• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年11月09日

【書籍】Racing On 2008.11 ~F1 100人の勝者~

■Racing On No.432 (2008.11) ~F1 100人の勝者~



もう先月号だが、ようやく読み終えた。

「しょうしゃ」を変換すると、「勝者」ではなく、真っ先に「商社」と変換されてしまう、このラップトップが恨めしい(^_^;)


F-1の歴史が、コバライネンで100人目の勝者、ベッテルで101人目ということでこういう特集が組まれたワケだが、相変わらずRacing Onの特集の組み方は巧みだなあ・・・と思う。


私のF-1ファンとしてのキャリアは1986年後半から始まり、1994年にセナが死んだところで停まってしまったが、Racing Onの編集者のF-1目線も、基本的に1987年を「日本における近代モータースポーツ元年」としているので、個人的には非常に読み易い(この件については、以前のブログエントリ「【書籍】Racing On 2008.05」にも同様のことを書いた)。

特に、特集記事としては「やはり圧倒的だった“四天王の時代”」として、セナ・プロスト・ピケ・マンセル+ベルガーをクローズアップしたものが、中坊だった頃の自分のF1観とモロにリンクしていて面白かった。


時事ネタとしては、あちこちのコラムで、先日のモンツァで最年少ウイナーとなったセバスチャン・ベッテルの話題でもちきりだった。




本著で一番印象に残ったのは、本号の内容の本筋とは離れるのだが、一冊を通じて2箇所に登場した「フィンランドは人口たったの530万人だが、多くのトップドライバーを輩出」という事実。

ケケ・ロズベルグ、ハッキネン、ライコネン、コバライネン・・・
ティモ・マキネン、トイヴォネン、アリ・バタネン、カンクネン、ヒルボネン、グロンホルム・・・
(末尾に「ネン」が付く確率、高いなあ・・・・)

そして、現在の私のお気に入りヤリ・マティ・ラトバラ。

お国柄って凄いなあ・・・と感心するとともに、昔読んだ本に「ユダヤ人は世界人口のわずか0.25[%]なのに、ノーベル賞受賞者の27[%]、 コンピューター科学賞の25[%]、世界チェス選手権の優勝者の半分を占めている」と書かれていたことを思い出した。



ちなみに、この本号は永久保存版。
WTCCで、何人かのドライバーにサインしてもらったからだ。



ウッカリ、BMWのヨルグ・ミュラーに、このページのアウグスト・ファルファスJrの左隣(イヴァン・ミューラーの欄)に、サインを求めて怒られてしまった、問題のページだ。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/11/09 23:24:09

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2008/11/10 00:22:28
F1はセナの死で多くの人が離れてしまったように思えます。あの事故以降、レギュレーションがさらに厳しくなり、アウトスタンディングなレースが消えてしまった感じがしますね。最近はエンジンまで統一するとかしないとか言ってますし、ますますF1の魅力が薄れていくような気がします。

>「しょうしゃ」を変換すると、「勝者」ではなく、真っ先に「商社」と変換されてしまう

MSのIMEはお馬鹿ですから(^_^;)
コメントへの返答
2008/11/10 00:28:34
特別セナのファンというワケではなかったんですが、あのレースをリアルタイムで観てしまったのは、結構トラウマになっちゃいました。

最近の「戦略命」なF-1も、それはそれで面白いと聞きますが、こないだ観たWTCCのガチンコっぷりがやっぱり素敵です。

IMEはいつまで経ってもお馬鹿ですよね(^_^;)
2008/11/10 01:47:45
あの頃は熱かった。

http://jp.youtube.com/watch?v=6y5caS8GdRo

自分はマンセルの無鉄砲ぶりが大好きでした。
あんなドライバーが又、F1に現れてくれる事を願っています。
コメントへの返答
2008/11/10 08:00:20
モナコのセナ VS マンセルは本当に名勝負ですよね。

ウイリアムズ・ホンダ時代のマンセルとピケがサイド・バイ・サイドで本当にタイヤをぶつけ合っていたのも熱すぎでした。

F-1も、WRCでさえも、派手なパフォーマンスのドライビング・スタイルでは良いタイムが出ないんでしょうねえ・・・・。
WTCCはまだまだ熱かったですよ!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.