• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年08月06日

【試乗】Mercedes-Benz A170 ELEGANCE (W169)

■Mercedes-Benz A170 ELEGANCE (W169)

友人のご親族が最近買い換えられた、現行Aクラスを、ご好意に甘えて運転させて頂いた。
2008.02に試乗したMercedes-Benz C 200 KOMPRESSOR AVANTGARDE (W204)以来、人生二度目のメルセデス体験だ。



Aクラスがはじめて世にデビューした頃は、(横転することも含めて)かなりインパクトが強かったが、あれよあれよという間に、すっかり見慣れたクルマになった。

多くのフォロワーを生んだクルマでもあり、初代ヴィッツがデビューしたときに、なんかのクルマ雑誌がAクラスの側面写真とヴィッツの側面写真を並べて編集していて、あまりのそっくりぶりに、かなりツッコミを入れてしまった記憶がある。
そんなヴィッツも、今や中国メーカにパクられる存在になったねえ。

ちなみにホンダのエディックスはメルセデスBクラスに酷似しているね。


で、現行のAクラス(W169)。
ヴィッツ、フィットを含めフォロワーが多く、他車とキャラクターラインなどがかなりカブってきているので、デザインに新鮮味はないんだけど、洗練はされているなあ・・・と思う。
それ故、メルセデスのせいではないのだが、退屈なデザインにはなってしまっているのだが、無駄のないキレイなデザインだと思う。

このジャンルのクルマだと、私はやっぱり以前ブログに書いたAudi A2のデザインがとにかく好きだなあ・・・・。

・・・なんか、まとまらんデザイン論だ。
そもそもボキャブラも見識も少ないんだよな。


↓リアビュー




で、運転席に座ってみて。



まず、驚かされるのが、内装クオリティの高さ。
デザインがシンプルである意味地味なので、写真では伝わりにくいが、Cクラス (W204)と全く同じ思想・品質で構成されている。
触ってみると、センターパネルはシルキーな手触りだし、各スイッチ類はシンプル・機能的に整然と並ぶ。
かなり厳選された素材選定と、かなり徹底した品質管理だ。
運転席に座っただけで、このクルマは、ボディサイズも排気量も小さいが、まぎれもなく「高級車」であることがわかる。

ATのシフトレバーがややMTっぽいのだが、この操作感も素晴らしい。
グリップ感も最高だし、コクッ、コクッという操作感が本当に気持ち良く、メルセデスのマン・マシン・インターフェースが、コンパクトカーに至るまで徹底して人間工学に基づいて造られていることに感心できる。



さて、運転してみて。


とにかく全てにおいて「シルキー」という言葉が似合うフィーリング。

BMWの「シルキー・シックス」と呼ばれる6気筒は体験したことがないが、「シルキー」という言葉は、このA170のために存在するのではないか、とすら思えるほどシルキーだ。


C 200 KOMPRESSOR AVANTGARDE(W204)よりも、遥かに雑味のない、静か静か静かで、存在感を完全に消し去った直4エンジン。
Audi A3が「機械としての高精度感」をわかりやすく伝えるのに対し、A170は「高精度ゆえに存在を感じさせない」演出となっている。
吸音材や動吸振器で対策している静かさとは根本的に違う感じで、騒音源・振動源自体が優秀な感じ。


アクセルを踏んでもあんまし走らないのだが、CVTの制御が自然なのでフィーリングは良い。
アクセルを踏み込んだときに、トランスミッションの減速比制御で加速している感じは希薄で、体感的にはリニアだ。


A170はCVTだが、ドイツ車はトルコンATのフィーリングが全般的に素晴らしく、日本のメーカーにも見習って欲しい、とずっと思っていたが、

●Motor Fan illustrated VOL.21


によると、日本のメーカーは同じモデルでも欧州用と、米国・日本用で、ATの制御パターンを完全に変えているそうな。
アメリカ人・日本人が、キックダウンでのローギア移行による加速や、トルコンの滑りを気にしないのに対し、MT社会の欧州人はアクセル操作に対し、エンジン自体のトルクによる加速感を求めるそうだ。
で、欧州仕様のATは加速時のギア下げ制御も少なく、ロックアップも早め・長めなんだそうな。
つまり、国産のトルコンのフィーリングが悪いとずっと私がボヤいていたのは、メーカーのせいではなく、ATユーザの要望からの連鎖らしい。

・・・・脱線。




ステアリングもとてもシルキーだ。
スーッと軽くまわるステアリングホイールに合わせて、車体もスーッと回る。

私は重めでインフォメーションの多いステアリングやペダルが好きなので、好みとは正反対だが、これはこれで非のつけどころのない出来栄えで感心した。



Cクラスの試乗でも書いたが、最近のメルセデスはBMWとは正反対で「磐石の剛性感」という演出は避けて、軽く、柔らかく、無味無臭を志向しているんだな、とA170でも思った。



シトロエンC4が「パウディー」で宇宙的。トヨタが「靄っぽく」「ケミカル」な印象なのに対し、A170はとにかく「シルキー」だと思った。

死語を使うと(まあ、英語圏では死語でもなんでもないんだろうけど)、「ソフィスティケイテッド」。

コンパクトカーなんだけど、完全に高級車なんだな。
あえて車名は出さないが、今まで乗ってきた他の1300~1600ccクラスのクルマたちとは根本的にクオリティが違う(価格は全然違うし、ターゲット、思想も全然違うのだが)。



・・・と、まあ、ホメ殺しなのだが、気になった点が二つ。


アクセルペダルのすぐ右側に内壁があり、右足が窮屈。

それから、床位置が高い。
「将来的にEV化したときのバッテリースペースの確保」という噂も聞いたが、不自然に床位置が高い。



まあ、そんなことは些細な問題で、とても素晴らしいクルマだと思った。
自分が欲しいとは思わないケド、良いものは良いな、と。




●試乗記関連目次はこちら
ブログ一覧 | 試乗記 | 日記
Posted at 2008/08/06 20:00:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

【試乗】Audi TT Coupe S ...」 From [ mistbahn with Legac ... ] 2008/08/16 18:53
名古屋に帰省中。 昨夏、帰省した際は、名古屋の猛暑にEJ20が熱ダレしまくって、全然走らなかった。4000[rpm]以下が全く使い物にならなかった。 今年は、この一年間で、吸排気系、徹底的なEC ...
ブログ人気記事

今年も楽しかった、「ただ並べる会」
P.N.「32乗り」さん

オフ会レポート!第3回 NDロード ...
みんカラスタッフチームさん

ガチネタ! 本当に宝くじ当たっちゃ ...
ウッドミッツさん

久々の『ブログ』&久々の『清洋軒』 ...
atrai 1さん

プレオ オイル・エレメント交換
C-CLINICさん

IDI鈴鹿サーキット走行会に参加し ...
通勤快足GTRさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【ビート】バッテリー交換 SHORAI LFX18A1-BS12 http://cvw.jp/b/242406/40831878/
何シテル?   12/10 21:51
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
232 人のお友達がいます
toto@雨神toto@雨神 * 89の運転手89の運転手 *
C.A.MC.A.M * ブルマンMR-SブルマンMR-S *
hanpeko-Rhanpeko-R * NU_KENU_KE *

ファン

313 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回のサーキット ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.