• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年03月25日

【試乗】アタカ・エンジニアリング / HAWK HFR2000 (ランチア・ストラトス・レプリカ) Part.3 御開帳~エンジン、トランスミッション

【試乗】アタカ・エンジニアリング / HAWK HFR2000 (ランチア・ストラトス・レプリカ) Part.3 御開帳~エンジン、トランスミッション 重たい宿題の1つを、早朝からホテルにこもって、22:30頃にようやく完了。
こちらはタイトなスケジュールで難易度の高い仕事だったケド、ポジティブな内容だったので、ゼーハー言いながらも楽しんで片付けることができた。

(F1の予選は見た。シーズンオフにPCを交換したので、なかなかストリーミングやF1 Liveを見ることができず、なんかトラブルシューティングみたいな観戦だったが)


連日頑張って早朝から深夜までいろいろ片付けて、ようやく得られた貴重な日曜を、もうひとつの重たい宿題でまるっと潰れてしまうのが、なんとも気が滅入る。

(ここんとこ酷く愚痴っぽい・・・)


==


ブログエントリ: 「【試乗】アタカ・エンジニアリング / HAWK HFR2000 (ランチア・ストラトス・レプリカ) Part.1 エクステリア

ブログエントリ: 「【試乗】アタカ・エンジニアリング / HAWK HFR2000 (ランチア・ストラトス・レプリカ) Part.2 エクステリア続き~インテリア

の続き。


みん友、tommmyさん所有の・・・・

アタカ・エンジニアリング(現:AER)がホーク・カーズ(HAWK)のランチア・ストラトスのレプリカ HFをベースに製作したキットカー「HFR2000」。



■アタカ・エンジニアリング / HAWK HFR2000 (ランチア・ストラトス・レプリカ) Part.3 御開帳~エンジン、トランスミッション


●御開帳


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


↑この写真、お気に入り。


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


ビートもフロント・ボンネットがこういう開き方をするので、ビート乗りは少しスーパーカー気分を味わえるのだが・・・・

先日のFord RS200といい、後ろのカウルがガバッと開いてエンジンやサスがモロ見えのクルマには敵わないなあ・・・。(でもビートが好き♪)


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


↑真横からの写真では、ステアリングは元に戻さないといけないのだが、横着した。

横着したら、横着したなりの結果しか得られない・・・。


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


私はオリジナルに近いホイールじゃなく、TE37ってアリだと思う。
(自分がストラトス・レプリカのオーナーでも同じアプローチだと思う)

良く似合っていて違和感ナイし。


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ)

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


赤のボディと、オレンジのラダーフレーム。

裏から見るとFRPであることが良くわかるリアカウル。

・・・「カウル」って言葉を使う時点で、カタギじゃないよね。
「トランクリッド」とか「フェンダー」とか「ボンネット」じゃなくて「カウル」。



●エンジン

アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑角パイプのラダーフレーム内にすっぽり収まるニッサン・SR20DE。


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑アタカ・エンジニアリング仕様ならでは、のニッサンSR20DE。


私も昔(10年とか20年前)、買えないなりにも、ティーポのストラトス特集号とか買って、ストラトスのレプリカには同じメーカのモノでも、エンジン違い(アルファロメオ/フェラーリ・・・など)があるのを知って、そーいう認識はあった。


このtommmyさん所有のアタカ・エンジニアリングのHFR2000がベースとしている、UKのキットカー・メーカー、Hawk Cars(ホーク・カーズ)の「Hawk HF Series」のWEBサイトを見ると、


HF2000
 Two-litre Lancia Beta/Thema/Delta engine, 8v/16v/Turbo/Volumex

HF2400
 2.4 litre Ferrari Dino V6 engine

HF2500
 2.5 litre Alfa Romeo V6 from the 155 (not the GTV6 or 75/Milano)

HF3000
 3.0 litre Alfa Romeo V6 from the 164, 12v or 24v (not the 75/Milano)

HF3000QV
 3.0 litre Ferrari Quattrovalvole



と書いてある。

ちゃんとオリジナルと同じ、「2.4 litre Ferrari Dino V6 engine」というのもあるのだな。


そもそも、HAWK HF2000にせよ、アタカ・エンジニアリング HFR2000にせよ、キットカーなので、一台一台、仕様が違う的な話はtommmyさんから教わっていたのだが・・・

いろいろ検索していると、アタカ・エンジニアリングのHFR2000のSR20にも、いくらかバリエーションがあるんだろうか?

