• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2015年07月25日

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.5 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.5 走行ログ分析 3~4コーナー~S字1つ目 ここまでのブログエントリ。

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.1

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.2 mistbahn 車載動画 1:06.762

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.3 赤い~のん!?さん 車載動画 1:04.164

ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.4 走行ログ分析 1~2コーナー

あと、御参考までに、赤い~のん!?さんの当日ベスト1:04.164の直前Lap、1:04.361の動画もYouTubeにUPさせて頂いております


■セッティング、環境

気温:32℃、湿度:67%

タイヤ
 フロント:Z2☆(サーキット使用3回目)
 リア:Z2(サーキット使用5回目)

バネレート
 XCoils
 フロント:7k
 リア:8k + φ19スタビライザー

減衰
 フロント:4段戻し
 リア:9段戻し

ブレーキ
 フロント: WINMAX AP3
 リア: ENDLESS Type-Drift EP210TD

L.S.D.: クスコRS 1.5way
ギア: アクティファイナル6.230



■3~4コーナー~S字1つ目



緑: mistbahn(ドライ、1:06.762)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.164!!!)
茶: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.361)


一応、Lap+Correctでの補正はしたのだが、コース図はGPSの誤差が大きい模様・・・・だが、動画と見比べてもココはこの傾向で合ってる。


赤い~のん!?さんは3コーナー~4コーナー間を「小さく」回れており、にも関わらず、ボトムスピードが高いにも関わらず、4コーナーでクリップに付けることができている。

mistbahnが、3~4コーナー間を奥まで行き過ぎるのは過去の走行でも同じ傾向なのだが、過去の走行ではそれと引き換えにボトムスピードが他の方々より高かったのが、今回はボトムスピードも低いため、良いところナシだ。


mistbahn、今回の鈴鹿南では、「より小さく回って4コーナーでインに付けたい!」という意識はあったのだが、まず、3コーナーへのターンインではオーバーステアに悩まされ・・・

※オーバーステア問題、このLapでは路面コンディションの変化?と減衰調整により?ずいぶんと解消されているが、まだ若干残っている・・・のと、このLap以前のオーバーステア傾向から、ターンインをソフト方向にアジャストした結果、大回りになってしまっている・・・というのは自己解釈(あんまし自信ナシ)


4コーナーの立ち上がり時の膨らみに関して、「アンダーステアに悩まされた」という感覚は全くなかったが、3コーナーから発生しているオーバーステアが、4コーナーに向けてもアクセルを踏むと立ち上がりオーバーステア傾向に悩まされた。

4コーナーはインに寄せたかったが、イン(左)に寄せたいという思いはありつつも、成り行きで毎回寄せられずにいたのだが・・・・



・・・「オーバーステアに悩まされた」と書いているものの、赤い~のん!?さんは同じクルマで、小さく回って、4コーナーでインに寄せれているので、オーバーステアを誘発しているのはマシンの問題やコースコンディションだけでなく、走り方にも問題があると思う。
最大の原因はステアリングワークだと思うが、果たして?


過去分析ではいつも、mistbahnはボトムスピードは高いものの、4コーナーがNGとなりがちなので、今回はmistbahnとしては珍しく、「曲がるようにCP後もブレーキを残して」・・・を心がけてみたのだが、結果としてリア荷重が抜けてオーバーステアが誘発されたり、次のアクションとしてリアにトラクションをかけられない結果となったのかもしれない・・・・


・・・が、十分に分析、納得、対応策がナイのが現状で、皆様のご見解、アドバイスを頂きたく、お願い致します。





緑: mistbahn(ドライ、1:06.762)
桃: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.164!!!)
茶: 赤い~のん?さん(mistbahn号をドライブ。1:04.361)


前回(2/28)は、2~3コーナー間のストレートで4速まで使用したが、今回は夏場で車速が伸びなかったこともあり、mistbahnはメインストレート同様、3速のまま引っ張ってバルブサージングしたところで車速を頭打ちさせた
ログを見ている分には、メインストレートとは違い、ココでは、4速まで使われている赤い~のん!?さんと同等の最高速度が出ている。


最大減速Gは、赤い~のん!?さんmistbahnも同等なのだが、赤い~のん!?さんの当日ベストではブレーキングGの立ち上がりが鋭く、結果として早く車速を落とせている。
(※これはひとつの重要なポイントかも)



