• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

モートルのブログ一覧

2017年10月08日 イイね!

旧聞「福野 礼一郎」の世界


「私のメモワール」


私の「自動車趣味の変遷」をお知り頂きたい・・・との
個人的な「承認欲求」で始めた
過去の記述を再掲載するヴァージョンです。


福野礼一郎氏のクルマ雑誌掲載文書は
再評価されることも多く、
カーグラフィック社からの評論集など、
自動車趣味関係の書籍が少なくなった現在では珍しく、
氏の連載をまとめた本の出版が続いています。

https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E7%A6%8F%E9%87%8E%E7%A4%BC%E4%B8%80%E9%83%8E/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E7%A6%8F%E9%87%8E%E7%A4%BC%E4%B8%80%E9%83%8E



今回は、
今から11年前と9年前の(2017年10月8日現在)
2006年12月17日と2008年04月25日のmixi日記に書いた
「福野 礼一郎」の世界 と 世界自動車戦争論 をまとめて
表題 「福野 礼一郎」の世界 として
写真含め、当時の原文まま転載いたします。




「福野 礼一郎」の世界 (初出2006年12月17日)



モータージャーナリストの異端児
「福野 礼一郎」氏の記事が好きだ。





私が運転免許を取った30年前、
当時よく読んでいた「カー・アンド・ドライバー」誌に
「福野 礼」のペンネームで
「当たり障りのない普通の試乗記」を書いていた時代もあったことを思い出す。


今は無き「Car Ex」誌で
「福野 礼一郎」の記事を読み出す頃から、
彼の豊富な体験に基づくと思われる持論の展開・・の愛読者になった。


「Car Ex」が終わり「くるまにあ」誌に・・
またそれも廃刊になり、
現在は「特選外車情報エフロード」誌「中綴じ」に
彼の文筆活動のブランドである「TOKYO中古車研究所」シリーズで毎月寄稿している。


この「中綴じ記事」を読みたいが為に、
取り扱い書店も入荷冊数も少ない、このマイナーな雑誌を毎月買っている。





時折、執筆中に感情が高ぶるのか、
はき捨てるように書きなぐる「毒舌」に少々閉口する時もあるが、
彼の考察は多岐に渡り、自動車趣味における多くの「真っ当」を教えてくれた。


自らの「若気の至りの体験」を基に書かれたと思われる、
深夜の東名高速道での公道レース小説「バンザイラン」を読んでいると
彼が「山の手育ち」であろうことは容易に想像できる。


その事からくる一種「余裕」のようなものが
文章に「品位」を与えている。


「エンジンオイル」、「ボディーコーティングに代表されるケミカル用品」、
「スーパーカー」・・・通説や神話を看破する冷静な分析。


ニヒリズムに満ち、
突き放すような表現も多いが、
その奥には自らの体験に基づく「クルマへの愛情」が垣間見られる。


もちろん、個人的にも自動車趣味の指針があり、
氏の意見と異にするところも多いが、
誤解を恐れずハッキリ言い切る姿勢は時に清々しい。


また、「フェラーリ365BB」や旧き良き時代の「ロールスロイス」の
「自らによるフルレストア」や「そのクルマの出生に遡る調査探求」に
彼の自動車趣味の究極の姿を見ることが出来る。


「カーグラフィック」編集部から独立した友人の「渡辺慎太郎」氏と
季刊誌「クルマの神様」を立ち上げたり、
その関係で「大看板カーグラ」でないとなかなか許可が下りない企業や工場の
取材での連載を持ったり・・・など
最近の氏の活動はメジャー化しているようで嬉しい限りである。







世界自動車戦争論 (初出2008年4月25日)



「世界自動車戦争論1ブランドの世紀」福野 礼一郎著 双葉社刊。





現在、氏の寄稿雑誌は「特選外車情報Fロード」と男性誌「ゲーテ」であるが
その「ゲーテ」誌
「如何にしてブランドはカタチを作り、カタチはブランドにイメージを与えるか」の
連載記事に加筆・訂正を加えて作成された最新著作が、
いささか大げさなタイトルの「世界自動車戦争論1ブランドの世紀」だ。


