• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2010年10月18日

チューニングステップと「わかる」ということ

音楽なんかやっていると、いろんな「聴くための耳」ができたりする。

良く知られているのは「絶対音感」だけど、その他にもいろんな「聴く耳」がある。

例えば、耳ができていない頃は、バックトラックが一塊にしか聴こえないものが、各楽器ごとに分離して聴こえるようになったり。

ひとつの音色について、「ああ、2[kHz]あたりを持ち上げてるな」とか「コンプレッサをかけるときにアタックを長めに取ってるな」とか、わかるようになったり。
バスドラムのビーターの硬度とか、エレキギターやベースのピックアップの種類を推測できたり。




で、クルマの話。



私はもともと試乗マニアで、かなり多くのクルマを味見してる方だと思う。
最近は、ノーマルの市販車があんまし面白くなくて、試乗趣味はすっかり落ち着いたけど。

試乗→感想・・・の繰返しでも、少しずつ、わかることが増えていく。

直4、水平対抗、直6、V6・・・などエンジンのレイアウトによる違いだとか。
駆動方式での違いだとか。
同じベースエンジンでも、車種によってかなりクオリティが違ったり(マツダ)することとか。


ただ、大雑把に「エクステリア」「インテリア」「エンジン」「足回り」ぐらいの分解しかなかなかできなかった。





ワンステップずつ、自分のクルマをイジってきて、「一台のクルマ」の仕様をあれこれ変更していくことで、いろいろ見えてくる。わかってくる。

・吸排気系を変えると・・・
・フライホイールを軽量にすると・・・
・点火時期を進めると・・・
・燃調を濃くしたり薄くしたりすると・・・
・バルブオーバーラップを増やすと・・・
・タイヤがハイグリップラジアルになると・・・
・スプリングを硬くすると・・・
・フロントとリアの減衰を変更すると・・・・
・LSDを機械式にすると・・・
・軽量化すると・・・
・リアウイングの角度をキツくすると・・・
・ブレーキパッドの材質を変えると・・・

・・・などなど。



わかってくると、他所のクルマに乗っても、ある程度、見えるようになってくる。

・トルク感が何によるものか・・・
・高回転に向けての吹けの良し悪しの理由・・・
・エンジンのレスポンスの理由・・・
・サスの「硬い・柔らかい」と「トラクション」を分けて感じたり一緒に感じたり・・・
・トラクションの良し悪しがタイヤなのかデフなのかサスなのか空力なのか・・・

正解かどうかは不明だけど、ある程度の推測は可能になってくる。
音楽で言うところの「各楽器ごとに分離して聴こえる」ようなイメージ。




・・・と同時に、評価の難しさもわかってしまう。


「エンジンのトルク感」ぐらいにしか評価されてないものは、もちろん減速比を含んだ体感なのだが、それを含めて一緒くたにしかなかなか評価できていないのが、多くのレビュワーの現実だと思う(私を含む)。

更に、実は同じエンジン、同じ減速比でもトラクションの効き方で、ずいぶんのトルク感が変わってしまうことも、先日LSDを交換して思い知った。

かつて「エンジン」として評価していたものは、補記類やドライブトレイン、更には車重などを含めた総合評価だったことを、以前から理屈ではわかっていたつもりだったが、よりリアルにわかってきた。



以前は「足回り」と大雑把に評価してきたものも、サス、タイヤ、LSD、ボディなどが複雑に絡んでいる。
サスペンションだって、かなりいろんな要素があること、今では良くわかる。

バネレートだって、レバー比もあるし、同じバネレートでも車両重量の違いで固有振動数も変わるわけで・・・・。




乗ったクルマを評価する上で、体感をいろんな要因に分解・推測できるようになるのは面白いことだし、評価の難しさを思い知ることも素敵なことだと思う。

ただ、こういうことがわかればわかるほど、世の自動車評論家って実際どーなんだろ??と思えてくる。

もちろん、テストドライバーの経験をもつ人や、レーシングドライバー上がりの人もいるのだろうけど。
そういう経歴をもたない、ただ単純に「多くのクルマに乗ってます」な人に、どれだけのことが評価できるのだろうか??と思ってしまったりする。

いや、いいのか・・・・・。そっちの方が。
コンシューマと同じ目線での評価となるし。
提灯記事を書くには関係のない話だし。





そんなこんなを考え出すと、過去の自分の拙い試乗レビューをWEB上に残しておくのはいかがなものか・・・・とも思ってしまうが、稚拙なところも含め、その時期その時期の自分自身のレベルでの評価(=私自身も評価される対象)を残しておくのもやっぱり悪いことではないのかなあ・・・・とも思う。

なんか、この「わかる」というタイトル自体も、湾岸ミッドナイト風過ぎてちょっと恥ずかしいんだけど



●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | クルマ雑文 | 日記
Posted at 2010/10/18 23:29:00

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2010/10/19 00:19:20
>世の自動車評論家
何のために評価しているのかがポイントではないでしょうか。

>コンシューマと同じ目線
それを買って使う人の立場のコメントを期待しています。
コメントへの返答
2010/10/19 00:24:39
確かに、ですね。

読者の何割かは「購入検討」のために読むわけなので、どこまでそういうレビューを書けるか・・・は重要ですね。

私は購入の意思がないので、単にクルマ好きとしてレビューを読むことになるんですが、最近はインプレの類は全然読まなくなっちゃいました。
2010/10/19 00:44:48
こんばんはです。

「わかる」って難しいですよね、いろいろな面で。

さらに人に伝えるとなると表現、捉え方、好み、経験で変わるのでなかなか難しいですし、、、
コメントへの返答
2010/10/19 02:48:15
ですね。

そもそも、「わかる」ことがそんなに重要なことかどうか・・・・も価値観ですしね。
2010/10/19 07:31:19
音楽にもお詳しいのですね!

