車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月29日 イイね!
伊勢神宮 内宮 子宝編 【子安神社】広い内宮の一角に小さな神社が鎮座しています。宇治橋を渡って正面左手(東)近く神路山の山裾にあります。順路としては正宮にお参りした帰路の最後に訪れます。安産・子授け・縁結び・厄除けの祈願

宇治橋を渡ると参拝者は右方向の正宮に向かいます

標高373mの神路山が左手に見えます(島路山と稜線が重なっています)

神路山 月さやかなる誓いありて天の下をば照らすなりけり 西行
式年遷宮の御用材(檜)を切り出す御杣山(みそまやま)

衛士見張所と神宮司庁の間を通りすぎ

鳥居はまあまあの大きさですが……

小じんまりとした社殿(お社)が見えてきます。花の形をした手水鉢もあります(📷撮り忘れました😞)

子安神社(こやす) 祭神は木花開耶姫神(このはなさくやひめのかみ)猛火の中で出産した神話があります

お隣は大山祇神社で父娘の間柄
ともに明治初期に神宮所管から一時期離れるもその後に所管社に復帰しました

神宮では珍しく願い事を「鳥居」に記入してお参りします

鳥居は参集殿で買うことができます(1500💴)ナカナカのお値段

記入の仕方は決まりがあるようです

おかげ横丁の宮忠さんで鳥居は購入できますが内宮の参集殿で買われる人がほとんどです。浦田町の俵田屋さんでも販売


内宮の喧騒から逃れて静かな神宮を散策して宇治橋を渡って帰る方も

Posted at 2016/11/30 09:15:51 | コメント(3) | トラックバック(0)
2016年11月28日 イイね!
伊勢神宮 内宮 隣接編【足神さん】6時58分47秒 伊勢神宮宇治橋での2017年元旦初日の出の時間です。宇治橋からも見える足神さんと親しまれる【宇治神社】の遷座祭が昨日(11/26・27)執り行われ御造替された真新しい社殿にお参りに行ってきました。

神社前の道路は伊勢~南伊勢線ですが超極細道路が延々と続くスリル満点のお勧めできない路線です。
こちらから奥に道を歩くと内宮の五十鈴川御手洗場の対岸となります。

川面で五十鈴川の清流で手を清める参拝者を対岸から見れます。

少し急な石段ですが最上部まで手摺りがあります。石畳も平面に加工され歩きやすく改良されています。


御造替に必要な御用材&お白石は小さな神社ですが伊勢神宮と同様に【お木曳き、お白石持行事】が行われています。

📷当日風景借物 五十鈴川右岸の河川敷を浦田橋、新橋、烏帽子岩の手前の堰を川曳きします

↑↓私の町内の川曳き風景と法被



来年3月に遷座を終えます

本殿と鳥居✖2基が伊勢神宮の御用材



撫石と足を交互に撫で撫でします。

お札・わらじの大半は陸上競技の大会での上位入賞祈願でオリンピック金メダリストの御利益も期待…膝・腰痛の治癒を小高い神社に参られない人の代わりにお願いしたり

社務所は無人、不在が多いので御朱印・お札をいただく場合は事前に電話確認必要です。

9月にブログで宇治神社の紹介しており内容だぶっています。
Posted at 2016/11/28 15:09:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年11月20日 イイね!
オープンカー倶楽部関西 第五回定例オフ会&プチツーリングに参加させていただきましたOpen Car Club 関西の定例会に東海のメンバーさんと一緒に参加させていただいて奈良カエデの郷「ひららへのTRG」にも参加してきました。ビート・カプチーノ・新旧コペン・S-660【国産軽オープン】10数台含めて50数台が名阪国道針テラスに集まりました。

絢爛華麗な内装

そびえ立つガルウイング

この車で伊勢神宮にお参りに来られると豪華さに神様もビックリするのでは😊写真より生で見ると凄いです❗

別の意味でビックリなのが「わ」No. 代車との事😓関西ならでは?
針テラスとカエデの郷で撮った参加車の一部













奈良カエデの郷の🅿🚗



世界各地から集められたカエデ1200種 3000本が植栽されています

カエデは秋の紅葉ですがこちらのカエデは春から初夏にかけてが一番美しいのが特徴

役目を終えた小学校を活用しています

当時の姿を残して図書、ギャラリーなどがあります

売店カフェも木造校舎を活用

ショートケーキ大きな栗の実が入っていました

お馴染み?奈良のオーナーさんのビートのハンドル

参加車両が多くて全ては撮れていません、No.消しも適当でスミマセンm(__)m
小雨が時おり降るなかでしたが、地元の伊勢では見ることが出来ない多くのオープンカーを間近に見せていただいて目の保養になりました。
お世話いただいたスタッフの方お疲れ様でした。
今日はありがとうございました。
Posted at 2016/11/20 20:50:34 | コメント(9) | トラックバック(0)
2016年11月17日 イイね!
伊勢神宮内宮 続編 その3【正宮~第1別宮 荒祭宮】神宮は【私幣禁断】個人的な願い事で手を合わせるのではなく生きていること、生きるための太陽であり食事に感謝します。何処の神社にでもある賽銭箱は正宮にはありません。天皇以外の者が奉幣(貢物)することは禁止されています。