氏の20冊を越える著作を全て揃える「福野 礼一郎ファン」の私は、さっそく読破。





私には「迷走中」に見える現在の日本の自動車雑誌や評論において、
今、賛同でき得る自動車評論家の一人が「福野 礼一郎」氏である。


曰く
「ベンツもBMWもアウディも、
いまやそれのスタイリングイメージを投げ捨て、
大胆で攻撃的で斬新なスタイリングで新鮮さを競い合っている。
斬新なスタイリングがブランドイメージを輝かせ人々の心を掴み吸引している。
これは21世紀の自動車ブランド戦略の実態だ。
誰もメカニズムなど見ていない。
誰も内容など気にしていない。
21世紀のクルマはカッコとブランドだけで選ばれる。」

「「スタイル」と「価格」と「ブランド」。
この三つだけをあれこれ考えて決めるのが21世紀のクルマ選びの実態である。
ブランドのイメージを作るのは歴史でも技術でもレースの実績でもなく、
スタイリングの出来映えだ。
これが21世紀のブランド神話の実態である。」


いつものように誤解を恐れず、歯に衣着せぬ「断定」調の文章は、
100%賛同できかねる場合が多くとも、「胸がすく思い」になる。


また、そう言い切る根拠を、
世界の産業構造の変化を含め大いに分析、繰り返し書き連ねている。


さらに、大部分の日本車が
「ブランド構築のクルマ作り」に遅れをとっていることに
警鐘を鳴らしながらも、
「対談章」では日本車としては異例に最新「GT-R」を褒めている。


曰く
「日本のモノ作りに欠けているのは技術なんかじゃない。
決断力です。主張です。エゴです。
オレはオレだ文句あるかというドグマですよ。
若者のクルマ離れとかいって、
いま日本のクルマは若者に汲々とゴマをすりながらクルマを作っている。
いいカッコばかり作ることにかまけて
「いい基本」「いいクルマ」を作る事に完全に背を向けている。
若いときのことを思い出してください。
若者に媚び売ってゴマする若作りオヤジくらい
気味悪いもんはなかったじゃないですか。
だからクルマが売れないんだ。当然ですよ。
GT-Rは誰にも何にも媚びていない。
目標一心にクルマを作った結果
「オレはこうだ。不満ならついてくるな」という強烈なメッセージを
全身から発散する機械になった。
お世辞にもスタイリッシュでカッコいいクルマとはいえないし、
私に言わせれば重いしデカいし無様そのもののカタチのクルマですが、
このクルマを捕まえてそんなこと言う人は誰一人いない。
商品に本当の魅力があるならカッコのことなんて誰も気にしないんですよ。
カッコなんか気にせず媚びなんか売らず、
己が正しいと信じたことを徹底的に貫く。
若者が憧れるのはいつの世もそういう大人じゃないですか。」と。



現在、「モノを選ぶ基準」として世界中を席捲している我々の「ブランド至上主義」。


クルマを切り口にして、それを鋭く看破する彼のブレない論説は、
いつもながら「溜飲を下げる」思いで一気に読破してしまう。


誰よりも「クルマ」を愛し、誰よりも愛しすぎたゆえ、
多くのクルマ好きが辿る道を一気に駆け上がり、
ある意味「卒業」の境地に。


自動車業界の「大衆迎合主義」への変貌を憂いながらも、その事を達観し、
冷静に分析、論説して己を含む愛好家に受け入れさせているのかも知れない。


成熟した社会において、クルマは単なる工業製品を越え、
ライフスタイルの表現方法の一部となっている事実。


「電子制御やリミッター」を掛けないと、
普通の人間の手に負えないほど「性能」が行き着く所まで行き着いた現在、
「スペック偏重な自動車趣味」も転換期を迎えている。


特に今まさに、その「踊り場」にいる私にとって、
福野 礼一郎氏の達観した見地からの示唆に富む評論は
「これからのクルマ選びの道しるべ」にも思えるのである。






初出「2006年12月17日と2008年4月25日のmixi日記」

原文まま


Posted at 2017/10/08 14:17:30 | トラックバック(0) | 日記
2017年09月15日 イイね!

