• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

mistbahnのブログ一覧

2017年10月20日 イイね!

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】CCMC用 暫定セッティングとパフォーマンス

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】CCMC用 暫定セッティングとパフォーマンス毎日雨なので、セッティングが進まないのだが・・・


今日は仕事後、束の間の雨上がり時間に、

2017.10.26のCCMC走行会@鈴鹿フルコース

に向けてのF-Con V Proセッティングを行った。
(雨が降り出したので早めに切り上げた)






実は9500rpm以上の制御で苦労していたのだが、恥ずかしい話で、ノーマルエンジンのときに9600rpmで燃料カットさせていたことを忘れていた。
燃料カットを10300rpmに設定してみたところ、安定して10000rpm以上までサージングなく回ることを確認。
依頼先さん、ありがとうございます。
friXionのバルブスプリングの性能も確認できた。

・9600rpmリミッターの所為で十分に燃調を詰めることができていなかった9600rpm~10000rpmを念入りに学習させたつもりだが、帰宅してログを見たら、まだオーバーリッチ。A/F11台。
(でも学習により燃料噴射量は減っている)
学習だけに頼っていると、燃料カット回転数周辺は、いろいろワヤになるので、この領域の燃料噴射量は手編集しよう。

車速上昇勾配は、烈の前と特に変わらない。9000rpmから上に伸びているだけ。(重要)
ただし、路面はウエットだったし、GTウイングは付いているし、リアのキャンバーも増やしてもらったので、ストレートスピードは伸びない方向での条件なので、悪くはないのだろう。

・セルスタート時のパラメータ等をいくらか設定変更したので、一発始動、安定したアイドリングをするようになった。

==

車速補正(※ギアの違いによる補正)とか、まだ手付かずのマップもあるが、まあCCMCはコレで良しとしよう。(高回転域のオーバーリッチだけ対策する)


あと、パワーバンドがどこなのかわかりづらい。。。
8600rpmぐらいから車速上昇勾配が緩やかになっているが、空気抵抗は車速の2乗に比例するので、エンジンパワーの問題じゃなくドラッグ起因かもしれないし。


10000rpmまで使えるケド、9500rpmまでで使おうと思う。(前回の烈は9200rpmでシフトアップしていた)




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/10/20 23:37:20 | コメント(6) | トラックバック(0) | ビート ECU | クルマ
2017年09月22日 イイね!

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】烈用 暫定セッティングとパフォーマンス

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】烈用 暫定セッティングとパフォーマンス 今週末 2017.09.24 に鈴鹿フルコースで開催される烈ビートに参戦の後、シリンダ判別センサのトラブルシューティングのためにスライドカムプーリを取り外し、それからタイミングを取直して、VPROも1からセッティングし直す予定。

なので、現状は数日後に迫っている烈ビート用に、安全マージンをみた暫定仕様のセッティングを毎晩、仕事後に進めている。


「まあ、とりあえずこんなもんかな。キリないし・・・」

と思えるところまでセッティングしたので、データを採ってみた。






青系: 今回のE07A改R2_0。2017.09.21計測。

桃系: ちょっと前までお世話になっていたショップさんに2回目に組んで頂いたE07A改R1_1。ブロー直前。2017.02.13計測。

緑系: ノーマルエンジンをVPRO制御。2016.01.26計測。


同じ道、同じスタート地点からの計測。

===

ノーマルエンジン純正ECUのmistbahn ROMからVPRO制御に換えてから、シャシダイ計測で、トルクで6%、出力で7%も向上したことが確認されていたのだが・・・↓

・・・でも、こうして比較すると、E07A改R1_1E07A改R2_0とはかなりのパフォーマンス差がある。

ブローしたE07A改R1_1ノーマルE07Aより低中回転域のパフォーマンスは上だったが、7000rpmから上は加速が鈍り、8500rpmから上は急に燃調リッチになりパワーダウンする問題があった。(7000rpmより上はノーマルエンジンの方がパフォーマンスが良かった)

