• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年05月17日

【書籍】Motor Fan illustrated vol.20

先のブログ「【書籍】空力とカーデザイン」の感想文の続きも書きたいところだけど、本日、モーレツに感動した書籍のレポートを先に。

■Motor Fan illustrated Vol.20「水平対向エンジンのテクノロジー」
Motor Fan illustrated vol.20

本日は、仕事で客先に行くのに珍しく電車を使ったのだが、帰りに難波の旭屋書店で発見して、思わず
「おおおおおお」
と大声を出してしまった。

毎号購読しているMotor Fan illutrated(略してMFi)だが、前号のMotor Fan illustrated Vol.19「ロータリー・エンジン」

は、まだほとんど読んでなかったので、まさか今号がBOXER特集だとは全く知らなかった。

もちろん内容は、スバル6割、ポルシェ3割、ほか1割な構成。

帰りの電車で夢中にむさぼり読みながら、スバルの水平対向エンジンの技術論に泣きそうなほど感動していた。
で、ときどき、ふと我に返って
「いつの間に私はこんなにスバヲタになったんだろう。正直キモいな」
とか思うのだが、次の瞬間にはまたむさぼり読んでいた。



●水平対向ディーゼルEE20

特集の冒頭は、話題の水平対向ディーゼルEE20の技術特徴について。
ボクサー・ディーゼルはMotor Fan illustrated vol.18「自動車のプラットフォームとは何か」

でも小記事で取り上げられており、技術革新によりクランク軸長(つまりエンジン全長)を大幅(64.9[mm]!)に短くしていることに感動していた。
これにはいろんなメリットがあるが、もちろんスバル車の一番のデザイン的欠陥とも思えるフロントのオーバーハングを切り詰めるのにも役立つハズだ。
次期レガシィのガソリンエンジン仕様がEJ20、EJ25ならばオーバーハングは諦めざるを得ないが、EE20での技術的更新が反映された次世代の水平対向ガソリンエンジンを搭載するのであれば、新型Audi A4(B8)同様、フロントのオーバーハングは切り詰めるかも。

以前から訴え続けてるけど、EE20で培った直噴技術のガソリンエンジンへの適用も期待大である。



●EZ36、EL15

EZ30からエンジン外形寸法を変えずに3.6L(ポルシェかよ!)化したEZ36、新型インプの1.5L用のEL15。
6気筒のスバルのボクサーには乗ったことがない(最寄のディーラーに試乗車がない)のだが、乗ってみたいな。
EJ15は代車で借りてたGG2F インプレッサ スポーツワゴン 1.5iで体験済みだが、EJ15とEL15はだいぶと別物らしい。
近々乗りに行こう。。。



●EJ20

そして、我らがEJ20。
1989年デビューのエンジンなので、来年には20歳となる古いエンジンだ。
モデルチェンジ、マイナーチェンジ毎にブラッシュアップを続けているエンジンだが、個人的にはとっくに限界を超えてると思ってた。

小径のツインスクロール・タービンを使ったレガシィでは抑えた仕様のため、そこまででもないのだが、GDBインプレッサWRX STIに乗ると、そのトルク感・パワー感・ど根性感に感銘は受けるものの、「無理して搾り出してる」感をヒシヒシと感じる(その分レガシィはインプよりショボく感じる)。
もう役目を終えるべきエンジンに鞭打ってるような・・・・。
(つい最近、EJ25は、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2008」で、「2.0 - 2.5リットル」部門賞で1位を獲得したらしいけど)

個人的にはEJ20には直噴化ぐらいしか手は残っていないと思っていた。

でも、現行のGH インプレッサS-GTSubaru Impreza WRX STI (CBA-GRB)に試乗して、EJ20ターボが明らかに余裕を取り戻し、無理のない、どこまでもスムースに回るフィーリングとなっていたことに随分と驚いたもんだ。

無理をさせる方向でなにかと引き換えに、余力を引き出す方向のチューニングはできても、それ以外はEJ20には厳しいと思っていたからだ。

で、今号のMFiにはその進化の理由もいろいろ綴られていた。

エンジンブロックはともかくとして、吸気ポートの形状変更によるレスポンスとリニアリティに向上、排気ポートの形状変更による排圧の低減、インタークーラー、エキマニ、触媒の改良・・・・・。
周辺パーツの改良で随分とよくなっているEJ20、嬉しいではないか!
この先、何年も何万kmも乗り続けたいと思っているB4が、GRB インプレッサ STIのエンジンパーツ流用によるチューンナップの可能性が考えられるわけで。