"掲載するHFR2000の凄い所は換装されたSR20DEエンジンかと思います。
ヘッドはポート研磨、パルサーN1用ピストン組み込み、東名ハイカム、H断面コンロッド、クランク曲がり修正、など多数のエンジン内部カスタムが行われております。
また、4連スロットルの取り付け、さらにF-CON・V-PROによるエンジン制御などフルチューンの内容です。
エンジン単品だけに100万円以上のチューニング費用が注ぎ込まれております。"


などと書いてある中古車情報ページ
もある。


tommmyさんのHFR2000が、4連スロットルでV-PRO制御なのは知っている(※tommmyさんとはそもそもお付き合いの発端がVプロ繋がりだったハズ)が、カムとかコンロッドとかクランクの仕様まではわからないや・・・・。(※コメント欄に期待)



アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20


→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑4連スロットル。





↑4連スロットルの一部。

インジェクタはアタカ・エンジニアリングのオリジナルから、tommmyさんが交換されているそうだ。






アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑ビートと同じく、ミッドシップ・横置きエンジンの、

- インマニ: 車体後方
- エキマニ: バルクヘッド=ドライバー寄り

のレイアウト。



アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑燃料タンクは左右に振り分けられて、配管で集合しているそうな。

ひょっとするとレーシングカーでは良くある仕様なのかもしれないが、私はそういうクルマをマジマジと見るのはハジメテなので、とても興味深く拝見。




アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)




→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


↑4連スロットルにはF3っぽい吸気チャンバーが付いていて、先端にはキノコ系エアクリが。


・・・ここのところ、お邪魔する先々で、ご好意で

- ビートE07Aのキノコ系エアクリ
- FD2シビック・タイプR K20A向けのキノコ系エアクリ

を頂いて帰っているのだが・・・


全く作業する時間が得られず(ビートに至っては、ブロー後1.5ヶ月が経過するケド、まだ「組み」が始まっておらず。・・・)、残念な思いを募らせている。




アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑プーリ、ベルトカバーってナイんだな。
メンテ性は明らかに素晴らしそうだ。


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

↑レーシングカー好きとか、チューンドカー好きにはたまらない、倒しまくったラジエター。


・・・でも、先のブログで、オーナーのtommmyさんが

"フロントの排気ルーバーも開口小さくて空気抜けないので本当はF50みたいにガバっと穴開けちゃいたい(ラジエタの熱気で人が茹で上がるし、空力的にもフロント持ち上げられたくないんです)ケド、これは美観的にいじっちゃイカンとガンさんにささやかれてる気がして悩んでます。"

とコメントされていた。


倒したラジエターは、ボンネットのダクトで上抜きして、ダウンフォースを稼いでナンボだと思うので、確かにそれは残念だ。。。


ビートでも、「ラジエター倒したい」思いはあるが、いろんな市販サードパーティーのボンネットのダクトが、みんなナンセンスな形状をしている(熱抜けない、ダウンフォース稼げない)のを、以前から 「なんだかなあ・・・」 と思っている。



アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)

VPRO制御(tommmyさんが自らマッピングされている)のSR20DEは、 E30 BMW M3 のS14エンジンように、やたらとパンチのある、ガツガツ・ドルドルと、コブシが入った音。


低中速域のパンチ感はヤル気にさせるし、扱いやすいのだが、個人的にはもっと軽やかに、上まで回したい。



世界最高の直4NAエンジンは、FD2シビック・タイプR仕様のK20Aだと思っている(だから、当時はデザインが好きになれなかったFD2を選んだ)。

でもなんか、K20Aのスカッと感は、今のHFR2000の中低速域のパンチを損なうので、なんか違うようにも思う。

NAで行くなら、今のSR20DEと近似した路線の延長上だとやっぱり E30 BMW M3 のS14エンジン かなあ・・・・と思ったり。(でも、S14エンジンは縦置きなので、トランスミッションが難しいか)

