• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年11月02日

【試乗】Daihatsu Copen Robe (DBA-LA400K) 後編

【試乗】Daihatsu Copen Robe (DBA-LA400K) 後編 ブログエントリ: 「【試乗】Daihatsu Copen Robe (DBA-LA400K) 前編

の続き。


前編は主に、エクステリア、インテリアのデザイン評。
後編は実際に運転してみてのドライビング・インプレッション。


実は先代コペンを運転したことがナイ(キャドカーズさんのデモカーの助手席には少し乗せて頂いたが)ので、先代コペンとの比較はできないのだが・・・・。



■Daihatsu Copen Robe (DBA-LA400K)


●エンジン~ドライブトレイン

エンジン型式: KF
種類: 水冷直列3気筒 DOHC インタークーラターボ
排気量: 658[cc]
ボア×ストローク: 63.0×70.4(※残念なロングストローク
圧縮比: 9.5(一昔前のターボだと高い圧縮比と言えるが、今のダウンサイジングターボとしてはフツー
最高出力: 47[kW]=64[ps]@6400[rpm]
最大トルク: 92[Nm]@3200[rpm]



↑考えて作ってるんだろうケド、なんか細くて、エンジンルームの熱気をモロに吸いそうな吸気パイプ


最近のクルマって、一見、エンジンルーム内の熱気をモロに吸いそうに見えるサクションパイプの口でも、実はボンネットの裏にインテークダクトが付いていて、ボンネットを閉めるとインテークパイプにクリーンエアを導く構造のクルマもある(例: ホンダN ONE)のだが・・・・



コペンのボンネット裏にはそういう仕組みはナイので、以前レンタカーしたミラ・イース(LA300S)と同じように、エンジンルーム内の熱気をモロに吸う構造らしい。。。
(※ボンネットが樹脂なのはステキだが・・・)



ターボだし、てっきり、スゴく速くて、自分のビートの非力さを痛感するもんだと思って試乗に臨んだのだが・・・

なんかとても非力に感じた。
線が細い。



2速WOTで低回転からレッドゾーン手前(7500rpm付近)までWOT(=アクセル全開)で複数回走ってみたが、ドカンと来ない。




↑タービン(実際に写真に写っているのはほとんどウエイストゲート・アクチュエータだが)

ドコでターボが効いているのか全くわからなかった。

良く言えば「フラットトルク」、良く言えば「ターボラグのないターボ」なのだが・・・・

全域でトルク感がナイので、それならターボラグがあっても明確にドガンとターボによるトルクがシッカリあるエンジンの方が好ましい・・・と個人的には思う。



2速WOTだと感覚的には私のビートよりかなり遅く感じる。
私のビートの方が音もデカいし、目線も低いので、そういうのに誤魔化されているだけかもしれないが。



もっとも、私のビートの2速は変速比が2.166で、アクティ・ファイナル6.230と合わせると、2速時のトータル減速比は13.494。

対して、コペン・ローブは、2速変速比が1.842で、ファイナルが5.545なので、トータル減速比は10.214。

この減速比の差が効いてるんだろうな。

コペン、ファイナルの5.545はともかく、2速の変速比は見直した方が良いのではなかろうか?





↑左右2本出しの排気系。

取り回しはカッコイイのだが、下向きのマフラーカッターが超カッコ悪いと思うが、コレは法規制との関係から仕方ナイのかな?

クルマの外で聞いているとそこそこ雰囲気のある排気音なのだが・・・

ポツポツ雨が降り始めてきたこともあり、試乗は屋根も窓も閉じた状態で、この状態だと排気音はほとんど聞こえない。

で、代わりに聞こえるのはエンジンのメカニカルノイズなのだが、直3らしいザラザラした雑な音だった。
掃除機っぽい吐きそうな安い音ではナイが、パンチのある音でもナイし、美音でもなかった。残念。



