• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年10月15日

【PP1】【サーキット】2013.09.29 鈴鹿フルコース Part.8 走行ログ分析 200R~250R~スプーン

【PP1】【サーキット】2013.09.29 鈴鹿フルコース Part.8 走行ログ分析 200R~250R~スプーン 鈴鹿フルコースの各走行分析ブログのコメント欄でいろいろご教示頂いており、誠にありがとうございます。

特に昨日のブログエントリ「【PP1】【サーキット】2013.09.29 鈴鹿フルコース Part.7 走行ログ分析 ヘアピン」では、とても勉強になるたくさんのコメントありがとうございました。

加速で他車に置いていかれているのをマシンの問題にしてしまっている私でしたが、ログや車載動画を見ても自分では気づけなかった運転の問題を知ることができ、とても勉強になっております。

自分一人でログ解析せずに、みんカラにアップしている甲斐を感じることができ、非常にありがたく感じております。

この場を借りて深く御礼申し上げます。




烈ビートRD2 鈴鹿サーキット・フルコース 2013.09.29

走行ログ解析 第6段、200R~250R(まっちゃんコーナー)~スプーン編


GPSロガー: 747Pro
解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

走行動画はこちら


引き続き、

赤:2nd Best(3'17.817)
紺:Best(3'15.810)

の比較+αで思ったことをメモっていく。


いろいろごツッコミくださいまし。



■セッティング

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14
空気圧
 F: 冷間2.05終了直後温間2.20
 R: 冷間2.00終了直後温間2.18
 ※路面温度は普通

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

スプリング
 F:4kg/mm(BLITZ DAMPER ZZ-Rの標準品)
 R:6kg/mm(BLITZ DAMPER ZZ-Rの標準品)

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:12段戻し




■200R





2nd Best Lapがイン寄りのライン取りなのに対し、Best Lapが大外に膨らんでいるのは、後方から迫ってきた鯱ョ570さんにインを譲るためだった。

上図コースマップの△印、車速・加減速Gグラフのカーソル(グレー線)位置が、4速→5速のシフトアップポイント。
動画では↓位置。



200Rはアクセルベタ踏みで「どうとでも走れてしまう」だけに、どう走るべきかわからなかったのだが、タイヤが持つならやっぱり距離を稼ぐためにインベタを走るべきだったのかな。

5速シフトアップ後に加速がなだらかになっているのは、そこからまっちゃんコーナーに突入しているから。
アクセルはベタ踏みしていたので、タイヤのグリップを横方向にも使っているからと解釈すべき??



■250R(まっちゃんコーナー)~スプーン

※250Rはへっちゃらだったケド、スプーンが2つとも苦手です。



まっちゃんコーナー~スプーン1は、Best Lap2nd Best Lapも同一ライン、同一ブレーキング開始ポイント。
そこまでは一貫性があって良いのだが、車速ログを見てると、ブレーキング後は全く一貫性が無い

まっちゃんコーナーは「難所」「コースアウト、事故が多い」と事前に散々聞いていたのだが、アクセルベタ踏みでも特に危なげなく通過でき、「難所」の意味があまりわからなかった。
単にそこまでのアプローチが悪く、まっちゃんに至るまでの車速が低い・・・というのもあるのだが。

・・・が、走行動画などをご覧頂いて、「もっとインベタ」というアドバイスも頂いているので、次回はヘアピン脱出から、ほとんどコースの右端を走ってみよう。


●スプーン1つ目進入

上図コースマップの△印、車速・加減速Gグラフのカーソル(グレー線)位置が、ブレーキング開始ポイント。
ヒール・アンド・トゥで4速にシフトダウン。
動画では↓位置がブレーキング開始ポイント。



前を行く鯱ョ570さんのブレーキランプが点灯しているが、実は恥ずかしいことに、鯱ョ570さんのブレーキランプもこの瞬間に点灯している。
時間軸では「二人同時」にブレーキング・・・だが、こんだけ距離が離れている。
鯱ョ570さんとは、タイヤも何もかもが異なるとは言え、ブレーキングポイントはまだまだ奥なのだ。


私はこんなに手間からブレーキングしていても、ブレーキを残してのスプーン1つ目の進入が不安定。少し怖かった。
「ヨー方向が不安定」ということはわかっても、オーバーで不安なのか、アンダーで不安なのかの説明もできないのが情けない。
なんせ、私なりに「スプーン1を攻めれた」と思ったときは接地感がなく不安だったのだ。



●スプーン1つ目ボトムスピード位置





上図コースマップの△印、車速・加減速Gグラフのカーソル(グレー線)位置が、ボトムスピード位置。

ブレーキングをリリースしている位置はBest Lap2nd Bestも同一だが、2nd Best Lapの方がここではボトムスピードが高く、スプーン1だけで言えば、一旦前に出ている。



↑動画で見るボトムスピード位置。手前過ぎる??