GPSログ解析を始めた頃は、「横Gが足りていない」=「タイヤの横方向のグリップを使いきれていない」というポイントを御指摘頂いて、改善箇所としていたが、今回の赤い~のん!?さんとのログ比較を含めて、横G不足はほとんどなくなったように思う。

タイヤの横方向のグリップ使用については、次のステージに突入しており、タツゥさんがご解説、アドバイス頂いているように、同じ最大横Gでも、
 「車速を落として旋回円半径を小さくとる」
 「旋回円半径は大きいが車速を高く」

のどちらのアプローチを採用するか・・・。
(このテーマについては、この3~4コーナーよりも、アドバンコーナーや最終コーナーのようにライン取りの自由度の高いコーナーの方が重要なイメージがあるが)




mistbahnは、4コーナーでインに寄せることができなかったことから、S字1~S字2へのライン取りのアプローチが困難になっているのだが、ライン的には個人的にはうまく立て直した方だと思う。

が、結局、ラインを立て直すのに、4コーナー~S字1間で、向きを変えるのにガバッとアクセルオフしているのがその後のS字の車速に大きく影響してしまっているのが残念。。。






赤い~のん!?さん、3コーナー~4コーナー間のステアリング最大舵角に到達ポイント。
一度ステアを切って、車速が横ばいになってから、切り足されたのがココ。
まだボトムスピードではナイ。




mistbahnはココがボトムスピード(仮想クリッピングポイント)。
問題は、ステアリングの最大舵角到達位置が、これよりも後であること。
(※このポイントでも赤い~のん!?さんはまだボトムじゃない)




mistbahn、ココで2回目のステアリング切り足しを行い、やっと最大舵角に到達。

「仮想クリッピングポイント」(ボトムスピード位置)から、加速するつもりなのだが、ステア舵角が大きすぎて、アクセルを踏めばオーバーステアでイン巻きする状態。
結果、前述のボトムスピード到達位置から、車速が全く上昇していない。



ここまで、切り足し+切り足し・・・になってしまっているのは、このLapに至るまでに、入口アンダーに悩まされたからこそ、思い切ったステアリングアプローチができなかったことも大きな要因のひとつなのだが、何かもっとマシなアジャストの仕方があったハズ・・・
・・・だが、明確な対策をイメージできていない。






4コーナー立ち上がり箇所にて・・・

赤い~のん!?さん、やっとボトムスピード到達
と同時に、ステアリングホイールが中心位置に戻った瞬間。

アクセルもベタ踏みできる体制だし、クルマは左端いっぱいに位置しており、S字1つ目に対して余裕をもった最適なアプローチが可能。




mistbahnがステアリングホイールを中心位置に戻した位置。

4コーナー立ち上がりをインベタにできておらず、かなり右に寄ってしまっており、S字1つ目攻略がいかに苦しいかが明白な絵。






赤い~のん!?さんのS字1つ目へのステアリング最大舵角到達点。
4コーナーの攻略が上手く、ラインに余裕があることもあり、舵角は小さい。




mistbahnのS字1つ目へのステアリング最大舵角到達点。

旋回角が小さいので、当然、大きい舵角で強引な進入となってしまっている。

アクセルオフでグイッと向きを変えられたこと自体は、3~4コーナーの不出来さを考えると個人的にはマシなリカバーだと思うが、結果としてここから連続するS字全体の車速が低いことに繋がってしまっている。





赤い~のん!?さん、2→3速にシフトアップ。

過去の動画から、S字1つ目立ち上がってからシフトアップされていると解釈していたが、S字1のクリップの手前というかほぼクリップで既に・・・・。

mistbahnは引っ張ってしまい、S字2つ目を過ぎてからのシフトアップ。






S字1つ目立ち上がり。
赤い~のん!?さんがステアリングホイールを中心位置に戻したポイント。





S字1つ目立ち上がり。
mistbahnがステアリングホイールを中心位置に戻したポイント。

赤い~のん!?さんと酷似しているので、一見、上々に見えるが、4コーナーからS字1つ目のアプローチが強引だったため、

・車速は低い
・横Gがデカい!


ここで1Gの横Gが残ってしまっているせいで、S字2つ目に対しても、「カウンターアタック」のように「振り回して」の進入を余儀なくされてしまっている。。。




・・・結局、S字2つ目→S字1つ目→4コーナー・・・は、ある意味成り行きで、3コーナーが下手くそなのが尾引いてしまっているのだが・・・

はてさて、3コーナーをどう改善すべきか・・・?





