• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

あつしR482のブログ一覧

2009年03月15日 イイね!

デカいっ!ぴかぴか(新しい)

デカいっ!近畿地方の某ディーラーにやってきてます。

建物が総二階で、1階2階ともにショールームが備えられている、大規模なディーラーですげっそり

中国地方では最も大きいと言われているマイディーラーですが、ここと比べると規模的には足元にも及びません…ふらふら

すごいですね~うれしい顔
Posted at 2009/03/15 12:54:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | IS | モブログ
2009年03月14日 イイね!

東京までは\3,250(もしくは\2,600)だそうな・・・

東京までは\3,250(もしくは\2,600)だそうな・・・いよいよ今月28日(本州四国連絡橋会社など一部では20日)から、政府の景気対策として段階的に実施する高速道路料金引き下げが開始されます。実際の景気に対する効果の程についてはいろいろ議論がありますが、クルマユーザーの一人としてはコレを利用して長距離ドライブを楽しんでみたい、という気持ちは正直湧いてきます。

昨日13日夕刻、この高速料金引き下げの詳細についての発表がありました。システムの改良が間に合わないとかでいろいろもめたりしてるようでしたが、やっとハッキリした料金体系がわかりました。

詳しくは下の関連情報URL(西日本高速会社のものです)を参考にしてもらえるとよろしいかと思います。

ただあまりに割引のパターンが多いので、今回は僕の最寄インターである米子道蒜山インターを使って、わかりやすく紹介してみましょう。(金額はすべて普通車)

①蒜山IC→広島ICを土曜休日に利用
 これは間違いなく\1,000!

②蒜山IC→高知ICを土曜休日に利用
 NEXCO分の\1,000と本四連絡橋会社の\1,000を足して\2,000!

③蒜山IC→中国吹田ICを土曜休日に利用
 この間は大都市区間を含むので、蒜山IC→西宮北ICの\1,000と、(西宮北IC→中国吹田ICの通常料金\1,100-\150(料金所通過分))×0.7(大都市区間の休日昼間割引)=\650を足した\1,650
 ただし、蒜山ICまたは吹田ICを22:00から6:00(土曜休日中に限る)までに通過するか、区間内を同時間内に通過した場合は、大都市区間の早朝夜間割引または深夜割引が適用されるので0.7の係数が0.5になり、\1,000+\450=\1,450となります。

④蒜山IC→名古屋ICを土曜休日に利用
 ③と同じような理由で西宮北ICから大津ICが大都市区間になり、該当区間の料金が\1,500ないしは\1,100となって、合計\2,500または\2,100となります。 
 結局この料金が大津IC以遠で途中に料金所のないすべてのインター(東京圏を除く)までの料金となり、青森ICだろうが仙台宮城ICだろうが\2,500または\2,100で走行できることになります。


一つ不思議なことは③④の場合、例えば蒜山ICを休日の朝5:50に入ったとき大阪近辺の大都市区間を走行するのはどう考えても8:00~9:00以降になります。にもかかわらず蒜山ICの通過時刻で近畿圏の早朝夜間割引が適用されることになるんですよね・・・・

考えてみればおかしな話ですが、西宮北IC本線上に新規にETCゲートでも作らない限り時刻を判断する手段がないのでやむをえないことかもしれません。

 
一部報道で大都市圏をまたいだ走行では、システムの関係で4月28日まで前後の\1,000区間を別々に支払う必要がある、と発表されています。ただしこれは東京圏をまたいだ場合と、近畿圏で吹田IC以南の近畿道・阪和道などに適用されるもので、西宮北IC=大津IC間の中国道・名神と、中央道・関越道を結ぶ圏央道をまたぐ場合ではもともと途中にゲートがないので、3月28日からでも前後の地方区間は合算となります。

また4月29日以降は前述の東京圏と近畿道・阪和道でも乗継システムが構築されて、前後の地方区間が最高¥1,000に合算される見込みです。



今回の高速道路料金大幅割引については皆さん興味があるようで、いろいろなサイトで料金についての書き込みが見られますが、どうやら憶測で書かれていたり、勘違いで書かれている内容もあるみたいです。各インターからの正確な料金は3月28日以降各高速会社のサイトで検索できるようになるようですから、上手に利用してオトクなドライブを楽しみたいですね!
 
  



Posted at 2009/03/14 09:56:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日々のこと | ニュース
2009年02月22日 イイね!

