• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2016年04月29日 イイね!

【F1】【写真】McLaren Honda MP4-30

【F1】【写真】McLaren Honda MP4-30栃木出張中。

5/30のREV鈴鹿フルは、海外出張のため不参加となりそう。
(というか、前回のREVは仕事のために直前キャンセルしたので、連続で運営者様にご迷惑をおかけしたくないので、申し込めない)


McLaren Honda MP4-30

2016.04.24のスーパーフォーミュラ観戦(鈴鹿2&4)時に、GPスクエアで展示されていた。

2015年の、ホンダ第四期の初年度マシン。
残念ながら散々な成績に終わったマシン。

マシンよりもPU(Honda RA615H)を見たい・撮影したいのだが、PU部は空っぽと思われる。

今年は好成績を残せるようにUPDATEを続けて欲しい。
(今週はロシアGPやね)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)



McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)



McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)


McLaren Honda MP4-30 マクラーレン・ホンダ

→ 高解像度画像(PC向け)

→ 高解像度画像(スマホ向け)




●F1関連目次はこちら
●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2016/04/29 07:46:48 | コメント(1) | トラックバック(1) | F1 | クルマ
2014年10月10日 イイね!

【F1】【グッズ】小林可夢偉2014年ヘルメット・ピンバッジ セット

【F1】【グッズ】小林可夢偉2014年ヘルメット・ピンバッジ セット先週末、同僚が鈴鹿にF1観戦に行くというので、土曜の夕方に電話して、可夢偉の2014年版のヘルメットのピンバッジを買ってきてもらうようお願いした。

昨日出張から帰阪し、本日受け取った(ありがとうございます!)。




いつも、日本GP仕様は、半年後とかに商品化されるので、「まだ売ってないよね。黒いヤツが売ってたらお願い」と頼んでいたのだが、どういうワケか今年は、2014年仕様の黒いヘルメットと、日本GP仕様が限定セットで販売されていたとのこと。ナイス。

ハイデック(ヘルメット・ペインター)もグッズ・メーカーもグルなワケね。



限定1010個のS/N:957。


頼むのが遅れていたら、きっと日曜には売り切れてたんだろう。危なかった。


参考:
ブログエントリ:「【F1】【グッズ】小林可夢偉2012年日本GP3位記念ピンバッジセット
ブログエントリ:「【F1】【グッズ】小林可夢偉 2010日本GP限定ヘルメット ピンバッヂ




●F1関連目次はこちら
Posted at 2014/10/10 17:45:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2014年09月06日 イイね!

ヤマハ コミュニケーションプラザ Jordan Yamaha 192

ヤマハ コミュニケーションプラザ Jordan Yamaha 192鳥取県のホテルでの朝。


昨日のブログエントリ「ヤマハ コミュニケーションプラザ Lexus LFA」の続き。

3年前にも撮影してブログアップした ジョーダン・ヤマハ192

展示品は何も変更ナイが、3年も経つと私の視点も変わるし、カメラも換わってるし。







エンジン。
美しいですな。

3年前にも書いたが、ECUやインジェクターがBOSCH製なのが残念(←最近外国製アンチなので)。


サスペンションアームの下に、ダンパーのサブタンクが見える。
レガシィB4に乗ってた頃、サブタンク付の車高調って憧れたなあ。





サイドポンツーンのラジエターを空気が通った箇所にオイルクーラ状の小さい熱交換器がある。




で、リアウイングのステーの間にも空冷式の熱交換器がある。
コレはギアボックスのクーラかな??





助手席側左のサイドポンツーンにはラジコン用みたいなGSユアサの12V、1.8Ahの小さいバッテリーがある。
コレのマシンのバッテリーはコレだけって解釈でOKなんだろうか?






OZのホイール、カッコイイ。
「EJR特注」をアピールしたようなプリント。


ブレーキはロータが2ピースだな・・・という意外はなんかフツーに見えた。






最近のF1と較べるとあまりにシンプルなブレーキ冷却用のダクト。

フロントウイング後端の処理も素朴。






リアブレーキの方の冷却はフロントより凝ってるケド、なんか懐かしい感じ。

いずれにしてもカーボン特注パーツをふんだんに使える環境って羨ましい。。。







コレは「バットマン・ディフューザ」に属するのかな?

「マクドナルド・ディフューザー」とも表現できそうだ。



さて、現場入します。




●クルマ写真 関連目次はこちら
Posted at 2014/09/06 08:24:21 | コメント(1) | トラックバック(1) | F1 | クルマ
2014年02月13日 イイね!