賽銭箱の代わりに白い布は敷かれているのではありません、正宮の聖域の地面にお金が触れてけがれないためです。
とは言っても神楽殿での祈祷料も5.000から500.000💴となっております😓

当日もお子様の健やかな成長を願う若い御夫婦が晴れ着を身にまとい祈祷の神楽を受けていました。

五丈殿を過ぎて参道が右カーブする辺り正宮までに社殿の中心の正殿【↓】この部分が拝める唯一この【↑】写真の位置です。正宮から正殿は五重の垣根に囲まれて見ることは出来ません。

唯一神明造りの古代様式、茅葺きの屋根には10本の鰹木が乗せられ4本の千木(ちぎ)の先端は水平に切られています。
今に伝える歴史を垣間見ることができます。

遷宮の度に石段も上りやすく改良され(現在25段、遷宮前は30段)両端には手摺りに代わる石積みが設けられています。
車イスの障害者をイスに乗ったまま(電動から普通の車イスに乗り換え)石段を上がるのが伊勢おもてなしヘルパーの役目となります。踊り場までの18段は奥行90cmと広く車イスでクリア可能ですが踊り場から7段が狭く持ち上げることになります。

通常は車イスの方や高齢者は石段下で【遥拝ようはい】お参りしますが神様に届く気持ちに距離は関係ありません。



願い事は正宮からの帰り道を右にそれて

内宮に10ある別宮の第1別宮・荒祭宮(あらまつりのみや)こちらの神様は個人的な願い事を聞いてくれる・自分の願いに力を貸してくれると言われてます。

正宮でお参りを済ませてから別宮に参らない人が大半、ほんの少しの回り道です。




耳をすませると神楽殿から雅楽の音色が聞こえてきます。


御厩(みうまや)の手前にも火除橋があります。神様の乗り物とされる神馬(しんめ)がいます。毎月1日、11日、21日の8時頃に正宮にお参りします。


参集殿 無料休憩所で左側はトイレと湯茶があります。右側のほうがゆったりしています。



前回の遷宮では700年振りに伊勢の桧が20%使用されています。


鳥居をくぐり神宮林(宮域林)に囲まれた参道を進むと日常とは違う空間に足を踏み入れたような気になります。
伊勢神宮の参拝を実り多いものとするため知っておきたいことを書きとめました。
Posted at 2016/11/18 14:13:43 | コメント(6) | トラックバック(0)
2016年11月16日 イイね!
伊勢神宮内宮 続編その2【風日祈宮】まで人と神とを結ぶ架け橋…宇治橋を渡ると日常の世界から神聖な世界へ神域から神苑(じんえん)に入ります。外宮は左側通行ですが内宮は右側通行となり皇室のセンチュリーロイヤルも同様です。


宇治橋を渡って左手に少し下った所が集合写真のベスト撮影ポイント。
遷宮行事で川曳き後に檜を引き上げる場所です。
右手に大正天皇が御手植された松を鑑賞しながら進むと火除橋(ひよけばし)があります

三重県内の清酒

防火のため設けられた堀の橋です

火除橋を渡ると手水舎(てみずしゃ)があります

ご存知かと思いますが【手水の作法】
右手で柄杓を持って水を汲み、左手を清めます。
左手で柄杓を持って右手を清めます。
右手で柄杓を持って左手に水を受けて、受けた水で口をすすぎます。
最後に柄杓を立て残っている水を柄杓の柄の部分へ流して清めます。
最後に柄杓を伏せて戻します。
※柄杓一杯の水で最後まで行ない柄杓には口をつけない。

第1鳥居を抜けると五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)

手水舎を使わず五十鈴川の清流で心身を清める参拝者も多くいます。

御手洗場の隅に五十鈴川を守護する水の神…瀧祭神(たきまつりのかみ)がひっそりと鎮座しています

第2鳥居を抜けると神楽田(かぐらでん)があります。皇室も第2鳥居からは歩いてお参りします。



風日祈宮(かざひのみのみや)

内宮では閑散としてるエリアで訪れる人は少ないですが風の神をまつる別宮です。

こちらにも お木除け杭があり橋を流木から守っています。



神楽殿(かぐらでん)

内閣総理大臣も宇治橋は歩いてお参りします。伊勢志摩サミットでオバマ大統領も安倍首相と歩いて渡っています😊


Posted at 2016/11/16 22:55:55 | コメント(3) | トラックバック(0)
プロフィール
これからはslow life をS6を相棒に過ごします
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
祝・みんカラ歴1年! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/28 23:23:49
三菱 デリカD:5  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/12 09:03:16
ホンダ エイプ50  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/09 22:25:53
ファン
61 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ S660 ホンダ S660
20160805鷲が浜海岸
光岡 ガリューI 光岡 ガリューI
33万㌔維持費の面で乗り換え
ホンダ ビート ホンダ ビート
通勤車として活躍し満身創痍で終焉
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.