• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

miko1035のブログ一覧

2014年10月22日 イイね!

「日本国宝展」に行く

「日本国宝展」に行く 17日金曜日奇跡的に2週続けて3連休。
 東京国立博物館で開催中の「日本国宝展」へ行きました。
 前期と後期に分かれていて全ての展示物は見られませんでしたが、一つ一つのものは超一級品であることには間違いはないのだろうけれども、なんだろうね、この不完全燃焼のようなモヤモヤ感は?
・・本展覧会は、これら国宝の中で、人々の篤(あつ)い信仰心が結実した文化的遺産を集め、日本文化形成の精神を見つめ直すことを試みた壮大な展覧会です。祈りをテーマに、仏と神と、人の心をつなぐ役割を担ってきた絵画・彫刻・工芸・典籍・考古資料などを展示し、日本文化の粋の結集をご覧いただきます。人々の祈り、信じる力が、どのような形を結び今に伝わるのか、国宝と私たちとの、時空を超えた対話が始まります。・・・だということなんだそうだけれども、何か違和感を感じます。多分私の貧弱な感性と一致しなかったんでしょうね。
Posted at 2014/10/22 16:28:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ひま人の博物誌 | 日記
2014年10月11日 イイね!

妙義山へ行った

妙義山へ行った金曜日、お休みが取れて待望の三連休、ヤッター!!
で、先日大ボラ吹いたカメラでも早速試してみるかとドライブに。
前々から行ってみようと思っていた妙義山へ。
富岡、松井田辺りには結構優秀な機械メーカーが多々あって結構縁はあるところなのだが当然のことながら事がすめばそのまま直帰だったので、その度今度はプライベートで妙義山に来ようと思っていた。
妙義山(金鶏山)直下の道の駅から何枚か撮って見たけれども、ファインダーからの景色は直接自分の脳に情報が伝わってくる気がしていい。
隣接している妙義神社にも行ったけれども、入り口から本宮までみんな直線上の坂の上にあって平地がほとんどない。
途中でくじけてしまい退散。

そこから山の反対側になる駐車場へ猿の出没に驚きながら移動。
これから紅葉の季節になるとこの辺はびっしりと渋滞になるんだろうけれども今日は平日なんで楽に走れるので気持ちがいい。
ここの駐車場は正面に妙義山の特徴的な岩肌が真っ正面に俯瞰できるので結構迫力がある。
ここで何枚か撮影したのだけれどもすべて「クラシッククローム」で−1の補正。
考えてみれば最初から最後まで広角側で絞りはf11しか使わなかった。それとISOは100で固定だったのだけれども結構きついっす。ブレ防止モードは必須か。
帰宅してモニターで見たけれども思った以上に違いがわかる。マゼンタが少なくはないのだけれども彩度が低い気がする。露出を下げるとなおさらそういう気がする。この色は好きな色だけれども実際に見た目より深く沈むようで被写体を選ぶ感じがする。女性を撮影するときにはCCとは逆にマゼンタの発色のいいベルビアの様なモードを使って露出は+1くらいオーバーにしたほうがいいかな。


で、きた道を戻るのもなんだからこのまま南に山を下って(県道51号線)下仁田へおりることに。
後ろから喧嘩を売る(煽る)車も対向車もほとんどなくて自分のペースでのんびり走れてよかった。やはりドライブは平日に限る。

下仁田のはずれで国道254号線に入ってこのまま下仁田のICから高速に乗ってかえろうかと思ったがまだ時間も早かったし(PM1:00)第一昼食もまだだったので下仁田を抜けて南牧村へ。
ここは前にも書いた「上野村」の山向こうの村で群馬県では高齢者の割合が県で一番らしいが、それでも上野村同様にけっこう「燃えている」村らしくて面白そうなところも多々あるようだが。
南牧村の道の駅で昼食をとった後はここまで来たからには「我が桃源郷」の上野村に行かねばということで少し走ったところで左折。
比較的広い県道の脇におそらく南牧村の最深部の集落、檜沢というところなんだけれども、そこへ行く脇道があって入り込みたくてしょうがなかったが今回は我慢していつかきたときにお邪魔しよう。