過去の評価はのご自身につながるものなのでそれはそれで良いと思います♪

自分はチューニングでいうと丁度今やっているopenportでも
燃調を変えた時のフケ具合や、タービンが回り具合でも随分音量が違うので聞き分けてたりもします。

コメントへの返答
2010/10/19 12:08:23
もともと音楽屋だったんです。
現在は180°方向転換してますが(笑)

燃調は体感でわかりやすいですね。
濃ければもっさりブヨブヨしますし、薄いとカリカリちょっとイヤな感じしますし。
2010/10/19 10:37:04
( ゚Д゚)ポカーン……

ワタクシはどうにも直感的すぎて…
基本的には「~のハズ」ですからw
理論や理屈はあとからついてくると思っているので…
ノ(*´Д`)オハズカシイ

音楽耳でいくとわかってくるにつれて自分の好みをぶつけはじめたりw
なもんで、ハマった音に出会うとすぐに一目惚れしてしまう…みたいなw
コメントへの返答
2010/10/19 12:10:24
いや、直感OKでしょう。

あれこれ理論的に考えてみるのも面白いですが、冷静になるとちょっとサブい気もします(笑)

音楽は恋愛みたいなもんですね。

好きなものの評価は難しいですが、嫌いな音楽がなぜダメなのかは理論的に語れます(笑)
2010/10/19 12:52:29
『わかる』っと云う過程が楽しいですね。。
その楽しみを求めて車弄ってるのかな~(・・?))
コメントへの返答
2010/10/19 15:12:33
そうですね!

私は運動神経が悪く、スポーツ走行自体を最重要視しているタイプじゃないので、余計かも・・・です。
2010/10/19 14:40:22
mistbahnさんの感覚で「わかる」ことだと思い
ますので、読む方々はあくまで参考情報として
考えるべきだと思います♪

mistbahnさんの直感的なインプレや理論的な
裏づけを意識した批評がとても肌に合うので、
いつも参考にさせて頂いてます!

車って音にしびれたり、
パワーに感動したり、
オープンで車の違う喜びを知ったり・・・

感覚に訴える工業製品ですから、素晴らしい
と思うので、人様の論評はその自分の勝手な
妄想や楽しい想像を拡張してくれるものだと
思っていますwww(長文・謝)
コメントへの返答
2010/10/19 18:23:24
褒め殺しですね(笑)

はじめのうちは、自分の感性・自分の言葉で言いたいことを書いてたんですが・・・・
最近は試乗させてくれるディーラーさんの事情とか、同じ車種に乗ってる方の気持ちとか、いろいろ考えてオブラートに包みがちです(残念)。
アクセス数もかなり多くなっているので。


多種多様な工業製品の中で、クルマほど「体感」を論じられる商品って、確かにほかにはないですよね。

空気を吸って、燃やして、出す。
地面をつかむ、蹴る。
生き物に近いんですよね~
2010/10/20 16:06:47
遅コメ申し訳ないです。

走らせる環境や楽しみ方などは人それぞれですから、車を評価するというのも千差万別だと思っています。自動車評論家の意見を鵜呑みにする人はいないと思いますけど、中には信じて買ってしまう人もいるんでしょうね。


パーツを変えていくことで評価が難しくなるのは至極当たり前のことだと思いますよ。

今まで持っていた基準が変わっていき、それに合わせて比較する対象や視点なども変化していくので、少なからずともズレが出てきます。
ゴールは同じですが、さまざまな要因が絡んでくるので、うまく到達できないような感覚が出てくるのではないかと思います。
コメントへの返答
2010/10/20 17:04:41
いえいえ、いつもありがとうございます(^_^)

ホント、人それぞれですよね。
レガシィ1車種でも、オーディオ派、LEDなどドレスアップ派、シャシダイパワーチェック派、サーキット派、アウトドア派・・・などいろいろですから。


先日と同じ話になっちゃいますが、チューニングが進むにつれ、
「ああ、スペCのトラクションは070だけじゃなく機械式LSDがかなり効いていたんだな」
と、振り返っての分析も可能となりますね。

そうやって過去に試乗したクルマを振り返ると、やはりポルシェは良くできてると思うんですが・・・・
ノーマルで出来すぎのクルマは、改造趣味の私には物足りないかもしれません(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そういえば、みんカラは「not お友達 but 相互・Myファン」な方々が多かったんだった。。。私にとっては「お友達公開」にも問題があるのだな。。。」
何シテル?   06/21 22:30
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
おぬまおぬま * チェロ.チェロ. *
nori--norinori--nori * こさとうこさとう *
Wolfman JunkWolfman Junk * toto@雨神toto@雨神 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.