旧聞「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」


「私のメモワール」


私の「自動車趣味の変遷」をお知り頂きたい・・・との
個人的な「承認欲求」で始めた
過去の記述を再掲載するヴァージョンです。


今回は、
今から9年前の(2017年9月15日現在)
2008年11月13日のmixi日記に書いた
「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」


青森県弘前市にある、この名店のシェフ、
笹森 通彰(ささもり みちあき)氏は、
最近では豪華列車「TRAIN SUITE四季島」の料理監修でも
話題に上がりました。


一軒のウマイ店のために
クルマを飛ばして駆けつける・・という
ドライビングスタイルに憧れ、励行してきましたが、
関西からツーリングしながら
青森県弘前市までの、このときの長い行程は
今でもひときわ思い出深いものとなっています。




「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」


料理人「笹森 通彰(ささもり みちあき)」氏のイタリア料理店
「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ(http://www.dasasino.com/」」を
「最終目的地」とする
関西から6日間全行程3000kmに及ぶ
「東北グランドツーリング2008」を「BMW320i」で敢行した。



目立たない外観(路地裏ビル2階が店舗)


今年夏、テレビ番組「情熱大陸」で、
彼の料理への執念とも言うべき
「究極の自給自足のイタリアン」を知り、行ってみたくなったのだ。


氏は、イタリア、東京、仙台の有名店で修業の後、
故郷の「青森県弘前市」の土地で、
究極の「地産地消」を実行。


作れるものなら何でも自分の手で作る。


野菜、果実、ハーブ、そして自宅で飼っている烏骨鶏の卵。


パンやパスタはもちろん、
チーズや生ハムも全て自家製に拘り、
誰にも真似することのできない笹森流イタリアンは、
いずれ自家製ワインの製造も見据え、葡萄も自宅の畑で栽培している。


豊かな食材が身近な地方ならではの
理想の「自給自足、地産地消レストラン」は、
東京のような都会にあっては決して出来ない事。


テレビで放映され、雑誌で取材されてから
「全国からお客を呼び寄せる地方の人気店」となり、
予約が取れにくい状況となっている。


私たちも、平日にも関わらず2ヶ月以上前から予約をして訪れた。


関西からクルマで1500kmの道程を巡りつつ北上、
この日は秋田を出発、日本海側を青森「鯵ヶ沢」まで走り、
晩秋の早い日暮れの中、夕闇迫る「岩木山」の山麓を巻くように、
今回の旅の最終目的地「青森県弘前市」に到着。


道路状況を考え、念のため安全策を取り、遅めに設定していた
「食事の予約時間20時」の1時間半前の事であった。


旅をしてきた「高揚感」もあり、
期待して食べた料理は、野菜も肉も全て「力強く」、生命力に溢れていた。


プレ前菜から、スパークリングワインで始め、
軽い赤ワインからフルボディのものに変えながら、
笹森シェフ自慢の自家製食材と地元食材で丹精込めてプロデュースされた
「食の饗宴」を堪能する。



多種類の自家製生ハムは「前菜」の一皿


「寡黙な笹森氏」に代わり、プレートに盛られた「彼の作品たち」が、
何よりもその「情熱」や「メッセージ」を伝え、
彼の持つ「姿勢」や「矜持」を強く感じさせられた。


あっという間に感じた「食のエンターテイメント」も、
楽しいドルチェが運ばれ、エスプレッソを飲み干す頃には、
入店してから2時間半を越えていた。


笹森氏と、その周りの顔の見える人の作った「確かな食材たち」の協演も
名残惜しく終わりを告げ、
「まだ食していたい感じ」を持ったままホテルに帰りついたものである。


地方の名店らしく、
店の外観やインテリアよりも「中身勝負」の姿勢も好感が持て、
内容を考えると、東京や大阪では考えられない値段設定も地方ならでは。


機会があれば再度訪れたい店である。



20人も入ればいっぱいのシンプルな店内



初出「2008年11月13日のmixi日記」

原文まま




Posted at 2017/09/15 21:36:38 | トラックバック(0) | 日記
2017年07月19日 イイね!

旧聞「カフェ・ロッソ」


「私のメモワール」


私の「自動車趣味の変遷」をお知り頂きたい・・・との
個人的な「承認欲求」で始めた
過去の記述を再掲載するヴァージョンです。


今回は、
今から11年前の(2017年7月19日現在)
2006年4月6日のmixi日記に書いた


「カフェ・ロッソ」
http://www.caferosso.net/



島根県安来市にある
ワールドバリスタ選手権準優勝はじめ
数々の実績のある
カリスマバリスタ 門脇洋之(カドワキヒロユキ)氏の店。


著作「エスプレッソブック 基本技術とアレンジドリンク」
http://www.shibatashoten.co.jp/detail.php?bid=00594800


2005年6月からコンビニチェーン「ミニストップ」では
門脇氏プロデュースのコーヒー飲料(チルドコーヒー)を
永年にわたり発売していた事も。
http://news.mynavi.jp/news/2008/10/23/026/