今回のE07A改R2_0の計測時の方が、低い回転数からWOT(スロットル全開)としているので、低回転域の比較は難しい。
ノーマルE07Aと、E07A改R1_1が冬期の計測で、今回のE07A改R2_0は夏というか初秋の計測で、吸気温度的には不利な条件。

●ちなみに排気量はE07A改R2_0先のE07A改R1_1より、20cc小さいので不利。

●にも関わらず、今回のE07A改R2_0は、低中回転域で先のE07A改R1_1と同等のパフォーマンスを示しており、純正E07Aを遥かに凌駕。

●特にE07A改R1_0、R1_1で問題のあった7000rpm以上のパフォーマンスに問題がないので、今回のE07A改R2_0は、高回転域で、圧倒的な差を付けている。


ウレシイ。
ありがたい。


・・・・超寝不足なので、今からガッツリ寝る。




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/09/22 01:16:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | ビート ECU | クルマ
2017年09月20日 イイね!

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】納車~Vプロ セッティング開始!

【ビート】【E07A改R2_0】【Vプロ】納車~Vプロ セッティング開始!E07A改R2_0 の依頼先さんが、おおよその慣らしを終え、21時半ぐらいに納車にもってきてくれた!

ありがとうございます!!!




烈まで時間もないので、ビートを受け取って、荷物の整理をしてから、セッティングに。



慣らし後のオイルも2回交換を終えて頂いており、全開しても良いと、言って頂いたものの、この一年間で3回エンジンが逝っているので、そこは慎重に。

今日のところは6000rpmまでにとどめ(最後の方はオーバーシュートでは6500rpmまで)、確認+低中回転のパーシャル域のVPROセッティングを。


途中まで燃調や点火時期をセッティングしたのだが、「クランクオフセット角度」に調整余地があり、一旦編集を元に戻し、「クランクオフセット角度」を調整してから、セッティング再開。


AM0:30まで、2時間強の作業。
明晩もやるゾ!



エンジンのフィーリングはすこぶる良い。

「フィーリングが良い」にもいくつか種類があると思うが、

「パンチがある」
「ドスが効いている」

というフィーリングとは真逆で、

「本当に滑らかに軽く回る」

感じ。




高回転、高負荷はまだこれから・・・だし、ワヤにしたくないので慎重に進めるケド・・・

・自分のビートが家にある幸せ
・自分のビートのセッティングに集中できる幸せ
・エンジンがキレイに回っている幸せ

で昇天しそう。


依頼先さん、本当にありがとうございますm(u_u)m





●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/09/20 02:05:23 | コメント(3) | トラックバック(1) | ビート ECU | クルマ
2017年04月04日 イイね!

【ビート】【E07A改R1_1】【Vプロ】ノーマルエンジン(Vプロ制御)とE07A改R1_1の3速WOTログ比較

【ビート】【E07A改R1_1】【Vプロ】ノーマルエンジン(Vプロ制御)とE07A改R1_1の3速WOTログ比較今更ながらに・・・


- 2016.01.28 ノーマルエンジン、VPRO制御 の 3速WOT ログ

- 2016.02.13 E07A改R1_1(ブロー直前)、VPRO制御 の 3速WOT ログ

の比較を行った。

(近い季節、同じコース、同じストレート)






・・・時間軸、同じにすると、E07A改R1_1改の方があからさまに車速勾配が急だな・・・。


※でも、E07A改R1_1は、やっぱり8500rpmからの失速で、最終的にはノーマルエンジンに追いつかれている・・・。


改めて、残念。。。


これはVPRO→PCのラフなログだケド、VPRO内蔵ログ機能を使うともっと速いサンプリングレートで詳細に採れるので、次回は試してみたい。




●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2017/04/04 21:51:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | ビート ECU | クルマ
2016年12月22日 イイね!

【ビート】【E07A改R1_0】【Vプロ】E07A改 2番棚落ち?