↑E30 M3のS14はとにかく低慣性で、針落ち/吹け上がりが超絶レスポンスなのが特徴なので、HFR2000 の SR20DE も、もっと過激に低イナーシャなフライホイールに変えるだけでも、だいぶと変わるのかなあ?
・・・・と思ったり。


オリジナル・ストラトスは2.4L V6横置きだケド、旧NSXのC30Aなんかを積んでみたら、どーなんだろ?
・・・・と思ったり。


もっとシンプルに、NA的なパンチ感とか無視して、SR20DEに、ドッカン・ターボ付けて、SR20DETにしても面白いんだろうなあ・・・・
・・・・と思ったり。


「キットカー」だからなのか、自分がストラトスに思い入れがあるからなのか、他人のクルマなのに、

「自分だったら、ああしたい、こうしたい」

が次から次へと沸いてくる。


オーナーさんには失礼かもしれないが、このクルマとの、たった2~3時間程度のお付き合いの中で、「他人のモノ」目線ではなく、「自分のクルマ」 としていろいろ考えてしまう。



そう、私はかつて、本当にストラトスのレプリカを欲しがっていたんだ・・・・と再認識。



アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


↑意味があるのかないのか、凝った先端形状のテールパイプ。









●ドライブトレイン

アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


アタカ・エンジニアリング HAWK CARS ホーク・カーズ HAWK CARS Hawkridge Developments Hawkridge Development Engineering HF2000 HFR2000 Lancia Stratos ランチア ストラトス レプリカ) SR20DE SR20

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


LSDが入っていて・・・

Uターンのときとか、縦列駐車からの発進時とか・・・・バキバキ言う。




Part.4に続く!(試乗レビューで4編にまたがるのはハジメテ)




●試乗記関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | クルマ
Posted at 2017/03/26 01:20:24

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【試乗】アタカ・エンジニアリング / ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2017/03/26 23:59
今日は栃木をチェックアウトし、明朝の米子へのフライト準備で品川に。 重たい仕事2つ目があったんだケド、ホテルには「18時までチェックインできません」と言われたので、コンセントを借りられる、ホテルの ...

この記事へのコメント

2017/03/26 07:59:55
ボンネットからのエア抜きは難しいんですよね。車体前半からルーフまでは正面からの空気を押し退けるエリアなので基本的に正圧なんですよね。
ボンネットが水平に近いエリアがあるところは車体前端の直立したエリアの大きな正圧の反動もあるので負圧エリアも生まれますが、オーバーハングの小さい車はフロントウインドウの影響で負圧になるエリアが狭いす。
更にストラトスは極端な前下がりのウエッジシェイプですからボンネット上は全面正圧じゃないかな(>_<)
抜けるわけがない。

ラジエーター逆斜めにマウントし直して床下に抜いた方がいいですね。ビートと同じですが(^^)

70年代前半の空力がまだ発達してなかった時代にボンネットの長いFRでの手法を持って来たんですね。

エンジンはトミーカイラ界隈で人気のSR20VE&6速ミッションが美味かな(^^)
コメントへの返答
2017/03/26 09:10:36
良くみる、

「熱抜きのためにボンネット浮かししました!」
 ↓
「そこ、正圧だから抜けないし、事故ったときに浮かしたボンネットが車室内にギロチンとして飛び込んでくるので危ないし」

というヤツですかね。


あー、そういえば、つい最近のMFiが「空気を読め」という特集号だったケド、忙しくて買えてないなぁ・・・
(RS200本も含めて、買ったケド読めてない本がどんどん増えていっています。。。)


ビートのレイアウトの方が、センターマス化のメリットもありそうですね。
ビートはもっとフロントタイヤに荷重与えたいですが (^_^;)


SR20VE、知りませんでした。
VVTなんですね。ボルグワーナーかなあ?
2017/03/26 08:18:27
インジェクタはSARDの300cc12孔ですねw
素晴らしい出来のアルミデリバリーレールの配管。

エンジンのコンディション如何ではリッター100馬力が発揮出来そうww
コメントへの返答
2017/03/26 09:12:26
あー、NAO'sさんはインジェクタ・マニアだった。

