• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年01月06日

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.4 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.4 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目 2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29」の自己ベスト 1:05.909 の反省会。

ブログエントリ:「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.3 走行ログ分析 1~2コーナー」の続き。


走行動画はこちら。



解析に使ったのはLAP+(=ラプラス=LaplaceView.net=LAP+View)

ミニサーキットということもあり、今回はひろあき!さんに教えて頂いた「LAP+Correct」を使って、座標補正をかけてみた。(※どういうアルゴリズムでの補正かがワカラナイが・・・)

※グラフの横軸を時間軸ではなく、距離とした。




■セッティング、環境

気温10℃程度、湿度52%程度

タイヤ:ダンロップ・ディレッツァ・Z2
F:165/55R14(使用1年強、サーキット走行9回目←ただし4回雨)
R:175/60R14(ほぼ新品)

空気圧
 F: 不明(2.2スタート、終了時たぶん2.5程度)
 R: 不明(2.2スタート、終了時たぶん2.5程度)

Fブレーキパッド: Winmax AP1
Rブレーキパッド: Winmax AP3

車高調減衰
 F:0段戻し
 R:7段戻し

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230




■3コーナー~4コーナー~S字1つ目



緑: mistbahn(ドライ、1:05.909)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。弱ウェット=不利な条件)
黄: nob@さん(mistbahn号をドライブ。結構ウェット=かなり不利な条件)
灰: 前回(2014.05.05のmistbahn(ドライ、1:09.659)


2コーナー~3コーナー間のストレート区間は、メインストレートと同様に、4→3→2速のマシンガン・シフトダウンに自身がナイため、3速9500rpmで頭打ちさせた状態でダラダラ走ってしまっている。
9200~9300rpmで4速にシフトアップして、より直線の車速を伸ばしたいところ。



鈴鹿南 最大の難関の3~4コーナーは、前回(灰)と較べると、かなり改善できたと思う。

3コーナー進入のラインも赤い~のん?さん(桃)nob@さん(黄)と酷似しているし(※mistbahn=緑は、ややオーバーシュートしているが、大きな問題じゃあいと思う)・・・

4コーナー~S字1つ目進入のラインも、赤い~のん?さん(桃)nob@さん(黄)と酷似している。

S字1つ目の手前には水溜りがあるため、ここは全員、回避を余儀なくされている。


S字1つ目からの立ち上がりは、他のLapでは、赤い~のん?さんの車載動画で予習した「右ベタ」を走っていたのだが、このLapでは、右ベタではナイ。





緑: mistbahn(ドライ、1:05.909)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。弱ウェット=不利な条件)
黄: nob@さん(mistbahn号をドライブ。結構ウェット=かなり不利な条件)
灰: 前回(2014.05.05のmistbahn(ドライ、1:09.659)

赤い~のん?さん(桃)はハーフウェット・コンディションだっったにも関わらず、3コーナーへの制動Gが、mistbahn(緑)より鋭い。

3コーナーにおける、mistbahn(緑)の最大制動Gは、ピーク数値的には赤い~のん?さん(桃)と同等なのだが、mistbahn(緑)の方は初期制動Gではなく、3→2速のヒール・アンド・トゥの間で一旦制動Gが抜けて、最大制動Gが発生しているのは2速に落としてから・・・という、美しくない制動Gのあり方。


3コーナー~4コーナーは「ひとつのコーナー」と捉えた走り方ができており、4コーナーのボトムスピードもS字1つ目のボトムスピードも高く保てているので、個人的には良いのではないか?と思っている(・・・・が、改善点があればコメント頂けますようお願い致します)。





↑4コーナーのボトムスピード位置。

ステアリングを派手に切っているが、3~4コーナーは流石に、こんなもんか・・・と思ってるんだケド、ベターな攻略があればご教示頂けますようお願い致しますm(u_u)m

・・・こういうのを見ると、D型ステアリングホイールに換えたいケド、なかなか換えられナイ。





↑S字1つ目の最大横G位置


3コーナー~4コーナーはうまくいったと思っているが、しかし、S字1つ目のボトムスピードが高いことも原因で、前述のようにS字1つ目の立ち上がりは、右ベタのライン確保ができず、S字2つ目がシンドくなっている。



あと、これは次回の「S字編」で書くべきかもしれないが、アクティファイナルでのS字のシフトアップのポイントが難しかった。

S字1つ目~2つ目の間で 2速→3速にシフトアップしているのだが、この区間で、2速→3速にシフトアップするには9000rpmでのシフトアップとなり3速で7000rpmを下回ってパワーバンドを外し、しかもシフトアップしてすぐにS字2つ目でアクセルオフするため更に、パワーバンドへの回復が厳しくなる。

かと言って、S字2つ目の脱出まで2速・・・というのも、「お手本動画」とは異なるのだが、振り返ってみると、私のマシンとスキルではS字2つ目まで2速ホールドがベターかも・・・・とも思う。


・・・ブログエントリ「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29 part.5 走行ログ分析 S字2つ目~3つ目」 に続く。



●サーキット走行 関連目次はこちら
●ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2015/01/07 00:26:14

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/01/08 02:01
2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29」の自己ベスト 1:09.909 の反省会。 ブログエントリ:「<a href="http://minkara.c ...
【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/01/09 07:31
栃木なう。昨夜、栃木入して、今夜には帰阪します。 2014.12.29の「【サーキット】【PP1】鈴鹿南コース 2014.12.29」の自己ベスト 1:09.909 の反省会。 ブログエントリ ...