●区間タイム

・3コーナー手前のストレート途中~4コーナーエイペックスちょい過ぎ

緑: mistbahn : 7.838
桃: 赤い~のん?さん : 7.158
茶: 赤い~のん?さん : 7.251

この区間だけで0.68秒差が付いている!


・4コーナーエイペックスちょい過ぎ~S字完了・アドバンコーナー手前

緑: mistbahn : 8.890
桃: 赤い~のん?さん : 8.523
茶: 赤い~のん?さん : 8.368

・・・・3~4コーナーの下手さがS字に大きな影響を及ぼし、S字区間で0.367secの差が生じている!


・とりあえず、コントロールライン~4コーナーエイペックスちょい過ぎまでの集計(※S字1つ目は入ってない)

緑: mistbahn : 24.867
桃: 赤い~のん?さん : 23.774
茶: 赤い~のん?さん : 23.966

1.09秒差に拡がった・・・

3~4コーナーは致命的!



・・・続く。



●サーキット走行 関連目次はこちら
ブログ一覧 | サーキット | クルマ
Posted at 2015/07/25 10:02:52

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/07/26 10:16
ここまでのブログエントリ。 ブログエントリ: 「【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース 2015.07.21 part.1」 ブログエントリ: 「【サーキッ
【サーキット】【ビート】鈴鹿南コース ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2015/07/31 12:33
3日間、横浜に出張に行ってたので、解析作業止まってました。。。 8/6のREV鈴鹿フルに向けて、頭をフルコースに切り替えなくちゃイケナイのだケド・・・ ここまでのブログエントリ。 ブログエント ...

この記事へのコメント

2015/07/25 11:27:59
こんにちは。
解析お疲れ様です。

今回に限ったことではないのですが、まずは各コーナ毎にどこで何秒遅れているか?を明確にした方がいいと思います。

例えば今回は3コーナの減速部ではmistbarnさんの方が速度が高く、最低速度付近では速度が低いので、実際は3コーナのタイムだけを比較したときにどっちが速いのかわかりません。
タイムが同じところはあまり改善する必要がないので、各コーナ前後でのタイム比較をすることが大事です。

それと、3コーナのターンインでオーバーステアに悩まされたと書いてあるのですが、今回の車載からはそれがわからないので、わかりやすい車載映像があったらアップしてくれる何が問題なのか見てみたいと思います。

もうひとつ、こういう複合コーナは作図して考えた方がわかりやすいです。
コメントへの返答
2015/07/25 13:43:31
アドバイスありがとうございます!

> まずは各コーナ毎にどこで何秒遅れているか?を明確にした方がいいと思います。

なるほど、勉強になります。

「横軸を時間ではなく距離」で評価するようになってから、横軸時間でのタイム差評価をしなくなっておりました。。。


・・・・と、横軸を時間に変更して、セクターの頭揃えをしてみたところ、3~4コーナーでタイム差がナイなんて間違ってると気づきました。

LAP+のセクタータイムの読み方を間違えていて、タイム差がナイのは、2コーナー。

3コーナー~4コーナーのエイペックス直後のセクタ分割線まででは、0.68秒も差が付いていました。。。

(1~2コーナーの解析ブログも、本ブログエントリも本文修正しました。ありがとうございます)

==

今回の3~4コーナーで今から図示するのは大変ですので、要点だけかいつまむと、

条件) 3コーナー手前のセクター分割線で頭を合わせて

・3コーナー進入のブレーキングで0.4sec遅れ

・3コーナーと4コーナー間の仮想エイペックスで、0.0秒差(追いついている)

・4コーナー出口のセクター分割線で0.66秒遅れ(!)

