• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年06月13日

【PP1】【サーキット】日光サーキット 2014.06.06 Part.3 走行分析1~4コーナー

【PP1】【サーキット】日光サーキット 2014.06.06 Part.3 走行分析1~4コーナー 例によって 2014.06.06の日光サーキット・デビューの反省会。

走行動画はこちら。


解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

LAP+を有償版(spec.S)にアップグレードしてみたケド、使い方がまだ良くわかっていないので、有償版の良さがまだわかっていません。。。


今回は、自己ベスト Heat2 Lap11: 49.923が、あからさまに他のLapより良かった(唯一のドライ枠の11周で徐々にアジャストした結果)ので、ログ比較に適した他のラップがなかったので、比較形式ではなく、自己ベストラップだけのログに、所感をダラダラと綴る。

今回はグラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。



■セッティング

1本目の途中で止んだ雨の約1時間後。
幌を開けて走り始める瞬間に雨がポツポツ来た。(いつものパターン・・・・)
ポツポツ降ってはいたし、路面は乾いた色ではなかったが、「ドライ」と言っても差し支えないコンディション

気温: 天気後報によると19℃(意外と高い)
湿度: 天気後報によると97%(高い!!)

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
(※サーキット使用5回目、うち4回雨)
F:165/55R14
R:175/60R14
空気圧
 FL: このラップは温間2.30ぐらい(ギリギリかな)
 FR: このラップは温間2.28ぐらい(OK
 RL: このラップは温間2.37ぐらい(※上がり過ぎ
 RR: このラップは温間2.30ぐらい(左後輪との差が激しい

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:9段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way(初投入!)
ギア: アクティファイナル6.230、トゥデイ5速0.860

※フロントのテンパータイヤは降ろし忘れた




■1~4コーナー

とにかく最難関の1~4コーナーだけ、まず反省会。





1コーナー進入への減速開始ポイント。

車速はこの後も、惰性で少し上がるが、加速Gはここが頂点で折り返し地点。


他のLapでは、1コーナー進入時のブレーキングで減速し過ぎ・・・・で、かつ、1コーナー進入時にヒール・アンド・トゥで2速に落としてしまい、もっと速い車速で回れるのに、2速10000rpmで頭打ちしてしまって1~2コーナーを我慢する・・・というミスが多かった。

かと言って、1コーナーを3速で進入すると、ずっと減速し続けている+横Gが強くかかっているので、どのタイミングで2速に落として良いのかわからなかった。

ドシャ降りの後半枠では、2コーナーで、ブレーキを踏まずにブリッピングだけで3→2速に落とし、エンジンブレーキで2速を回る・・・ということを多用したが、コレも正解だとは思えなかった。


この自己ベストのLapは、グラフ(車速、G)と車載動画を見ていると、1コーナーでハードブレーキングをせず、ダラダラとゆるやかに減速Gを発生させている。

メリハリのない走りだが、結果としてこの日の限られたドライアタックではこの走りが1~4コーナーは一番速かった。



他の車種だと、車載動画とコース図のこの位置あたりがブレーキングポイントだと思うが、ビートだともっと奥でも良いとも思える・・・・が?

もっと気合入れて、ノンブレーキで1コーナー進入し、1~2コーナーの仮想クリップめがけて強く短いブレーキング(=メリハリ、前荷重)で2コーナーのターンインをするのが良いのかなあ・・・・と。

いかんせん難しい。。。







1コーナー ~ 2コーナー間の減速Gの一番大きいポイント(※ボトムスピードではない)。

車載動画から、単に3速→2速のシフトダウンにより、ここでエンブレがかかっただけ・・・とも解釈できる。

ここから、トレイル・ブレーキング(※曲げるためのブレーキ)に移行しているが、なんかイケてないと思う。

ただ、過去のサーキット反省会では常にステアリング舵角が大きすぎるのが気になったが、この写真は比較的マシ。

1コーナー ~ 2コーナーの仮想エイペックスは、このLapではうまく処理できているように思える。







2コーナー。

ボトムスピード位置。(位置自体は悪くないように思えるが?)

2~3コーナーも、一旦アウトに膨らむよう、ステアリング舵角を真っ直ぐに近づけた方が良いのか、インベタ狙いで正解なのか??






