• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年04月08日

【書籍】FASTEST RALLY MACHINE

■FASTEST RALLY MACHINE



Tipo Machine Collection 001 ファステスト・ラリー・マシン


例によって、書店で見つけて「おおお!」と声を出してしまった。
金欠中だけど買わずにはおれんかった。


本書籍も「ファステスト・ラリー・マシン」だなんてタイトルな癖に、シトロエンC4もクサラも、フォード・フォーカスRSも、インプレッサもランエボもセリカもカローラもプジョー206も一切登場しない。
それらのチャンピオン・ラリーカーよりも遅いと思われる、

・Lancia Delta Integrale Gr.A
・Lancia Delta S4
・Lancia Rally 037
・Lancia Stratos
・Fiat Abarth 131 Rally
・Fiat Abarth 124 Rally
・Alpine Renault A110
・Renault 5 Turbo
・Peugeout 205 Turbo 16
・Ford Escort RS
・Ford RS 200
・MG Metro 6R4

などをクローズアップ。

MG Metro 6R4なんて、ポディウムすらゲットできていないのに、「ファステスト・ラリー・マシン」だなんて良くもまあ言えたものだ。

私のブログでも誤情報をたくさん配信している(気づいたものは後から訂正しているが・・・)ので、デカいことは言えないが、「書籍の情報は絶対だ」と思っている人はかなり多いので、それなりの影響力をもつ出版社には注意して頂きたいものだ。


な~~~んて、書いているが、実際のところ、もうベッタベタに愛すべきTipo的セレクションであった。
Tipoという雑誌を良く知らないクルマ好きの若者には多大な誤解を招く本書籍であるが、Tipoを良く知るオジサマ世代(どーせ、この本は若者はあまり買わないと思われる)は、わかって読むのでOKなのだろう。

Tipoはかつての私の愛読書だったのだが、文句のひとつも言いたくなるのは、ここ数年間ですっかり私がスバヲタ化してしまったからか。

まあ、タイトルは「Tipo的ラリーカー大特集」だとか「エンスー必見!懐かしのスーパー・ラリーカー」だとか「WRCで昔は活躍していたラテン車たち」だとか、そういうものに変えてもらえると誤解が少なくて良いと思う。




さて、本書籍の内容は、上記に挙げたような、主にラテン系(一部フォードを含めUK)のGrp.A以前のラリーカーの紹介。

最近、我が家にあるランチア関係の書籍



をパラパラと見ていたのだが、ランチアのコンペティツオーネがかなりの確率で2スポークのステアリングを装着していることに気づいた。
本書籍(FASTEST RALLY MACHINE)でも、ランチアのコンペティションモデルのインテリア写真の多くは2スポークのステアリングホイールだった。

先日のブログエントリ「Sparco Safari」で、「昔から2スポークのステアリング・ホイールに憧れが・・・」と書いたが、なるほど、その憧れも結局、ランチア・コンプレックスから来ていたのか・・・と再認識。


↑私のB4の車内風景


ちなみに、本書籍のラリーカーの大多数がスパルコのフルバケだった。

イタリア製品のクオリティの低さを嘲りつつ、また、Tipoにも「(笑)」をつけたい最近の私だが、スパルコ、OZ、ピレリ、サベルト、OMP、MOMO製品を多用している私は、結局、10数年前からのTipo誌の影響下から脱せてないワケだ。




本書籍で、一台一台のラリーカーについて、そのレースヒストリー以上にドライビング・インプレッションが記述されている。
大部分が吉田匠によるものなのだが、これが、凄まじくツマラナイ。
当たり障りのない褒め言葉を列挙し、最後に内容のないキザな台詞で締めくくる。
プロのライターによるレビューなんてそんなものだと思うが、ここまで内容がなく、薄っぺらなインプレをワンパターンに繰り返されると、とても不快に思えた。
「人畜無害」な内容なハズなのに、私には有害だった。
こんな文章に金を払ってしまったのか・・・と詐欺に合ったかのような気分。ページの無駄。

個人的には吉田匠のインプレを全て削除し、代わりにもっと写真を増やしたり、大きい写真を使ったりして欲しいところだ(レース・ヒストリー文は残したらよいと思うが)。




ちなみに各記事は、Tipoのバックナンバーからの引用なので、記事の年月日はバラバラである。

デルタ・インテグラーレ Grp.Aについては「3ヶ月前にBOSCOの当主がイタリアから購入」というような紹介がされているので、「え?BOSCOってまだそんなことやってるのか?」と思ったら、「3ヶ月前」は1995年10月頃の話だった。
過去のブログエントリ「「上がりのクルマ」 その15 Lancia Delta Integrale 前編」に書いた、1997年頃にBOSCOの店内に展示されていたインテグラーレのコンペティツォーネ(運転席に座らせて頂いた)が本誌で紹介されている車両だったワケだ。
う~ん、懐かしい。



そんなこんなで、ツッコミどころ満載な本書籍だが、流し読みして、何度も写真を眺めるにはとても良いので、かつてのラリーカー、ラテン・メーカのラリーカーが好きな方にはお薦め。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2009/04/09 00:26:51

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2009/04/09 07:14:50
買おうか買うまいか考えていましたが、買う必要なしですね。(笑)
ちなみに、ボクはTipo創刊号から買い続けているのは内緒です。

だって、この雑誌のお蔭でデルタ買った様なもんですし。
コメントへの返答
2009/04/09 07:25:40
Tipoを買い続けていれば買う必要はなさそうですね。
でも、Grp.B期からインテグラーレまでのWRCの名車たちを一冊にまとめた本も少ないので、個人的には買ってよかったなあ、と思ってます。
あれこれな批判は、批判ではなくTipoへの愛あればこそのツッコミです(笑)。
でも吉田匠への批判に愛はないです。本当にツマラン。

> だって、この雑誌のお蔭でデルタ買った様なもんですし。

私も買いそうになったクチですから。

デルタ・コンプレックスがぶり返すので、あまりランチア本は見ないようにしてたのですが、最近また良く見るようになってます。

B4がとても良いものとなってきたので、平常心を保ちながらデルタ本を読めるようになったのかも、です(笑)
2009/04/09 18:27:53
自分も、あまり吉田匠氏のインプレは好きになれないです(^_^;)未だに愛読書なTipoですが、Tipoの中に吉田匠氏の文ってちょっと合わない気も。。。
コメントへの返答
2009/04/09 18:33:56
うんうん。
CAR GRAPHIC誌の当たり障りのなさ全開って感じですよね。
ENGINE誌には合いそうですね。

Tipoは、偏りまくってるのと、オイル臭いのが他誌とは異なるステキさなので、吉田氏の無難+キザなレビューは全く合わないっ!!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】【軽量化】助手席シートベルト撤去と、車検後の内装復旧 http://cvw.jp/b/242406/39993739/
何シテル?   06/25 22:07
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ * BlueflexBlueflex *
MDiMDi * グゥマッハグゥマッハ *
t-shint-shin * Wolfman JunkWolfman Junk *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.