【ビート】【E07A改R1_0】【Vプロ】E07A改 2番棚落ち?「何シテル?」に書いたように、Vプロのセッティングをイケイケでやり過ぎて、せっかくのできたばかりのエンジンの2番をダメにした

励ましのコメントを頂いた方々、この場を借りて御礼申し上げますm(u_u)m



また、昨日のブログエントリ: 「【ビート】【Vプロ】E07A改 Vプロセッティング再開」 にたくさんの「いいね!」を頂いていたのに、面目ナイです。。。




会社終わりで、例によって、「8000rpm台から上が回らない」特性の改善に取り組んでいた。

点火時期の調整を進めていくうちに、空ぶかしではかなり気持ちの良いレスポンスで、9300rpmどころか9500rpmまでストレスなく回るようになった。

ところが、負荷状態(要は走行時)は、WOTでも伸びない。

それでも、以前

「7800rpmぐらいからモッサリして、8400rpmぐらいで頭打ち」

だった
のが、点火時期の調整で

「8400rpmぐらいまでは加速するが、そこからはゆっくりしか加速せず、9000~9200rpmで頭打ち」

というところまでは改善
した。




点火は良いところまで来たケド、それ以上は改善できない領域に来たので、燃調を触ることに。




先日も似たマップを公開したが、↑コレが燃料の「通常噴射時間」のマップ。

8161rpmまでは回転数に比例して噴射量を増やしているのだが、そこから上は、ガクンと噴射量を落としてある。

なぜなら、8400から上は、いきなりリッチになるので。

原因は燃料噴射ではなく、「きちんと燃えていない」など別のところにあると思うので、点火等を頑張りながら、燃調はA/Fフィードバックで学習されて噴射量が増えるのを期待していたが、8400rpm以上はずっとリッチなので、噴射量はマイナス方向ばかりに学習される。





本来なら回転数に比例して噴射量を増やさないといけないので、A/Fフィードバックによる学習を止めて、このような燃料の「通常噴射時間」のマップを書いてみた。

コレで走行してみたが、残念ながら、どリッチになって、8400rpmから上は更に伸びなくなった。





なので、仕方なく、またこちらの「おかしな」マップに戻す。





で、問題の8400rpmから上は、相変わらずいきなりリッチ(11台とか)になるので、燃調のメイン補正のマップに手書きで、いくらかマイナス処理を書いてみた↓。



このエンジンで切れ味が良いのはA/F12.5よりも13~13.5あたりな印象なので、ノッキングマージンは削るので「安全側」ではないが、12.5~13狙いで。




で、WOT走行で検証すると、ちょっと改善された感じ

なので、進めすぎた感のある点火時期を、安全側として、一番感触の良かった進角まで2度戻した。


で、WOTの再検証したところ・・・・


問題の8400rpmに到達する前に、7000rpmぐらいで

「パンッ」

という音がして
(※ノックセンサ→ノックアンプ→ヘッドフォン)、パワーロスト



「うわっ!やってもた!」


と思い、減速し、路肩へ。



でも、ガラガラは言っていない

点火プラグが1本死んだときのように、ドコドコ、スバルの以前の水平対向のような脈動があるが、走る。

空ぶかしで6000rpmぐらいまではレスポンス良く吹ける。

「ブローじゃなくて、プラグが死んだんじゃないか?」・・・・と希望的観測(というか現実逃避)。






水曜はキャドカーズさんが定休日で連絡がつかず、tsworksさんにTELして相談。

(tsworksさん、ご相談に乗って頂き、ありがとうございました)