少し山道を走っていると、川のそばに今にも朽ち果てそうな社がチラッと見えて気になったので戻ってそばまで行ってみた。朽ち果てて今にも崩れそうなたたずまいではあるがちょうど収穫のお祭りだったのか御神灯が点され祭壇が開かれていた。拝見すると荒れてはいたが奥の座に神様が鎮座されておられた。
そういえば前後するけども、妙義山南側を撮影したとき直下に金色のばかでかい「大黒様(大国主命)」が鎮座している神社があったのだけれども僕にとっては何か(失礼だが)悪趣味という感じだな。
素朴ではあるが一生懸命生きている人たちのための神様とは何か違う気がした。


長いトンネルを抜けて上野村に着く。
今日はついでだし時間も遅くなってきたので名残惜しいが道の駅で休憩してすぐ出発。
帰り道、神流町で神流川の橋の上から午後の日差しが当たった叶山がきれいだったので一枚。

そのまま以前のように志賀坂峠を抜けて小鹿野にでて有料道路を通って寄居から熊谷に出て帰宅。
少し疲れたけれどもいいドライブでした。
次はどこへいこうか。

追記
露出補正なしだと

う〜ん、やはり補正した方がいいか。
しかし、CCはなかなか渋くていいなぁ。
Posted at 2014/10/11 23:53:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | ひま人の博物誌 | 旅行/地域
2014年10月11日 イイね!

先日の午後

先日の午後 ちょっと都内に外出する用事があって帰りに池袋の書店へ寄り道。
俳句の「津川絵里子作品集」を買う。
 前々から気にはなっていたのだけれどもこういうものってなかなか街の普通の本屋さんには売っていないんだよなぁ。アマゾンで取寄せる事もできたのかもしれんがやはり現物を手にとって買いたい。

 この人、多分僕らと同世代なんだろうけども、何年か前に各賞総なめにして注目を浴びた女性作家で当時その手の雑誌とかにけっこう載っていた。
 僕は映画、短歌、俳句、もちろん漫画、写真などいろんな表現でもどちらかと言うと、観念的というか抽象的な表現をした作品というのが好きなんだけれども、あまり今まではこういう日常生活の延長上にある作品というのはあまりふれる機会が無かった。
なんだろうね、この安心感というか人様の足元まで気を配ってくれる優しさのような雰囲気って。
 ただそれだけにグイグイ引っ張って、わけのわからぬ迷宮のような世界に入ってしまう緊張感とかおもしろさはないのだけれども。
この人の作風というのは手作り感が強くて、日常生活に軸足を置いてそこから二歩くらいの周りを見ている。それに「語彙」が豊かで、この人きっと賢いんだろうな。

  おとうとのやうな夫居る草雲雀(くさヒバリ・コオロギ)
  飼い犬の老ゆるはやさよ鴨足草(ゆきのした)
  涼風や直感で入る喫茶店
  巫女それぞれ少女に戻る夏
  正論にひそかに耐えし夜長かな
  秋惜しむ書架の梯子の上にゐて

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 話は変わるのだけれどもこの本を買って少し読んでいこうかと近くのコーヒーショップへ入ったのだけれども本当にびっくりしたなぁ。
平日の昼下がりで3分の2くらい席が埋まっていたのだけれどもほとんどのお客がノートパソコンを開いている。それもほとんどmbaかmbp。
 お客が入ってくるといっせいに上目でチラッと見てドヤ顔してる。
 今までこういうのって話のネタかと思っていたのだけれども本当にあるんだな。スゲェ。
 初めて見た。
Posted at 2014/10/11 11:41:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 活字中毒者の読書日記 | 日記
2014年09月30日 イイね!

