• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年08月14日

【書籍】【ECU】REV SPEED 2010年 09月号 (no.237)

【書籍】【ECU】REV SPEED 2010年 09月号 (no.237) ■REV SPEED 2010年 09月号 (no.237)

「吸排気+コンピュータ セットメニューの新提案」

・・・という、吸気系・排気系とECUを組み合わせた各ショップのチューン例をたくさん紹介された記事。

所詮ショップの紹介記事なので、有益な情報はほとんどなかったんだけど、ひとつだけ気になった。

「AUTO PRODUCE BOSS × CZ4A Lancer Evo.X」というページで、


"非常に荒っぽい言い方をすれば「困ったら点火時期を進める」という考え方を基本に"

"BOSS流のECUセッティングでは、ノッキングが発生したときに、あえて進角させるのだという"

"「ノックゾーンの上に突き抜けさせてしまうことでノックを止める」"

"もちろんエンジンの基本として点火時期を進めるほどにパワーが出てくる。まさに一石二鳥"

"高回転域の点火時期を進めることで排気温度が下がるということから、実際にはマージンは減っていない"



・・・と書かれていた。

う~ん・・・・・。

改めて点火時期についておさらいしてみよう。
※以下、書籍「エンジンチューニングを科学する」(著:林義正、グランプリ出版)などからの引用多数。


●図A

点火時期とMBT

↑これが良く本に書かれている点火時期のグラフ。

トルクが最大となるポイント(グラフの山の頂点)に点火時期を合わせず、「ピークの99.5[%]のトルクが得られる点火時期の遅い方」をMBT(Minimum Advance for the Best Torque)として、これを狙って点火時期セッティングするのが一般的。

なぜピークじゃなくMBTかというと、「あまりギリギリまで点火時期を攻め込むと、ガソリンの性状が変化したり、冷却水や吸気温度が上昇するとノッキングを起こす危険性がある」からだそうだ。

更に、トルクの頂点付近は点火時期に対するトルク変化が小さい(カーブがなだらか)だから、若干のロスは覚悟の上で、MBTより更に2度ほど遅角させることがある。特に高過給ターボの場合、MBTより更に1~3°遅角させる方が無難。

この場合、AUTO PRODUCE BOSSのセッティングを習うと、図のように、あまり高トルクを狙えない位置に帰着することになる。「エンジンの基本として点火時期を進めるほどにパワーが出てくる。」なんて愚の骨頂に思える。
確かに排気温度については有利なんだけど・・・



●図B



↑MBTより手前でノッキングが発生する場合の図。

この場合、なるほど、確かにBOSS流のセッティングが生きてくる。




BOSS流のセッティングについては、レース屋を含めてセオリーに反していると思えるが、果たして、最近のレース屋事情ってどうなんだろうか?
ノッキング発生ポイントが図Aか図Bかわからない以上、BOSS流は危険にも思えるのだが・・・・?
面白い発想だけど、自分のクルマで試してみる気にはなかなかなれないなあ・・・。(誰か人柱になってください 笑)




●レガシィB4(BL5A)のECUチューン関連目次はこちら
●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2010/08/14 09:05:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2010/08/14 09:09:26
これ読んだ時に同じ疑問を抱きました。
人柱にはなりたくないなぁ
--
コメントへの返答
2010/08/14 09:27:22
(笑)
みんな結構読んでるんですね(笑)
2010/08/14 10:04:40
所詮ショップのだろうとタカをくくって買いませんでした^^;

ここに人柱候補が一人(爆)
コメントへの返答
2010/08/14 10:07:58
おっ人柱登場!!
ヨロシクお願いします!!

REV SPEEDはつまんないんですが、惰性で買い続けてます。
つまらんなりに、気楽に読めるので。
2010/08/14 10:14:37
こんにちは。

トルクと点火時期の図が、とても分かりやすく、ためになりました。知らないままだったら、「進角すればトルクアップ」と信じこんでたかもしれません。ありがとうございます~。(^o^)
コメントへの返答
2010/08/14 10:16:12
まあ、おおよその場合は、ノッキングする手前までは「進角すればトルクアップ」なんですけどね~
2010/08/14 11:43:17
こんにちは♪ 初コメです。

点火時期のグラフ勉強になりました。
ちょうど、くしくもNOS装着を目論んでおり、
制御はTRUST アルティメイトなんですが、
点火時期を2度程遅角させようと考えていたのが
このグラフで納得です。
ECUは苦手というかまったくダメなので勉強に
なります<(_ _)>
コメントへの返答
2010/08/14 12:26:06
コメントありがとうございます!

