• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年01月24日

【ビート】【Vプロ】イグニッションコイル一次側電流波形計測と閉角時間(ドエルタイム)調整

【ビート】【Vプロ】イグニッションコイル一次側電流波形計測と閉角時間(ドエルタイム)調整 【これまでの経緯】

ブログエントリ: 「【ビート】【Vプロ】HKS V-PRO(Vプロ、金プロ)閉角時間(ドエルタイム)調整

ブログエントリ: 「【ビート】【Vプロ】閉角時間、ドエルタイム、ドエル角の考え方の整理

ブログエントリ: 「【ビート】【Vプロ】コイルの磁気飽和の計測箇所について


・・・で、GRIDのイグニッションプローブとオシロスコープを用いて、点火電圧波形を見ながら、HKS VPROで閉角時間(=ドエルタイム)の調整を行った・・・

・・・・ものの、イグニッションプローブ+オシロスコープで確認している波形は点火波形であって、コイルの磁気飽和は確認できないということを、ワンオフもぇ~♪さん、C.A.Mさんから御指摘、御指導頂いた。

ありがとうございますm(u_u)m



※折角購入した高価なイグニッションプローブなので、何かセッティングに際しての有効活用の方法をご存知の方、御教示くださいm(u_u)m





↑で、イグニッションコイル一次側電流波形をオシロスコープで確認するのに、アトセンスの

1次線ピックアップ CLP-10

を使ってみることに。




で、CLP-10をクランプする場所を、調査、整理する。

まず、ビートのコイルの回路図。





次に、WEBで見つけた、解像度の低いビートのE07Aの点火系の回路図を見ながら、自分で回路図を模写してみる。



さらに、コイル回路図を重ねあわせ、A、B、C、D端子の位置と、ピックアップのクランプ位置を書き込んでみた。

(合ってますか?)






このA端子への配線(/黒)にクランプすれば良いと思う。

(合ってますか?)






↑実際に1次線ピックアップ CLP-10 をイグニッションコイルのA端子送りの/黒 ケーブルにクランプした写真。




で、会社のオシロスコープ「テクトロニクス TDS 2001C」にCLP-10を接続。




アイドリング時波形。




アイドリング時波形をY軸方向にスケーリング。

うーむ。。。


参考ソース: ワンオフもぇ~♪さんのコイル電流波形のマンガ

参考ソース: アトセンスCLP-10のコイル電流波形のオシロ画

とは根本的に何かが異なる。。。




参考ソース: 紙ヒコーキ「適正ドエルタイム(通電時間)の割り出しかたは?」


の波形マンガとは酷似
しているの
だが・・・。



ピックアップをクランプする場所が違う??



※整備手帳にワンオフもぇ~♪さんからコメントを頂きました↓

"1次線ピックアップCLP-10 のリンク先の波形の説明をよく読むと、下の緑の電圧波形が検出されるとありますね。(;´Д`)

今回測定された波形は、極性が逆なだけで、タコ信号への分岐も乗った波形が計測されているので、

(中略)

てっきり上の、黄色い 1次電流ズバリが測定できると勘違いしてしまいました。

(後略)"




ワンオフもぇ~♪さん、御教示ありがとうございます。

私もCLP-10で計測できるのはコイルの1次電流ズバリだと思っていた。

イグニッションプローブに引き続き、また失敗か!?

i!|i ○| ̄|_....






・・・計測している波形がそもそも正しいか、全く自信がなかったのだが、Vプロで閉角時間(ドエルタイム)を変更して、波形の違いを目視したものを以下に。





まず、コレはアイドリング回転数、ドエルタイム2710μsec。





アイドリング回転数のドエルタイムを200μsec増量して、2910μsecとしてみた。

うーん・・・。

スロープが途中で若干折れ曲がってるのが磁気飽和?
・・・じゃなさそう。


もっとドエルタイムを長くとってみようかとも思ったケド、コイルが焼けて、雪の中、帰宅難民になっても困るのでやめといた。

ちなみにアイドリング回転数のドエルタイムは元々の2710μsecに戻した。

サーキットでのタイムアタックに使用しない回転数帯は無闇にドエルタイムを長くせず、コイルを休めてやるべき・・・というアドバイスを頂いたので)







5400rpm付近、ドエルタイム2230μsec設定(編集前)。

アイドリング回転数のドエルタイムより短いのは、時間軸方向の波形長さで確認できる。




同じ5400rpm付近のドエルタイムを2330μsecまで伸ばしてみた。

波形が時間軸方向に長くなるのは確認できるが、磁気飽和はやっぱり良くわからない。。。







6600rpm付近、ドエルタイム2130μsec設定(編集後)。






7900rpm付近、ドエルタイム1950μsec設定(編集後)。





■閉角時間(ドエルタイム)、ドエルアングル設定の変遷





●ビート純正ECUのドエル角



※ビート純正ECUはドエル角の値は合っていると思うのだが、各行に対応する回転数がわからない。

例えば、x00~xFFをxとして、

 回転数= ax + b

のような式で補正したり、x00~xFFをポインタと見なして、例えば &H00FFの値 x0C=d192 を用い、

 2500000÷192

などの処理を行うのがビート純正ECUの内部処理なのだが、いろいろ試してみたけどわからなかった。





↑変遷をグラフに重ねあわせ。

ビート純正のドエル角値はわかるのだが、それに相当する回転数がわからないので、適当にプロットしている・・・・

・・・ので、純正ECUに対してどうか?はわからないのだケド、高回転域はまだまだ閉角時間を増やしても問題なさそう。





■実走

雪降ってたし、それによって渋滞も発生したので、実走での確認や調整は十分にはできなかったケド、

WOTで、6000rpm~6300rpm付近だけで、やたらとA/Fがリーン方向に移行(12.9→13.4付近)して、閉角時間の編集前は存在しなかったノッキングが発生した。

うーん・・・。
特に6000~6300rpm周辺のドエルタイムの増量は100μsec程度で、他の回転数域のドエルタイム変更と較べるとかなり控えめな領域なのだが・・・。

・・・ナゾ。



↑燃調のメイン補正(スロットル開度制御)をA/Fフィードバックで学習させてみたところ、ちゃんと6016rpm、6323rpmあたりのWOT領域が多めに+補正された(=燃料噴射量を増やす補正)。

A/Fが適切になったら、ノッキングは収まったので、点火時期を遅角する必要は生じなかった。



6000~8000rpm以外の領域で、全般に-0.1~-0.3ぐらいのマイナス補正が多いのは、ドエルタイムの変更が関係しているというよりは、今日は雪がチラついて、キンキンに冷えていたので、吸気温度補正の低温時の補正値が若干、大き過ぎなんだろう。
(学習させないと、いつもより全般に若干リッチだった)



==

う~ん、このテーマ、本当に難しいなあ・・・。


近いうちにDI化してしまうつもり(場合によってはエンジン本体チューンに先行して、2/23REV鈴鹿フルと4月の烈ビートの間に、DI化だけやってしまうかも)なので、何をイジになってるんだろうか?

・・・とも思うケド、

「排気系と制御以外、フルノーマルのE07Aでドコまでイケるのか?」

も、残り少ない時間で試しておきたいんだよね。。




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | ビート ECU | クルマ
Posted at 2016/01/24 22:59:01

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/01/25 10:07:19
あたしは電流はこれ使ってます。

http://www.amazon.com/gp/product/B00X3GDVWM/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=1944687542&pf_rd_s=lpo-top-stripe-1&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00BL7Y840&pf_rd_m=ATVPDKIKX0DER&pf_rd_r=0P8NCN9XCHN5SNBP3N6P
コメントへの返答
2016/01/25 19:31:21
価格と性能のバランスは良さそうですね。

【安かろう】
http://eleshop.jp/shop/g/g842136/

【バランスが良い?】
マルチ計測器 LAD-20、35000円
http://www.multimic.com/products/detail/13

【ブランド品で案外安い】
横河電機 96095、20000円ぐらい
http://www.yokogawa.com/jp-ymi/gmi/clamp-on-testers/gmi-96095-001-jp.htm

【知らないメーカだけど使いやすそう?】
picsor
http://www.picsor.net/products/products_01.html

==

・・・いずれにしても、ここまでいろいろ苦労して、また、たくさんご相談に乗って頂いてアレですが・・・


「コイルの磁気飽和はエンジン回転数に依らず一定」

「低回転域はサーキットで使わない領域なので、コイルの保護のため、ドエルタイムを伸ばさない」

という結論が出てしまったので、電流監視はしばらく凍結かなあ・・・。


近い将来のDI化と、エンジンUPDATE用に貯金しときます。
2016/01/25 18:55:31
電流プローブ 会社で使用しているのは、多分これかな(6021A)

http://jp.tek.com/datasheet/current-probe/p6021a-p6022

http://jp.tek.com/current-probe
コメントへの返答
2016/01/25 19:32:39
6021A、金額調べてみたんですが、高額ですね~

流石!

テクトロの製品って高価なものから安価なものまで案外ピンキリですよね。

(会社のオシロは安物です)
2016/01/25 19:05:35
ごめんなさい、最近は、こっちかも・・・

AC/DC電流プローブの例 - Tektronix製TCP0030型

http://jp.tek.com/datasheet/current-probe/tcp0030a-datasheet-0

http://news.mynavi.jp/series/oscilloscope2/008/
コメントへの返答
2016/01/25 19:38:09
これは更に高額ですね!!!
取扱注意 笑

私も仕事で、100万円、200万円のセンサ、計測器を扱うことは多いのですが、トルクとか荷重が中心で、電流計測って少ないんですよね。。

電流計測をする場合は、AC動力線にCT挿入して・・・というケースが多いので、今回のテーマは疎いんです。

制御信号やセンサアンプからの4~20mAをFlukeのテスタで計測したり、代わりに校正信号を出力することはありますが・・・
2016/01/25 21:57:51
自分のやり方ですと、
まず、ポンコツから色々コイルを集めてくる。
抵抗値など測ったりして予測をつける。
プラグが見える状態にして、クランキングで火の強さを比較してみる。
良さそうなコイルに決めてドエルタイムを長くしてみる。
コイルが熱くならないか確認。

て感じです。
コイルやイグナイタを自由に選べセッティングが出せるのがフルコンの良いところかと思います。
ポンコツ純正パーツがチューニングパーツに化ける、流用チューンというやつですね。(笑
コメントへの返答
2016/01/25 22:01:22
おおお、個体差も確認してしまうワケですね!


> プラグが見える状態にして、クランキングで火の強さを比較してみる。

とてもアナログですが、本当の意味での「見える化」!!!


なんだかんだで人間の視覚・聴覚・触覚などは本当に鋭敏なセンサだと思うので、一番正しい手法かもしれませんね。
2016/01/25 22:05:25
純正部品は仕様がわからないので、いろいろ測定できれば、壊れないことへの裏付けは取れそうですね。

余談ですが、
せっかくの高電圧プローブですから、点火要求電圧なんかは測れそうですよね。
どういう状況で要求電圧が上がるのか、経験的には半分くらいはつかんでいるものと思いたいのですが、実際どうなのかはとても興味があります。
コメントへの返答
2016/01/25 22:12:56
裏付けは大事ですよね。
精神衛生上、良いです。


コイルの磁気飽和は計測できなかったものの、ワンオフもぇ~♪さんからも、今回購入した2センサを悲観することはなく、ドエルタイムや点火の見える化には意味がある、とフォロー頂きました。

ミリギャップ放電の様子などで、進角/遅角の適正度合いを観察できる・・・とのアドバイスですが、波形から診断するには経験が必要そうです(^_^;)


現状、停車状態でしか観察できていないので、WOT×高負荷での様子も観察したいところですが、バッテリ電源をオシロに送った時点で、ウチのビートの2輪用のLiFeだとイグニッション波形も変化してしまいそうです。。。
2016/01/25 22:06:59
>個体差
いえいえ、もっと上位車種の良いコイルとかを拾ってくるんです。
同じ仕様のものでは同じでしょう。
コメントへの返答
2016/01/25 22:13:45
なるほど、です。

キャドカーズさんからもコイルのアップグレードは有効だと聞いてます。
2016/01/25 22:12:32
行き違いチャット状態にしてしまい、申し訳ありません。

なんだかんだで、結局クルマも人が操る 道具 ですから、人の感覚に合わせていくのがいいというのもあるような気がします。
コメントへの返答
2016/01/25 22:16:25
「イケてる!」と感じてもタイムが出ないときもありますが、

「イケてない」と感じて、タイムが出ているることは、私に関してはありません。


感覚を重要視しながらも、

「こういう感覚のときはこういう状態」

ということを覚えるためにも、計測も重要視しています。


燃調のリッチ/リーンなんかは、体感的にわかりやすいですよね~
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】【軽量化】助手席シートベルト撤去と、車検後の内装復旧 http://cvw.jp/b/242406/39993739/
何シテル?   06/25 22:07
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
あばると@腰痛あばると@腰痛 * フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ *
BlueflexBlueflex * MDiMDi *
グゥマッハグゥマッハ * t-shint-shin *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.