パッと見ですぐにわかるって結構アレですよね 笑


tommmyさんもVプロ制御はまだまだ詰める余地があるとおっしゃっていました!
2017/03/26 09:09:32
濃いですね〜見ていてとても楽しいです♪
エンジンは意外に身近?な物が載っているのですね。
4スロはSRには定番のGTIRの物かと思いきや、若干違うような。

しかし、、道中でストラトスがご開帳していたら、見惚れて事故ってしまいそうですw
コメントへの返答
2017/03/26 09:18:15
ありがとうございます。
ビートネタが完全にフリーズしっぱなしですが、そう言ってもらえると有り難いです(^_^)


エンジン、身近なモノであるメリット、ありますよね。

ノウハウある、メンテに困らない、流用部品多い、チューンナップ部品多い・・・

そんなこんなもあって、私も

「やっぱりフェラーリ・DINOのV6じゃないと!」

とか

「せめてイタリア製のエンジンじゃないと!」

とか、微塵にも思えません。


そういえば、4スロは、パルサーGTI-R用のモノだとtommmyさんがおっしゃっていました。

定番なんですね!知りませんでした。


ストラトス御開帳して写真撮影していたら、通りすがりの、カメラもったオジサン(たぶん飛行機の写真撮影)から声をかけられて、結構長いこと見ていました。

私も道中でストラトスがご開帳していたら、ビジネス移動の道中でもお客さんに
「ゴメンナサイ、遅刻します!」
と連絡してしまいそうです 笑
2017/03/26 09:33:11
正圧でも流速の高いとこはやり方ありますけどあそこは…(^^)


穴あけて手前に衝立付けるとか、WRCのサファリ車みたいにルーフまで煙突這わせるのがいいですね(^^)
コメントへの返答
2017/03/26 10:46:07
カナードがドラッグによるダウンフォース発生よりも、タイヤハウス横に乱流を発生させたり流速を高めたりして、タイヤハウス内の空気を引き抜くことに効果があるように、ラジエター排熱の上抜きもちょっとした工夫でいろいろ改善されそうですね。

WRCのサファリ車の煙突は、水に潜るとき用だと思っていました。。。
2017/03/26 21:36:29
NAだし制御デバイス満載な近代車両と比べてスカスカだからカウルなしでも整備性はいいのですが、設計というプロセスに厳しいレビューがないキットカーなのでこれは困るだろう!っていうところも多々あるわけです。リアブレーキとか。
http://minkara.carview.co.jp/userid/145110/blog/34470058/
まあその辺は自分のブログで書いちゃったりすることもありますが、あんまりやりすぎると夢が無くなるかもしれないので、大人チラリズムの範疇にしときますね。(w

「などと書いてある中古車情報ページもある。」
これうちのですね。いろいろ丸わかりです。(汗
入手経路もネタの一つだったりします。しかもかなりウケがいい。(笑)
前オーナーさんからの提示情報はこの通りでした。現在はさらに改修が進んでますが、まだまだ荒っぽいのでマイペースで洗練させていくつもりです。

ラジエターはボディ前端形状からして前上がりスラントでしか置けないんです。
全体にウエッジシェイプですけどこの辺もガンディーニの魔法が効いてますよ。ノーズのスタグネーションポイントは意外と高めでタイヤセンターより上、ただ、その下は現代の基準からするとNGなボディ下に気流が流れ込む形です。(前ヒンジでカウルが地面にあたらない逃げもありますが)
 なので、ボンネットは前下がりだけどレースカーのような極端な傾斜ではないので、バルジの前に衝立立てて開口すればいいのかなと思ってました。
板金ルーバーは1つの特徴なので変えたくはないけど、現状では有効開口がホントにないし、開口を取ろうとすると製作が極端に難しくなる(アルミはあれ以上延ばせないし、FRP系では造作の手間がかなり大変になる)ので穴もしかたないのかな、と。

エンジンは、パルサーGTi-Rベースですね。インジェクタもそうでしたけど、漏れてた(32GT-R共通の電流駆動タイプでよくある故障)ので適当なのに交換しました。
競技車じゃないんであのくらいのパワーがあればもっと軽くて小さくて低重心なのがあればそっちの方がいいかなと。
シャシーにも手を入れてもっとキチっとさせてからならパワーアップもありかもですけど。日産版VTECともいえるSR20VEはいいけどタマ数少ないんですよねぇ。