とにかくターボなのに、線が細くてトルク感がナイことにビックリしたが、7500rpmまで苦しそうに回ってるワケではナイので、「いろいろと抑えた仕様」なのかも?
吸排気を変更して、ブーストアップしたり、タービン自体もデカいものに交換したり・・・と、チューンナップでドカンと出せるのかも。

少なくとも、燃料仕様がレギュラーなので、ハイオクにするだけでノッキングマージンは稼げるので、いろいろとパワーアップの余地はあるのだろう



●足回りとかボディとか



運転し始めは、車速感応式特有の思いのほか軽いステアリングに少し「ん?」と思ったが、すぐに慣れた。
イマドキの軽自動車にありがちな露骨に不自然な車速感応式ステアというほど気持ちの悪いものではナイと思う。

走りだしてからは操作感良好





↑フロントのスプリングとダンパー。




↑フロントのロアアームだとかスタビライザーだとかステアリングロッドだとか。
なんかカッチリ作られている印象で、スタビは結構太い




↑リアのダンパーとスプリング(別体)。


もっとドッシリと重たい動きを想像していたのだが、思いのほか軽快で好印象

シッカリとブレーキングしてみたり、アクセルベタ踏みしてみたり、タイトコーナーを左右に振り回してみたりさせて頂いたのだが、ピッチングもロールも少ない

BRZ/86のような強烈な低重心感があるワケではナイが、850kgという車重の数字だけではわからないが、重心位置が結構低いのかも。
ボディパーツはほとんどが樹脂だしな。


ノーマル・ビートのストロークが長くてシッカリとロールさせる思想とは対照的で、あまりストロークしないバネレートのやや高いサスペンションだが、ボディ剛性が高いからシッカリとレスポンス良く動く足・・・なのかな?
固有振動数高めの印象、減衰低めの印象。
レスポンス重視?

ステアリングに対する応答性は良く、シャープに動く印象。

ワザとステアリングをこじって、アンダーを誘発させてみたりもしたが、うんうん、コントローラブルで良い感じ。

ハンドリングマシンとしては好印象。



ディレッツァZ2とか、アドバン・ネオバなんかに履き替えたときに、純正足でどこまでイケるのかな?(結構そのままで走れそうな印象)





↑フロントブレーキ。
ベンチレーテッドディスクだった。



ブレーキの感覚が好みじゃなかった。

ブレーキペダルがやたらとストロークが長いのだが、「タッチのフィーリングが悪い」というべきか、とにかくインフォメーションが希薄でわかりづらい

途中までが遊びで、途中からリニアに効いてるのか、全域がコントロールゾーンで奥で効いているのか・・・など、わかりにくい。





タイヤは私の嫌いなRE-050A。(なんども書いてるので嫌いな理由は略)
外車を含めて、純正採用されることがやたらと多い銘柄だが、その理由が知りたい。

165/50R16。

営業さん曰く、開発陣は16インチではなく15インチにしたかったらしい。




●総評

「このクルマが欲しい!」と思える強烈なアピールポイントがなかった。

例えばBRZだとエンジンはプアだケド、低重心感とフロントミッドシップ感に訴えるものを感じるが、そういう部分が希薄。

ただ、もちろん、現行の軽自動車(ホンダN ONE、ライフ、ダイハツ ミラ・イースなど)と較べると、MTだしスポーツカーだし、まあ走ってて楽しい。

そういう観点からは、小粒感も含めて、NCロードスターとか、Z34とかと近いものを感じたが、NCロードスターやZ34と較べると軽自動車だからこその楽しさもあるが、軽自動車だからこその雑さも多いかな・・・と。


ただし、エンジンの章にも書いたように、コレをベースに、あれこれチューニングすると面白いクルマになりそうな気はする。




あと、ターゲット層がわかりにくい


先代コペンに乗ってる友だちには女子が多い。

ビートのオフ会って基本的に男子が多いのだが、コペンのオフ会って女子比率が高そうでウラヤマシイが、この2代目コペンのデザインが女子ウケしそうには全く思えない
(あ、でも、着せ替えの丸目のヤツはウケるんかな?)

