• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年05月18日

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.10 走行分析 最終コーナー

【PP1】【サーキット】鈴鹿南コース 2014.05.05 Part.10 走行分析 最終コーナー 2014.05.05の鈴鹿南コース・デビューの反省会の続き。

ようやく完結編。長かった。。。

1コーナー~2コーナーの反省会
3~4コーナー、S字進入 の反省会
S字2つ目、3つ目 の反省会
ファルケンコーナー の反省会
ヘアピン の反省会
シケイン の反省会

の続き。

走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

LAP+を有償版(spec.S)にアップグレードしてみたケド、使い方がまだ良くわかっていないので、有償版の良さがまだわかっていません。。。



■セッティング(mistbahn)

気温: 天気後報によると17℃
湿度: 天気後報によると
87%(高い!!)

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14
R:175/60R14

空気圧
 F: Lap8は温間2.34~2.36ぐらいじゃないかな(やや熱ダレ状態。空気圧高すぎ
 R: Lap8は温間2.34~2.36ぐらいじゃないかな(やや熱ダレ状態。空気圧高すぎ

 F: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ
 R: Lap9は温間2.36~2.38ぐらいじゃないかな(熱ダレ状態。空気圧高すぎ

 F: Lap20は温間2.30(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はギリギリOK
 R: Lap20は温間2.30(熱ダレは更にしてるケド、空気圧はギリギリOK

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調(BLITZ ZZ-R 近藤エンジニアリング ダンパー仕様変更)
 F:4k、減衰0段戻し
 R:6k、減衰7段戻し

リアスタビ: ハード位置

オープンデフ



■セッティング(のり☆たまさん)

気温: 暑かったとのこと
湿度: 不明

タイヤ:AD07
F:165/60R13
R:175/60R14
空気圧
 F: 温間2.2ぐらい
 R: 温間2.4ぐらい

車高調(Buddy club K-CAR SPEC DAMPER)
 F:6k、減衰MAXユルい
 R:8k、減衰MAXユルい

フロントスタビ: 強化品
リアスタビ: 無し

LSD: 1way




■最終コーナー


区間タイム

Lap8(黄): 12.349
Lap9(紫): 12.445 ※Lap9はトータルではこの日の自己ベスト
Lap20(桃): 12.321
のり☆たまさん(緑): 不明

のり☆たまさん(緑)とは、ラップ分割線が異なるので、この最終セクターのセクタータイム比較はできないが、車速/Gグラフの時間軸を見ていると、最終コーナー~コントロールラインまででのり☆たまさん(緑)が1秒速い感じ。




最終コーナーは、自分的にはタイムのバラつきが少ない。

自分のログだけ見ていると、いろんなラインを取っているように見えるが、のり☆たまさん(緑)と重ねあわせてみると、根本的に異なり、自分のラインには幅があるようで、割と似たような走りをしていたのだな・・・と。




↑で、いつものLap9(紫)と合わせて、区間タイムの良かったLap8(黄)、Lap20(桃)を抽出。

Lap8(黄)は、ラインとしてはLap9(紫)と酷似しており、Lap20(桃)とは全く異なるのだが、区間タイムとしてはLap8(黄)Lap20(桃)が一致。


のり☆たまさん(緑)は、他のコーナー同様、私よりもアウトからの進入(※ヘアピンを除く)。


前にも書いたが、私は岡国や鈴鹿フルで、ステアリングを切り遅れる傾向があるので、今回は早め早めのステア操作でインにつくよう、実践したが、鈴鹿南では総じて裏目に出た模様。

コーナーのアールとかコース幅とかで使い分けが必要やね。


カーソル(△)位置はのり☆たまさん(緑)のブレーキング位置。
大きくは変わらないが、私より少し手前からのブレーキング。脱出重視。




Lap9(紫)はブレーキングのタイミングと、減速Gはイケてるのだが、ボトムスピードを落としすぎて、タイムロスしている。

のり☆たまさん(緑)は、良く似たブレーキングGで減速しても、「ここまでの減速でOK」と、ボトムスピードの判断に優れる・・・・というか、ライン的にもボトムスピードを下げずに済む余裕があるラインなのか




Lap9(紫)のブレーキングポイント(OK)。
ブレーキングとともにヒール・アンド・トゥで3速→2速シフトダウン。

ログで見るよりアウト側いっぱいを走ってるように見えるのだが・・・・
GPSの誤差なのか、もっと外を走るべきなのか?





Lap9(紫)の最終コーナー進入。

自分的には動画を見なおしても、そんなに悪いラインに思えないのだが、実績として、速い方々はもっとアウトから進入されている。





Lap9(紫)のボトムスピード位置。

例によってステアリング切り過ぎかな。





Lap9(紫)の最終コーナーからメインストレートへの立ち上がり。

ここのライン取りやステア操作は悪くないように思える、が果たして?



===

長かった鈴鹿南の復習編、完結。

読んで頂いた皆様、コメント、アドバイス頂いた皆様、貴重なログデータを頂いたのり☆たまさん、誠にありがとうございます。




●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/05/18 11:41:09

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2014/05/18 21:43:44
長期に渡る分析お疲れ様でした!&ありがとうございますm(__)m

進入は確かにワタシの方がアウトから入ってる感じですが、mistbahnさんの動画を拝見すると十分にアウトに寄っておられますから、ホンの少し(本当にホンの少し)ステア切り始めが早いだけだと思います。
なのでボトムスピードの差は上記に伴うコーナリング半径(R)の違いだけだと思いますよ!

最終コーナーは、人によっては「アウト側縁石まで使わず、距離重視でイン寄りの最短距離で立ち上がる方が良い」って方もいますが、個人的には(ビートは非力ゆえ)距離重視よりもコーナリングスピード重視が良いのでは?って思っています。
(なので必然的にどのコーナーもコースいっぱいを使う走りになってます^^;)

今回mistbahnさんに自分の走りを分析して頂き、私自身も本当にタメになりました!
ここまで鈴鹿南を詳細に分析された方はいないと思いますので、きっと私以外の方が鈴鹿南を攻略する際にもかなり有用なデータになると思いますよ、ホント(^.^)
コメントへの返答
2014/05/19 18:43:51
こちらこそ、貴重なデータ、本当にありがとうございましたm(u_u)m

そうなんですよね。
動画を見ると、「これ以上アウトに寄れるの?」って感じなので、GPSロガーのその日の精度とか取り付け位置の問題もあるのかもしれません。

鈴鹿フルコースでは、他の車種とビートでは文法が違ってインベタが良い箇所が多いですが、鈴鹿南だとタイトコーナーが多いので、文法がかなり異なりますよね。
鈴鹿南体験はクルマの理解や引き出しを増やすのにスゴく役立ちました。

秋のリベンジが楽しみです!(+雨が心配。。。。)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そういえば、みんカラは「not お友達 but 相互・Myファン」な方々が多かったんだった。。。私にとっては「お友達公開」にも問題があるのだな。。。」
何シテル?   06/21 22:30
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
チェロ.チェロ. * nori--norinori--nori *
こさとうこさとう * Wolfman JunkWolfman Junk *
toto@雨神toto@雨神 * BAL店長BAL店長 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.