対象外となってしまいました。今はそれよりも、次期GTI がどういうデザインになるのか、ということの方に興味がありますね。

以上のように、新型ゴルフに対してかなり好意的な私ですが、どうしても気になる点が一つだけあります。それは、トレッドの拡大(フロントが+8mmで1549mm、リアが+6mmで1520mm)によって、コーナリング時のスタビリティが改善されたか否か、ということです。数年前にオーバーフェンダーを付けたゴルフVI のテスト車両がスクープされて以来、新型のトレッドが拡大されることは公然の秘密とされていましたし、私としてはシロッコのようにリヤの方がワイドになることまで期待していました。しかし、実際は全体的に一回り大きくなっただけで、挙動に変化をもたらすような要素は見当たりません。ホイールベースが延長されたことで高速時の直進安定性が増したことは想像に容易いので、あとはそれが旋回時にも好影響を及ぼしていることを祈るばかりです。
Posted at 2012/09/14 20:23:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2012年09月07日 イイね!

5年目のトラブル

5年目のトラブル購入してから約5年半の間、これまで無病息災で過ごしてきた我が白兎ですが、実は最近あるトラブルに悩まされています。そのトラブルとは、ギアボックス周辺から金属的な異音が発生することです。異音は減速時と停止時にしか鳴らず、少しでも加速状態になるとピタリと止みます。また、毎日鳴るわけでもなく、まるで何事もないかのように全く静かな日もあったりします。シフトチェンジは従来通りとてもスムーズに行えているため、機械的に壊れているわけではないと思うのですが、何せ音が大きく甲高いので、信号待ちなどの時は恥ずかしい思いをしています。
DSGは構造が特殊なため解体が不可能であり、完全修理(新品に交換する)には100万円以上かかります。ディーラーのメカさんによると、故障の発生率はすごく低いらしいのですが、運悪くそれに該当してしまった場合、オーナーさんの多くは中古のDSG(30万円くらい)に換装して対処しているようです。ただ、私のケースで気になるのは、ギヤやシャフト以外の何か細かな部品が擦れ合って異音が出ているだけで、この先深刻かつ危険なトラブルには発展しにくいということ、つまり五月蠅いのを我慢すればそう大袈裟な問題ではない、ということです。果たして、それに30万も払う意味があるのかどうか、悩ましいところです。まあ、3日間以上連続で鳴り続けるような事態にでもなれば、恐らく我慢出来ずに換装することになるでしょうけどね。今はそうならないことを祈るだけです。

そういえば、先日マツダの新型アテンザとVW の新型ゴルフが公開されました。両方とも以前からかなり期待していたモデルなので、近いうちに感想をアップしたいと思います。
Posted at 2012/09/07 21:49:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

QLと申します。 半分は優しさで、もう半分は嘘で出来ています。 以後よろしこ。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログカテゴリー

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン シロッコ フォルクスワーゲン シロッコ
前回とは打って変わって、全行程が僅か1カ月半のスピード納車となりました。 今度こそは永く ...
マツダ ユーノスコスモ マツダ ユーノスコスモ
2年半前に75万で買って、その1ヶ月後に85万かけて修理しました。 現在もトラブル頻発中 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
約9ヶ月にも及ぶ購入計画の末、2007.1.23に無事納車されました。 これからは良き相 ...
ハマー H2 ハマー H2
デザインに一目惚れして購入しました。 向かい風がとても心地良いです。

過去のブログ

2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.