3コーナーは豪快に縁石をまたいだ。

紅白のゼブラより更にイン、黄色の凸凹もショートカット

正否はわからないが、「どう走ったら良いのか全くワカラナイ難解な部分」を終えて楽しくなるポイント

ステアリングの舵角大き過ぎ?こんなもん??





4コーナーは紅白のゼブラのみを踏んづけて全開。

1~2コーナーが難解で我慢を強いられるので、カタルシスがある。
気持ち良い。


全開で踏めるのはLSDサマサマか。



●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2014/06/13 20:59:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【PP1】【サーキット】日光サーキット ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/06/14 17:52
2014.06.06の日光サーキット・デビューの反省会。 ブログエントリ:「【PP1】【サーキット】日光サーキット 2014.06.06 Part.3 走行分析
【PP1】【サーキット】日光サーキット ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/06/14 19:50
・・・例によって休日出勤なのだが、他のスタッフの作業が終わらないと自分の仕事ができない。。 待ってる間、他のJOBをしていたのだが、だいたい片付いたり、疲弊したり・・・で目下、みんカラしてます。 こ ...

この記事へのコメント

2014/06/13 21:29:43
そうねぇ。
1コーナーはコーナーだと思わずに飛び込んで、2コーナーに向けてしっかり減速。
2コーナーのエイペックスはもっと奥にとって、とにかく3コーナーの脱出まで我慢して、4コーナーの立ち上がりににかけるってのはどう?
小さいコーナーでは無理したってタイムにつながりにくいし、あとの加速区間を長くとるように構成してみるとか。


コメントへの返答
2014/06/14 11:16:38
アドバイスありがとうございます。

やっぱり1コーナー、減速し過ぎですよね。。

「4コーナー脱出が大事」とはシッカリ考えていたのですが、逆算し過ぎて、1コーナーの進入から遅くなり過ぎて、結局2コーナーでも前荷重を稼げないという顛末です。。。 笑
2014/06/14 01:20:53
こんばんは。
やっぱり日光の1~3コーナは悩みますね。

今回の走行データを僕がビートで走ったときのものと比較してみました。

1コーナ減速開始地点:mistbahnさんの方が30m以上手前
最低速度;mistbahnさんの方が1~2km/h高い

なので、減速開始地点が手前すぎなのですが、これは最低速度地点に向けてブレーキを踏めていないことが原因と考えられます。
ビートの場合、90m付近まで全開加速してからブレーキ踏んでも間に合います。

最低速度ですが、僕のデータを見ると、最大横Gが0.93Gしか出ていません。
mistbahnさんのデータを見ても0.9Gが最大です。
タイヤがZⅡでサイズも165の14インチなので、せめて1.05Gは出て欲しいです。

僕がビートを運転したときのイメージは激しいアンダーステアで全く曲がらないでした。
mistbahnさんのビートはどうなんでしょうか?

ハンドル舵角を気にされているようなのですが、横Gが出ていれば、ハンドル舵角はどうでもいいので、横Gが低い問題を解決したいです。
コメントへの返答
2014/06/14 11:30:07
アドバイスありがとうございます。

1~3コーナーは本当に難しかったです。

なるほど、やっぱり自分の見解は間違ってなさそうですね。
1コーナーへの減速がビートとしては手前過ぎて、結果として前荷重をかけられていない。

30mという数字の具体性がなんともありがたいです ^_^


最低速度域、3コーナー、4コーナーなどで、アンダーは出ませんでした。
シッカリ曲がりました。
ブレーキングがシッカリできないので前荷重不足であるにも関わらず。

ビートはフロントが軽いので、フロントブレーキのロックなんかに悩まされてきたのですが、リアの徹底した軽量化と、特にフェンダー内のサイドインナーブレースによる補強がスゴく効いて、最近はフロントのグリップ不足に悩むことがなくなりました。

今回はフロントのテンパータイヤを外すのを忘れていたのでなおさらかもしれません。

・・・・にも関わらず、横Gが低いのは、ウデの問題、タイヤを使いきれていないのでしょう。
右回りのコースなので左リアタイヤの空気圧上昇は右リアタイアと比較して、めちゃくちゃ高かったですが、フロントタイヤの左右差は少なかったので。


今までのサーキット走行の走行動画を事後解析していて、いつもコーナー脱出時のステアリングの舵角が上手い人たちよりもかなり大きいので、コーナー進入時からの姿勢制御が課題だったのですが、今回は動画を見ていて、比較的改善されたかな?と思ってます。

横G問題、頑張ります!
2014/06/14 12:05:13
またまたコメント失礼します!