NOS、書かれてましたね~。楽しみです。

NOSのように過激なものの投入だと、
「ノッキングが出たら遅角させてみる」
では間に合わないかもしれないですね。
「とりあえず十分に遅角させておいて、問題なければ進角させて行く」
方がベターかもしれませんね。
2010/08/14 12:31:30
こんにちは♪
自分もこの記事が目にとまり、買いましたよ。
で、正直、この記事は疑問です。点火時期を
進めるほどパワーが出ると言うのは、違うんじゃ
ないかと。素人考えですが、ある時点を過ぎると
パワーは落ちる方向だと思っているのですが、
違うのかなあ?
コメントへの返答
2010/08/14 12:43:21
"もちろんエンジンの基本として点火時期を進めるほどにパワーが出てくる"

というのは言葉のあやだと思うんですが、正直、かなり寒いこと書いてるなあ・・・・と思いました。
書籍になると、みんな鵜呑みにしちゃいますからね。

> ある時点を過ぎるとパワーは落ちる方向

そのとおりですよ♪
2010/08/14 17:43:20
う~ん、かなり怖いです...
よっぽどエンジン特性を知ってないと、チャレンジできないですね。

話はちょっと変りますが、最近、欧州のエコチューン(?)は、低回転低負荷領域を思いっきり進角させてるみたいです。試しにあまりいじってなかった低負荷領域を変更してみましたが、エンブレがあまり効かず、スーと走る感じです。アクセル開けて、惰性で走って燃費向上させるためかなっと思います。日本向きではありませんね♪
コメントへの返答
2010/08/14 23:50:37
MBTを探るには、ダイナモ+ノックセンサという組み合わせになると思うのですが、なかなか・・・・


エコチューンですか。

エンブレは、燃料カットをどのタイミングで行うかが肝になりそうなもんですが、なるほど、燃料カットに入る前の低負荷領域(アクセル微量)でいかに効率よく走るか・・・というところでしょうか?
奥が深いですね。。。
2010/08/14 23:52:09
雑誌の文章なのでどこまで信用していいか分かりませんが、私なら絶対にやりませんね。

mistbahnさんも対抗して点火時期をドーンと進めてトライしてみてませんか(^_^;)
コメントへの返答
2010/08/15 07:08:55
やっぱり見解、共通ですよね。

> ドーンと進めて

そのうち下死点まで到達してしまいそうです(笑)
2010/08/15 01:19:35
確かにCTエボの4G63で、MIVEC無しの場合、点火時期をかなり進角させるのがセッティングの主流ですね。
エボⅩの4B11がどの位の耐久性を有しているか?は測りかねますが、”ノッキングが発生したときに、あえて進角させるのだという” だと燃調を増量しなければ間違いなくデトネーションが発生してピストンが溶けると思います。



コメントへの返答
2010/08/15 07:18:10
KOBAさんは元ランエボ使いですね。さすが、お詳しい!

スバルでの、インタークーラの容量UPなどで、ノッキングマージンを稼いだ上で、燃調を出力空燃比寄り(高負荷域はリーン方向へシフト)・点火時期進角狙い
・・・・・・・と違って、ランエボのチューニングではもっと積極的に燃料冷却してやる方向なのかなあ??

どちらにしても、”ノッキングが発生したときに、あえて進角させるのだという”は、それこそ一気にドーンと進角した上で、戻して行かないと、チョビチョビ進角させるとブローしますよね。
2010/08/15 20:35:46
こんばんは。いつも参考にさせてもらっています。まだまだOpenECUの初心者ではありますが、自分が考えていることを書かせて下さい。

インプレッサのSTIに限って言えば、GDBのD型でかなり点火時期詰められて以来、それ以降のモデルでは点火時期がどんどん遅角されているようです。GRBと比べるとある領域で10度以上も遅角されているなど、相当遅角されています。

それを考えると、ノッキングが発生したときに敢えて進角させるというのはかなりナンセンスのように感じてなりません。

自分は、わざと基本点火時期を遅角させてECUの判断でKnock Correction Advanceの進角点火時期に頼るようにしています。基本点火時期を進めてこのセッティングによってノッキングが起きるんじゃないかとピリピリしながらログをとるよりもKnock Correction Advanceに任せている方が、自分としては安心できると思っています。ECUが自身でMBTを探って進角させてくれるわけですから。

ECUが賢いので、例え思いっきり進角させたとしてもECU判断で遅角させられているんじゃないかなぁと思います。(このエボⅩの例が純正ECUの例なのかはわかりませんが・・・)今の賢いECU相手に、少し前までの「点火時期進角=出力UP」という図式はそのまま当てはまらないのではないのでは・・・と考えています。たった1回のノッキングでエンジンブローという可能性もあることですし・・・自分にはそんなことできません・・・


長文失礼しました。何か間違っているということがあったら教えて下さい。よろしくお願いします。
コメントへの返答
2010/08/15 21:30:09
コメントありがとうございます。
GDBの内外装、めちゃカッコイイですね!

