• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年07月25日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.67~ハイブリッド再定義~

【書籍】Motor Fan illustrated vol.67~ハイブリッド再定義~ ■Motor Fan illustrated vol.67~ハイブリッド再定義~

出版: 三栄書房(2012/05)

もう一年以上前の号になるのか・・・・。

義務感で購入し、なんか2~3か月かけて少しずつ読み、読み終えて、感想文を書かないまま書棚に並んでしまっていた。

割と最近の号の印象だったが、1年以上も前の号なので、新型アコード・ハイブリッドのi-MMDや、スバルのリニアトロニックHVなどは登場しない。

そう思うと、本誌以降の、この一年間はハイブリッドというジャンルで、久々に大きい「新型」が複数リリースされたとも思えるな。



●ハイブリッド再定義

Motor Fan Illustrated vol.2(2006.11)が「ハイブリッド車の実力」という特集号だった。
懐かしい。。。

当時は、良くワカランなりに、一生懸命読んだもんだ。
(ちょうど「みんカラ」を始めたl頃だったが、まだ読書感想文を書く習慣がなかったので、vol.2についてのブログエントリは存在しない)

vol.2から5年半が経過した2012年5月時点での、各ハイブリッド方式のおさらいと、各社の代表的なハイブリッドシステムを紹介したのが本号。

この6年間ぐらいで、私自身のハイブリッドについての知識レベルがUPしていることもあり、かなり読みやすく、わかりやすい印象。

・・・とともに、「あまり進化してないな」という印象も。
それだけ、初代プリウスのTHSが最初から立派だった、という評価にもなるのだが。



・2種類の制動力を組み合わせる



回生ブレーキ(※電動機による発電を減速に利用するブレーキ)とメカブレーキ(いわゆるキャリパ+ロータ)の協調制御の解説。



実は、社用車のGS450h、THSの回生ブレーキが壊れたことがある。



ブレーキペダルを踏んでも全く減速しない領域があり、ある程度まで踏み込むと急にガクッとメカブレーキが効く状態で、かなり怖い挙動だった。
正直、あってはならないトラブルだと思う。

GS450hのバッテリーの寿命が近づいたときには、ナビ画面に

「ただちに安全な場所に停車し、レクサス販売店へ連絡してください」

という、3画面にわたる大げさな長文メッセージが表示されたのに、回生ブレーキのときは、インパネに「エラー」的な単文メッセージが表示されるだけだった。

2006年のクルマとは言え、これはちょっとどうかと思った。



なので、本誌のこの特集は興味深く、少し乾いた笑いとともに読んでしまった。



・プジョー iOn/シトロエン C-Zero



プジョーオーナーだケド、そんなにコアなプジョーファンではないので、三菱「i-MiEV」がPSAにOEMされているとは知らんかった。

ちなみにここで語るまでもなく、「i-MiEV」はEVであり、HVではない。



・アウディ・A1-eトロン



レンジエクステンダーEVなのだが、レンジエクステンダー用のエンジンはシングルローターのロータリーエンジンとのこと!

そもそもロータリーエンジンはマツダが開発したモノではなく、昔ドイツに存在した自動車メーカ「NSU」が開発したモノ。

で、NSUは吸収合併され、今はAudiとなっている。
(※1985年にアウディの子会社としてNSU GmbHが設立されているらしいが、詳細は不明)

そういった歴史を考えると、Audiがレンジエクステンダー用のエンジンとしてロータリーを採用したのがなんだか楽しい気持ちになる。

ロータリーは「もっとも効率の良い回転数」で回したら、レシプロより効率がよかったりするのだろうか?
マツダですら見限ってしまったロータリーがここで使われる理由を知りたいところだ。


・ホンダ IMA


↑展示会で撮影したカットモデル

パラレルハイブリッドの代表選手。

電動機まで内製しているのがホンダらしいところ。

IMAにはエンジンと電動機間にクラッチがないため、減速時にエンジンブレーキも働いてしまい、回生効率の悪い・・・などのネガが最初からわかっていたレイアウト。
そのネガを少しでも解消するために、気筒休止などを積極的に利用している(ポンピングロスの低減)。


本誌には、

"エンジンのクランクシャフトの延長上がモーター/ジェネレーターのローター軸となる構造を利用して、ホンダは音振面での改善も図った。不可避に起きるエンジンのトルク変動に対して、どの変動と逆の起動力をモーターに発生させてこれをキャンセルするのである。"

と記載されており、「そんなことやってたんだ・・・」と驚いた。
BOSEがヘッドフォンなんかで得意とする、周囲雑音と逆位相の音を発生させてノイズキャンセリング・・・と似た発想だな。面白い。



来月(8月)に発売予定の3代目フィットからは、エンジンと電動機の間にクラッチが追加され、IMAのネガが解消される。
DCTと組み合わされるモデルもあるので、楽しみで仕方ない。