Happy Birthday to Meムード

Happy Birthday to Meおはようございます。

今日は四国島内で「鉄」活動中電車です(笑)

今回は、かつて僕が国鉄全線踏破した後に開業した路線に乗りに行く旅です。
今回の旅も相変わらず、昨年はじめて利用してすっかり気に入ってしまった、四国島内のJRと土佐くろしお鉄道が誕生月の3日間乗り降り自由の「バースデイきっぷ」を利用して、安上がりに楽しんでます。

ところでこれから向かう先は、徳島県最南端の阿佐海岸鉄道。延長10kmにも満たない第三セクターの鉄道です。

かつてまでは国鉄牟岐線が海部まで通じてましたが、その後県境を越えて高知県の甲浦まで延長されました。

海部まで足を延ばすのは実に24年ぶり!
ずいぶん様子も変わってることだと思います。

それともう一つ…

キッブのネーミングどおり、今日はまさに僕の誕生日ですねうれしい顔
Posted at 2009/02/22 09:09:29 | コメント(10) | トラックバック(0) | 旅行のこと | モブログ
2009年01月25日 イイね!

気温差30℃、雪国から南の島へ!?

気温差30℃、雪国から南の島へ!?そろそろアップしないと旬が過ぎてしまいそうなので・・・(汗)

昨年の1月初めの3連休には念願の「旭山動物園」を訪れてきましたが、今年はまったく反対側、沖縄は石垣島まで出かけてきました。
最近定番になりつつある節約旅行。今回も岡山=那覇間はJALマイレージ特典航空券を利用したため、実質交通費は沖縄=石垣間の旅割チケットとレンタカー分、あとはホテル代程度で事が済みました。

←岡山から那覇に到着したばかりのJTA11便、実はこの機体がそのまま僕の乗る石垣行きJTA608便に変ります。タイムテーブルから予測はしてましたが、案の定そのとおりになりました。そこでついでにあらかじめ席番も同じ6Kにしておきました(笑)
・・・かといって那覇到着後そのまま席に居座っているわけにはいかないので、一旦搭乗待合室に出なくてはならないのはもちろんのことです。

岡山からの那覇到着が15分ほど遅れたこともあり、石垣行きも10分程度の遅れで出発しました。


石垣空港到着。ボーイング737クラスの小型ジェット機を就航させるためには本来2000mが必要な滑走路がここは1500mしかなく、石垣空港名物の超急制動を初めて体感します。
さらに最近めずらしくボーディングブリッジではなくタラップで降りる空港です。前述のような訳で別の場所に新空港の計画が進んでいるため、今更ここにブリッジを架けることはないでしょう。


まずはレンタカーを調達して島内めぐりへ。最近僕のブログではおなじみのトヨタヴィッツです。今回はエメラルドグリーンの車体。何となく南の島にマッチした色で、ちょっと嬉しかったりします。


まずは石垣島随一の観光地、川平湾(かびらわん)へ。この日は南国石垣島にそぐわないような天気で、現地の人曰くこの冬一番の寒い日になったそうです。さらに強風のためグラスボートもすべて欠航。晴れていればそれこそ美しい写真になるんでしょうが、この程度でご勘弁を。


続いて石垣島最北端の岬、平久保崎へ向かいます。川平からは約50km、一時間ほどのドライブです。ちなみに石垣島を一周すると約120km。昨年ゴールデンウイークに行ってきた宮古島よりは若干広い島、ということになります。
途中の牧場には黒い体の牛が数多く放牧されています、これがかの有名な「石垣牛」なんでしょう。


平久保崎に到着。灯台に向かう遊歩道を歩いているとものすごい北西風が吹き付けてきます。よく飛行機が欠航にならなかったものだと思いましたが、石垣島の中央部には東西に山が連なっており、沖縄県で一番標高の高い山も石垣島にあるそうです。したがって空港のある島南部は北風の影響を受けにくいのかもしれません。


再び南へ向かい、玉取岬展望台へ立ち寄ります。
相変わらず強い風で、写真だけ撮影して早々に退散。そろそろ夕方近くなったこともあって、ホテルへ向かうことにしました。


2泊3日の旅の宿、今回はここ「ホテルピースアイランド石垣イン八島」となります。
予約してから気づきましたが、ここはタレントの島田紳助さんの沖縄本で紹介されてました。値段の割りに設備がいいですし、駐車場がタダというのがありがたいです。
僕は早期予約したこともあり、1泊朝食付き¥4,500で泊まることができます。

でも外観といい内装といい、ホテルというよりはどうしてもワンルームマンションとしか思えない造りがまた・・・(笑)



おそらく途中まではワンルームマンションとして建設されていたものの、何らかの事情でホテルにせざるを得なかったのではないでしょうか?