ダイハツはココアとかかわいくデザインしているのだから、コペンももっと丸っこく、かわいいデザインにすれば良いのに。

デザインの章に書いたように、どうせFFでエンジン積載関係上、フロントはずんぐりとしたデザインにしかできないんだから、それに合わせて、リアの伸びやかなデザインを放棄して、たとえばFIAT 500だとかBMW MINIだとかをクーペ化したような方向性のデザインにするとか。
コペン・ローブの場合、シトロエンDS3をオープンにしたようなデザインに落ち着くのかな?

カラーバリエーションも女子力の低いものばかりなので、あまり女の子ウケを狙ってないのかも。



スポーツカーにありがちな、富裕層のオジサマがターゲットだとすると、それはそれで、ちょっとデザイン・ディテールが幼稚な気がするし、もっと低速トルクに振って、乗り心地もドッシリ系にすべき気がする。



結構、走りに振ってるのは好印象なのだが、「走ってる人」がターゲットなのかなあ?
きちんとハンドリングマシンで、だけどエンジンがプアなので、ロータス・エリーゼとか、マツダ・ロードスターとか、BRZ/86とか、そっち路線なのかな?




●営業さん

「ビートに乗ってます」とは言ったものの、「サーキットを走ってます」とは言ってなかったのだが、

「セントラル・サーキットで(コペンを)ノーマルのまま走ってみましたが、◯◯コーナーでもアンダーが出なかったです」

とか、前述のように「ダックテールがSUGOで効いた」とか、話せる人だった(笑)ので、私もビートにロールケージ組んでサーキットで走ってるという話をした。


営業さんからは、

「コペンやS660を買ったとしても増車にすべきでは?」
「僕だったら、絶対ビート手放さないですよ。」
「あのエンジン、あのフィーリング、あの仕様はもう出ないですから」


と言われた(好印象)。

コペンを売るためにビートをDisったりせずに、こういうこと言う営業さんって、経験上、だいたい営業成績イイんだよね。




●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | クルマ
Posted at 2014/11/03 00:45:13

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

無事納車しました☆
ヴェル翔星さん

だからクルマはやめられない (^ー ...
nanamaiさん

MAZDA CX-8のカタログをも ...
samurai374さん

駐車違反の黄色いステッカー貼られま ...
ウッドミッツさん

嘉穂劇場 
秘密基地 千石峡さん

レヴォーグファンミーティングに行っ ...
オギクニさん

この記事へのコメント

2014/11/03 07:09:07
僕はコペンは往年のスポーツカーとは違う提案のクルマだと思ってます。
例えば、本物のスポーツカー(モータースポーツに特化したクルマ)があって、それはもの凄く高価なもので、それを雰囲気と低速でも楽しめるように作られたのが、MGミジェットとかのライトウェイトスポーツだと思うのです。
雰囲気だけだとそれは「スポーティーカー」ね。
バルブの良き時代背景があり、お手軽スポーツカーとしてNAロドスタが誕生して、ABCな軽スポーツが後続。

時代はスポーツカーを求めなくなり、ハイソカーの流れから高級、快適のプレミアム路線が主流になり、初代コペンはデザインも含めてスポーツカー/スポーティーカーというよりオープンエアを楽しめるプレミアム軽自動車として誕生したのではないでしょうか。あえて言うならスペシャリティーカーかな。
初代はそれでもABC路線を多少引きずってしまい、どっち付かず感が残ってしまったので、その邪念を追い払って、スペシャリティーカー感に特化したのが新コペンだと理解しています。

コメントへの返答
2014/11/03 09:32:08
プレミアムなコンパクトカーってジャンルは日本のメーカが下手なジャンルですよね。
BMW MINI、ビートル、FIAT 500、シトロエン DS3、Audi A1・・・
トヨタがiQをリリースしたケド売れなかった。

そういう路線に「軽自動車で」というのはステキなチャレンジだと思います。

かつてのスペシャリティーカー(特にプレミアム路線)はコーナリング性能は捨てても、動力性能は捨てれなかった(お金持ちを含めてエンジン諸元にこだわった時代)ので、SC430=ソアラ、レパードなんかはそっち。
ゼロヨンや最高速は速い直線番長が多かったですよね。

