• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年07月13日

【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み(Part2)

ブログ「【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み(Part1)」の続き。
バギー編。


■【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み

(GAKKEN MOOK)



小5の終わりぐらいから小6の間、仲間うちでの趣味と言えば、バギー系のオフロードRCカーだった。
バッテリーの充電が切れるまでレースし、その後でファミコンというパターン。


クルマの構成要素なんかも、ほとんどRCカーで覚えた。

「シャシー」、「ダブルウイッシュボーン」「ラック・アンド・ピニオン」「ピニオンギア」「デファレンシャル・ギア」「オイルダンパー」「FRP」「ジュラルミン」「ABS樹脂」「モリブデン・グリス」「トーイン」「トーアウト」「スタビライザー」「モノコック」「ボールベアリング」etc...



●マイティ・フロッグ(1983年)

"タミヤ第2世代レーシングバギーの筆頭"だそうだ。
それでも、私がオフロードRCを始めた1996年には老舗バギーという感じで、マイティ・フロッグを操ってる人を見ると、ちょっと渋いっちゅうか、ベテランっぽく見えたもんだ。


●グラスホッパー(1984年)

入門用の廉価バギー。
グラスホッパーのオーナーは、ホーネットにコンプレックスを持ち、ホーネットのオーナーはFOXにコンプレックスを持っていたように思う。
でも、グラスホッパーをベースに、フルチューンという楽しみ方もあったハズだ。


●ホーネット(1984年)

グラスホッパーのプラットフォームに、あれこれとわかりやすいワンランク上のパーツを使ったモデル。
でも1万円を切っていたので、これも入門モデルとして多くの友人が持っていた。


●ホットショット4WD(1985年)

タミヤ初の4WDレーシングバギーで、ちょうど私がRCを始めた頃にホットなモデルだった。
よって、ホットショットを選択した友人も多かった。ちょっと高価だったけど(21,800円)。
ホットショットの造形は、バギーらしくてカッコイイと思う。


●ワイルドワン(1985年)

アタックバギーというミリタリー系バギーモデルをベースにしたレーシングバギー。
バギーらしい形状で、アンチ4WDだった私は、結構コレが欲しかったのだが、先に友人に買われたので買わなかった。


●フォックス(1985年)

HOT SHOTと並んで、当時最もアツかったモデル。
実際、カッコ良くて速かった。
小学生だった我々にも、
「安定して操作しやすい4WDよりも、ドラテクは必要だけど軽量な2WDで速いヤツがカッコイイ」
みたいなイメージがあり、そういう観点からもFOXはヒーローだった。
経済力があり(17,800円)、2駆派の友人はFOXだった。


●スーパーショット4WD(1986年)

ホットショットのプラットフォームを4独サスにし、フルボールベアリング化した、正しく「スーパー」なモデル。
これをもってた友人もいた。
でも、なんか、バギーらしくないデザインと、ちょっと戦隊モノっぽい子どもっぽさが、個人的には気に入らなかった。
最初から至れり尽くせりで、チューニングする楽しみも他モデルよりも希薄だと思えて・・・・・。




・・・・そんな時代の中、私が選んだのは時代遅れのファイティング・バギーだった。


●ファイティング・バギー(1982年)

海外名"SUPER CHAMP"。
人とカブらないモデルが欲しかったのと、デザインが好きだったのでファイティング・バギーを選んだ。
既に絶版モデルで、デッドストックで置いている店を随分遠くまで探して回ったものだ。

メカの凝った、歴史的名モデルらしいが、明らかに古いプラットフォームで、上述のモデルたちとは全く異なり、随分と苦労した。

まず、何より重い。
シャシーはFRPで軽いのだが、サスペンション、ギアボックス、ダンパーなどの各パーツが、後のバギーがABS樹脂となっているのに対し、いちいち金属だったりセラミックだったりして、とにかく重かった。

で、セラミックパーツが重い癖に脆くて、クラッシュする度に割れて、部品を注文しなくてはならなかった。
友人たちがサードパーティー製のジュラルミンのウイングや、ダンパーを購入したり、ボールベアリング化するのを横目で見ながら、私は何度も壊れた純正部品を再注文していた。

ボディも、後のモデルがポリカーボネートなのに対し、プラスチックで重かった。
バギーらしくて好きなデザインだったが、軽量化のために、ハマりそうなポリカーボネートのボディを捜し、結局、コロコロコミックで買うことのできるスーパードラゴン(ホーネット用の代替エアロ)をちょっと加工して使っていた(形状は好きになれなかったが)。