この記事へのコメント

2015/01/07 00:38:57
ガレージにビートがあるのを見つけたとき、「ご近所さんにもクルマ好きがいるんだ」と嬉しくなったものですが、ここまで本格的に取り組んでいらっしゃるとは思っていませんでした(^_^;)

勉強させていただきますm(__)m
コメントへの返答
2015/01/07 00:43:10
やってることはマメなんですが、残念ながら遅いので・・・

・・・コメント欄の皆様のツッコミ/アドバイスの方が勉強になるかと思います(-_-;)
2015/01/07 01:23:27
3コーナーのボトムの高さは凄いと思いますね~僕は赤い~のんと同じくらいのボトムですね。
ただ、僕らより大回りしている感じがあり、距離で損している部分は有ると思いますね。
このコーナーの僕の理想としている走りは、最初のブレーキングから徐々に制動Gが抜けていき、3コーナーにアプローチができればと思ってます。
しかし、現実はこのロガーを見るようにブレーキの2度踏みのような状態になりますね。
鈴鹿フルの1~2コーナーを想像してもらえばわかりやすいと思いますが、1コーナーが決まり、ボトムが高い状態で侵入出来れば、2コーナーまでにアクセルを入れることができず、1コーナからのブレーキを引きずった状態で2コーナーのブレーキングに繋がる状態になるんですよね。そんな感じでここを攻略できればと…
コメントへの返答
2015/01/07 10:12:57
詳細なコメントありがとうございます。

タイヤを使いきれている場合は、ボトムスピードと距離はトレードオフですよね。

個人的には、ビートの場合、ある程度アールの大きいコーナー(特に上り坂)は、アクセルベタ踏みでもインベタで旋回できてしまうので、距離重視にしてます(・・・というか、それもこれも、ビート乗りの先輩方のアドバイスによるものですが・・・)が、ここのようなタイトコーナーは、まだ模索中です。
(ミニサーキットは、鈴鹿南×2、日光×1とまだ経験が足りないです)


ここの3~4コーナーは本当に難解なので、どれがベターなのか難しいです・・・
・・・というか、「こうすべき」が決まっても、実際にはなかなか思いどうりに運転できるか微妙です(-_-;)


「ひとつのコーナーととらえて」を、鈴鹿フルの1~2コーナーの例えはわかりやすいですね。
私は現状、鈴鹿フルは1コーナーで減速し過ぎて、にも関わらず、そこから再加速せずに2コーナーまでダラダラ低いボトムスピードで行ってしまってます。
2015/01/07 20:00:13
自分的には上記コース図の
横軸260手前位でブレーキング終了、
この日の通勤号の車載では
シフトダウン終了時が
ほぼブレーキング終了です。

そこからはパーシャルスロットルから
緩くアクセル入れてCPに向かい、
CPからはアクセル全開ですね。

あと足の仕様やタイヤにもよりますが、
理想は全コーナーを舵角90度~100度
以内で曲がりたいですね。
コメントへの返答
2015/01/07 21:04:20
アドバイスありがとうございます。

頂いているログでは、確かに大きな減速GはY軸260位置で終わってます!
(そこから-0.2G程度は4コーナーのクリップまで持続し、減速し続けるのですが、これはブレーキングGではなく、操舵抵抗による減速Gっぽいです)

「ブレーキング」というワケではないのですが、この日の走行では、3コーナーでの減速に際して、最初のうちはシフトダウンをかなり奥(3と4の間の仮想クリップ直前)で行っていたのですが、もちょっと手前の3コーナー進入時ぐらいに変更してから、いろいろラクになりました。


12/29の通勤号の動画も改めて拝見しましたが、確かにほとんどのコーナー、90度までですね!おそるべし。。。

4コーナーでは私が200度近いところを、赤い~のん?さんは、120~150度程度。
コーナーによっては90度近く蛇角差があり、スゴく参考になります!

ありがとうございます!
2015/01/08 03:38:40
通勤号は履いてるのがDZ101なのもあって
ヘアピンなどは舵角大き目ですが、
超鯱号では完全に全コーナー90度以内で走れます。

特にヘアピン、最終コーナーは加速に影響するので
なるべく舵角減らしたいですね。



コメントへの返答
2015/01/08 10:33:46
今回、後から動画やログを拝見させて頂いて、赤い~のん!?さん(※以前から「!」入ってましたっけ???)のドライビングは極めてカートっぽいアプローチだと個人的には思いました。

入口でズバッと姿勢を作っておき、出口はなるだけステアリングはまっすぐに。

2014はビートに没頭していたので、あまりカート行けてないのですが、またその感覚を取り戻すためにも夜カート行きたいなあ・・・と思います。

鈴鹿南でのドライビングのアプローチ変更を試してみたくてウズウズしますが、仕事が立てこんでいるので、グッと我慢。。。
走行会と違って気軽に予約・キャンセルができるので、年度末までの間にも一度ぐらいゲリラ的に走りに行きたいです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】旧E07A改 マイクロスコープで調査 http://cvw.jp/b/242406/40129126/
何シテル?   07/22 20:10
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
226 人のお友達がいます
てぇかむてぇかむ * おぬまおぬま *
フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ * つとやんつとやん *
vrsvrs * み。@VAB-Aみ。@VAB-A *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.