Z33、Z34なんかもスカイラインクーペよりはよほどか走るケド、スポーツカーというよりはスペシャリティーカーで、ターゲットも実際乗ってる人も、サーキット派ではなく、まったり乗る高年齢層。
でもライバルがZ4だったりTTだったりするので、ブランド力で勝てず、売れない。。。

そういう観点では、セラとかプレリュードあたりとは近いのかもしれませんね。


ただ、そういった富裕層をターゲットにしたとする、「スポーツカーではないプレミアム・コンパクト・オープン」とするならば、ブログ本文にも書いているように、見た目が幼稚(ポップという意味ではナイ)だし、乗り心地やHMIの操作感に高級感がナイ。
・・・・ので、ターゲットが良くワカランなあ・・・と。

エンジンがプアなだけで、コーナリングマシンだったりするあたりも余計に謎なんです。
ブログ本文との重複にもなってしまいますが、BRZ/86も曲がるクルマだケド、エンジンはプアだし、そーいう路線なのかな?・・・と。


先代コペンを知らないのでなんとも言えないのですが・・・
2014/11/03 08:50:56
個人的に新コペンはアリな方でしたが、ターボ感が薄いのならちょっと残念ですわー。とはいうものの、ちょっと弄れば化けるのでしょうね。
そういった面ではターボは羨ましいです。
その他、標準でLEDヘッドライトだとかオプションでLSDがあったりとか結構惹かれるポイントあります。

それにしてもビートのことを良く解っとる営業さんですね♪
コメントへの返答
2014/11/03 09:47:56
VWのTSI(※GTIではなくダウンサイジングターボの方)やBMWのダウンサイジングターボなんかも全くターボ感がなく、超フラットトルクなんだケド、1.4Lや1.6Lという排気量を凌駕するトルクがあるので、イイと思うんです。

でもコペンは単に「ターボ感がナイ」だけで、「コレでたったの660cc?」的なトルクが感じられない。
でも、ブログ本文でも書いているように、ギア比の設定がよろしくナイので、最高速トライなんかでは強いのかも。

「ダウンスピーディング」で燃費を稼いでいるのかな?そんなこと、やめときゃイイのに。

ギア設定からすると、特にジムカーナなんかだと相当ツラいし、峠も面白くなさそうです。

ただ、レギュラー仕様なので、ハイオク入れてROMでブーストアップ+点火時期進角するだけでも、結構変わると思います。
ブーストアップするには吸排気のパイプ径があまりに細いので、吸排気は変更が必要っぽいですが。

==

新車のBL5Dレガシィを買いにいって「BL5Cは良かったのに、なんかモッサリした!」と言う私に、あっさりと

「新車のD型よりも、中古のC型よりも、mistbahnさんにはA型が合ってると思うので、中古のA型の良いタマを探してみてください」

と新車販売を放棄したスバルの営業さんも、ホンダ好きで私と同じく過去にCR-Xに乗っていました。
そして、ダイハツ・アトレー7で来店した私に、
「アトレー7、イイクルマに乗ってるじゃないですか。FRですよね」
と。

その営業さんも後からスバルの他店で聞いたところ、大阪スバルの3本の指に入る成績で、その後、出世したとか。

いろいろ試乗していて、ほとんどの営業さんは他メーカのクルマはおろか、自分とこで扱ってるクルマの知識も私よりプアなことが多く萎えるんですが、できる営業マンは見識が広い印象です。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】DUNLOP Direzza Z3、BILSダンパー、RSマッハ スタビライザー http://cvw.jp/b/242406/40460635/
何シテル?   09/23 20:40
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
229 人のお友達がいます
み。@VAB-Aみ。@VAB-A * てぇかむてぇかむ *
toto@雨神toto@雨神 * Racing ToraRacing Tora *
shirakabashirakaba * 赤い~のん!?赤い~のん!? *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.