そんなこんなで、重く、遅い上に私のドラテクも下手だったので、レースでは負けっぱなしだった。

が、他のモデルがサードパーティーの部品への交換でチューンできるのに対し、ファイティング・バギーではDIYでの様々な加工が必要で、イイ勉強になった。



その後登場したモデルとしては、

●ビッグウイッグ4WD(1986年)

タミヤRC10周年記念のハイエンド・モンスター・カー。
なんと由良拓也のデザイン。
初の8.4Vバッテリー標準仕様なんかも話題だった。
グラスホッパーな友人がこれに買い換えてたっけ。
私には、バギー離れしてSFっぽくなってしまったデザインにどうも抵抗があった。


●ポルシェ959 パリ・ダカール・ラリー優勝車(1986年)

バギーじゃないんだけど、オンロード・オフロード兼用のセンセーショナルなモデル。
機構のカッコ良さもあって、コレは欲しかったなあ・・・。


●アバンテ4WD(1988年)

スーパーショット以降、バギー離れしたモデルや、バギーっぽいけどコンセプトの不明瞭な中途半端な位置づけのモデルのリリースが続いたが、1988年のアバンテの登場はインパクトがあった。
私は既にオフロードをやめてオンロードに転向してたけど。

我々RCキッズの中では

 タミヤ:入門。キッズ。
 京商:マニア。上級者。
 ヨコモ:ホンマモン。大人。

というイメージがあったが、アバンテの登場で、タミヤからも通好みというか、上級者向けのコアなモデルが出たなあ・・・と。
ただ、そのスタイリングがカッコ良いのだが、京商のオプティマに結構似てるのは少し残念だった。

ちなみに私は、タイレルP34シックスホイーラー同様に、オプティマの兄弟車「京商 ジャベリン」もゴミ捨て場で拾って所有していた。
チェーン駆動の4WDで、かなり硬派なモデルだった。




本書籍を読んでいて感じたのは、タミヤのバギーはこの時期(1983~1988)が全盛期だったようで、その後、パッとしたモデルが出ていない。

その後のモデルはボディも子どものオモチャのRCのようなダサさだったりするし、機構もビッグウイッグやアバンテ以降の革新が感じられない。

で、結局、最近マイティフロッグやホーネットを復刻でリリースしているのが、それを顕著に証明している。



この書籍で、直に触れてきた懐かしいRCカー達を眺めて、当時のアツさを思いだして、盛り上がれた。



●自動車 書籍レビュー関連目次はこちら
ブログ一覧 | 書籍 | 日記
Posted at 2008/07/14 00:24:18

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タ ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/07/22 00:13
ブログ 「【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み(Part1)」 「【書籍】タミヤRC30年間の全記録―タミヤRCカー30年の歩み(Part2
【書籍】KURUMAG. No05」 From [ mistbahn with PP1 ... ] 2014/10/06 00:40
F1鈴鹿、大変なレースでしたね。 ビアンキの回復を祈ってます。 【フリーペーパー】KURUMAG. No05 発行: 中日本高速道路 制作: リクルートマーケティングパートナーズ 本日( ...

この記事へのコメント

2008/07/14 01:07:15
チョwww

私も一時期、ゴミ捨て場でオプティマを拾って所有してました!
某オクで高く売れましたが(汗

バギーのラジコンで、意味も無くジャンプ台で車を壊した記憶が蘇ります(爆)
コメントへの返答
2008/07/14 07:25:58
おっ!オプティマか!カブってますね!!!

ゴミ捨て場ではいろいろ拾ったもんです(楽器なんかも)。
最近はあんまし棄てられてないんだろうなあ・・・
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ドニントン・パーク】Williams BMW FW24 2002 http://cvw.jp/b/242406/40004064/
何シテル?   06/27 22:14
ビート(PP1)とプジョー307SWに乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。 以前はL...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 
キャドカーズ(CAD CARS) 
カテゴリ:car
2014/05/25 00:51:20
 
近藤エンジニアリング 
カテゴリ:car
2012/01/02 00:16:37
 

お友達

お気軽に!
チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。
225 人のお友達がいます
TruthTruth * BlueflexBlueflex *
hamamagurohamamaguro * エクボ屋 秀エクボ屋 秀 *
澤 圭太澤 圭太 * T-DAY&#39;ST-DAY'S *

ファン

306 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.