●まとめ

さて、スバルのリニアトロニックHVと、来月発売のFitハイブリッドの試乗にはいつ行こうかな。



●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2013/07/25 23:31:21

イイね!0件



タグ

この記事へのトラックバック

【書籍】Motor Fan illus ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/08/31 22:55
【書籍】Motor Fan illustrated vol.57~ブレーキのテクノロジー~ 出版: 三栄書房(2011/07) 2011/07なので、2年ほど前の号(ちょうど、レガシィを失って、 ...
ブログ人気記事

おしゃべり
1・2・3・○○!!さん

懐かしい あぶ刑事
ミナミナさん

北海道2日目#2:ニッカウヰスキー ...
タビトムさん

魔王ゾーマ討伐!的【洗車DE肉体改 ...
にん肉まんさん

ステッカー貼り替えと公式ショップの ...
苺野しずくさん

全日本ラリー選手権第7戦 RALL ...
TEINさん

この記事へのコメント

2013/07/26 12:23:18
昔なロータリーUserが通ります(笑)

ロータリーはシャフト一回転でレシプロ単気筒より工程が二倍になるのと
単位排気量あたりの出力が大きいので排気量を小さくできるのがメリットですね^_^

あとは圧縮比が小さいのでいろんな燃料でも対応出来る
本当か嘘か灯油でも走れるなんて都市伝説も(笑)

とメリットたくさんかきましたが

バイクの2ストが淘汰されたように
レシプロの進化が凄くなってきているわけで
昔ほどレシプロよりも有利な面がなくなったと言うのが現実だとおもいます

なんせロータリーは実質一社
レシプロはその他大勢^_^
開発力が違いすぎます

これがレシプロ並みにいろんな会社が開発していれば今頃は素晴らしいロータリーエンジンが誕生していたかもしれませんね〜

ロータリーのセブンが出たら絶対に乗り換えたいのですがね〜^_^

ハイブリッドとは全然違う話でした(>_<)
コメントへの返答
2013/07/31 23:48:23
畑村氏によるとロータリーの欠点は

欠点1: 燃焼室が偏平で細長い形をしていることに加え、プラグが奥まったところに配置されているため、プラグを2本使っても火炎伝播による燃料速度が遅く、熱サイクルの効率低下

欠点2: 燃焼室が偏平なために表面積が大きく、冷却損失が大きい

欠点3: シールの問題。ピストンリングと較べ、漏れが大きい。


・・・とデメリットをたくさん書きましたが、エンジンはロマンだと思います!

私はノーマルのRX-8しかロータリー体験していないので、ロータリー信者じゃないのですが、一度、極まったロータリーターボを体験してみたいです。
2013/07/26 20:33:18
myckm(masa)さん
ロータリーはシャフト一回転でレシプロ単気筒より工程が二倍になる?
(*゚ω゚?)
レシプロ(4スト)は2回転で1回の爆発
ロータリーは1回転で3回の爆発
ならロータリーは6倍じゃないの?
(´・ω・`?)
考え方が違うのかな?

後、灯油でも走れるのはSA22Cのセブンまでじゃないかな?
(;^ω^?)
走ると言っても白煙モゥモゥで遅いですがね…(笑)
(;^ω^A)
お酒でも走るとも言われてましたね(笑)

おっと…コメントを残す相手を間違えてしまった(笑)
(;゚ω゚A)
コメントへの返答
2013/07/31 23:50:38
myckm(masa)さん
ナルたんさん

×: 工程
◯: 行程

ですね。

ロータリーも「行程」で言うと、4ストロークらしいですね。

ググってみてくださいまし。
2013/07/27 08:55:27
ナルたんさん
ローター一回転ではおっしゃる通り三回爆発です
そしてエキセントリックシャフトは3回転します


エキセントリックシャフト一回転で一回爆発
対してレシプロはクランクシャフト二回転で一回爆発

シャフトの回転が車の動力に直結しますので二倍とかいたのですが^^;わかりづらいですね

灯油に関しては私は経験ないし見たことないので都市伝説とかきましたが(笑)
本当に走るんですね〜びっくりです

すみません
mistbhanさんすみませんコメント欄使わせていただきました
コメントへの返答
2013/07/31 23:53:11
「エキセントリック」・・・

wikiによると、

"人の性格を形容する言葉としてのエキセントリックについては「奇人」「不思議ちゃん」を参照"

とのこと。

「奇人の心棒」
「不思議ちゃんの心棒」

ロマンだ!!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「石鹸水で確認したケド、パンクはしていないみたい。明日の鈴鹿はこのZ3と、予備で古いZ2STARで臨みます」
何シテル?   09/23 12:56
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
229 人のお友達がいます
Racing ToraRacing Tora * 澤 圭太澤 圭太 *
t-shint-shin * es355es355 *
エクボ屋 秀エクボ屋 秀 * Tatsuya.Tatsuya. *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.