車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月05日 イイね!
 ロシアの東西をつなぐシベリア鉄道が全線開業して今年で100周年。世界最長の鉄道路線はいま、アジアから欧州を駆けるユーラシア大陸の大動脈になろうとしている。日本への延伸構想も浮上しているが、巨額の工事費や沿線人口の少なさが壁になっている。

 「巴里の君へ逢(あ)ひに行く」。ウラジオストクにある歌人・与謝野晶子の碑に刻まれた詩の一節だ。1912年、夫の鉄幹に会うためシベリア鉄道を経由してパリに向かった。

 それから100年余。貨物に加え、旅客路線でも、欧州やアジアとのつながりは深まっている。

 11月中旬、モスクワから出発したスペイン製の新型車両「タルゴ」のテスト走行に乗車した。12月に新設するベルリン行き列車に使う。この路線の最高時速は160キロだが、設計上は200キロも可能になる。

 出発すると、すぐにロシアの雄大な風景が車窓に広がった。景色を眺めながら、食堂車でスープや肉料理を楽しめる。客車では映画を上映する予定で、VIPや身体障害者用の個室はシャワーを完備。地元記者は「快適だ」と感心した。

 タルゴの最大の特徴は、車輪の幅を変えられるフリーゲージトレインだ。旧ソ連と欧州は線路幅が異なり、現在はポーランドとの国境にあるベラルーシ西部のブレストで列車の台車を交換するが、タルゴは変換装置を通るだけで車輪の幅が伸縮し、ベルリンへの所要時間を現在の約25時間から5時間前後短くできる。
Posted at 2016/12/05 18:27:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月09日 イイね!
《使徒パウロ》(カタログNo.38参照)の描写は、いわば肖像画の特質を歴史画と結ぴ付けたものであり、彼自身の《金鎖の首飾りとィヤリングを付けた毛皮の上着の自画像》(カタログNo.39参照)の中では、彼は想像的な衣装を身にまとって描かれ、何らかの役割を演じているのである。

日常生活の諸場景を描いた風浴画は、17世紀のオランダ人の生活を窺い知ることのできる頗る有益な視点を与えてくれる。その中で、アドリアーン。ファン・オスターデなどの若干の画家たちは、素朴な田舎の住民の生活場景を描くことに専門化していった。
Posted at 2016/11/09 11:26:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月15日 イイね!

ディオニュソスまたはバッコス(ラテン語のBacchus =バックスは三の異名の方から派生している。同じ綴りで英語での読みはバッカス) は、古代ギリシャにおける豊暁と葡萄酒の神であった。

ディオニュソスは神冷の父ゼウスと人の子七メレの息子である。彼は何冊もの護教的また反かレヴァン主義的な論文を著しており、さらにまた、彼が、45年間暮らしたアントウエルペン市に関する、その中には建築や、土地の画家に言及した諸節も含まれている小冊子も著した。
Posted at 2016/10/15 16:06:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月20日 イイね!
2011年の日本の福島原子力発電所の放射能漏れ事故後、韓国内に輸入された福島産の食品が400トン以上であることが分かった。

中国や台湾などが日本の福島で生産された全食品に対する輸入禁止をしたこととは違い韓国政府は農産物や飼料など一部の食品に対してのみ輸入を中止したためだ。

19日国会保健福祉委員会のチェ・ドジャ議員(国民の党)は食品医薬品安全処が提出した「原発事故後の福島食品輸入現況」を分析した結果、福島食品407トンが873回にわたり国内に輸入されたと明らかにした。水産物加工品が233トンで最も多く、2つ以上の食品添加物が混じった混合製剤が51トンで後に続いた。そのほかにもキャンディ類41トン、清酒33トンなどが輸入された。

これについて韓国政府は日本政府の放射能検査証明書と精密検査を実施しているため福島の食品は安全だという立場だ。だが食品医薬品安全処によれば実際に2011年から2016年7月21日まで日本産の輸入食品から微量の放射能が検出されて返送された事例は187件、197.6トンに達する。

日本の放射能に対する国民の意識調査によれば、韓国国民は政府の放射能関連情報を不信に思っていることが明らかになった。韓国政府の放射能情報を信頼するという意見は2014年13.3%、2015年13.1%とあらわれた。
Posted at 2016/09/20 17:56:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月30日 イイね!
この絵の然者は、彼女を二重に、つまり一度は捻った腰の優雅な曲線を示しつつ背中を向けているモデルとして、もう一度は画家のカンヴァスの上で左手にあのパリスの黄金の林檎を持っ全裸身のウエヌスとして、見いだす。

少年アモルは、彼の矢によって愛を生じさせる神であるが、こラでは芸術家のモデルに対する情熱を掻き立てるだけでなく、同時に、画家が美を彼の作品のインスピレーションのために必要としていることに気付かせる。
Posted at 2016/08/30 11:07:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「進化していたシベリア鉄道 全線開業100年、大動脈に http://cvw.jp/b/2432572/38961637/
何シテル?   12/05 18:27
トオルちゃ~んです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
http://ameblo.jp/tokoroki/ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:43:20
 
花の絵画特集 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:42:49
 
絵画 油絵 花のある静物 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/10 12:41:38
 
お友達
愛車一覧
トヨタ 1600GT トヨタ 1600GT
トヨタ 1600GTに乗っています。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.