本文では、肝心の「味」の感想はありませんが、
この後も訪れている事実が示すように、
期待通りの美味しさでした。


写真含め、当時の原文まま転載いたします。



「カフェ・ロッソ」


念願の「カフェ・ロッソ」(http://www.caferosso.net/)に行った。





思えば昨年夏、
軽井沢「星のや」(http://www.hoshinoya.com/)に
家族でバカンスした時、
そこのライブラリーに置いてあった本
「エスプレッソブック 基本技術とアレンジドリンク」を
なにげなく家内が読んだ事がキッカケだ。


本の装丁がおしゃれだったので
続いて私もパラパラと・・・。


そこには
エスプレッソの本場イタリアのことももちろん出てくるが、
お店のオーナーで著者の
フェラーリに対する憧憬の念を綴るクダリが印象深く残った。





家から高速道を乗り継ぎ200km以上の距離があるカフェ。


当時
長い納車待ちだったフェラーリが
我が家に来たら行ってみたいものだと
漠然と思ったことを思い出す。


美味いエスプレッソやカプチーノを飲ます店なら
地元関西にも多くあるし
行きつけの店も持っている。


わざわざ
「200km先の一杯の美味いエスプレッソを飲ます店に駿馬をトバシて駆けつける・・」
行為そのものに
非日常性を感じワクワクしたのかも知れない。


それから1年もたたない今、
私や家内は赤い跳ね馬で
その時写真で見たカプチーノやエスプレッソを賞味しているのだから
「思う事」は素敵だ。





ツーリングも兼ねての訪問ではあったが
長い距離をかけて行く場所は
その分思い入れという付加価値が付くので
近所の人より贅沢かもしれないと思い帰って来た・・・。



初出「2006年4月6日のmixi日記」

原文まま

Posted at 2017/07/19 01:36:20 | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

旧聞「不動ほうとう」


「私のメモワール」


私の「自動車趣味の変遷」をお知り頂きたい・・・との
個人的な「承認欲求」で始めた
過去の記述を再掲載するヴァージョンです。


今回は、
今から11年前の(2017年7月17日現在)
2006年11月11日のmixi日記に書いた


不動ほうとう

http://www.houtou-fudou.jp/location.html


若さもあり、関西から頻繁に「箱根詣で」を励行していた頃、
帰り道に好んで立ち寄っていた店が
「不動ほうとう」でした。


「新東名高速道路」が未だ無い頃で、
トラックに挟まれ続けて走る「東名道」を避けるべく
比較的交通量の少なかった「中央道回り」で帰還することが多かったため、
ここで「腹ごしらえ」をした時は
河口湖~御坂峠を越えて
中央道「一宮御坂IC」から関西方面に帰るルートをとっていました。


この記事は
ポルシェ997カレラS(MT)とフェラーリ430を所有し、
それぞれで箱根を走っていた期間に書かれています。



写真含め、当時の原文まま転載いたします。




不動ほうとう


甲州名物「ほうとう」は
古くは大陸伝来の「粉モノ」の一種ではあるが、
かの武田信玄の時代、
味噌仕立てに野菜をぶち込み、一緒に炊き込む
栄養価の高い「陣中食」として定着したという。


古今東西、
乾麺やパスタの類は戦時下で保存の利く兵糧として発達したようだ。


箱根からの帰りは
「御殿場IC」から「東名高速道」が便利だが、
大型トラックの「速度抑制装置」装着義務化後、
トラックの一団に掛かるとしばらくは
走行車線、追い越し車線両方を90km/hでふさがれ、
行く手を阻まれる事が多くなり、
関西までの時間が掛かるようになった。


快適なクルージングのためにも
箱根からの帰りは「中央道」まわりで帰ることが多くなる。


御殿場から須走まで上がり
「東富士五湖道路」を使いそのまま「中央道河口湖線」に乗るが、
今回は「河口湖」で降り、昨年無料化された「河口湖大橋」を渡り、
「不動ほうとう」を食べて帰ることにした。