↑ついでですが、石垣島では地上デジタルはNHKしか映りません(爆)
・・・・すっごい間延びした番組表。

ちなみにアナログでは民放を放送してます。(ただし2局だけ)何でも民放の地上デジタル化はあまりに巨額の投資が必要となりため、未だに開局の目処が立ってないそうです。

石垣島はさすが日本の西の端に位置するだけに、この時期午後6時半を過ぎているにも関わらず外がまだ明るいです!(そのかわり朝は7時でもまだ暗いですが・・・・)
そんな中街をうろうろしつつ、1軒の地元料理を食わせる店に。


沖縄に来たら必ずオリオンビールをいただきます。ビールのあてに頼んだのが沖縄の豆腐3種盛。

左上から反時計回りに「豆腐よう」「スクガラス豆腐」「ジーマミー豆腐」になります。中でも気に入ったのが「ジーマミー豆腐」。ピーナッツをすりおろして固めたものですが、これが思いのほか美味かったです!


ちょっと時期外れのような気もしますが「ゴーヤーチャンプルー定食」を食べてすっかり満腹。本土で食べるゴーヤーに比べて苦くないように思うのはやはりその土地で取れた作物ゆえのことでしょうか。再び土産物屋をひやかしたりしながらホテルに戻りました。


翌日はまずガイドブックで見た「石垣島鍾乳洞」に向かいます。

沖縄本島南部の「玉泉洞」は有名だと思いますが、そこと同じグループ企業が開発したみたいです。


思ったより内部は広く、ほとんど頭をかがめないで歩くことができます。


↑ここで一番の見もの、「トトロ鍾乳石」らしいです(笑)


続いてすぐ近くの「石垣やいま村」へと。沖縄本島の「琉球村」みたいな施設で、昔の住宅を移築集積したところです。


お昼は「八重山そば」。ソーキそばとの違いは上に乗ってる具がソーキのかわりに、石垣の三枚肉の細切りと石垣かまぼこの細切りが乗ってることみたいです。


ここは「唐人墓」。100年ほど昔中国からアメリカに「苦力(クーリー)」という労働者として送られる中国人が移送途中に船内で反乱を起こし、石垣島に逃げてきたという事件がありました。逃亡したほとんどの中国人はアメリカによって捕捉されたり中には亡くなったりしました。その後終戦後になってその人たちを奉るために中国と石垣島の人たちが共同で建てられたのが、この唐人墓になります。

唐人墓を訪れた頃から急に天気がよくなってきました。そこで珊瑚の海として有名で、前々から一度見てみたかった「白保海岸」へ行くことにしました。


国道から海岸に出る道がわかりにくくて、何度か行き止まりにぶつかりながらもやっと海岸に出ることができました。天気がよくなったおかげでなかなかキレイな写真になりましたね~


地図をみたら大きなダム湖のようなものがあったので、立ち寄ってみました。
主に農業用水確保のために建設された「底原ダム」石垣牛の育成にも一役買ってるのかもしれません。


石垣島唯一のトンネルである於茂登トンネル。沖縄県で1番長いトンネル(1174m)だそうです。宮古島は山のないまっ平な島でしたが、石垣島は起伏に富んだ島なんですね。

時間があれば近くの離島も訪ねてみたい所ですが、いかんせん2泊3日の駆け足の旅、そこまで回りきれません。いつかは1週間くらいかけて八重山の島々を巡ってみたいものです。

再びホテルに戻り、今夜も地元料理のお店へ!

いろんなものがちょこちょこ食べられるという店のお薦め定食です!

・・・・・・・そういえば石垣牛を食べてないことに後で気づきました(汗)

3日目、いよいよ最終日です。安い運賃の旅割が使える便を選択した都合もあり、11時までには空港へ行かなくてはなりません。この近くで何かないかな~?と、見つけたのがここ!


市街地の北側にある展望台まで行きました。


ここから見渡しても、石垣島はいかに珊瑚礁に囲まれた島であるかがよくわかります。エメラルドグリーンに見えるのが珊瑚礁のある場所で、島に出入りする船は船長の力量により、うまくその間をぬって航行してゆくのだそうです。


11時前にはレンタカーを返し、空港まで送ってもらいました。今日も冬の沖縄にしてはいい天気に恵まれました。空港から自宅にTELしてみると、朝からものすごい吹雪になってるとか・・・。この時間の石垣の気温が18℃。春みたいな陽気です。日本って本当に広いんだな~、とあらためて実感!


