車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月23日 イイね!
スイフト HYBRID RS 試乗いつもみんカラでグタグダとブログを書いていますが、多分試乗記みたいなものは書いた事ありません。

嫁が三菱とスズキのディーラーに勤めているので他ディーラーには行けないという特殊な事情だからです。







今日弟の用事でディーラーに行ったらスイフトHYBRIDがあったので乗ってきました!

新型スイフトは旧型より室内が広くなり、デカい僕が乗っても後部座席は余裕があります。
1.2lのエンジンは軽やかに回り、硬めのサスも程よい気持ち良さでアンジュレーションを拾ってくれます。







「おおっ!こ、これは良いじゃないか‼︎」と思わず思考が外部に漏れます。







シートも気持ち良く、何よりもブレーキが効きます!







先日、友人のクルマを修理に出してる時に代車で借りてた某社のセダンに乗らせて貰ったらビックリしました。

ブレーキがスポンジのようで初期制動が全く効きませんでした。

あのクルマ、女性が運転したら止まるのかな?っていうくらい効きません。

友人は「ランエボとかに乗ってるからそう思うだけだよ!普通はあんなもんだ‼︎」と言ってましたが、そうではありません。



僕は普段は三菱の商用車のデリカに乗ってますが、そのセダンとは比べものにならないくらいよくブレーキは効きます。





(奥に写っているのが愛車のスーパーFR箱バンの事です)







そしてこのスイフトHYBRIDのブレーキも良く効きます!
思わずABSが効くくらいのパニックブレーキをしてやろうかと思いましたが、流石に試乗車なので勘弁してあげました(何様目線でしょう?)











何よりも内装の高級感にビックリしてしまい思わず「BMWみたいじゃないか?」と言うと後ろに乗っている弟が「BMW、乗ったことあるんか?」と聞いてきます。
「いや、乗ったことないよ!カーグラTVで見た事あるくらいだよ」と答えたらそれっきり弟は僕の話を聞かずに携帯をイジッていました。







僕が「このステアリングなんかまるでメルセデス・ベンツじゃないか‼︎」と感動しても嫁も弟もシーンとしてました。
なかなか自分が受けた感動は他者には伝わらないし、僕のコミニュケーション能力の低さのせいでしょう。
ちなみにベンツのステアリングは「おぎやはぎの愛車遍歴」かなんかできっと見たのでしょう。







嫁が働いているので、多少三菱やスズキのクルマに甘いのかもしれませんが、それを差し引いて考えてもこのスイフトHYBRIDは良いクルマだと思いました。

もし考えている方がいらっしゃったらおススメです!
是非試乗してみてください。

でもノリでぶわぁっと書いていますし、BMWもベンツも乗った事のない人間の試乗記なのでそもそも信憑性にかけるのは間違いありません。


スイフトスポーツに乗っている嫁が「私のクルマ、これにしちゃおうかな〜!」って言ってました。

Posted at 2017/01/23 20:03:30 | コメント(11) | トラックバック(0)
2017年01月20日 イイね!
エンブレムのないクルマこのブログは私もFA宣言については全く書いていない筈だったんですが結果的には書いてしまってます。







「86好きなエボX乗りのみん友さん(上のクルマに乗られてる方)」とお話してると「前期の86のフェンダーガーニッシュのエンブレム、カッコ良いですよね?」と言っていました。






「自称エボ乗りの中で一番の86好き」な僕としては黙っていられないので「ああ、あのエンブレム、空力的に良くないらしくて後期型は無いんですよね!何か最高速アタックの時とかにブッ飛んだらしいですよ」と此処ぞばかりに持てる知識をフルに詰め込めて答えます。







「自称エボ乗りの中で一番の86好き」の矜持ってヤツです。

すると「じゃあ、後期86ってエンブレムがないんですね〜」と彼は言います。

えっ?

えっ??

エンブレムが無い!?

そんなクルマ、あるの??

プチ大パニック(間違った日本語)を起こして不測の事態に対応できません!