GDBは、ノッキングマージンが足りないのか、過度な燃料冷却も特徴ですよね。

ノッキング発生時に進角させるのはナンセンスだと思いますが、それでも点火時期を進められるのは魅力がありますね(効率UP、排気温度低下)。

> 自分は、わざと基本点火時期を遅角させてECUの判断でKnock Correction Advanceの進角点火時期に頼るようにしています。

私もノッキングが生じやすいエリアでは、Base Timingを少なめに、Advanceを多めにしております。

ただし・・・

> ECUが自身でMBTを探って進角させてくれるわけですから。

ECUは、ノッキングが生じたときに、ノッキングが発生する○○rpmの○○g/rev域のみを遅角するよう、Fine Leaning Knock Correctionマップに学習されます(LearningViewなどで学習状況を見れます)。

ところが、ECUには進角させていくような学習は存在しないので、わざとBase + Advanceの点火時期合計を遅角させていると、それ以上のパフォーマンスは得られません。(常時FailSafeになってしまうようなもので、エンジンの効率低下)

なので、残念ながら、MBTを探るのは、チューナーにより、ジワジワとTiming Advanceを進めていって、ログやLearningViewなどによるFLKCマップを見ながら、進めすぎたところを遅角化させるしかないのです。

> ECUが賢いので、例え思いっきり進角させたとしてもECU判断で遅角させられているんじゃないかなぁと思います。

Fine Learning Knock Correctionの学習マップがすごく細かければ、この手法が理想的ですが、FLKCマップはかなり大雑把なので、遅角方向の学習頼みにするのも、あまり・・・なのかもしれません。
「-1.4程度までのFLKCであればOK」という意見も多いので、まんざら悪い方法でもないようです。



もっとも、ブースト、燃調、バルタイと点火時期はトレードオフで、圧倒的な中間加速を得るにはバルタイ、ドカンとパワーならブーストアップ・・・だと思うので、何を重視するかで点火時期を遅角するのはアリだと思います(それでもログのノッキングと相談しないと、ロスがもったいないと思います)。

ブーストアップ=排気温度上昇、点火時期遅角=排気温度上昇・・・ですので、その両者を適用する場合、メタキャタを投入しないと、純正触媒がヤラれてしまう・・・というアドバイスを有識者に頂いてます。
2010/08/15 22:11:25
なるほどです!!!
確かに自分のセッティングはマージンを残したセッティングになっています。どうしてもまだ知識不足、経験不足というところがあるので、詰めるセッティングに踏み込めない状況です。自分にできないことは、ECUにある程度まかせようというのが今の方向性ですwww
でも、現在のセッティングではFBKCもFLKCも0を指しているので、色々と調べて少しずつ詰めていきたいなぁと思っています。

ですから、こうやって教えていただけると、ものすごく勉強になります。ありがとうございます!
コメントへの返答
2010/08/15 22:15:14
ノッキングを確認しながら点火時期や燃調セッティング・・・はセオリーですが、軽微でもノッキングを嫌う気持ちは良くわかります。
私も以前は、軽微なノッキングを嫌って、どんどん燃調を濃く(特にTip-in Enrichmentや、CL/OL Fueling)していた時期があります・・・・・が、メーカ純正ROMも軽微なノッキングは容認されているのが実情ですね。

こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。いろいろ教えてくださいm(u_u)m
2010/08/17 18:13:47
はじめまして。

私もROMチューンをやるのですが、
ちょっと信じられない記事の内容です。
上のほうでも仰られてる方が居ますが、
進角しすぎはデトネーションの恐れがありますし、
増量してしまうとエンジンフィールの悪化してしまい
結局セオリーどおり遅角の方が速いと思います。

最近のエンジンは高圧縮でも可変バルタイの効果で全体的に進角気味なのは納得なのですが、
ホントにこんな話ってあるんでしょうか・・・
コメントへの返答
2010/08/17 20:41:57
はじめまして。コメントありがとうございます!
ちぃさんもですが、E46にはECU使いの方って結構いらっしゃるんですね~

> 進角しすぎはデトネーションの恐れが

どれだけ進角させるか、難しいところですよね。
下手うつと、一気にブローですし。

> 増量してしまうとエンジンフィールの悪化

もともとの点火時期が遅い場合は、進角させてやった方がフィーリングは良いと個人的には思います。
進角するとシャープになる感じ・・・です。
でも、進角しすぎたりすると、燃調リーンに振ったときのように、シャープを通り越してカリカリしますね。

> 高圧縮でも可変バルタイの効果で全体的に進角気味

そうですね。
私もハイブースト領域は、あえてバルタイで充填効率を落としてノッキングマージン稼いでます。
成功してるかどうかわからないですが・・・


やっぱり誰に聞いても危ない感じのチューンですよね。「ノッキングが生じたら点火時期進角」・・・

またいろいろ教えてください!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】【軽量化】助手席シートベルト撤去と、車検後の内装復旧 http://cvw.jp/b/242406/39993739/
何シテル?   06/25 22:07
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
8335あっちゃん8335あっちゃん * MDiMDi *
澤 圭太澤 圭太 * C.A.MC.A.M *
t-shint-shin * Wolfman JunkWolfman Junk *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.