• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年08月22日

【Mercedes-Benz Museum】14 | Mercedes-Benz Indy Engine 265E, 1994

【Mercedes-Benz Museum】14 | Mercedes-Benz Indy Engine 265E, 1994 2016.06.12に訪問したシュトゥットガルトの

メルセデス・ベンツ博物館(Mercedes-Benz Museum)編

の続き。


ブログエントリ: 「【Mercedes-Benz Museum】13 | Mercedes-Benz F1 Engine FO110M 2002 - 2003

と同様に、このエンジンも暗い部屋でガラスの向こう。(残念な展示の在り方)



■Mercedes-Benz Indy Engine 265E, 1994



→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)




→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


インディレースで、ペンスキー・メルセデス PC23に搭載されたエンジン。

アル・アンサーJrが1994年のインディ500を制している。

V型8気筒
3429cc
1026ps (755kW)
~10500rpm



・・・・と、メルセデス博物館の展示エンジンの紹介文には↑この程度のことしか書かれていなかったのだが・・・・




↑たまたま、本日、手にとってパラパラ眺めていた Motor Fan illustrated誌の Vol.112 「シリンダーヘッド!」特集号に、

「あれ?これって、メルセデス博物館で見たインディのエンジンでは?」

と思われる記事を見つけた↓。





メルセデス博物館の展示には何も触れられていないが、MFi誌には

「イルモア社がメルセデスから金を引っ張ってまったく新規に作ったエンジン」

と書かれている。

イルモアはイギリスのレース専門のエンジンメーカー。



以下、MFi vol.112の記事から引用する。

(引用開始)==================================

イルモア・メルセデス265E

元コスワースのマリオ・イリエンとポール・モーガンが設立したイルモア・エンジニアリングは、北米CARTシリーズ用に2.65L DOHC・V8エンジンを製作。
1991年にはF1に進出して、メルセデスから資本提携を受ける。

265EはCART用にまったく新規に製作されたOHVエンジンで、DOHCに対する優遇措置があたえていたことから、「ストックブロック」と呼ばれるOHVを選択。
ボア97mm × ストローク58mm の 72° V8・3.4L。

プッシュロッドの追従性を上げるため、カムの位置は可能な限り上げられ、プッシュロッドは短い。
HEMIと違って2本のプッシュロッドが吸排気それぞれのロッカーアームを動かす。
ロッカーアームは角度をつけて捻られ2バルブは対抗配置。

燃焼室は多球型(ハート型とも言われる)でコンパクト。

バルブ径はIN/52.5mm ・ EX/39.7mm と非常に大きい。

最大ブーストは3.45kg/m2で、1万回転以上を許容し1000psオーバーを叩き出す、史上最強の自動車用ガソリン(メタノール) OHVエンジンである。


========


(前略)、OHVは絶滅の方向を辿る。

そんななか、1994年にある突然変異が発生した。

レーシングエンジン・ビルダーのイルモア社が、インディレース用に製作した3.4L V8 である。

当時のCARTはDFV派生のDOHC 2.65Lターボ DFX のワンメイク状態だったが、レギュレーション上OHVエンジンであれば排気量とブースト圧アップが許されていたことに目をつけたマリオ・イリエンが、F1でのジョイント・パートナー・メルセデスから金を引っ張ってまったく新規に作ったレーシングエンジン。

3.45kg/m2 のブースト圧時に 1024ps を発揮、アル・アンサーjrのドライブでインディ500とシリーズを制覇した。

==================================(引用終わり)




・・・「1994年」「アル・アンサーJrがインディ500を制覇」。

間違いなく、この展示エンジンの解説だよな。

OHVかぁ・・・。
自分でOHVのエンジンが欲しいとは思わないケド、OHVでのインディ制覇もロマンだ!




●Mercedes-Benz Museum | メルセデス・ベンツ博物館 目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
ブログ一覧 | メルセデス | クルマ
Posted at 2016/08/22 00:41:38

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2016/08/22 07:14:46
OHVは重心高も低いのでVVTが搭載できるような設計が出来れば復活できるかも。
コメントへの返答
2016/08/22 10:26:11
なるほど!確かに低重心化はできますね!


プッシュロッドのムービングマスと、リンク部のフリクションロスをどこまで低減できるか・・・・・
・・・ですよね。
2016/08/22 08:11:04
私OHV好きですよ♪

最新のエンジンも良いけど複雑ですからね。
V6エンジンでシングルカムシャフトのOHVとか
だったらヘッド降ろすの楽そうだし、
プライベータがエンジンいじり易いのがあれば
面白いと思います。
コメントへの返答
2016/08/22 10:30:42
かれこれオーダーして半年間が経つE07Aの特注カム、ロッカーアームが設計難易度を高めていて、時間がかかっているようです(ようやく収束に向かいつつあるようですが)。

更にはSOHCで吸排を一本で済ませているのが加工難易度を・・・。


私的には、ある意味、一番シンプルなのはDOHCの直打式のようにも思える今日このごろです(^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.