●トヨタと富士重が共同開発する水平対向FRスポーツカーを「読む」

まあ、共同開発っちゅうか、スバルへの全面委託なんだろけど、話題のFRスポーツ。
「FR]とは長い間、噂レベルで、公式発表は2008.04.10。
私はそれまで、今までのEJ20+AWDのレイアウトを見てきて、

 「EJのFR化はないだろな」

 「たぶん途中でプロジェクト崩壊するに違いない。あるいはAWDで出してくるか」

 「FRに頑張ってするには、全面的に新規プラットフォームの開発が必要で、そうなると生産台数的にも、高価なスポーツカーとなってしまい、ライトウエイト構想が成り立たない」

 「前後ひっくり返してRRベースのAWDなら比較的容易に作れるのにな。ポルシェとの比較をどう処理するかが問題だけど」

・・・などと、盛り上がれずに話半分で噂を眺めてたのだが、本誌では、「水平対向のFRスポーツはこうあるべきだ!」とマジメに構想提案をしている。
フロントミッドシップ、トランスアクスルなど、結局スポーツカー好きが思いつくベタな構想なのだが、AWDを棄ててFR化することで、フロントミッドやエンジンの更なる低マウント化が可能であることなどは、私には予想できなかった内容で面白かった。

ただ、全くの新規プラットフォームで車両価格高騰は避けられないだろうなあ。
コペンやRX-8のようにブランドとしてのイメージ戦略車として、薄利な戦略価格で出してこないと。
で、そのブランドイメージ的に「FRってどーなの?」である。スバルとして。


ちなみに、荒川健氏(ユーノス500やAZ-3をデザインしたヒト)によるトヨタ・スバルのFRスポーツのスタイル提案としてのスケッチ画も掲載されていた。
私のデザインを見る目がないのかもしらんけど、カッコ悪いと思った。
トヨタ×スバルというよりは、マツダ×トヨタ?な感じでもあった。



●水平対向はいま、WRC最強エンジンに

この見出しはダメだろ。
そんなにEJ20を褒めちぎってしまったら、勝てないスバル、遅いスバルのWRカーが如何にエンジン以外のクルマとドライバーがダメかをアピールしているような見出しだ。




さて、大好きなポルシェの水平対向についての記事は追々読むとしよう。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/05/17 23:22:06

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

人とくるまのテクノロジー展2008 そ ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/05/22 23:44
5/21(水) 仕事で昨年に引き続き、パシフィコ横浜の「人とくるまのテクノロジー展2008」に日帰り出張で行ってきた。 一日でなるべく多くをじっくり見たいので、AM4:30に起床し、5時前に家を出 ...
【試乗】Subaru Impreza ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/10/21 21:40
■Subaru Impreza 1.5i (GH2) 車検の間の代車。 オドメーター1000[km]程度。ほぼ新車。 諸元表を見てビックリした。 先代まではFFモデルも存在したが、GHからは ...

この記事へのコメント

2008/05/18 00:08:10
おお!
こんな本が!?

貸して下さい(爆
コメントへの返答
2008/05/18 00:38:49
スバヲタなら買いなはれ。

読まんでももっといたら、数年後に「買っといてよかった」と思えるハズ!
2008/05/18 00:31:29
明日、スバヲタになりに本屋に行ってきます。
コメントへの返答
2008/05/18 00:40:35
スバヲタ必読です。

SIX STARやSubarism、クラレガより絶対読む価値アリです!
2008/05/18 01:19:20
こんばんは。
こんな本があるんですねえ。
知らなかったです。
私も明日、本屋に走りますw

コメントへの返答
2008/05/18 08:32:56
vol.1から欠かさず買ってます。
ITS特集とかは個人的には退屈だったんですが、4WD特集号なんかもスバリスト必見すねえ。

とにかく今号はスバルの水平対向フェチには悶絶の内容です!

ちょっと大きめの本屋(TUTAYAだとか宮脇書店だとかレベル)にはだいたい置いていると思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.