• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年02月28日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~ part.3

【書籍】Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~ part.3 ブログエントリ:「【書籍】Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~ part.1 V型関係ないケド、レヴォーグのFB16とFA20

ブログエントリ:「【書籍】Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~ part.2 林義正氏

の続き

■Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~

出版: 三栄書房(2014/03)


■V型エンジンのセオリー



"1) 点火のタイミングが等間隔であること"
"2) 複数のシリンダー間で、膨張工程にバランスをもたせること"


の2点について、V2、V4、V6、V8、V10、V12・・・・とそれぞれイラストで解説されている。

まだ私がみんカラで、書籍レビューを書いていなかった頃の、MFi初期のエンジン特集でも同じようなイラスト、解説があったので、「またか」とも思ったが、そこから7年ぐらいが経過しているので、「またか」も何もないよな。

V2、V4、V6、V8、V10、V12・・・・と同じことを解説されるので、クドい印象、情報量が少ない印象、退屈さがあるが、まあ、V型エンジンだけをテーマにすると、そういう編集になるのだろう。



クランク軸2回転=720°を気筒数で割った角度がV型エンジンの理想のバンク角と解説されている。

で、「理想のバンク角」じゃないV型エンジンに対しては、クランクピンオフセットを使って位相ずらしを行う・・・と解説されている↓



なんだかんだで、わかりやすい解説。





↑V8のページには、第三期ホンダF1のRA808Eの写真が掲載されていた。
2.4L V8。

2008年の「人とくるまのテクノロジー展」で展示されてたな、このエンジン。「earth dreams」カラーのマシンの横でガラスケースに入ってた↓







"気筒容積300ccで市販車なら6気筒を選ぶところだが、19000rpmを実現するためピストンスピードを抑える必要があり、極端な大径ボアと多気筒が選ばれる"

と書かれている。

気筒あたりの熱効率よりも高回転。やはり多気筒には多気筒のロマンがあるなあ。





■フラットプレーンとクロスプレーンの違い



V8のフラットプレーンとクロスプレーンについての、これもわかりやすい図解。

"振動面で理想的な90度スロー=クロスプレーンは、片側バンクだけに着目すると等間隔着火になっておらず、排気干渉が起きる。これが大排気量V8独特の「ドロドロ」音の原因なのだが、排気の抜けが悪く高回転になると支障が出る。これを解消する方策が180度スロー=フラットプレーンで、二次振動が避けられないが、それが問題とならないレーシングエンジンでは常識的な形式となる。"

知らんかった。深いなあ・・・。

(オチがなくてゴメンナサイ)





■日産 VR38DETT ~量産車がたどり着いた100ps per Cylinder 日産GT-Rの心臓 6年間の進化~



R35 GT-R、もう6年間も経つのか・・・・。

歳をとると年月が経つのが速いなあ・・・・(-_-i!|i )

GT-R発売前後に「Motor Fan illustrated 「日産GT-Rのテクノロジー」」なんて本も買ったなあ・・・。

ちゅうか、R32 GT-R登場時(中学生時代)にも、似たような本を購入したなあ。
「アテーサET-S」とか「スーパーHICAS」とか。
懐かしいなあ・・・。



登場時480psだったVR38DETTも、現行のNISMOバージョンでは600psらしい。

一瞬、「スゴイな」と思ったが・・・・、RB26DETTだってカタログスペックは280psだったが、600psぐらいは出せるエンジンだったので、1.2Lも大容量なVR38DETTが600psぐらい出せても驚きはナイよな。

RB26DETTの600psがピーキーでリスキーな600psで、VR38DETTの600psが「誰にでも扱える600ps」だとしても、20年以上が経ってるワケだし、1.2Lデカいワケだし。

・・・そう思うと、なんだかツマラナイ記事に思えてきた。







■ホンダ・J型60度V6エンジン ~VTEC、気筒休止、直噴・・・ アメリカ市場のために磨き上げたV6~



ホンダのV6には残念ながらこれまでの人生で縁がナイ(未体験)。

C型が2005年に生産終了。
J型は1996年に登場したらしい。

SOHC(※C型のときもNSXのみDOHC)、直噴、60度(完全バランス)、DI、気筒休止、VTEC・・・などが特徴らしい。
気筒休止の話が中心。

V6は完全に北米向けとなってしまっており、2013年にホンダはオハイオのエンジン工場に約208億円の投資をしたという。
V6を積む新型NSXもアメリカでの開発、オハイオ工場での生産。


