• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年07月26日

【試乗】Audi A6 Avant 2.8 FSI quattro (C6)

■Audi A6 Avant 2.8 FSI quattro (C6)

Audi A6 Avant 2.8 FSI quattro (C6)
※写真は撮ってないので、3Dシミュレータによる同色(Deep Green, Pearl Effect)のものを。

型式:ABA-4FCCES
全長:4925
全幅:1855
全高:1475
車両重量:1790[kg]
総排気量:2772[cc]
エンジン種類:V型6気筒DOHC
最高出力:220[ps]/5750~6800[rpm]
最大トルク:28.6[kgm]/3000~5000[rpm]
駆動方式:フルタイム4WD(非対称ダイナミックトルク配分方式)
ミッション:電子制御6速ATトランスミッション


取引先の社長さんに、短区間ではあるが、運転させて頂いた。
ドシャ降り直後の、水溜りだらけの路面が、クワトロの試乗には良いシチュエーション。


●エクステリア

C5系(一世代前ネ)A6セダンのお尻が好きだった↓。



バウハウス!!!って感じのロジカルなデザインなんだけども、それがなんともセクシーで、C5 A6の尻は、ステキなB6 A4の尻よりも更にステキだったと思う。

A4はB6→B7でだいぶと見た目は様変わりしたが、A6はC5→C6でセダンの尻は割とキープコンセプトでホッとしたのを覚えている。

今回運転させて頂いたC6 Avantは、テールランプも含め、完全にC6(A4ならB7)世代となっている。
この世代は最初苦手だったが、見慣れてからの現在は好きである。

ちなみに、C6 A6も和田哲氏がデザイン担当だね。

顔・尻よりもサイドビューが好き。キレイだと思う。
スバルと同じでフロント・オーバーハングが長いのはイマイチだが、B8系A4では技術努力によりオーバーハングの短縮化に成功したので、A6も次期モデルでは短くなるのだろう。

同クラスのメルセデスEクラス、BMW5なんかと較べると、かなり控え目なデザインとなっており、昔から
「大金を投じて乗るステータス重視のセダンに、地味だけど洗練されたデザインのA6あたりに乗る金持ちは知的な感じでイカす」
と思っていた。

ちなみに、当たり前だがデカい。

ダークグリーンをAudiに選ぶのは珍しいが(アルピナは別としてドイツ車に選ぶこと自体レア?)、意外と似合っていた。



●インテリア

インテリアパネルはウォールナットウッド、バーチベージュウッド、アルミニウムの3タイプから選べるみたいだが、バーチベージュウッドだった(写真なくてスミマセン)。
ナチュラル系色のウッドは、成金臭がなく、白系の内装ともマッチしていて、粋な感じだった。



●運転してみて

このクラスのクルマはLexus GS450hぐらいしか運転したことがないので、評価が難しいのだが・・・

近年の他のAudiのモデルにも通ずる特性だが、BMWのような強い剛性感の演出はなく、サラリとしている。

さすがに、2台目TTクーペやA3ほどの軽快感はないが、パワステがかなり軽い味付けとなっているのもあり、重厚感よりもニュートラルな感じを重視した演出、という印象。

A3や2台目TTが「精密感」「シャープさ」を強調しているのに対し、どちらかというと無味無臭、ナチュラルテイスト重視なのは以前に試乗したAudi A4 3.2 FSI quattro (B8) と同じ感じ。


乗り心地は極めて良い。フラットライド。

BMWのような「踏ん張る」演出ではないし、車重約1.8[㌧」と、かなり重いので、ピッチング、ロールはそれなりに大きくストロークするのだが、ストロークの仕方はクラウンのように不安になる沈み方ではなく素直な感じ(じゃあ、どういう沈み方なのかというと、巧く説明できないのだが)。

沈んでからの戻りは、ちゃんと一発で落ち着くのだが、レクサスGS450hなどは「粘って戻る」感じですごく「ダンパーのオイル」な感じがするのだが、A6の戻り方は無臭・素直な感じ。

