• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2009年12月15日

【書籍】SUBIESPORT 2008 JUNE/JULY

【書籍】SUBIESPORT 2008 JUNE/JULY ■SUBIESPORT 2008 JUNE/JULY

リンドバーグ本店で購入したアメリカのスバル系雑誌。


これが、かなり面白い。


SUBIE(スビィ)とは、英語圏での「スバリスト(ちょっと気恥ずかしい)」「スバヲタ」を意味する言葉。




●AEM/HARMAN MOTIVE 2008 WRX

表紙のオレンジのインプレッサは、AEM/HARMAN MOTIVE 2008 WRX。

日本のラインナップではS-GT顔なんだけども、日本ではGRからWRXとWRX STIがWRX STIに統合されたのに対し、アメリカではWRXとWRX STIは別モデル扱いとなっており、WRX顔はこのS-GT顔となるようだ。

AEMもHARMANもあっちのチューニングブランドみたいね。私は良く知らないんだけど。

このWRXは449hpのフルチューンで、運転席・助手席+中央に位置する後部座席の3シーター。
マクラーレンF1の前後を逆にしたようなシートレイアウト。
3席ともスパルコのフルバケ。



●HELL'S LEGACY REBORN

フルチューンのBDレガシィの特集記事。
エンジンブロックもヘッドもタービンも交換されている。当然インタークーラは前置き。



●UNDER THE RADAR

BDレガシィのチューンド特集記事。
ちなみに、これは豪州レガなのでレガシィではなくLibertyという車名。

オーストラリアの警察がいかに改造車に厳しいか・・・という文章の後に、「で、目をつけられにくいフルチューン車を造りました」と書いてある。
外観はホイールを含め全くのノーマルとしているが、中身はだいぶとイジってある。
ベース車にインプを選ばなかったのは「インプレッサはノーマルでもケーサツに目をつけられるから」だそうな。



●2007 LEGACY GT PROJECT

BLレガシィ前期型に対し、

・エンジン載せ換え
・タービン交換
・インタークーラ前置き化

の3つを行う手引書。

ベースエンジンの購入から指南されているのだが・・・

・ディーラーで購入=STI用にスワップ
・Crawford S2のようなサードパーティー製ブロックの購入
・コスワースなどのコンプリート購入

など、どの選択肢もハードコア。

エンジンのバラしかた、組み方などの工程を細かいステップに分けて、それぞれ写真付きで紹介されている。

もちろん、これを見たからといって、自分でエンジンスワップができるとは到底思えないのだが、プロによるエンジンスワップ作業に密着しておかないと見れないような写真がいろいろあるので、とても勉強になる。
自分でイジらなくても、自分の車のエンジンの中身がどうなっているのか、などやっぱり知りたいので。

日本のクラブレガシィなんかにもDIY指南の特集記事はあるけど、もっとだいぶソフトだよね。




●Rally like a Rockstar

GDインプレッサのラリーカーの紹介。





・・・・その他、WRCのレポートだとか、PERRIN(チューニングブランド)のイベントレポート、当時発売されたてのS402の紹介記事・・・などで構成されている。

Subiesportのサイトには「THE HARDCORE SPORT CAR MAGAZINE」と書かれているが、確かに紛れもなくハードコアだ。
ハードコアなチューン誌なんだけど、インプレッサだけでなくレガシィの比重が高いのもレガシィ乗りとしてはウレシイところ。

日本のスバル系雑誌と違うのは、チューニングメーカー製パーツの紹介に重点を置いた記事がないこと。
もちろん広告は点在してるんだけど、スポンサーと雑誌の関係の在り方が日米で違うのかな??



個人的には日本の雑誌よりずっと面白い。ページ数は少ないけど内容は濃い。
日本語版とか刊行してくれたら毎号買うのに。。。
リンドバーグのサイトをこまめにチェックしようかな。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
関連情報URL : http://www.subiesport.com/
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2009/12/15 19:18:38

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

Subie sport」 From [ 九十九折 ] 2015/07/07 22:31
安かったのでPDF版を買ってみた。 Subiesport 読み応えありそう。 言語的なカベも含めてw This article is about 【書籍】SUBIESPORT 2008 JU ...
ブログ人気記事

44G R6リアガーニッシュ
まこ茶さん

NISSAN R35 my15 G ...
黒ノ獅子王さん

夏眠から目覚めた旧車達
ofcさん

北海道2日目#4:神威岬 北海道の ...
タビトムさん

アウディに行ってきました…、A5ク ...
文鳥こまろさん

江戸東京たてもの園便り2017夏 ...
nanamaiさん

この記事へのコメント

2009/12/15 23:43:55
コレは自分も読みました。

こちらでは定期購読すると驚くほど安く買えるので、mistbahnさんに送る方法を考えてみましょうか。
コメントへの返答
2009/12/16 15:55:46
これはこれは魅力的な御提案、ありがとうございます。

送料ってどれくらいかかるもんなんでしょうか??
何冊かまとまって送って頂いた方が良いのかなあ????
(海外との宅配・郵便事情に疎すぎる私でした^-^;)
2009/12/16 03:07:55
アメリカだとやっぱりスポコン風になるんですね。(キライじゃないです♪)
マッドマックスの国なのにオーストラリアは厳しいんですか(笑)
10年以上前に行った時は古い日本車(ダルマやS30)なんかをよく見かけてビックリしました。
コメントへの返答
2009/12/16 15:57:17
スポコンですねえ。
で、足回りの紹介よりもエンジンに比重が置かれているのも、なんともアメリカンです。

オーストラリアにはJエンスー文化があるんですね~
カリフォルニアなんかと同じで、古いクルマに優しい気候だったりするのかな??
2009/12/19 01:19:48
遅いコメントですいません。

この雑誌は丸の内の丸善書店や八重洲ブックセンターでも置いてある時があります。
新幹線で時間調整があった時はぜひ寄ってみてください。
コメントへの返答
2009/12/19 16:41:36
へー、さすが大都会・東京!!

丸善は検索してみたら大阪にも2店舗ありましたが、どうも2店舗とも小さそうです(少なくとも関西空港内のは小さいです)。

大阪にも洋書に強い本屋があるかもしれませんね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【サーキット】【ビート】烈 鈴鹿サーキット・フルコース 2017.09.24 ログ解析 http://cvw.jp/b/242406/40475662/
何シテル?   09/25 22:12
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
230 人のお友達がいます
てぇかむてぇかむ * tommmytommmy *
kura.kura. * t-shint-shin *
nao02nao02 * ほりいもほりいも *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回の ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.