私の友人のホンダの中の人の一人も、オハイオに転属した。
そんな経緯もあり、この記事自体が面白いのかどうかはさておき、

「ああ、コレをやりに行ったのか~」

と、「三人称」ではなく、「二人称」的な視点で興味深く読むことができた。


そう、私のレビューは偏見、色眼鏡で構成されているのだ。



・・・つづく。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2014/02/28 19:09:19

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】Motor Fan illus ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/03/02 21:56
ブログエントリ:「【書籍】Motor Fan illustrated vol.89 ~V型エンジン 最善の妥協~ part.1 V型関係ないケド、レヴォーグのFB16とFA20」 ブログエントリ ...
ブログ人気記事

🌟 平日のど真ん中に関西版PNO ...
naopeiさん

駐車違反の黄色いステッカー貼られま ...
ウッドミッツさん

当たりますように😊
あるからえくさん

雑誌掲載【660magazine】 ...
ゆっきー(o・ω・o)さん

懐かしい あぶ刑事
ミナミナさん

☆☆☆お勧め商品☆☆☆ エアコンフ ...
C-CLINICさん

この記事へのコメント

2014/02/28 19:34:01
1-8-4-3-6-5-7-2...
すぐ出てこなあかんっすw
コメントへの返答
2014/02/28 19:37:46
流石!

私は

・単気筒(横型、タテ型)
・直2
・直3
・直4
・水平対向4(笑)

しかほとんど縁がナイので、この多気筒はずぶの素人です。。
2014/03/01 07:37:31
R35はストイキメトリーであの出力という所が凄いです。

鶴見パワートレーン事業部の方に伺った所、14.65:1だとか。


R32は12:1ぐらいでしょうか。
コメントへの返答
2014/03/01 08:07:32
ストイキなんですね!
おそるべし。。。

そういえば第二期ホンダF1もあの過給圧のV6ターボにして、途中からはストイキになったと言ってました。

私もレガシィでECUやってたんですが、ストイキなんて、とてもとても・・・

ほとんど12~13あたりの出力空燃比にセットして、高負荷では11ぐらいの冷却空燃比にしてました。

GDBインプレッサなんかは純正でも高負荷では8ぐらいの極悪オーバーリッチの燃調マップでドン引きしました(笑)
2014/03/03 17:24:51

R35、ストイキなんですね~。

ビートのE07A、全域ストイキで回したら
最高出力は何馬力出るんだろう・・・(^^;

--------
J型V6のVTECはVCM(気筒休止)のための道具ですね。
最初は2段階でしたが3段階に改良され、ガワが大きく
純ガソリンで排気量3.5Lのわりには
巡航燃費が良いらしいです。
 (インスパイア&USアコードのみだったと思いますが)

 >雑記 : 気筒休止(4⇔2気筒) & ターボ過給、で 低燃費化。 (VW Polo BlueGT)|ホンダ車整備についての、役に立たない覚え書き。(みんカラ√) |ブログ|てぇかむ|みんカラ
 > http://minkara.carview.co.jp/userid/526128/blog/25689639/

--------
ホンダが作ったレーサー(RC211V)の
変態V5エンジンも忘れないでください。(w
 >V型5気筒 - Wikipedia
 > http://ja.wikipedia.org/wiki/V%E5%9E%8B5%E6%B0%97%E7%AD%92
コメントへの返答
2014/03/03 18:27:47
ビートは全域ストイキにしてもNAなので、インプレッサなんかと較べるとダメージが低そうです。


「気筒休止」という技術に、昔から全く惹かれないのですが、乗ってみたら印象変わるのかなあ・・・。


ホンダにV5なんてあったんですね。
2輪に詳しくないもんで・・・・。

あと、Audi TT-RSの5気筒(これはL5でしたが)が、試乗してみて、スゴく残念だったので、「5気筒」に良いイメージのない私です。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「石鹸水で確認したケド、パンクはしていないみたい。明日の鈴鹿はこのZ3と、予備で古いZ2STARで臨みます」
何シテル?   09/23 12:56
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
229 人のお友達がいます
Racing ToraRacing Tora * 澤 圭太澤 圭太 *
t-shint-shin * es355es355 *
エクボ屋 秀エクボ屋 秀 * Tatsuya.Tatsuya. *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.