タイヤを使いきれていないということなのですが、タイヤを使いきる=タイヤが滑るです。
タイヤを滑らせるためにドライバができることは
1、ハンドル回す
2、ブレーキを踏む
3、アクセル踏む
この3つくらいしかありません。

しかし車載映像を見る限り、タイヤが滑っている感じはありません。
ハンドル舵角を気にして、ハンドルを回していないだけなのではないかと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか?

今の状態でアンダーステアが出ていないということであれば、もっとゴリゴリとアンアーステア音が聞こえてくるくらいハンドル回してもいいように思えます。
コメントへの返答
2014/06/14 13:05:12
アドバイスありがとうございます。

スキール音が出ているのは6コーナーぐらいですよね。
6コーナーでスキール音を出せていたのが自分でも意外なぐらい、過去のサーキット走行でもタイヤが滑るまで使えていないんです。
(ウエットでのストレートエンドで、フロントがロックして・・・・とかはありますが)

いろいろ試してみます。ありがとうございます!
2014/06/14 14:01:54
こんにちは、mistbahnさん、

日光サーキット走行の分析・解析を詳細にされているのですね、
プロ技を感じます、凄いです!

僕は、車載映像なし、データーロガーなし、追加計器類なしで
20数年間、感ピューター&官能評価です。(これでもエンジニアなのに/笑)
① 自分の決めた通り走れたか
② 気持ち良く走れたか
③ Time
*最近冬場だけは②と③が入れ替わっていますが。


車載映像も拝見させて頂きましたよ、上手い!

mistbahn号を知らないので何も正しいコメントはできませんが、
僕のS号での走り方のイメージとの差異としては、
・3-6;4の出口でもう少し右向きで5-6へのラインを内側にして距離短縮
(S号だと3-4を加速状態のままでは4で向きが変えられず5が外側一杯になる、
3-4はアクセルパーシャルで右⇒左の荷重移動に同調しステアし向きを変えミドルラインで全開)
・10-11;右側の縁石でもう少し内側にして距離短縮(特に11はLSD効果に期待)

でも日光サーキットは僕自身、何が正解なのかまだ見つけられていませんので、
走りの考え方などいろいろと参考にさせて頂きます。

コメントへの返答
2014/06/14 14:43:39
アドバイスありがとうございます。

最近は、こういう感じでサーキット走行のログを公開して、みん友さんたちにダメ出しお願いしてます。

鈴鹿界隈のサーキットだと、たくさんのビートが走っていて、同じロガーを使われている方もいらっしゃるので、速い方にデータをもらって重ねあわせて比較したりしてます。
いろいろアドバイス頂いて、リベンジの戦略を練るのに、その後雨ばっかりで悶々としてます 笑。


4コーナーの出口で膨らまずにもう少し右向き・・・て、なかなか難易度高いですね。
おっしゃるように4のために3をいかに攻略するか・・・・ということになりますが、確かに私は3コーナー手前から全開で直線的に4コーナーを目指しちゃってます。

一瞬のアクセルオフでノーズの向きを変える・・・・はレンタルカートで覚えたんですが、日光では全然活かせませんでした。。



10-11の解釈は意外です。
私は11を頑張り過ぎて12~ホームストレートをロスしている気がして。

3枠目以降の雨で、10でコースアウトして、そこからスタートしてみると、11は大外から進入した方が12に対して良いアプローチができるように思えました。

でも遡ると、10のコーナリングスピードが遅いために、11でシッカリとブレーキング、前荷重を生み出せていないのも問題なんですよね。。。

特にオーバーもアンダーも出ていないので、そういう観点からはもっとインベタで距離を稼ぐのが正解かもしれません。

難しいです。。。



> 走りの考え方などいろいろと参考にさせて頂きます。

基本的に本文よりもコメント欄がご参考になると思います 笑
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「そういえば、みんカラは「not お友達 but 相互・Myファン」な方々が多かったんだった。。。私にとっては「お友達公開」にも問題があるのだな。。。」
何シテル?   06/21 22:30
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
チェロ.チェロ. * nori--norinori--nori *
こさとうこさとう * Wolfman JunkWolfman Junk *
toto@雨神toto@雨神 * BAL店長BAL店長 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.