【F1】【映画】ラッシュ/プライドと友情(ネタバレ無し)

【F1】【映画】ラッシュ/プライドと友情(ネタバレ無し)レイトショーで映画『ラッシュ/プライドと友情』を観てきた。


私はニキ・ラウダ vs ジェームス・ハントはリアルタイムじゃない

F1を観始めた1987年にはもうラウダも引退していたので、ラウダに関しては

・フェラーリのドライバーだった
・大火傷した
・マクラーレンでチームメイトのプロストに0.5ポイント差で勝ってチャンピオンになった
・事業家
毒舌家
・バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクに少し似ている

という知識はあっても、思い入れはナイ。


ハントに関しては、

・モナコでライコネンがハント仕様のヘルメット被ってた

ぐらいの知識しかなかった。


そんなこんなで思い入れが特になかったケド、なんとなく義務感から観に行ってみたのだが、観て良かった。



他の方もレビューしているように、とにかくリアルだ。

1976年という時代背景描写も徹底しているし、興味深いのが、イマドキのクオリティを達成しながら、同時に70年代っぽいテイストの雰囲気を実現している。

「これ、どう準備したんだろ?」と疑問を覚えるぐらい、当時のF1マシンがCG臭くなく(実際、ここはCGじゃないと思う)ズラリと並ぶ。

クラッシュのシーンなんかは、注意深く見れば「あ、CGか」とわかるが、あまり意識しなければ、全編、CGを使っていないように見えるクオリティ
※2014.02.14追記: 後で本を読んで知ったのですが、クラッシュのシーンに限って、全くCGを使ってないとのこと。記録映像にCGをアドオンしたりしてるみたい。

実際、記録映像、実写、CGをうまく組み合わせているとのことで、明らかに記録映像とわかる部分もあるのだが、あまり違和感ナイ。
絶妙なブレンド感だ。


ジェームス・ハント役はかなり本物に似た俳優さんなのね。


F1通信の「ニキ・ラウダ インタビュー 1: 事故と映画「Rush」の簡単な紹介」に掲載されている、本物のラウダとハントの写真がステキだ。


エンジンの始動(特に音)とか、ホイールスピンとか、サイド・バイ・サイドとか、かなり迫力があるので、映画館での見応えのある作品だった。







「F1に興味のない人でも観れる」と聞いていたが、確かに、映像のディテール描写は徹底しているが、F1のメカ的なウンチクとか、ドラテクのウンチクとか、そういうところは一切触れられておらず、ドラマ・ストーリー性だけを重要視しているので、確かに「F1に興味のない人でも観れる」と思う。

ただ、やっぱり、男の生き様的な部分だったり、レーシングマシンのバトルのカッコ良さ・迫力だったり、そういう部分がイケてる映画なので、きっと私の妻は最後まで観ないと思う。
いや、最初から観ないかも。

「カッケー!」「ロマンだ!」で楽しめる人ならF1の興味・知識がなくても観れると思う。



「1976年」がいかにドラマチックなF1シーズンだったかは良くわかった。

映画「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ~」はドキュメンタリーだったが、セナ・プロ対決が熱かった1988~セナが亡くなった1994年シーズンあたりをドラマチックに描く作品もいずれ製作されることがあるんだろうか?



ちなみに、「プライドと友情」というサブタイトルは正直余計だと思った。



●F1関連目次はこちら
Posted at 2014/02/13 12:37:53 | コメント(1) | トラックバック(1) | F1 | クルマ
2014年01月17日 イイね!

【F1?】CAFE RESTAURANT POPO CLUB

【F1?】CAFE RESTAURANT POPO CLUB出張先で昼メシを食べるのに、マクドに入ろうとしたら、マクドの斜め奥に、異様なオーラを放つ建物があったので、思わず吸い寄せられてしまった。

CAFE RESTAURANT POPO CLUB




「カフェ・レストラン」というよりは「喫茶店」という風貌だが、ちゃんとメニュー豊富なレストランだった。

レストラン+コインランドリー共通の駐車場には、学園祭のような手描き感炸裂の、胸熱な看板がズラリ。





1987~1990年あたりで時が止まっているかのようだ。


店の端には「GPスペース」(だったかな?)的なコーナーもあったのだが、残念ながらF1系展示物はなく、デカいテディベアのぬいぐるみなんかが置いてあった。


店内は現在は阪神タイガース押しで、F1系の展示物は少なかったが、


・F640あたりのフェラーリF1の子ども用の乗り物(オモチャ)が天井から吊ってあった

・フェラーリF40とR32スカイラインの大きめのモデルカーがカウンターに飾ってあった

・トイレにはセナのクローズアップ写真(デカめ)が3枚貼ってあった(うち一枚はウイリアムズ時代)


と、いう感じ。


私がセナの死をきっかけに、15年間ぐらいF1を観なくなったのと同じように、やっぱりココもセナの死=F1との決別だったのかな?



サービスランチが特別美味しいとは思わなかった(ゴメンナサイ)が、地域の人やビジネスマンで、満席だった。
どうも人気店らしい。




コインランドリーまでイタリア国旗柄のストライプだ!




●F1関連目次はこちら
Posted at 2014/01/17 12:41:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

「【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】納車~Vプロ セッティング開始! http://cvw.jp/b/242406/40438969/
何シテル?   09/20 02:05
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

チューニング好き、サーキット派、カート好き、軽量化マニア、技術ネタ好き、モータースポーツファンなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
229 人のお友達がいます
C.A.MC.A.M * vrsvrs *
おぬまおぬま * sola@VABsola@VAB *
てぇかむてぇかむ * toto@雨神toto@雨神 *

ファン

308 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 コツコツと ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.