• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年07月06日

【書籍】彼女のカレラ

ちょっと前の話になるが、Amazonのギフトポイントが1,620円貯まっていたので、ポルシェ・ファナティークとして、「彼女のカレラ」の1~3巻を買ってみた。

■「彼女のカレラ」1巻
「彼女のカレラ」1巻
集英社(プレイボーイ)
作・画:麻宮騎亜


■「彼女のカレラ」2巻
「彼女のカレラ」2巻
集英社(プレイボーイ)
作・画:麻宮騎亜


■「彼女のカレラ」3巻
「彼女のカレラ」3巻
集英社(プレイボーイ)
作・画:麻宮騎亜



ストーリーはシンプルで、

巨乳のクルマ素人のネーチェンが、親父の形見として964のカレラRSを渡される。
いろいろ苦労しながら、カレラRSを少しずつ理解し、愛着を深めていく・・・。

という内容。

ほのぼのとした日常生活、主人公の仕事(雑誌編集者)などにもスポットが当てられていて、毎話の最後にそのストーリーでの出費明細(ガソリン代や高速代など)が表示される。

バトルやチューニングをテーマにしたクルマの漫画がほとんどなので、この視点は面白いな、と思いながら一回目は読んだ。


とても良いな、と思える点は、マンガを通じて作者のポルシェへの愛情、クルマへの愛情、キャラクターへの愛情がヒシヒシと伝わってくるところだろうか?
自己の作品の中の登場車種やキャラに愛情を抱きすぎると、「ひとりよがり」で読み手が見えていない作品となる恐れがあるが、「彼女のカレラ」については、そんなことはなく、うまいバランスだと思う。


一回目に読んだときは、イイな・・・と思った本作品だが、自分にしては珍しく、4巻以降をすぐに買う気にならない。
基本的に一話完結の話で構成されているため、もあると思うが、それだけではなかろう。


ただ、この作品、クルマ素人にも楽しく読めそうなので、私のクルマ熱をウザく思っているであろう、妻にも読んでもらった。
が、妻の感想は

「う~ん、やっぱり結局クルマの話だし・・・・。巨乳だし。やっぱり『プレイボーイ』って感じ」

という残念な結果に終わってしまった。
うん、確かに、女の子にも読みやすくは描いているが、明らかに男性視点だな。



世間の「彼女のカレラ」ファンには画力を評価している人も多いようだ。
が、私はこれには賛成もするが、反対もしたい。

・まず、世の「彼女のカレラ」以外のクルマ漫画の画力が総じて下手すぎるので、本マンガの画力が際立って見える

・人物の描写(内面でなく絵)はもう一歩

・クルマの絵は非常にキレイで丁寧で、これこそが評価の対象なのだと思うが、どれもかなりスタティックな画風で、ダイナミズムは皆無。
 各話の扉絵などは本当に素晴らしいが、「クルマが走っている姿」の迫力はまた別の技量が必要なんだと思う。
 漫画家の絵というよりは、イラストレータによるクルマのイラストという感じだ。

各話の扉は「彼女のカレラ 公式サイト」の「GALLERY」でも閲覧できるので、見てみて欲しい。
ストラトスや、73カレラRS、カウンタックなど、スーパーカーブームの名車達がとてもキレイなイラストで表紙を飾っている。



う”・・・・またしてもポルシェネタだなあ・・・
この1ヶ月ほどのポルシェネタの比率は異様に高いなあ・・・・(汗)




●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/07/06 23:12:13

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2008/07/07 12:33:32
自分も何巻か読みましたが、イマイチでしたね。

>クルマの絵は非常にキレイで丁寧で、これこそが評価の対象なのだと思うが、どれもかなりスタティックな画風で、ダイナミズムは皆無。

これは同感で、車の躍動感が感じられなかったですね。それとリアリティさ、つまり画から伝わってくる緊迫感などが感じられませんでした。
まぁ自分は「湾岸ミッドナイト」を基準にしているので、他人と違った印象になっているのかもしれません。

>私のクルマ熱をウザく思っているであろう…

頑張って理解してもらえるようになってください!ムリか…(^_^;)
コメントへの返答
2008/07/07 12:51:54
私の基準も「湾岸ミッドナイト」になってしまいますねえ。
走行シーンの迫力は「イニシャルD」の方が上だと思いますが、話の内容が薄っぺらですし。

「湾岸」はチューナーのオヤジたちのウンチク話と生き様がメインのマンガですが、城島、マサキ、エイジのように、速く、クルマをよく知ってるカリスマ性のある乗り手が全然出てこなくなったのが寂しい限りです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW26 2004 http://cvw.jp/b/242406/40009916/
何シテル?   06/29 07:48
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
tSのりだーtSのりだー * Wolfman JunkWolfman Junk *
nob@nob@ * ショウ@B・R・Zショウ@B・R・Z *
TruthTruth * グゥマッハグゥマッハ *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.