困った僕は「え〜っと、86って後ろにエンブレムって無かったですかね?」とみん友さんに聞きますと「ヘッドライトにシールかなんかがあるみたいですよ」と教えてくれました。

みん友さんはこの時点で僕の「エボ乗りの中で一番の86好き」の地位を脅かしてきます。
危険なオトコです。
デンジャラスなフレバーがします。

調べてみると、






確かにエンブレムが無く、






ヘッドライトの横シールらしきもので「86」って書いてありました。


し、知りませんでした………後期86にエンブレムが無いなんて………。







しかもそのみん友さん、あろうことかエボXから86に乗り換えちゃいました。
やはり危険なフレバーがするオトコでした。



「エボ乗りの中で一番の86好き」の座はそのみん友さんに譲りましょう!
今日から僕は「エボ乗りで一番のBRZ好き」になります!!







ちなみにBRZのお尻にはエンブレムはありますよ!



Posted at 2017/01/20 18:29:09 | コメント(22) | トラックバック(0)
2017年01月16日 イイね!
魔王のS2000 PART2弟がS660を買い足しました。
買い換えたのではなく買い足したのです。






S660、本当は僕が狙っていました。
今でも真剣に欲しいくらいです。
手間暇掛けてけいよん! 01:Corner「はあ?軽自動車!?」なんていう妄想ブログを書いているくらいですから僕の軽スポーツカーに対する愛は本気です。
でも、僕の身長と座高がデカ過ぎて天井の幌がモッコリしてしまって乗れないので泣く泣くS660は諦めました。







しかし、一度火のついた後輪駆動への憧れはなかなか払拭出来ません。


ぶっちゃけた話、僕には趣味なるものがあまりありません。
グルメでもなければギャンブルもやらないいたって真面目でセイフティに生きてる小市民です。

映画はテレビで放映されてるヤツを観たりDVDを借りたりするくらいで大したお金も掛かりませんし、老眼になって本を読むのも億劫になってきたので最近は本も買ってません。

いつも遊ばさせて貰っているみんカラさんはなんと無料です。
ただひたすら感謝あるのみです。







「弟もS660を買ったし、子供もいないし、一度きりの人生だから僕ももう1台クルマを買っても良いんじゃないか?」

邪悪で享楽的な自分勝手で無知蒙昧な妄想が頭をよぎります。
一度横切った自分に都合の良い思考は歯止めが利かずひたすら全知全能であるかのごとき無遠慮さで壮大な誇大妄想に変貌していきます。







「80万円??こ、これだったら、か、買えるんじゃない?「夢」だったS2000がコミコミで100万円だったらもしかしてイケるんじゃない??」







世の中はそんなに甘くはありません…。
50歳手前の浅薄なおじさんの思考は暴走の一途を辿りネットを徘徊し、S2000の値段を見て愕然とするのです。







「た、た、高い……。何年も前のクルマなのにちょっと程度の良いクルマだったら新車より高い……。恐るべし、S2000……、侮りがたし、人気車種………」
と奥歯をガタガタ言わせながら枕を涙に濡らしたのでした。







さようなら、S2000……,
さようなら、遅咲きの青春……。
さようなら、永遠の憧憬……。


なんて思っていたらアミューズのフルエアロ付きのクルマがあったのです‼︎







老後になったらこのクルマか激安エリーゼを買って日本一周を企んでいる僕ですから先に買っておくのも手です!







嗚呼、麗しのGTウィング………







プレステのゲーム「グランツーリスモ」のスタッフと共同デザインしたエアロ………







走行性能を上げるための過度なワイドトレッド…………







フロントのダウンフォースを稼ぐ髭男爵…………………いや、カナード………、この悶絶するような美しいクルマの値段は380万円!
改造申請しているのかどうか?
車検は通るのかどうか不明……。

しかし、憧れの魔王!

されど、380万円‼︎

今の自分のクルマを売ったら何とか買える値段。

どうする?