FUJIFILM X30 購入

FUJIFILM X30 購入久々に「欲しい!!」と思ったカメラが出ました。
富士フィルムの”X-30”です。
前のモデルのX-20や上位機種のX100も食指が動いたのですがイマイチ踏ん切りが付きませんでしたが女房を拝み倒してここでとうとう買っちまいました。ほとんどすべて格好がいいというだけです。

フィルムからデジタルに変わって簡単にきれいな画像が誰にでも撮れるようになってきて、今までのカメラという「メカ」の縛りから開放された人達(特に女性が)が、今まででは考えられないような素敵な作品を生み出すようになったけれども、その反面作画ではなく二度と読み返すことのない無駄な記録もしくはほとんど意味のない時間への句読点としての「撮影」が圧倒的になったのも事実。
 フィルムというコストを気にしなくて良いスタイルは「職人」が自分の分身とさえする包丁を使って作り上げたもはや芸術とすら思える料理の盛り付けと、キャベツのざく切りをプラスチックのざるに放り込んだものを同じテーブルに出されたような感すらある気がしますが。
自分のお気に入りがほとんどすべて「偶然性」に支配されるということはなぜか悲しい気分。

あの両腕を伸ばしてモニターを見ながら撮影するスタイルはどうも(何も頭に浮かばなくなる)違和感と(頭に血が上るほどの)拒絶感を感じていました。
(話は飛ぶが・・あの「この紋所が目に入らぬか・・」とばかりにスマホのレンズをいっせいに掲げられて、たくさんの助さん格さんに責めらても誰にひれ伏したらいいか被写体も困るだろうな。あれはPM8:35あたりだけにしてほしいものだが・・)

なのでコンシューマー向けのマーケットがデジカメだけになってからは食指が動くようなカメラってあまりなかったですね。
やはりカメラは「ファイダー」で撮影するべきものと思い込んでいるのですがしかし今更私には一眼レフは大げさすぎるし。
なので今持っているデジカメはパナソニックのDMC-FZ20という十年前のカメラでファインダーが使えるし、小さなボディにバカでかいレンズ(VARIO-ELMARIT !! 画質最高!!)が付いている重くて、バッテリーをカメラが使い放題の携帯性なんてまったく考えていない、「レンズ、画質こそ命」のカメラなんですが、さすがに家族揃っての外出にはきついのでカシオの小さいやつを持っていきますが。
なのでこの煩悩の塊、散財日記にはあえて触れられなかったですね。


スタイルは、ちょっと前のライカのようですしファインダーも使えます。(携帯用の革ケースも含めて本当にライカのようです)メインの操作も昔のフィルムカメラのようにダイヤル式で直感で操作出来ます。ズーム(35〜110mm)も モーターではなくリング回しのマニュアル。
まだ触りの段階なのでわかりませんがバッテリーもけっこう持つようです。それとこれが一番の売りなんだろうけど、富士フィルムのカメラって昔のフィルムの画質を再現するフィルムシュミレーションという機能があって(若い人にはわからんだろうけども)ベルビア(表記はビビッド)とかアスティアとか当時のフィルムをシュミレーション出来るんです。昔はフィルムによって画質がガラッと変わってしまうのでフィルムを選ぶ楽しみもありました。(”コダクローム”とか”エクタクローム””アグファ” モノクロでは”TryX”なんて言うのもあった。)それでX30には他機種と共通のシュミレーションのほかに”フジクローム”も再現できます。フジクロームは赤が低くて深みがある、多分東ヨーロッパのカメラマンが撮った作品のような画質になるのかなと。
以前は浅井慎平、三好和義、宮沢正明、アンセル・アダムス、カルティエ・ブレッソンなんて好きだったな。
カメラのボディとかレンズの数字上のスペックとか物理的な特性なんてどうでもよくて記録よりも絵画を描く延長としてのカメラの画像が好きだったし今もそうです。
まぁこのクラスになればどれを買ってもそれなりのものがあるし、後は自分のこだわりとか好みで選んでもどれも正解かなと。
とにかくまだ何も慣れていないのでそのうち詳しく・・
とりあえず「へへへ・・いいでしょう、これ」と言う自慢話ということで。
Posted at 2014/09/30 10:41:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 破滅への散財 | 趣味
2014年08月11日 イイね!