「自分だったら、ああしたい、こうしたい」
キットカーだから、もありますけど、自分で弄ってるからですよ。人の話聞いちゃうと、自分ならこう、って反射的に考えてしまいますからね。

4スロはTWM、アメリカ製のようですが、どのモデルかはわからないのでちょっと困ってます。

なんだか長くてすいません。
コメントへの返答
2017/03/26 22:07:32
好き勝手書いてスミマセン m(^_^;)m

今日はいろいろ予定変更があって、明朝、米子に飛ぶので、品川泊なのですが、多忙と過労でご連絡できませんでした。。。



> これうちのですね。いろいろ丸わかりです。(汗

おー、そーなんですね!!!!

エンジンルームとか極めて良く似ているケド、アタカのSR20DEのHFR2000は、皆、良く似た造りなのかと思って見ていました!

エンジンの仕様、面白いですね!!!


> ノーズのスタグネーションポイントは意外と高めでタイヤセンターより上

「スタグネーションポイント」って言葉を知らなくてググってしまいました (^_^;

> その下は現代の基準からするとNGなボディ下に気流が流れ込む形

フォーミュラとかWECはもう長年、積極的に下に気流を流し込むのがトレンドですケドね。
きちんとフラットボトムとか整流できていないクルマにやると逆効果は間違いないですが。


> 板金ルーバーは1つの特徴なので変えたくはない

サーキット走行とかで問題になっているワケじゃなければ、変えなくて良いのでは・・・?

エンジンとかハンドリングのフィーリングはストリートでも重要だと思いますが、個人的にはそこは、余程の過負荷走行をしなければ、いじらなくても良い気がします。


エンジンの解説、ありがとうございます!
私、ニッサンは疎いので勉強になります。



> 自分で弄ってるからですよ。人の話聞いちゃうと、自分ならこう、って反射的に考えてしまいますからね。

あー、それはそうなんでしょうね。

そして、オーナーさんが「なんとなく買って乗っている」んじゃなく、かなり細かくメカの解説をしてくれるので余計に! 笑


> 4スロはTWM

あ”・・・
そういえば、ご解説頂いて、エンボスも見せて頂いていたのでした (汗

運転所感は、その日のうちにEvernoteにメモっていたのですが、お話聞いているときにもっとシッカリとメモとっておけば良かったです。。。

(まあ、自分がハンドル握っているときの会話はメモ取れないのですが・・・)
2017/03/26 22:49:47
今日は雨なのでホーク動けませんから、ゆっくりされて正解です。またほどよい晴れの日にどうぞ。
板金ルーバーを変えたい理由は人が煮えるからですって、渋滞とかホントにね、前からは熱風、後からは遠赤外線でじっくり仕上がりますってw。

ストラトスのカタチしてますけど、キットカーは良くも悪くもキットなんです。うちのは組立はしてもらってナンバー付けてもらった半完成品から遊ばせてもらっていると思ってますので、いろんな意見聞きながら仕上げげていこうかと。
喫緊は煮物対策と、眼底がブレそうな振動低減ですかね。レースカーじゃないから無理ですわ。(笑)
コメントへの返答
2017/03/26 22:57:00
レガシィにも興味あります 笑


「煮える」って表現、面白いですね 笑

確かに、クルマの動きに問題なくてもドライバーがヤラれてしまったらどーしよーもナイ。


「ストラトスを鑑賞とイベント用に買いました。大事にします。」

じゃなく、キットカーをキットカーらしい楽しみ方で、ガシガシ、イジっていくってステキだと思います。


私は振動、全く気にならなかったですよ!

ウチのビートの方がカーボンドアのビビリ酷いですが、エンジンがそれ以上に轟音なので、ビビリなんて気になりません 笑
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW24 2002 http://cvw.jp/b/242406/40004064/
何シテル?   06/27 22:14
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *
es355es355 * つとやんつとやん *
学生ビート学生ビート * あばると@腰痛あばると@腰痛 *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.