どうしたら良いんだ、僕⁉︎

と思いながらビビって結局買えません。

だって、このクルマが嫁のディーラーで買える訳ではありませんのできっぱり諦めました。

普通のS2000を買って







このくらいの感じのクルマも良いなあ〜!とかまた妄想しています。





Posted at 2017/01/16 19:02:08 | コメント(19) | トラックバック(0)
2017年01月14日 イイね!
魔王のS2000S2000が発売された当時の印象は「えっ、そんなにするの、このクルマ?ターボも付いてないのに360万円?ランエボやインプレッサより高いの??」でした。







当時「ランエボ」ジャンキーだった僕はそんな印象しか持っていませんでした。
とにかく僕には買えない(けれども大好きな)GT-Rや






ジャパニーズスーパーカーなNSXを






「筑波サーキット」で比較的リーズナブル(それでも僕にしては物凄く必死で買わなければならない)なFDやランエボやインプレッサがブチ抜くのをホットバージョンやベストモータリングで「観る」のが最高の愉悦でした。






あっ、もちろん自分ではそんなことはしません!
自慢じゃありませんが、僕は運転がド下手ですから……。


しかし、だんだんS2000の素晴らしさに遅まきながら気づく訳です。
それに気づかせてくれたのはチューナーさん達が作っているS2000のチューンドカーです。



J's RACINGさんや






アルボーさんや




パワーハウス・アミューズさんの



チューンドS2000を見てシビれない人がいるでしょうか?



ホットバージョンで峠最速を決める「魔王決定戦」ではアミューズのS2000が絶対的王者のRE雨宮のFDを






追いつき追い越そうとする姿は下手な映画やドラマより僕の心を掴んでやみませんでした。






当時の社長の故田名邊秀樹さんの爽やかで人懐っこい笑顔も素敵でつい必要以上に応援してしまいます。

頑張れ、田名邊さん!

雨宮さんをやっつけろ‼︎

もはや雨宮さんは悪者扱いです‼︎!(※注 雨宮さんはとても優しく凄くセンスの良いカッコ良いRX-7をチューニングする方です)


全開で攻めているS2000に感動して大好きなクルマになりました。

「いつかは買うぜ、アミューズS2000!」

そう心に決めたこともあります。








ネットをふらふら見ていると中古車でアミューズのフルエアロなS2000が売りに出されていました。


つづく


Posted at 2017/01/14 20:32:59 | コメント(17) | トラックバック(0)
2017年01月11日 イイね!
けいよん!11:Corner 弱アンダーくらいがちょうど良い!けいよん! 10:Corner ノーブラで運転なんか出来ません!のつづきです。




女自動車整備士の松田あずみ(AZU)と






彼女が働く自動車整備工場のオヤジさんの娘の本田美都と






クルマ好きのゆるふわ女子高生の鈴木千野と






正月早々仲良く遊んでいるくらいですから三人共オトコなんかいません。











しかし、ある日そんなオトコっ気の全く無い松田AZUが普段着ないような「女子」な私服を着て何処かに行こうとしてます。







「ど、どうしたんですか、AZUさん!?」
鈴木千野と本田美都は声を荒げました。

「お、おかしいか?」
と、松田AZUはちょっと顔を赤らめています。







「全然おかしくないですよ!いっつも仕事用のツナギしか着てなかったからビックリしただけです!」
と鈴木千野が褒めてるのかけなしているのかよく解らない事を言います。





(松田AZUの普段着)


「デートっスか?彼氏いたんですか!?」
と、AZUに彼氏なんかいないと思ってる本田美都がからかいます。

「いねえよ!いるように見えんのか‼︎ ダチとメシ食いに行くだけだよ。それよりもアンタたち、ちゃんとノーブラ走行の練習してんのかよ?」

「やりませんよ!何か人の視線が気になるしスースーするし色々擦れて大変な事になるんですから‼︎ AZUさんもやってみたら良いんですよ‼︎!コンビニに行くのも一苦労なんですから‼︎‼︎」