まずはプラグコードが抜けていないかのチェック。


で、停車位置から2kmぐらいの距離にある、会社まで自走でゆっくり戻る。






tsworksさんにご教示頂いた確認方法で、エンジンをかけた状態で、感電に気をつけながら、1本ずつ順番にプラグコードを抜き差ししてみた

1番と3番ではプラグコードを抜くとちゃんとエンストする。

2番はプラグコードを抜いても何も変わらない。

つまり、2番がアウト。






2番のプラグの点検。



黒いケド、電極は存在。





2番プラグと3番プラグを入替えてみて、また

「エンジンをかけた状態でプラグコードを抜く」

検証をやってみた
ところ、プラグを入替えたにも関わらず、やっぱりエンストしないのは残念ながら2番。

つまり、点火プラグは犯人ではナイ







2番のプラグホールから、ライトで照らして中を覗く。

目視できる範囲のピストンヘッド中心部分は何も問題なく見えるのだが・・・







「プラグではなくプラグコードが逝っていればイイのに」 と思い、1番と2番のプラグを入替えてみたケド、やはり、2番だけ仕事をしていない。

残念。。。




トラブルシューティングをしているときは、比較的、落ち着いているつもりだった。

「ああ、やっちゃったな」

「I believeし過ぎた(半信半疑だったケド)」

「高い授業料だけど仕方がないな。勉強になったわ」

「とりあえず、問題の切り分けができて良かった。『明日、点火プラグの換えをもってきたら走るかも』と、どっちつかずの状態で帰宅したら悶々とするしな。」

「tsworksさん、電話サポート本当にありがとう!」

「せっかくエンジン組んでくれたキャドカーズさん、ゴメンナサイ」

「金策どうしよう。困ったな・・・」

「タカス研修走行会はキャンセルしかないな」


とか考えながらも、なんか納得しているつもり。



とりあえず、ビートは後日、積車で回収してもらう方向で、会社に置いて、帰宅した。



落ち着いていて、冷静で、そんなに激しく気落ちしているつもりはなかったのだが・・・

帰宅すると、床にベチャっと体を預けるほかなく、しばらく起き上がれなかった。

酔ったように気分が悪かったケド、妻が晩御飯を用意してくれていたので、頑張って食った。

で、また、地球の重力に逆らえず、床に。



「今日はブログアップとか無理だわ」

「寝るしかないケド、なんか体調変だから寝ることすらままならんかも」


とか思っていたケド、しばらくその状態の後、風呂に入り、Monsterを飲み、回復してきたので、今、ブログ書いている。


また復活まで時間がかかるのは仕方がないとして、金策、困ったなあ・・・。





●ホンダ・ビート(PP1) ECU関連目次はこちら
●ホンダ・ビート(PP1)関連目次はこちら
Posted at 2016/12/22 01:24:15 | コメント(9) | トラックバック(3) | ビート ECU | クルマ

プロフィール

「【ドニントン・パーク】McLaren Mercedes MP4-12 1997 http://cvw.jp/b/242406/40610934/
何シテル?   10/22 18:14
ビート(PP1)、三菱アイ、シビック・タイプR(FD2)に乗っています。 ビートでのサーキット走行とチューニングが趣味です。 レンタルカートも好きです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

mistbahn motor web 
カテゴリ:目次
2014/05/25 00:53:19
 

お友達

サーキット派、チューニング好き、モータースポーツファン、技術ネタ好き、軽量化マニア、カート好きなど歓迎。

ただし、ブログアクセス数アップのみを目的としたお誘いはお断り。

みんカラは自動車趣味という共通点での繋がりだと思うので、車ネタ以外のブログしかない方もお断り(興味をもてない)。
230 人のお友達がいます
ゆういっつぁんゆういっつぁん * MDi遠藤MDi遠藤 *
TruthTruth * sola@VABsola@VAB *
mahboszmahbosz * フランソワ・アルヌ~ル♪フランソワ・アルヌ~ル♪ *

ファン

311 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
趣味車。 昔からデザインがたまらなく好きだったビートを個人売買で安く購入。 年に2回の ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
私の担当・営業車両(社用車)。 K20Aの完成形と、ボディ剛性の高さ、乗った感じでコレ ...
三菱 アイ 三菱 アイ
2017.03.07 こさとうさんに非常にリーズナブルな価格で譲って頂いた!   発売当 ...
スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
中古で購入。2003年BL5A。 随分多くのクルマを試乗した結果選びました。 トミー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.