「ほうとう」は「小作」等、何箇所かで食べてみたが
「不動ほうとう」(http://www.houtou-fudou.jp/)が一番好きだ。





「自家製麺」に野菜とキノコがたっぷりで、
煮込まれたかぼちゃはトロトロにだしに溶けている。


具に肉類は入ってないのだが、
なぜか「ウマミ」が良く効いていて、いつも完食。


焼けた鉄ナベのまま供され、
「猫舌」の私には苦手のはずなのだが、
夏場でさえ食べたくなるから不思議だ。


サシの入った名物の「馬刺し」は
「すりおろしにんにく」と「すりおろし生姜」を付け、
シャキシャキした白ねぎを巻いて食べる、
おすすめサイドメニューだ。




ここに立ち寄った後は、
そのまま快走路「御坂みち」で甲府側に峠越えをし、
「中央道一宮御坂IC」から帰ることにしている。


紅葉に染まる山肌が晩秋の陽の光でさらに美しく輝く中、
心身ともに満足した今回の箱根の旅も、あとは自宅を目指すだけになり、
淡々とした高速クルージングを楽しんで帰ることにする。






初出「2006年11月11日のmixi日記」

原文まま

Posted at 2017/07/17 00:07:03 | トラックバック(0) | 日記
2017年07月12日 イイね!

旧聞「ポルシェ911」の向かう先・・・


「私のメモワール」


私の「自動車趣味の変遷」をお知り頂きたい・・・との
個人的な「承認欲求」で始めた
過去の記述を再掲載するヴァージョンです。

今回は、
今から9年前の(2017年7月12日現在)
2008年12月21日のmixi日記に書いた

「ポルシェ911」の向かう先・・・


永年、「ポルシェ党員」として
ポルシェ911を愛し続け、
911として5台目になる997カレラS(MT)を所有していた頃。

私の前期型の997には選べなかった
ツインクラッチのPDKが
初めて選べるようになった後期型が出た時期。


増え続けるバリエーションや
イージードライブ化による顧客層の変化。

今から思うと、あの頃は、
現在の「大ポルシェ」になる
ちょうど起爆点の時期だったように思います。

ポルシェ車、
特に911の購入を思い立った時、
多岐に及ぶ、その膨大なバリエーションから
「自分の一台」を選ぶ難しさ。

その中にあって、
このワルター・ロール氏の的確な指針は
今読み返しても9年前とは思えない普遍性があります。


写真含め、当時の原文まま転載いたします。



「ポルシェ911」の向かう先・・・


最新のPDK搭載911の試乗を重ね、
その出来の良さに「マニュアル派」として複雑な心境になっていた。


次々と専門誌に掲載されるジャーナリストたちの「絶賛インプレッション」。


進化をし続ける「911」。




しかしながら、
昨今のポルシェ車は911のみならず、バリエーションが増えすぎ、
自分自身のカーライフにあった一台を選ぶのにも迷いが多いものだ。


最新の「エンジン」誌で、往年のラリーチャンプ、
現ポルシェの開発ドライバー「ワルター・ロール」氏の文言は
「ダントツに明確」だった。




曰く、

今後の911は

「4WDのPDKで全天候GTとして」か、

「RRのMTで運転を楽しむクルマとして」か、

の二つの選択、存在意義に・・・と。


911最新ラインナップで言うと、

両端に「カレラ4(S)PDK」と、「GT3(RS)MT」があり、

自身の911に求めるものや、使い方(それに予算も・・)を、

その間にある座標軸で考えれば良い・・・と言う事になる・・・。


明快に看破してくれた今回の「ワルター・ロール」氏。


さすが、
ポルシェ開発の最前線にいる「ドライヴィングの求道者」だ。


その発言を裏付けている彼自身の自宅のガレージに並ぶ2台の911を見た時、
理屈を越えて、単純に「なんてカッコイイ、理想のガレージ!」と思った。





初出「2008年12月21日のmixi日記」

原文まま

Posted at 2017/07/12 16:45:27 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「三ヶ根山スカイライン http://cvw.jp/b/2419154/39203588/
何シテル?   01/20 23:58
1960年生まれのクルマ好きです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

面識ある方と「お友達」させていただいています。

72 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認 ツー爺ツー爺 *
エリサのパパエリサのパパ * tsucchi49tsucchi49 *
音屋音屋 * ninja1958ninja1958 *

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ 458イタリア フェラーリ 458イタリア
フェラーリ458ITALIA
ポルシェ マカン ポルシェ マカン
オールラウンドツアラーですね!
ホンダ ヴェゼルハイブリッド ホンダ ヴェゼルハイブリッド
街の遊撃手!
フェラーリ カリフォルニア フェラーリ カリフォルニア
フェラーリ カリフォルニア

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.