• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年08月31日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.57~ブレーキのテクノロジー~

【書籍】Motor Fan illustrated vol.57~ブレーキのテクノロジー~ 【書籍】Motor Fan illustrated vol.57~ブレーキのテクノロジー~

出版: 三栄書房(2011/07)

2011/07なので、2年ほど前の号(ちょうど、レガシィを失って、死ぬ気で貯金してビートを購入した貧困期で買わなかった号)を、今更ながらに購入。

※特に最近ビートのフロントブレーキを交換したから・・・というワケではなく、1ヶ月ほど前に本誌は勉強のために購入。



●ブレーキディスクの冷却

「ベンチレーテッドディスク」も、ディスクラジアル方向(外周)から見ると、どれもこれも同じような形(放熱孔が並んでる)をしているのだが、その放熱孔に至るまでのディスク内部の冷却フィンの形状は、車種・・・というかブレーキロータによっていろいろなんだな。



写真はAudiの例で、

左: Audi A6用。"「ピラー型」と呼ばれる、放熱性に優れた形状"

中: Audi A8用。"2ピース構造のA8は「スパイラルフィン」と呼ばれる形状で、ハット接合部からダイレクトに空気が流れる構造。"

右: Audi R8用。"より複雑な構造で空気流量を大きく確保する。"

・・・とのこと。
面白いな。



以前レガシィB4で使っていたDIXCELのプレーンディスクローターPDはまだ持っているので、どんな冷却フィン形状なのかカットモデルを作ってみようかな。(かなり大変そうだが・・・)



※ちなみにビートのディクセルPDは同じ銘柄だけどベンチレーテッドじゃなかった(こさとうさんのコメントで気づきました。ありがとうございました)



●ブレーキディスクの軽量化

これは以前から興味のあるテーマ。

ディスクとハット部を別素材とする「2ピース構造」はひとつの手法だケド、やっぱりその他の手法だとディスク材料自体の変更になってしまうようだ。



一般的なブレーキディスクはダクタイル鋳鉄(FCD)、ねずみ鋳鉄(FC)だが、これに対してセラミック、カーボン複合素材・・・・となるらしい。
当然高価。



私は加減速における必要トルクの観点から、「重量」よりも「イナーシャ(回転慣性モーメント)」の方が気になっていたが、どちらかというとブレーキの軽量化はバネ下重量軽減を目的とされている模様。




●最新ブレーキ図鑑



基本的に1000万円以上の高価なクルマのものばかりで、私には無関係だが、無関係なりに、まあ、カッコイイので楽しんで眺めることはできる。





●アイドリングストップ対応ブレーキ



私はこういうモノの存在と必要性を知らなかったんだケド、

"(アイドリングストップ時に)エンジンが切れると通常の真空ブースター式ブレーキは圧力を保持できない。そこでアイドリングストップ機構と協調する制御が開発された。"

とのこと。

要は、アイドリングストップ時にブレーキ圧の立った状態でバルブを閉めてしまう・・・という制御っぽい。
なるほど、確かに必要だろうなあ・・・。



●Regenerative Brake System



ハイブリッド車などの電動機の回生ブレーキと、油圧式ブレーキの協調制御についてここでも紹介されているが・・・

先日のブログエントリ 「【書籍】Motor Fan illustrated vol.67~ハイブリッド再定義~ 」 で書いたように、以前にLexus GS450hの回生ブレーキが故障して怖い目に遭ったことがある。(※詳細はリンク先にて)

もっとFailSafeな機構をシッカリして欲しいところだ。




●書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2013/08/31 22:55:07

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2013/09/01 07:34:56
私が昔検討した時はディクセルのフロント交換ローターはソリッドだったんですがいつの間にかベンチレーテッドになってたんですね。
あの厚みの中に張り合わせだと剛性が心配かも
コメントへの返答
2013/09/01 07:46:36
ソリッドでした。ゴメンナサイ(-_-;)
本文修正しました。
ご指摘ありがとうございます。

レガシィのとき使っていたPDがベンチレーテッドだったので、先入観でベンチレーテッドのような気がしてたんですが、写真見なおして、「ゲ、ソリッドだわ・・・」と(笑)

確かにベンチレーテッドにするにはもっと厚みがないとツラいですよね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.