• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年02月01日

【ECU】ECOモードとMap Ratio

過去、

2008.04.02 ブログエントリ:「続、ECOモードとTurbo Dynamics
2008.04.02 ブログエントリ:「続、ECOモードとTurbo Dynamics 2
2008.06.11 ブログエントリ:「【ECU】続、ECOモードとTurbo Dynamics 3
2008.06.12 ブログエントリ:「【ECU】続、ECOモードとTurbo Dynamics 4

と随分と悩まされたECOモード(Aモード)の挙動。


当時の私は、ブースト最大値を見たり、Turbo Dynamics補正が働いているか否か(ECOモードではTurbo Dynamicsは無効となる)で、A←→Bのモード切替を判定しては、その挙動の不自然さに悩んだものだった。



様々な助言・情報を総合すると

A(ECO)モードでは、一度ベタ踏みでフルブーストかけてやると、その後、Turbo Dynamicsは機能しなくなる

しかし、ECOモード時も、ベタ踏みなどで、加速が必要とECUが判断したら、一時的にBモードに切り替える

ということなのだが、A→B→Aの切替タイミング、アルゴリズムが明白でなさすぎるので、それ以降、気持ち悪くて、すっかりECOモードは封印してしまった。



wildspeed師匠が、ECUからのログ項目「Map Ratio」の値(0~1)で、A(ECO)モードとBモードの状態が取得できる・・・というブログを1/11にアップされていた(さすが!)。
昨春の私にとっては、喉から手が出るほど欲しかった情報である。



で、A(ECO)モードで、ログを採り貯めてみた。



確かに、ECOボタンのON/OFFで、Map Ratioは変化する。
B→A操作時は0.5[sec]程度かけて、1→0へと段階的に降下する。
A→B操作時は一瞬で0→1となる。



問題は、A(ECO)モードでの連続運転だ。

フルスロットルを持続させたりしても、決して0から1へと変化することはなかった(つまり、ずっとECO状態。体感からも、ブーストからも明白だ)。

しかし、そのAの状態から、エンジンを一度切って、再びエンジンを始動すると、ECOボタンONで、ECOランプ点灯状態であるにも関わらず、Map Ratioは1となっていた!



そこから、1速→2速とシフトアップし、30秒程度走行したところで、下図のようにMap Ratioが1→0と段階的に降下した。



この30秒間の間にはフルスロットルやらパーシャルやら高回転やら低中回転やらが含まれるのだが、フルスロットル時やその直後にMap Ratioが可変したワケでもなく、正直、何を基準にBモード→ECOモードと切替制御しているのか、ますますわからなくなった。

もちろん、Map Ratio=1の間は、ECOモードながら、ブーストはAbsoluteで2超え。明らかにBのマップを適用している。



「エンジンを再始動すると裏Bモードになり、意味不明なタイミングでAに切り替わり、その後はエンジン停止までそのまま」


という、あまりに不可解なレガシィのECOモード。

私のB4がアプライドAであるが故の「バグ」なのか、何か深い意味のある「仕様」なのか(とてもそうは思えない)。
MT、ATでも違いがあるのかもしれない。


BL5A AT、BL5B~Cの方々に、気が向いたらログ採取して結果を御教授頂きたく。



追伸:
ちなみに、かつては、A(ECO)モードとBモードに、そこまで過激な体感差は存在しなかったが、だいぶとBを弄った現在は、強烈に違った。
Aは2LクラスのNAライクなフィーリングで、まろやかですらあるのに対し、Bモードは「湾岸ミッドナイト」での城島の表現を借りると「さかりのついた猫のような」感じ。まさに暴力的。
カタルシスを感じることすらできた。




●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●レガシィB4(BL5A) 関連目次はこちら
ブログ一覧 | レガシィB4 OpenECU | 日記
Posted at 2009/02/01 02:08:04

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ECU】ECO(A)モードを真面目に ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/02/03 18:27
挙動不審なため長らく放置してきたECOモード(=Aモード)を真面目にロギングしてみた。 どうも、スロットルを抜いたときにKnock C
【ECU】ECOモードの挙動再検証」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/02/17 23:28
ブログエントリ:「【ECU】ECOモードの挙動(やはり理解不能)」 の続き。 レガシィの「動作仕様」として、結構大事な部分だと思うが、富士重工業は教えてくれな

この記事へのコメント

2009/02/01 11:24:15
>エンジンを一度切って、再びエンジンを始動すると、ECOボタンONで、ECOランプ点灯状態であるにも関わらず、Map Ratioは1となっていた

これは気が付きませんでしたね。ちょっと調べてみます。自分の推測だとスイッチ系が関係していると思っています。
コメントへの返答
2009/02/01 11:43:36
是非とも宜しくお願いします。

アプライド、AT/MTの違いなど気になるところです。
仕様だとすれば、あまりにイケてない。。。
2009/02/01 16:15:40
こんにちは~。

きちんとログを採取したわけではないですが、EVCを着ける前は、自分のBP5Cも同じような制御しており、不思議に思っていろいろ調べた記憶があります。

どうして最初からECOモード用の制御にしないんですかねえ...



コメントへの返答
2009/02/01 18:07:29
BP5C MTもですか。

なんか理由があるんでしょうかねえ。。。

エンジン始動直後は冷却水や潤滑油の温度も低いので、Bの方がAよりも安全なマップだというのなら、わからん仕様でもないのですが・・・。
Bの方がリッチ寄りだとしても、ハイブーストじゃ安全側とは言えないですしねえ。

謎です。
2009/02/03 17:21:47
こんにちわ。
私のGH8ですと、エコボタンを押しても、押さなくても、Map Ratioが変化を示しません。
ただしターボマップに関係してくると数値が徐々に1になります。(徐々と言っても1秒くらいですが)
DBWの特定の数値以上になると変わるように見受けられます。
あくまで私とだと比較にならないかもしれませんが、報告です。
コメントへの返答
2009/02/03 20:21:07
コメントありがとうございます!

GHインプの方と意見交換できる日が来るとは・・・。
OpenECUがネクストステージに入ったことに軽く感激してます^_^

GHインプでは挙動が全く違うんですねえ。。。

wildspeedさんによれば、BLのATではニュートラルに入るたびにMap Ratioが1になるそうです(これまた理解不能な仕様)。

BL・BPのMT、ATよりはGHの方が理解できる仕様ですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW24 2002 http://cvw.jp/b/242406/40004064/
何シテル?   06/27 22:14
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *
es355es355 * つとやんつとやん *
学生ビート学生ビート * あばると@腰痛あばると@腰痛 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.