• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年08月07日

【書籍】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010

【書籍】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010 長いこと、F1よりもWRCやWTCCなんかの方が面白かったのだが、今年のF1は毎戦の混戦模様、可夢偉の活躍なんかで、メチャメチャ面白い。私もすっかりF1ファンに戻っている。


自分にとって「ツボ」なF1本が二冊同時にリリースされたので、まとめて購入した。

一冊は「Racing on ~特集:ホンダF1-第2期の曙光~

もう一冊は、本エントリで紹介する「F1速報 創刊20周年 特別編集 『F1 MEMORIES』



■F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010

「F1速報」については、以前のブログエントリ「【書籍】F1速報PLUS vol.14 ~F1熱狂時代2~」で取り上げたことがある。良い雑誌だと思う。
私がF1熱狂徒だった1987~1990年頃には本誌はまだ存在しなかったので、「F1 GP EXRESS(F1GPX)」を毎号買っていたんだけど、現在の似たようなポジションなのかな?(ノリはだいぶと違うが)



さて、本誌は「F1速報」の20周年記念ということで、20年間を総括した内容となっている。

セナをクローズアップした写真。

中嶋+亜久里+右京の対談。(昔はそれぞれにライバル意識が強かったと記憶しているので、談笑している様子に時代の流れを感じる)

この20年間にチャンピオンになった10人、マンセル、プロスト、シューマッハ、ヒル、ビルヌーブ、ハッキネン、アロンソ、ライコネン、ハミルトン、バトンへのインタビュー。
それぞれのセナへの思い。
(日本でのセナ人気はちょっと宗教的な気もしてたが、チャンピオンの皆さんにとってもセナは特別みたいね。レース中の事故で亡くなったから余計に神格化されてるんだろうなあ。私にとっても)

・・・などなど。


決して情報量の多い雑誌じゃないけど、ツボは抑えてて読みやすい。

特に、やっぱり編集者筋が例によって、私と同じようにセナ・プロ時代からのF1ファンなので、視点が同じなので感情移入しやすい。そういった意味でも個人的にとても読みやすい。


10~20代の頃、特に20代前半までの私は、決して後ろを振り返らないタイプで、音楽なども含め、新しいものにしか興味がなかった。
過去のものに注目するのはなんか負けのような気がしていた。

ところが、30代に入ってから、やたらと過去を振り返るようになった。
クルマも、音楽も、F1も、1980年代後半~1990年代のものが特別に思えるようになった。
そんな自分のあり方について、「ええんかなあ?」とも思うが、湾岸ミッドナイトに

「やっぱり10代で知ったものは特別なんだろう」

という一節があり、そういうものかとちょっと納得した。
みんなカラオケなんかでも、高校時代に流行った曲を歌うよね。



やっぱり「リアルタイムで体験した」か否かは、ひとつの大きな線引きだよね。

ジル・ヴィルヌーヴは、未だに人気あるけど、私が知ったときには既に亡くなっていたので、昔の人な印象。
実は私がF1に興味をもつ、たった5年前の人なのに。
ニキ・ラウダやロスベルグのパパなんかも同様。

セナ・プロスト・ベルガ―・マンセル・ピケ・中嶋・マーレイ・バーナード・ニューウェイ・ポストレスウウィト・・・・自分がリアルタイムで知った人たちのことは、20年以上前のことでもそんなに古く感じない。

特に、13歳にとっての「5年前」は人生の1/3以上なので、大昔だったのだろう。
音楽も、自分がリアルタイムで知る前のものは特に古く感じるものだ。

クルマ(特に日本車)に関しては、実際に1987~90年頃は特に大きな転換期だったと思うけど(S13シルビア、R32スカイライン、V-TECなど)。


・・・ところで、表紙の中嶋の目の写真が、どうしても小沢一郎に見える。
本屋で手に取ったときは、「何故、小沢??」とマジボケした。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2010/08/07 18:14:25

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】【ECU】F1速報 創刊20周 ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2010/08/12 11:27
先日のブログエントリ「【書籍】F1速報 創刊20周年特別編集 F1MEMORIES 1990-2010」の感想続編。 読破したので。 印象に残った記事をいくつかピックアップ。 ■" ...
ブログ人気記事

2017/11/17◆異意
pom☆さん

祝・みんカラ歴2年!
m_m_mitsuさん

キリ番
赤π(あかぱい)さん

“ 秋色に染まりゆく・・・ ”
F13M6さん

こんなものを作ってみた!
TG craftさん

雨の箱根~遂にSWEETS HOL ...
苺野しずくさん

この記事へのコメント

2010/08/07 20:20:59
私も、今日は久しぶりに完オフだったので、
高原書店へ行って、上記2冊に加え
 RALLY & CLASSICS よみがえるグループB
 日本の名レース100選 '86 WEC in JAPAN
 car styling別冊 ルイジ・コラーニ第4集
と計5冊を一気買いしてきた。
全部読むのに半年かかりそう。

ところで、コチラに帰ってきてるのね。
いつまでいるんかな。
ABARTH or A4、乗る?
明日は妻が明後日まで泊まり勤務なのでA4はいないけど。
コメントへの返答
2010/08/08 07:36:29
RALLY & CLASSICSの2冊目も出たんだ!?それこそ買わなくちゃ!!!

ルイジ・コラーニ!チョロQ流行ったよね。三菱iを見るとコラーニを思い出します。

お誘いありがとう!
帰省は今日まで。残念ながら午後には帰ってしまいます。
まだ夏休みじゃないので、明日も仕事なんですよね。。。
また是非乗らしてください!!!
2010/08/07 22:21:52
10月にセナのドキュメンタリー映画が公開されるので、それに合わせた雑誌なんでしょうか。

私がF1に熱狂した時代の内容だったら読んでみたいですね。


コメントへの返答
2010/08/08 07:37:40
たぶん、単純に20周年記念なんじゃないかなあ・・・・。
セナ偏重なのは、映画に関係なく、日本のF1誌はだいたい・・・だし。

セナのドキュメンタリ映画は観に行きたいです。
2010/08/08 13:12:58
やはりF1はセナ・プロスト時代が全盛期でしたね。
セナ亡き後のF1は何でもかんでもレギュレーションで縛り付け、またそのレギュレーションもマメに変わる…
今のF1は好きになれないのが事実です。
(でもカムイ頑張れ~^^/~)

そう言えば、WRCもグループAの頃と比べると面白みがなくなりましたね。
WRカー=改造何でもOK!で(グループAの)市販車ベースとはかけ離れてますし…

> 表紙の中嶋の目の写真が、どうしても小沢一郎に見える。

見えますwww

コメントへの返答
2010/08/09 06:16:05
確かに、レギュレーション、ペナルティ、セーフティーカー・・・・と、ドライバーとクルマ以外の要素がレースを左右し過ぎですよね。

WRC、私もグループAが良かったですね。
WRカー時代も観てますが、今年は特に退屈で、観るのをやめてしまいました。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@叢雨おいち@叢雨魔法店 私は秋葉原レムに宿泊するたびに、デスノートの死神レムを思い出します。」
何シテル?   11/16 22:37
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
231 人のお友達がいます
澤 圭太澤 圭太 * nob@nob@ *
TruthTruth * てぇかむてぇかむ *
MDi遠藤MDi遠藤 * チェロ.チェロ. *

ファン

313 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回のサーキット ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.