• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ともちゃ♪のブログ一覧

2011年03月20日 イイね!

おなかが痛くなった原発くん




http://ex-iinkai.com/free/detail32.html

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

http://www.flickr.com/photos/compacflt/sets/72157626119790243/

http://www.team-nippon.com/
Posted at 2011/03/20 16:28:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2011年03月03日 イイね!

桃の節句

桃の節句
大きな声では言えませんが・・・



3月2日はJB32の日だったみたいです♪






Posted at 2011/03/03 15:01:32 | コメント(10) | トラックバック(0) | みんから | 日記
2011年03月02日 イイね!

雪中走行とローギヤード

雪中走行とローギヤード













もうすぐ雪中シーズンも終わりですね。

自分は4駆ライフの中で転機となった記事があります。

今はなき「JIMNY KING」の003号の特集、「極低速の世界」という記事です。

(ちなみにこの雑誌は写真がとてもキレイですよ♪)

ジムニー雑誌全てに目を通しているわけではないので、他にもこのたぐいの記事があるかも知れません。(あれば教えて欲しいw)


その記事にはローレンジの事が書いてありました

それまではローギヤをゆっくり進める、という程度の認識、もしくは半クラでは焼けそうなヒルクライムでしか有効度を理解していませんでした。


その記事には「まずはじめに考えるのは「発進性能」だと、その場で発進できるか否かが、走破できるかどうかを大きく左右する」とあります。

いや、そりゃそうだと思っていましたが続きには

「たとえば急なヒルクライムで止まっていられるのに発進できないという状況、止まっていられるだけのグリップがあるなら、力学的に言えばその場から発進できるはず」

「スタートできない理由を簡単にいえば、その発進動作が早過ぎるから。
発進に必要以上の駆動力を、しかも急激にかけてしまうために、その駆動力が路面のグリップ力の限界を超えてしまい、空転を起こして走り出せないというわけだと。
じゃあそ~っとクラッチを繋いでやれば大丈夫か?答えは半分イエス、半分ノー・・・」

もちろんローギヤ化すると駆動トルクも増大するのですが、ここではアクセルをほとんど踏まない極々低速での話になります。

以降、その「必要最小限の駆動力をそっと加えてやる」ために「ローギヤ」が必要だという内容が説明されています。

自分は競技には参加するのはむずかしい仕事ですし、ゴロンとしてしまいそうなトライアルには及び腰なのであまり関係ない事だと思っていました。

でもこの理屈でいけば雪中走行、とりわけラッセル時の状況にも当てはまるんじゃないかと思いだしてからはもう、この記事が頭について離れません。

自分が参加した雪中でご一緒した方は気づかれていると思いますが、自分の走り方はとにかくもっさりとしているはず。
みんな雪を蹴散らし雪面を駆け抜けてゆくのに、私の動きはいかにもドン臭いモソモソといった走りだと思います。

まぁ時々キレたりしますが・・・溝に落ちるなどするのが関の山(爆)


でもホントに雪中で試したいのはコレなんです。

軽い雪のあいだはパウダースノーを吹き飛ばして、ジムニーらしい突撃を繰り返してどんどん進みます。

でも大抵の場合バンパーを超えだすと抵抗になって進めずに撤退となりますよね?

ここからが本題。

なぜバンパーを越えるのか?タイヤが掘ってしまうからですよね?

だからスコップなどで壁を崩し、道を作り、抵抗を減らし再度突撃する。

でもコレでは長く続くはずもなく段々体力がそがれ、時間もかかり撤退となります。

うまい人は突っ込んで止まる寸前にアクセルを軽く抜き、なるべく掘らないようにして次に備えます。

では壁を崩したところで超ローギヤのマシンと交代してみる。

以後想像ですw

もちろんそれだけでは無理だと思うので、4輪チェーンによるグリップ、大径タイヤによる最低地上高の確保、抵抗になり過ぎないなるべくワイドなタイヤで接地面確保&フローティング効果を狙います。
ここまでは大型車でも可能ですがジムニー最大の武器、軽量であることが切っても切り離せない条件。

もしくは雪が固く重い、抵抗が大きいのに崩れだすとパラパラという状況、少しでもアクセルワークがラフになるとすぐに掘れてしまい、腹下に雪を抱えスタックしてしまう。

でも、となりでは人が歩いてます。

たしかに用心して歩かないとハマってヒザ以上に埋もれてしまいますが、慣れてそ~っと歩くとそうでもない。

人はその場のグリップに合わせられる能力があります。

ではクルマは?

クルマもそ~っと動き出せばいける?

4Lよりさらに低いギヤなら・・・?


この先は自分でもわからないです。

でも半クラなりでそれなりの手応えは感じています。

でもこの状況に非常にマッチしているのがロックマシンだと思うんです。


イメージはキャタピラ、スノービル。

接地面積は大きく、駆動力は最小限

軽い車体にでかいタイヤ

そして発進できる超ローギヤ仕様




みんな気が済んだか?じゃあ後はオレにまかせろと。。。w




ジムニーが修理でヒマなのでツマンナイこと書いてしまいました。

でも・・・いつか実証してみたいなぁ~♪



Posted at 2011/03/02 14:32:28 | コメント(16) | トラックバック(0) | 雪中 | 日記
2011年02月24日 イイね!

