• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年04月19日

岡山国際サーキット 水温の推移

2009.04.17 岡山国際サーキットでの近藤エンジニアリング走行会にての水温の推移

Lap.1


Lap.2


Lap.3


Lap.4


Lap.5


Lap.6


85[℃]~90[℃]ぐらいで推移していたのが、5ラップ目からドンドン上昇し、6ラップ目のコースオフ直前では97[℃]まで上昇している。

どっちにしてもクーリング走行に入らなければヤバかったのかな?

現状の冷却系だと5ラップ程度しかもたないんだろうか???
ブーストアップの弊害でもあるんだろうなあ。

4/21(火)にブレーキパッド交換前後、ブレーキローター交換(フロント)、キャリパーオーバーホール(前)を行うので、貯金がリセットされてしまうので、冷却系まで手が回るのはいつになるんだろうか。。。

それにしても、WinSSMって便利♪



●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | 日記
Posted at 2009/04/19 20:24:10

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

トミーカイラ・フロントバンパー通気ダク ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2009/04/27 12:12
岡山国際サーキットでの走行会にて、水温上昇が早いのが露呈した。 トミーカイラのフロントバンパーが、特にラジエター冷却についてはイケてないのは、過去のブログエントリ「<a href='http:// ...
ブログ人気記事

明日は、どうなるか分からない (゚ ...
エイジングさん

箱根でアルファ・ロメオをいっぱい見 ...
kazさん

ルーテシア(クリオ)4オフ開催のお ...
28mikanさん

FMMからプチツーであゆ釜飯行って ...
RA272さん

私(アルミテープ)と貴方(SEV) ...
ノンタマさん

昭和のクルマを守る集い!前編
Hiro.sさん

この記事へのコメント

2009/04/19 20:59:47
このシステムって面白いですね~

ブレーキやGセンサーとかもあるともっと凄いかも!
コメントへの返答
2009/04/19 21:18:50
ECUとの通信で値を表示しているので、車速から理論上はGも計算できるんですが、通信速度が遅すぎるので(100~300[msec]程度で更新)G計算するには厳しいですね。

ブレーキのON/OFFと、クラッチのON/OFFは、ECUとの通信で取得可能なので、WinSSMの開発者にお願い中です。
次のバージョンでは実装されそうです♪
2009/04/19 21:04:16
確かにいいですね~~

これが僕の持ってるカメラでも対応できたら完璧なんですけどw
コメントへの返答
2009/04/19 21:20:04
基本的にPCでの録画となるので、ノートPCがあれば、カメラは1500円ぐらいのUSBカメラでイケちゃうよ。

残念ながら、AV機器としてのカメラでは難しいです。
2009/04/19 21:30:44
トミカイのバンパーはちょっと冷却効率悪いです!!
デザイン上ラジエーターの前がふさがってますし。。。

水温はなぜか90度超えると下がりづらいです。
このバンパーのまま水温下げるなら
ラジファンの設定温度を下げるのが早いとおもいますよ~

俺も早く下げて~
定義ファイルカモーン!!
コメントへの返答
2009/04/19 21:37:55
トミカイバンパーの冷却効率の悪さは、私もだいぶ前のブログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/7480924/
で考察を。。。

前置きインタークーラを実装したら、ナンバープレートを横に移動して、通気孔を増やそうと考えていたところです(・・・が、インタークーラは購入の目処が立たないので、インタークーラ関係ナシに施工するかも)。

ラジエータファンの動作設定温度は既に下げてますが、個人的にはラジエータファンが効いてくるのは、高負荷走行後の停車時などなのかなあ・・・という印象です。
2009/04/19 22:47:57
こんばんは♪

自分の車でも水温に悩まされ中なので気になりましたが、サーキット走行で前からの風をかなり受けているはずと思われますが、意外と水温上がってしまうもんなんですね。

富士を走る人から昨日話を聞く事ができたんですが、富士のストレートで85℃以下ぐらいに保てるぐらいがパワーが出ているとの話で、その兼ね合いで点火時期を遅角するのか、またはラジエターの上下などにテーピングを施してクーリング効果を調整するのかを決めているとの事でした。

その意味で、普段はmistbahnさんの車が如何にパワーアップしていくか興味深く見ていますが、やはり大型インタークーラーやラジエター2枚化(?)などクーリング対策が必要になってくるんでしょうね。取り急ぎ応急的な方法で考えるとすると、フォグランプ穴を殺して蛇腹ホースでエンジンルーム側へ風を送り込み、吸気温度を下げるなど、サーキット走行車両らしい工夫が登場してきたりするんでしょうかね…(^^;
コメントへの返答
2009/04/19 23:50:35
風は受けてるけど、高いブースト圧を連続させているから、当然温度は上がっちゃいますよね。

インタークーラとラジエターの容量UPは必須と考えてますが、次回の走行会までに予算的に間に合わなければ、とりあえずナンバープレートを移動し、ボディに通気孔を増やそうかと考えてます。

ブレーキにも、フォグランプ穴からダクトを・・・
2009/04/19 23:46:21
自分のサーキット走行での水温は105度まで上がりましたが、純正水温計は真ん中くらいで、ECUの補正によるパワーダウンはありませんでした。

FMIC導入したらますますラジエーターに風が当たらなくなるので冷却系の容量アップは必須ですね。ブレーキとどちらを先にするか悩みどころです。

自分も最初はフルノーマルにダウンサスだけでサーキット走行をして、これはヤバイという事で、いろいろ足りない所を補っているうちにこうなってしまいました。

サーキット走行での費用対効果を考えながら、これからのアップグレード計画楽しんで下さい。
コメントへの返答
2009/04/19 23:54:08
105[℃]OKですか。
水温はPCで見れているのですが、油温計、油圧計がないので、これらの増設も必須だと考えてます(本当に金要りですねえ・・・)。

確かにインタークーラ前置きは、ラジエターには不利っすよね。
うーむ。本当に金要りだ(汗)。

今回は、自分の運転のマズさと、タイヤのグリップが低めだったことで、車高調の問題が全くクローズアップされませんでした。
とりあえず、持続して走れるようブレーキ、冷却系と順番にやっていきたいです。
2009/04/20 12:20:09
サーキット走行するなら、やっぱり冷却系の強化は必須ですね。

でも強化策をいろいろ考え始めるとキリがないっすねぇ(^_^;)
コメントへの返答
2009/04/20 12:21:48
ええ、マジメにやりだすと、すぐにクルマ一台買える出費に・・・(ToT)
メータ類も無駄に高いですしねえ・・・。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【サーキット】【ビート】烈 鈴鹿サーキット・フルコース 2017.09.24 http://cvw.jp/b/242406/40470510/
何シテル?   09/25 06:44
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
229 人のお友達がいます
cp86 AE86復活cp86 AE86復活 * ゆうきのぱぱゆうきのぱぱ *
か~がいか~がい * 赤い~のん!?赤い~のん!? *
es355es355 * mahboszmahbosz *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回の ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.