再びタラップで那覇行きのJTA608便、ボーイング737に搭乗します。

・・・・・ここでちょっぴりオトクな目に遭ってしまいました!


↑ご覧のとおり、「クラスJ」のシートに座ることができました!

JTAのボーイング737はこれまでずっとオール普通席のモノクラスで運行されてきました。ところが今年4月からついにJTAでもクラスJの設定が設けられることになるのですが、現在手持ちの機体を順次シート換えしていることもあって、便によっては4月までクラスJのシートを普通席として運行している機体があります。

たまたま今回旅行の1週間ほど前に機体変更のメールが入ってきて、変更後の席番は「84A」。つまり「クラスJ」のシートになるということがわかりました。

おかげで¥1,000払わずに、クラスJのゆったりシートに座ることができました(笑)

那覇空港に戻り、岡山行きのJTA16便まで3時間半ほど時間が空きました。この時間を使って那覇空港内売店で「ブルーシールアイスクリーム」を発送手配。(石垣島で送ろうかと思ったんですが、店が見当たらなかったんです・・・)

モノレールで国際通りまで往復してきたらだいたいいい時間帯になりました。


今回最後のフライト、岡山行きJTA16便です。実はこの機体、僕が石垣から乗った608便がその後宮古島まで往復してきた機体です。ですから帰りも、2便とも同じ機体に搭乗とするいうなんとも不思議なことになりました。


さらにまたまた¥1,000が不要の「クラスJ」!
このJTA16便もJTA608便と同じ席番を予約していたため、機体変更による座席変更でこのような結果に。

・・・・・後ろの普通席のお客さんに申し訳ないみたいです(笑)


鹿児島付近にて。冬型の気圧配置が強まっているそうで、この下では雪が降ってるらしいです。強い季節風のため帰りは岡山空港に5分早着となりました。

こうして2泊3日の石垣島遠征も無事終了。この後吹雪の高速道路を蒜山へと向かうことになりました・・・・


翌日朝、蒜山の最低気温はマイナス11.4℃を記録。未だにこの冬、この朝以下に気温が下がった日はありません。前日の石垣島は18℃超え。1日で30℃以上の気温差を体感してしまいました・・・・
Posted at 2009/01/25 15:21:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 旅行のこと | 旅行/地域
2009年01月15日 イイね!

今年最初の傑作?

今年最初の傑作?←沖縄から岡山に向かうJTA16便の窓から撮影しました。
(クリックすると拡大されます)

確か宮崎県の上空あたりでしょうか?

・・・思いがけず味のある作品になってしまいましたね~(笑)

夕暮れから夜にかけての美しい色の変化のグラデュエーションと、地球が丸いことを実感させてくれるような構図になりました。


もしかしたら、今年最初のベストショットかも!



ちなみに、昨日早速マイPCの壁紙に設定しました。
Posted at 2009/01/15 10:13:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | 変ったもの | 日記

プロフィール

「今日は真冬日!」
何シテル?   12/06 15:36
岡山県のチベットと呼ばれる所に住んでます。晴れの国岡山にもかかわらず、冬はスタッドレスタイヤ必需品です。 プロフィール画像はHNの一部でもあるR482起点近く...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

LEXUS GS350 AWD de GRANDTOURING 
カテゴリ:レクサス
2006/12/25 08:20:47
 
a_day_in_the_life 
カテゴリ:レクサス
2006/12/25 08:18:22
 
まにわネット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2006/11/21 10:23:04
 

お友達

クルマのこと、うまいもの、旅のことなど情報募集中です。
ぜひお気軽に、ボタンを押してください。
91 人のお友達がいます
ウィックウィック * KoujiKouji
ISistISist TOMCATTOMCAT
vincentvincent まゆまゆ

愛車一覧

レクサス IS レクサス IS
05年12月3日納車。350ver.S 250ver.Sとどちらにするか最後まで悩んだ結 ...
三菱 アイ 三菱 アイ
06年6月30日納車。M 4WD まったくもって購入予定はなかったが、Dラーさんが半分押 ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
93年8月26日(だったと思う)納車。RZ 車暦も13年が過ぎ、07年度からはついに自動 ...

過去のブログ

2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる