• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年03月12日

【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2016/3/11号(No.1426)

【書籍】auto sport(オートスポーツ) 2016/3/11号(No.1426) ド年度末で忙しいです。。。
今週は休みナシ(今、休日出社の昼休み)。



■auto sport(オートスポーツ) 2016/3/11号(No.1426)

内容がイケてる、イケてない関係ナシに、ネタとして買ってしまいそうな 「最深ドライビングテクニック」 という特集号。


※REV SPEED誌は、もう何年も買っていない。「ネタ」としても買う気にならない。
同じネタの繰り返しだし、私個人に関して言うと、REV SPEEDを読んで影響を受けることでドンドン、タイムが落ちていった。
ここ3年間、ラップタイムが徐々に更新されていってるのは、多くの方の走りと研究したり、アドバイス頂いたり・・・だが、結果としてREV SPEEDを読み始める前の自分のドライビングスタイルに戻っていっている。
(※だいたい肝心なことは敢えて書かれていない。各レーシングドライバーにとってはノウハウだから当たり前だと思うケド。)




●F1 NEW CARs SHOWDOWN

F1の2016年仕様車両が各チーム発表されたので(テストもしてるので)、その紹介記事。

当然、PUの話、空力の話などが中心だケド、



↑私はこの写真が一番気になった(レッドブル)。


ブレーキのキャリパの取付位置って、

「マスのセンター化のために、前輪は後ろ、後輪は前に取り付けるのが良い」

と何かの本で読んだことがあり、いろんな市販車を観察してきたが、必ずしもそうではなく、前後重量バランスを取るためなのか、フロントエンジン車だと、「前輪は後ろ、後輪も後ろ」 なども多い。

でも、市販車では、キャリパーが下向きに取り付けられているケースは見たことがナイ。

水とかコンタミが溜まるからなんだろうと思うケド、そういう悪条件を気にしなければ、低重心化の一環として、下向きはアリなのかな?
(F1でも、他のチームはだいたい前輪キャリパーは後方取り付け)




●最深ドライビングテクニック

ドラテク解析とかはともかくとして、レーシングドライバー同士のざっくばらんな対談はまあ、読んでて楽しいかな。



スーパーGTではチームメイト、スーパーフォーミュラでは監督と選手の関係の立川祐路と石浦宏明の楽しげな対談。


鈴鹿フルの130Rを根性論で片付けてしまってるあたりがステキだ。

速いタイムを出すためのドライビングって、根性論よりも、最近はデータ分析と研究の方が重要と言われてるし、自分の場合もそういったアプローチが結果に繋がっているケド、

・鈴鹿フルコースの1コーナー
・鈴鹿フルコースのデグナー
・鈴鹿フルコースの130R

あたりは、アプローチ方法も重要だケド、根性も重要だと思う。
特に130Rなんてターンインしてからはベタ踏みしてるだけだし・・・。

(私が良く走ってる、岡山国際、鈴鹿南なんかでは根性が重要なコーナーはひとつもないと思う)


・・・もっとも、私よりかなり速い人はたくさんいるので、速い方の意見はまた異なるのかもしれないケド。
(ラップタイムが速い人の走行動画の方が、タイムが良いにも関わらず、リスキーさがなく、安心して観れるので)





立川選手も石浦選手もタイヤの内圧センサは見ていない、という話。

これもプロなら当たり前のような気がするなあ・・・・。

大事なのは、タイムと、タイムに繋がるフィーリングで、その結果として「内圧どれくらいのときにタイムが出て、フィーリングも良かった」「なので、次回はそれでいこう」って話なので、私のようなたまにしか走らない素人と違って、しっかり走りこんでいて、感覚も研ぎ澄まされたレーシングドライバーはそうなんだろうなあ・・・と。




●規格外の男、来襲。



今年、ダンディライアンチーム(ホンダ)でスーパーフォーミュラ参戦するストフェル・バンドーン。

GP2で圧倒的な戦績を残し、数年に一度の逸材とか、十数年に一度の逸材とか言われてる、世界中から注目されているドライバー。
(それでもF1に乗れない。F1のレベルが高いからじゃなく、ペイドライバー優遇な世界だから)

あちこちで言われていることだケド、現在のスーパーフォーミュラはコーナリングスピードがF1より高く、マシン性能が素晴らしいだけじゃなく、各ドライバー、チームの実力も拮抗していて、本当にハイレベルで面白い。
(中継のあり方が眠いケド)

バンドーンの参戦で、世界からSFが注目されるのはウレシイ。

私も、SF観戦行ってみたいところだケド、4月の鈴鹿は無理だなあ・・・。
烈ビートの翌週なので、2週連続で鈴鹿に行ったら、家族のヒンシュクが・・・。




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | クルマ
Posted at 2016/03/12 13:06:32

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/03/12 13:22:28
こんにちは、お仕事ご苦労さまです。

1コーナーで根性入れて、
デグナーでかなりなくなって、
130Rに来るころにはほとんど枯渇している、
そんなへたれなドライバーです。
コメントへの返答
2016/03/12 15:32:23
130Rは得意だったんですが・・・・

件の大スピンでベタ踏みできなくなってしまいました。。。

4/17の烈では、またベタ踏みトライしてみるつもりです!
2016/03/12 13:24:35
こんにちは。

市販車のCaliper位置はほとんどがレイアウトで決められているようですよ。

例えば、ステアリング・タイロット位置の反対側にCaliperが一般的ですね。
コメントへの返答
2016/03/12 15:33:40
専門家のコメントありがとうございます!

なるほど、確かにキャリパー・マターだけで決められないですよね。納得です。
市販車は制約多いですよね。。。
2016/03/12 20:08:42
>キャリパー位置
ジムニーは上側です。
渡渉性能のためとか言われています。。。
コメントへの返答
2016/03/12 23:15:45
渡渉性能・・・

「としょう」と読むのですね!

読み方がわからないのでググってしまいました。
2016/03/12 20:28:03
またまた連投すいませんです。
↑ブレーキマイスターさんが言われているように、
ジムニーもレイアウト上のようでした。
タイロッドが後ろ側で左右をつないでいて、
もう一本ドラッグロッドというのがステアリングギアボックスと左ナックルをつなぐ構造のため、
左のナックルは前後にアーム状の突起がでています。
それをよけると、キャリパーは上か下に付けるしかないみたいです。

ややこしい文章で、申し訳ないです🙇


コメントへの返答
2016/03/12 23:28:40
ジムニーのサスまわり、画像検索でいろいろ拝見しました。

※圧倒的にフロントよりもリアの写真が多かったです。

ジムニーの足回りはカッコイイですよね。

ちゃんとした構造は見てないんですが、細くて長いアーム類での構成が、フォーミュラカーのようもあります。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.