• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2011年11月28日

【書籍】クルマニホン人

【書籍】クルマニホン人 読書感想文が続くのは、昨日(日曜日)、ビッグプロジェクトが一段落した反動で熱出して寝込んでたから。

■クルマニホン人

著: 松本英雄
出版: 二玄社(2011/6)


これも図書館で借りてきた。


タイトルは「クロマニヨン人」とかけてるらしい(冗談ではなく)。


趣旨を要約すると、

「日本車・日本のメーカにはこういう悪いところもあるケド、歴史上、こういうステキなクルマをリリースしてきた。日本車・日本メーカ・サプライヤーには素晴らしいところがたくさんあるので、頑張っていこう」

・・・という感じ。
テーマは個人的にはとても退屈。



文章はひとつひとつがとても短く(2ページぐらい。しかも字も大きい)、清楚にまとめられていて非常に読みやすい。
短くまとめることが苦手な私にはできない芸当で、感心するとともに、「ああ、文系だよな、コイツ」と思ったりも。
どうも私は「まとめること」よりも「感じたこと」「得ている情報」を「記録」として漏らさず書くことに執着があるようだ。




日本の歴史上のステキなクルマとして、

クラウン、スバル360、デボネア、ハイエース、センチュリー、コスモスポーツ、117、レオーネ、CVCCシビック、シャレード、シティ、アスカ、R32 GT-R、ユーノス・ロードスター、NSX、ユーノス800、ワゴンR

・・・が紹介されている。
それぞれ2ページずつ。
たった2ページの中に、あれこれ詰め込むのではなく、そのクルマのエポックメイキングな特徴を「ひとつだけ」書いている。

たとえば117だと「デザインだけが素晴らしい」。
たとえばCVCCシビックだと「マスキー法を世界で最初にクリアしたクルマ」。
たとえばアスカだと「NAVi-5(今で言うAMT)」。

いろいろ情報を詰め込むと、結局読む気も失せるし、後から内容も忘れがちなので、これだけシンプルに各モデルの特徴を絞っているのは、「アリ」だと思う。



ただ、あくまで「クルマを全く知らない人向け」な紹介のあり方であり、クルマヲタには「ああ、知ってるよ」という内容が多いので、やはりちょっと退屈だ。


じゃあ、クルマに詳しくない人にオススメかというと、これも微妙。
クルマ音痴には、その車種のエポックメイキングな部分の紹介と合わせて、魅力的な写真の掲載が必須だと思うのだが、写真は白黒の全体写真(「間違いだらけの~」レベル)しかない。



結局、この本はサラリと1時間ぐらいで読めてしまう本なのだが、それ以上にはなりえないのだ。
立ち読みで済ますならアリかな。
でも立ち読みで済ますなら私なら雑誌の方が面白いと思う。



古いクルマをたくさん取り上げているのと、「クルマを知らない皆さんに私が教えてしんぜよう」的な臭いがプンプンするので、かなり年配のライターかと思ったケド、1966年生まれ。
まだ45歳。

・・・・なんかウザい。



「震災に負けず、がんばろう日本!」という趣旨で書いたつもりだと思うが、私には全く響かなかった、存在意義の見いだせない一冊。



●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2011/11/28 22:26:23

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2011/11/28 23:17:39
 >どうも私は「まとめること」よりも「感じたこと」「得ている情報」を
 >「記録」として漏らさず書くことに執着があるようだ。

分かります。 私にもその傾向があると思うので。(w

例えば、整備なんかの情報をネット上で探すと、
詳細が端折られて 「まとめ」られた作業内容と、
「結果」を示した写真が 2~3枚あって終わり。

・・・みたいなページって、その方の日記的な記録(正にブログ)としてはもちろん良いのですが、同じ作業をしたいと思っている自分なんかの役には立たなかったりして・・・

検索して、知りたい事について
詳しく書かれてたりするページを見つけると、
嬉しくなる私・・・(^_^;)
コメントへの返答
2011/11/28 23:42:31
仕事で客先や協力業者との「言った言わない」の揉め事回避や、トラブルシューティングにおける覚書・・・などの習慣が影響している・・・とも思えますが・・・
・・・いや、私はたぶん小中学生の頃からこうだったとも思います(笑)


ただ、「結論」に至るまでの過程が長すぎるのも日本人的でダルな文章になりがちなので、本当は刑事コロンボ調に、先に結論を提示してから、過程を紹介・・・が良いのかなあ・・・と思います。
2011/11/29 01:11:14
バリバリ文系のTeruzoです(笑)
でもこの手の本はきちんと説明するより、
書き手の感覚で書いて欲しいものですね。

でも…
わかっちゃいるけど、どうしても汎用的
文章を書いてしまうのが文系ライター。

古い車図鑑化する…なんかわかるなぁ。
(-_-;)
コメントへの返答
2011/11/29 07:37:09
本文は文系を否定するものでは決してございませんので(笑)

「汎用的文章」って表現、ハジメテ見ましたが、的確な表現ですね。

良く、「ライターが本当に言いたいことを読み取れ」とか言われるんですが、この人の「本当に言いたいこと」は読み取ってもツマラナイ気がします。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.