ちょっと温泉にでも

ちょっと温泉にでも土曜日から夏休みだけれども今年は珍しく(仕事で)悪い予感がしないので丸々休めそう。
息子も帰宅しているので久しぶりに家族揃って温泉でもということで越後湯沢へ。
土曜日は台風の影響で曇り時々雨の予報。
まぁ、小さな子供もいないしお風呂に入るだけなので問題はないかということで自宅を9時に出発。
女房が太田の知人に用事があるというので花園から関越道ではなくて大田から北関東道経由で行くことに。
関越道はガラガラでもないが結構空いていて楽できた。
急ぐ距離ではないので90キロ+くらいのスピードをアイサイト使ってのんびり。
車間距離を調整してくれるので結構楽だなぁ。
赤城高原のSAあたりでパラパラと雨が降ってきたのだけれども関越トンネルを抜けたら花曇りで助かった。
湯沢に少し早くついてチェックインまではまだ時間があるということでバカでかいロープウェイに乗って「アルプの里」へ。
山頂のレストランで昼食、後は山腹をウロウロして時間つぶし。
空も何とかもったようで助かった。

三時に旅館にチェックイン。
女房と娘は岩盤浴とエステへ直行。
私と息子は露天風呂へ。
この後に宴会で女房にしごかれるかと思い、その前に汗を流しておこうということで一時間半も露天風呂で頑張った。
さすがに疲れたが。
部屋に戻ってぐったりしていたところで早速宴会が始まったよ。
女房の希望で日本酒飲み比べセットなるもの・・銘柄の違う冷酒が三種類お銚子に・・を頼んで飲み始めたのだけれども、当然ワンセットでは足りるわけないので二回追加。
今回は娘も微力ながらも参戦。(息子は飲めないのでウーロンハイ)
いつものように呂律が回らなくなったオカアサンの相手をしてくれてお父さんとしては助かったよ。

・・ここで一句
”ちゃん付けで呼べば喜ぶ夏暖簾”  天野小石

しかしながら鮎の塩焼きがもっとほしいとか、焼き鳥とサイコロステーキを頼めとか、寿司が食べたいとか、ワインはないのかとか、君達家族揃って贅沢言うのはやめようね。
ここは居酒屋じゃないし少しはオトウサンの稼ぎを考えて欲しいものだ。

10時頃温泉街で飲み直そうかと思ったが何か疲れてモチベーションが上がらないので就寝。
女性たちはその後も館内の飲み処で酒盛り。
朝7時に目が覚めたのだけれども女房は6時起きで仕事の書類のチェック。
この人タフだな・・というかただ単にけじめがつかないだけなのかもしれんが。こんなところまでそんなもん持ってくるなよ・・・それにビール片手にというのはどうかと思うが。

朝、窓の外は結構な雨。
何処かへ寄る予定もないし朝食取ったら帰ろう。
九時半ころ旅館を出て高速に乗ったのだけれども、とたんに本降りの雨。
帰りも急ぐ用はないのでアイサイトを使ってのんびり・・と思ったけれど水上あたりで結構激しい雨になって前が見ない。赤城高原のSAで雨の降りが弱くなるのを待った。(・・と、苦労しているのはオトウサンだけ。後の連中はアホ面にヨダレ垂らして爆睡の模様)
道路の情報表示で前橋から先の関越が混んでいるようなので行きと同じく北関東道経由で大田へ。途中ファミレスで昼食、その後帰宅。
燃費は200キロ近く走って15.9K・・ほとんど高速だけれども四人乗ってだからなかなかだと思う。


Posted at 2014/08/15 23:39:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記 | 旅行/地域

プロフィール

皆さん今日は。 「読める」ブログを目指したいと思います。 ネタ探しは大変ですががんばってみます。 他人の迷惑顧みず、独断と偏見だけで、時にはマニアックに、...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

奇特な方、物好きな方どうぞ。
9 人のお友達がいます
こまんぴゅーこまんぴゅー 滝雅也滝雅也
アンドロ梅田アンドロ梅田 naka3051naka3051
ma.Ruruma.Ruru ねこパパ?ねこパパ?

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィB4 スバル レガシィB4
流れ流れてB4にたどり着きました。 時間がなくて、会社の行き帰りがほとんどなので車にはか ...
スバル XV スバル XV
理路整然としたスバルの中にあって一番ゆるキャラが入っているような気がする。肩肘張るのもも ...
トヨタ アルテッツァ トヨタ アルテッツァ
朝起きて会社に行こうとすると車がない。 また乗っていかれた。 女房に奪われました。
スズキ スイフト スズキ スイフト
愚妻がやってくれました。 こんなホットハッチにのってうちのお母さんは一体どこへ行こうとし ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.