・S字1のエイペックス付近で0.55秒遅れ

ぐらいです。


==

> 3コーナのターンインでオーバーステアに悩まされたと書いてあるのですが、今回の車載からはそれがわからないので、わかりやすい車載映像があったらアップしてくれる何が問題なのか見てみたいと思います。

オーバー出てスピンしまくってた、1枠目の前半動画はHDD節約のために既に削除してしまったのですが・・・

1枠目でグリップ回復しはじめた頃からの動画は

http://youtu.be/wVuTstZJJ4Q

にあります。

改めて動画を見ると、オーバーよりも入口アンダーの方が顕著に見えますね。。。

タイヤに熱が入るまではオーバーステアで、そこからは入口アンダー(2/28鈴鹿南に通じる特性)と断定できると、1コーナーの進入も3コーナーの進入も改善のしようがあります。

良かったら、また御見解お聞かせください。


> もうひとつ、こういう複合コーナは作図して考えた方がわかりやすいです。

う”っ・・・・

タツゥさんのを見てて、感心はするものの、なかなかハードル高いな・・・と思ってました
(-_^;)
2015/07/25 12:02:18
こんにちは。

3コーナー立ち上がりから4コーナーのクリップにかけて、お二人に速度グラフと縦Gグラフの違いが出ています。

ステア操作は、赤いのんさんの方が最初は緩やかで、修正舵を素早く入れてうまく向きを変えています。
mistbahnさんは、最初はやや急激な操作で、修正舵でGが抜けているような感じです。少しマシンがふらふらしています。

そこで?、私の当日ベストの車載です。
https://youtu.be/aq68f-z1ubI
もっと穏やかでなめらかです。
助手席に乗るなら、私の方ですね。
誰も乗ってくれませんし、そもそもmistbahnさんのは助手席なかったですね(笑)。

マシンのセットアップの違いだと思いますが、リアが抜けやすいような感じがします。
どう対処すべきかは、私にはわかりません。
(リアスタビライザーによって、リアのアウト側のグリップが弱くなっているのだと思います。)

3,4コーナーは、自分で思っているより減速しないと、それも4コーナーのクリップに向けて減速Gを継続しないと(途中で加速Gを入れてフロント荷重が抜けてしまうとだめ)、うまく向きが変えられず、4コーナーのクリップで左側につけないと思います。
コメントへの返答
2015/07/25 14:08:25
ありがとうございます!

> mistbahnさんは、最初はやや急激な操作で、修正舵でGが抜けているような感じです。少しマシンがふらふらしています。

我ながら言うことに一貫性がナイようですが、

・前回(2/28)の入口アンダー傾向

→ 進入時に速いステア操作でちょっと強引にターンインが必要

・今回1枠目前半のオーバーステア傾向

→ 速いステアで強引にターンインするとケツが出る

・・・の間で揺れてしまい、曖昧な走りとなってしまったんだと思います。


改めて、シッカリ音を聴きながら動画を見たり、ひろあき!さん追っかけ動画を見ると、当日自分が感じていたよりも、やっぱり入口アンダー傾向の方が強いように思えます。

うーん。。。

アンダーもオーバーも両方出てる??


ひろあき!さんの当日ベスト動画のステア操作の滑らかさ、スゴいですね!
クルージング!


私は元々、かなり修正舵の少ないタイプで、割と最近まで、動画をUPすると、修正舵が少なすぎるために「あまり攻めてない」的なコメントもチラホラ頂いていたんですが、今回の鈴鹿南は修正舵だらけでした。

ひとつには、先述のように、バネを7k、8kに換えてから、かなりアンダー傾向が強くなった(立ち上がりはOKなのだケド、入口でねじ伏せる必要がある)ため、ドライビングスタイルを大きく変えたことがあります。


4コーナーに向けての加速Gに関しては、修正舵ともリンクしますが、アクセルを踏みかけてリアタイヤがヤバいのを感じ取って、アクセルを戻した・・・というのもあると思います。


赤い~のん!?さんがコメント/ご本人のブログでおっしゃられているように、フロントはもちょっとシャープに動いて、リアは粘り・・・が欲しいところですね。
的確なご意見だと思います。

で、リアは確かにスタビ強化が強化過ぎるのかもしれません。
赤い~のん!?さんが感心されていた後輪の接地の美しさはスタビの恩恵だと思うのですが。


3コーナーを攻めすぎて、4コーナーでうまく立ち上がれないのは以前からの私の問題点ですが、今回は3~4のボトムスピードもイケてないのが悩ましいところです。

でも、一度、3コーナーをもっとシッカリ減速して・・・というのは試してみて、そこをスタートにジワジワとアジャストした方が良いかも、とは思います。


ありがとうございます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】旧E07A改 マイクロスコープで調査 http://cvw.jp/b/242406/40129126/
何シテル?   07/22 20:10
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
226 人のお友達がいます
てぇかむてぇかむ * おぬまおぬま *
フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ * つとやんつとやん *
vrsvrs * み。@VAB-Aみ。@VAB-A *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.