●スプーン1つ目~2つ目の間



スプーン1のボトムスピード後の、GPSの車速・加減速Gログにおける、Best Lap2nd Best Lapの小山のズレは、ブレーキング位置の違い。(1本目ではここで3速にシフトダウンしたこともあったが、2本目の周回は4速で回っていた

2nd Best Lapの方がスプーン1から立ち上がってすぐに、ブレーキングに入っているが、Best Lapは少し後でブレーキングに移行している。

どちらが正解か不明。
スプーン1のちょい前から比較して、スプーン2の立ち上がりではどちらもほとんどタイム差がないので。

Best Lapのシフトダウン位置は動画の↓ココ。



私は鈴鹿フルコースの1~2コーナー間と言い、このスプーン1~スプーン2間と言い、「横Gがかかった旋回区間でのブレーキング+シフトダウン」がとても苦手


このスプーン2つ目も、ノーマルギア比・ノーマルファイナルの場合、その後の登坂のために3速に落とすか、4速のまま旋回するかは議論が分かれるが・・・?



●スプーン2つ目



スプーン2はひたすら「我慢のコーナー」って感じだった。

左側の縁石に沿って走りながらも、常にリアのグリップを気遣いながらのアクセルワーク。
「まだベタ踏みしちゃダメ」を反復しながらじっと我慢。
カッコ良く言えば「欧州式バランススロットル」のような定速状態。

それだけに、だいたい縁石の途切れるあたりから、アウト側の縁石に向かってアクセル全開するときはカタルシスがある。



↑ここからWOTに。



●まとめ

鈴鹿フルコースの中で、一番失敗しまくったのはシケインだが、一番苦手意識があったのはこのスプーン。

しかし、ログ解析しても、改善案があまり思い当たらない。(スプーン1のブレーキングが手前過ぎることがわかったぐらい)

皆様、どうぞ御ツッコミのほど、宜しくお願い致しますm(u_u)m



続く。



●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2013/10/15 12:37:47

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】2013.09 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2013/10/18 23:45
「烈ビートRD2 鈴鹿サーキット・フルコース 2013.09.29」 の走行ログ解析 第7段、西ストレート~130R編。 <a href="http://minkara.carview.co. ...

この記事へのコメント

2013/10/15 20:00:02
こんばんは。

まっちゃん後半で5速シフトアップ後の加速が鈍るのは、ちょうどその辺りが少し上りになっているからというのもあると思います。

まっちゃんのライン取りは、インべたがよいと思います。
アクセル全開でいけて、なおかつ、スプーン1個目のブレーキングでまっちゃんの最後の右コーナーの左荷重が残らずにまっすぐ入っていけるのであれば。
おそらくエンジンノーマルのビートですと、どちらも大丈夫でしょう。

スプーンは鈴鹿の中でも難しいコーナーのひとつですので、まだまだこれからだと思います。
最初はどこを走ったらよいかわからない方が多いのですが、ライン取りは悪くないです。

1個目のブレーキングで減速しすぎで、ブレーキポイントももう少し奥がいいとは思いますが、最初ですから仕方がないです。

1個目のクリップからアウトの縁石にかけては、少し加速するようなイメージです。
ただ、ローパワーのビートですと、実際にはあまり加速できないのですが。
そして、アウトの縁石前後で減速し、素早く向きを変える感じでしょうか。
2個目の立ち上がりにかけては、気持ちはなるべく早く全開にしたいのですが、実際は微妙なアクセルコントロールが要求されます。バンクがあまりないため、リアが出やすいです。また、イン巻きするとダメージが大きくなりますので、充分ご注意を。


コメントへの返答
2013/10/15 21:56:53
いつも詳細アドバイスありがとうございます。

確かにまっちゃん越えはちょっと丘越えみたいな感じですね。

今のところ、まっちゃんはベタ踏みでもラクラク回れているので、本当に「何が難所??」状態です。
次回はインベタします!


スプーン、難しいですね。。。

1個目のすり鉢状の進入も、1個目と2個目の間の横Gのおもいっきりかかった状態でのブレーキングも、シビアなアクセルコントロールが必要あ2個目も、全てが難しいです。

> アウトの縁石前後で減速し、素早く向きを変える感じでしょうか。

これは例によって、「素早く向きを変え」れてないと思います(笑)
ゆったり入ってる。。。

2個目のアクセルワークは、リアタイヤと相談しながら・・・・だったので、コレ以上はムリだと思いながら走ってました。
何か問題があるとすれば2個目のコーナーそのものよりも、進入までのアプローチだろう・・・と。


ああ、リベンジしたいです。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.