機嫌を損ねたG13B その1

機嫌を損ねたG13B その1









砥峰高原最深部探検隊へ合流すべく夜中より出発。

途中立ち寄ったお店の駐車場でゆっくりして、さぁ行こうとエンジンをかけるもエンジンがかからない。

えっ?今さっきまでどうもなかったやん?何度かキーをひねってみる

しかしセルは元気に回れど初爆もなくかかる気がまったくしない。

悪い予感がしつつボンネットを開けてみる。

パッと見ても異常なし。

しかたがない、工具箱を取り出しプラグを点検。

真っ白・・・かぶってはいない。

そのままコードをつなぎセルを回す・・・火花を肉眼で確認。点火系OK

燃料ホース部をつまむ・・・微妙な手応え。

デリバリパイプのボルトを緩める・・・ガソリン漏れ出す。燃料きてる

3原則最後の圧縮・・・見るすべを持ってない、てか急に抜ける??わけないと却下。

ダイアグ・・・見かた忘れたw

冷却水・・・OK

オイルは・・・・おいるは・・・・!!

ゲージの先っちょに付くだけ!!

エンジン逝った~∑(゚∇゚|||)はうぁっ

駄菓子菓子ッ止めた場所は偶然にもドン・キホーテ。

カー用品も置いてる!わらにもすがる思いでオイルを購入

G13Bの持病、オイルポンプ付近のオイル漏れが以前から出てきていたのだが、わずかだったので経過観察中でした。まさかこんなに減っているとは。。。

購入したオイルを注入♪再度キーをひねってみる。

まったく同じ・・・ダメだ・・・オイルが抜けてブローしたんや、とつぶやく(←ナニしてる参照w)

せっかく砥峰に参戦できると息巻いてたのに・・・JAFに救援を求めた。

15分後JAF到着、早く駆けつけていただいた。

事の次第を説明し、隊員さんにもひと通り点検していただく。

この時点ですでにレッカーと思い込んでいたのでだが・・・

一応かけてみますね~と隊員さん。

キュルキュル・・ブロ~~ん♪

インド人もびっくり!一発始動~♪

え?なんで??隊員さんと顔を見合わせるw

おそらく電気的なトラブルでセンサーか何かが一時的におかしな信号を出したのでしょうと。

ここで思い出した!お向いさんのあJB32も同じ症状。

温間・冷間時は問題なし。ぬるい時だけ始動困難。

偶然にも待っている間に適温まで水温が下がったのでしょうw

同じとわかればとにかくエンジンを切らなければ大丈夫なはず。

妙に強気になった私を諭すように、ではしばらく追走しますねと隊員さんw

ご手数をおかけしました。JAFは入っとくべきですよO(≧▽≦)O


つづく・・・(〃⌒∇⌒)ゞ

Posted at 2011/02/24 16:05:32 | コメント(15) | トラックバック(0) | メンテナンス | 日記
2011年02月23日 イイね!

Before☆Sunset

Before☆Sunset関西雪中天国の雄、砥峰高原へ行ってきました!










前泊隊のサダさん、うりさん、遊人Hさん、高速隊の隼77さん、私ともちゃ、ヒーローは遅れて・・・のいわけんさん、合計6台でのアタック



天気もよく前半は写真を撮っている余裕もあったのですが・・・



前回自分の番で引き返すこととなった下り坂からがやはり大変で、表面は固く凍っているも一旦崩すと手で玉が作れない程のさらさら雪。新雪のパウダーというよりビーズに近いような雪質でした。



4輪チェーン、クッションロープ、スコップ隊、ハイリ、ラダー、ウインチ、押せ押せ隊など、おおよそ考えられるほとんどのレスキュースキルを駆使して念願の完抜け。



抜けた先の夕暮れの森が最高の癒しでした。



貫通で気が抜けたのか復路のホテルまでが地味にきつかった~ヾ(;´▽`A



参加の皆さんホントにお疲れさまでした♪
Posted at 2011/02/23 15:23:35 | コメント(18) | トラックバック(0) | 雪中 | 日記

プロフィール

「ちょっくら九州まで♪」
何シテル?   10/08 19:08
四駆ブームのあおりで以前はランクル乗りでしたが、縁があって希少車JA12Cを乗ることに。とかく横目で見られがちな12/22/32系ですが、ひょんな事からJB32...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

リアス式の夢  秘境奥伊勢の旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/06 20:14:22

お友達

心を開ききれない京都人ですが、お気軽にポチッとして下さい(笑)
80 人のお友達がいます
しろにいさんしろにいさん * ☆ue☆ue *
Poor_WorksPoor_Works * 隼77隼77
Tony☆Tony☆ べぇさんべぇさん

ファン

14 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
オートクロスのA's RACING Trial Teamの一員として今年よりレースに参戦 ...
スズキ ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ
JA12Cに乗っていて思ったのですが、以前からNA車ばかり乗り継いできたためかターボ車の ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
白ナンバーですがこちらでも登録しました
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
リーフ車の傑作JA11とコイル車の決定版JB23の狭間に生まれたJA12/22系のホロJ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.