と、美都は猛抗議しました。

しかし「そうか?アタシは峠行く時はいつもノーパンでノーブラだよ……」
と、AZUがさらりと言ってのけます。
「だって1gでも軽くしてえじゃん!全裸で運転したいくらいだよ‼︎」

実は鈴木千野はノーブラドライブは割りと平気で解放感すら感じていました。
千野は自分がシートベルトとシートになってノーブラでノーパンな松田AZUを乗せているところを想像してみます。





(人間椅子と人間シートベルトになった鈴木千野の図)


色々なところが千野に触れ色々なところが擦れあい色々なところがセンシティブになってきま…………………………………、
「いやいや、女同士だし………」と正気に戻った千野はAZUにタイヤをアドバンに交換して貰った後、クルマがアンダー気味になっていた事を相談します。







「あ〜、タイヤがサスに勝っちゃってるのかもね。中古の安い車高調でもあれば良いんだけど。でもな、千野、クルマは弱アンダーくらいが丁度良いんだよ」

「えっ?そうなんですか??」

「荷重移動で曲げれば良いのよ。コーナーの手前でフルブレーキ掛けてクリッピングまで少しブレーキを抜きながらアプローチするんだ。ブレーキを残すってヤツさ。だいたいすぐお尻を振って向きが変わるクルマなんか危なくてしょうがねえよ。人間と一緒!言ってる事や信念や生き方や思想や哲学なんかが簡単にお尻を振ってドリフトして行き先が定まらないような人間って全く信頼出来ねえ。言動がちょっとばかり頑固で曲がり難いヤツの方が信用たり得る
。クルマも人間も弱アンダーくらいで丁度良いのさ」

二人はたまに見せるAZUの独特の考え方に惹かれているのかもしれません。

「おっ、来た、来た!八千穂、こっちだよ‼︎」
高校時代からの親友日和八千穂がやってきました。







「ごめん、AZU!遅れちゃった……」










「……………………………………………」
AZUの友達を見て二人は愕然としています。

「あの…………………………………、もしかしてぴよ八先生の妹さんですか?」
恐る恐る二人は聞いてみました。







「な、なんで解ったの!?」
とAZUと日和八千穂が驚きます。

「いや、誰がどう見ても……………」と千野と美都は思いましたが、何でも思った事を言えば良いって事ではないと解るくらいの年頃です。


「八千穂、焼き鳥屋さんに行くか?」

「イヤよ、共食いになっちゃう」
と八千穂は瞬時に断りました。

「アンタの兄貴も同じ事言ってたよ!じゃ、いつものラーメン屋さんだな!」
とAZUと八千穂はそのままいつものラーメン屋さんに行きました。


世界は驚愕と未知に満ちてることに気づいた18歳の千野と美都です。

つづく







Posted at 2017/01/11 19:59:44 | コメント(16) | トラックバック(0)
プロフィール
「@もと部長(機械化連隊長) さん、おやすみなさーい〜!」
何シテル?   01/24 01:41
セラフィム2501です。もう50歳になろうかとするおっさんですがよろしくお願いします。クルマの事はあまり詳しくないので良かったら色々教えて下さい。皆さんのクルマ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
ホンダ(純正) テール加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/05 01:00:27
限界ナビゲーション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/02 17:52:21
マニュアリスト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/14 15:16:32
お友達
お友達申請、気楽にして下さい。
243 人のお友達がいます
紅い眼鏡紅い眼鏡 * かしらっちかしらっち *
Blue_skyBlue_sky * 白夜10番白夜10番 *
komiragekomirage * 梵天fit梵天fit *
ファン
221 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スイフトスポーツ(ZC32S) スズキ スイフトスポーツ(ZC32S)
はじめまして。よろしくお願いします〜。
三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
はじめまして。セラフィム2501と申します。クルマの事はそんなに詳しくないので気の向いた ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
僕が初めて買ったクルマです。薄くて軽いボディと薄くて軽くてチャラいキャラクターのクルマで ...
トヨタ MR2 トヨタ MR2
ミッドシップしかない!そう思い込み買ったクルマでしたが初期型ですのでテールハッピーな絶叫 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.