• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年05月14日

【ビート】【黄姫】カーボン部品類 クリア塗装後仕上げ、復旧

【ビート】【黄姫】カーボン部品類 クリア塗装後仕上げ、復旧 タープテントでクリア再塗装し、仕上げ処理(コンパウンド)を終え、黄姫のカーボンパーツ一式を復旧。




↑クリア再塗装前。




↑再塗装後。



クリア再塗装前は本当にカピカピだったので、それと較べると見違えるように良くはなったものの。。。




実は結構、ゆず肌。。。


クリア後、

#3000コンパウンド(しつこいぐらい)
 ↓
#7500コンパウント
 ↓
#9000コンパウンド

は行っているが、ゆず肌は

#1000→#1500→#2000

ぐらいまで番手を落とさないと除去できない。


手元に#1000や#1500のランダムサンダー用のペーパーがなかったのもあるが・・・

過去のカーボン部品塗装で、#1000まで番手を落として磨いて、クリア層を削り過ぎてカーボン地肌を露出させてしまったこともあるので、ビビリ入って、まずはコンパウンドだけで済ませた。





でも、じっくり見るとクオリティ低いので、やっぱり、時間があれば手直ししたい。
(この後、また出張続きなので、できるとしても結構先だケド・・・)

幸い、タープテントのおかげで、埃や虫の付着や、湿気の混入などはないので、磨きだけでなんとかなりそう。





ワザとクオリティの低さが目立つ撮影の仕方をしてみた。

ウイングの端の方の手入れがしにくいあたりは、ゆず肌というよりサメ肌なので、やっぱり手入れしないと。。。





カーボン・カナードと、カーボン・チンスポイラーも仕上げ、復旧。




↑クリア再塗装前。




↑クリア再塗装前。




↑再塗装、仕上げ後。





カナードやチンスポイラーも、ウイング同様にゆず肌傾向はあった。


ウイングやチンスポイラーは面積が広いので、手作業での

#1000→#1500→#2000

の耐水ペーパー補修は困難だが、カナードは小さいので、手作業でやってみたら、きちんと鏡面まで仕上げることができた。








チンスポイラーも実はゆず肌だが、取付け位置的にも、面積的にも、リアウイングのように目立たないし、走るとすぐに劣化する部位なので、まあこんなもんだろう。

問題ないと考えている。






自分のビートの作業もしたいなあ・・・。

なんだかんだで、10月の烈が終わってショップに預けてから、数日間×2回は預かったものの、すぐにエンジントラブルで入庫しているので、フルコンの適合以外、かれこれ半年以上、何も作業できていない。。。(やりたいことはアホほど貯まっているので、かなりストレス)




●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
ブログ一覧 | ビート「黄姫」 | クルマ
Posted at 2017/05/14 17:53:46

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【ビート】【黄姫】カーボンウイング 再 ...」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2017/05/21 21:57
ブログエントリ: 「【ビート】【黄姫】カーボン部品類 クリア塗装後仕上げ、復旧」 でレポートした、 「黄姫のカーボン・リア・ウイングを、クリア再塗装したケ

この記事へのコメント

2017/05/15 09:59:10
ハニカムの入ってないドライカーボンはリアルレースカーだとだいたいザラザラに仕上がってるので、次に曇ってきたらクリア全剥離でクリアなくしちゃうのもレーシィでいいかもですねー

最近はなんでもオートクレーブにいれてツルッと仕上げるのが流行りかもですが
コメントへの返答
2017/05/15 10:06:23
塗料って結構重いですからね。

「何のためのドライカーボンか」という話になり兼ねないですよね。
(レーシングカーの塗料はかなり薄膜な特殊塗料だと聞いていますが)

全剥離も結構キレイなのですが↓

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/39656600/

ワンレースか数レース使えばOKなレースカーと違って、何年も使う我々のクルマだと耐候性的にクリアでの保護がナイと劣化がキツいかも。。。
2017/05/15 14:10:33
RS200やビートで世話になったカーボン屋さんのブログの参考ですが、ドライカーボンも2種類あって表面ツルッとさせるのは「何のためのオートクレーブか」というところですね。
http://carbonsyokunin.blog.shinobi.jp/%E7%B4%A0%E6%9D%90%E3%81%AE%E8%A9%B1/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%B3-%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%93

このブログの「素材の話」カテゴリはかなり参考になります。
コメントへの返答
2017/05/15 16:30:39
うわー、リンク先、面白いですね!!!

全然知りませんでした。
勉強になります。


マジマジと観察する機会のあるレーシングカー(主にF1)は、モノコック以外もツヤがあるように思うのですが、

a) ふんだんに予算があるから、空力部品もオートクレーブ

b) 展示車両は後からでもクリア噴いておかないと

・・・のどちらかですかね。。。

でも、確かに、

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/37777077/

のフロントウイングなど、ほとんどは黒塗装ですが、カーボン地の部分はツヤがないようにも思えます。

またじっくり実物を観察できる機会があれば見てみます!


でも

「ちなみに、どちらもゲルコートがないので
日光に当たると、どんどん黄緑色の変色が進行して行きます」

とありますから、やっぱり展示車両はクリア噴いてありそうですね(^_^;;)


私がもっている唯一のドライカーボンはHANS

http://minkara.carview.co.jp/userid/242406/blog/37544383/

ですが、コレはツヤっとしていますね。
2017/05/15 17:13:56
ラジコンや人力飛行機の世界でオートクレーブなしのドライカーボンは資料多いです。
http://dobonkai.blog99.fc2.com/blog-category-4.html
こういうのとか。ググってみると色々出て来ますよ。

オートクレーブなしでも1気圧で圧着するわけで強度的には…なので寸法精度上げるためかな?(ただの想像です

オートクレーブが必須なのはハニカム挟む時で、圧着のため圧を加えることが必要かつ圧が高いほど接着強度が増すためと習いました。
より高い圧に耐えるためにアルミでなくノーメックスのハニカムが使われてると。
コメントへの返答
2017/05/15 18:17:16
そうですね。

カーボン板の穴開けとか切断について調べるとだいたいヒットするのは、ラジコンか自転車です。

流石に成型になると、ラジコンは一気に減りますが。。。


オートクレーブの要・不要については、上のコメントで御紹介頂いたブログにも書かれていますね。
(「素材の話」面白くて、結構読みました)


工作もデザインも好きなので、DIYで空力部品作りたいんですよね。。。

問題は、時間と、自分のビートが半年以上も手元にナイことです(T_T)
2017/05/16 22:31:04
記事もさることながら、こさとうさんのコメントとリンクが面白すぎます。
、、、スミマセン(^^;
コメントへの返答
2017/05/16 22:34:05
ええ、私のブログは常に、
「本文よりもコメント欄がためになる」
のです(*^_^*)


私も教えて頂いた

http://carbonsyokunin.blog.shinobi.jp

の「素材の話」はかなり読み進めました!

今まで、カーボンに付いて全然知らなかったんだなあ・・・・と、スゴく勉強になっています!!!
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW24 2002 http://cvw.jp/b/242406/40004064/
何シテル?   06/27 22:14
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
澤 圭太澤 圭太 * BAL店長BAL店長 *
TruthTruth * nob@nob@ *
es355es355 * りぼ菌♪りぼ菌♪ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.