・・・抽象的だなあ(汗)


クワトロだけに(?)さすがに、ウエット路面でのグリップはバツグンで、会社近辺は20㌧トラックなんかが作った深い轍に水が溜まるのだが、ヘッチャラである。


エンジンは静かで振動が少なくてクセのない感じかなあ・・・。
必要十分に走るけど、暴力的な加速をしないのはGS450hなんかとは違うとこかな。


私個人の問題としては、A6が左足ブレーキと、かなり相性悪かったことかなあ。
アクセル(右足)とブレーキ(左足)を同時操作するとき、ブレーキ操作によりTCS(トラクションコントロール)やESC(横滑り防止装置。Audiでの呼び名は「ESP」)なんかが働くらしく、極めておかしなギクシャクとした動きとなる。
左足ブレーキの使用は想定していないらしい(「悪いな。そういうクルマじゃねーんだヨ。」・・・とAudiに言われそう)。




短時間の試乗だったが、なかなか乗れないクルマなので貴重な体験だった。
オーナー様、ありがとうございました。




●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | 日記
Posted at 2009/07/26 20:06:40

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【試乗】Audi A6 C7/4G A ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2017/02/26 19:32
帰宅した。 ミルトンキーンズから自宅まではちゃんと計算したら Door to door で25時間だった。。。 そりゃ疲れるワケだ。。。 ブログエントリ: 「【試乗】Audi A6 C7/4G ...

この記事へのコメント

2009/07/26 20:23:27
アウディは試乗したことがないので、まったく分からないです(^_^;)

ブレーキと一緒にやたらと変な機構が働くと厄介ですねぇ。でも、自分は左足でブレーキを踏まないので大丈夫かな。。

昨晩、友達のC63 AMGに乗らせてもらいましたが、ある速度域からでも強力な効き味でしたよ。
コメントへの返答
2009/07/26 22:09:59
電子制御も一長一短ですね。
ESCはアメリカではもうすぐ義務づけられるので、かなりの割合のクルマがESC装着車両になってしまうんでしょう。

C63 AMG!!!!
乗ってみたいっ!!!!!!
2009/07/26 23:58:30
A6の2.8とはまたマニアックなお車を試乗され
ましたね!

A6のスタイリングはエレガントですね。

私のような裏道や路地走り好きのエンジンの
鼓動が聞こえるようなフィール好きの人間は
縁のないお車です。

左足ブレーキ併用の場合は、
AUDIはESPをお切り下さい!
コメントへの返答
2009/07/27 07:41:23
マニアックなのはオーナー様ですね(笑)。

ESPってOFFできたんだ~。
OFFできると助かりますね!
2009/07/27 00:18:30
前にAUDIを試乗した時に、剛性が異次元の高さだったのと、内装がすごく丁寧でおしゃれだったのを覚えています。
セールスマンにドアを思い切り閉めてみろ、と言われて親の敵のように叩きつけた時のアノ感じが凄く、B4はここまでいってないなあ、と思いました。
コメントへの返答
2009/07/27 07:43:34
先代TTは実家にあるんですが、先代TTも現行TTも、ドアはドスンと閉まりますね。
先代TTがやたらと剛性感を感じる味付けなのに対し、現行TTや最近のA4、A6は剛性感をあまり感じない味付けになってます(もちろんかなり剛性は高いんでしょうけど)。
乗り手に対して剛性感を強調しなくなったのはメルセデスも一緒です。

内装のクオリティはピカイチですよね!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そういえば、みんカラは「not お友達 but 相互・Myファン」な方々が多かったんだった。。。私にとっては「お友達公開」にも問題があるのだな。。。」
何シテル?   06/21 22:30
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
おぬまおぬま * チェロ.チェロ. *
nori--norinori--nori * こさとうこさとう *
Wolfman JunkWolfman Junk * toto@雨神toto@雨神 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.