車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月01日 イイね!
今日は栃木県の野木町にあるホフマン窯を見に行ってきました。

明治23年火入れの煉瓦製造窯です。

ホフマン窯というのは、窯をリング状に並べて24時間連続稼動を可能した窯とのこと。
大量生産に向いた形式らしいです。
いかにも明治らしくて最高です。

しかしまあ、よく残っているものだと思います。
かつてホフマン窯は数十基あったそうですが、今は4基のみとのこと。
ひとつは深谷にありますね。いつか行きたい。

燃料は窯の上にある通路に穴を穿ち、そこから投下するとのこと。
原始的ですけど、効率の良いものだなぁと感心してしまいます。

数年前に大改修を行い、今はがっちりとした造りになっているようです。
関東大震災で一基が全損、この窯も煙突がへし折れたそうです。
これが折れた煙突の破片。

下野煉瓦製造はシモレンと名前を変え、平成に倒産してしまいました。
そこを市が買い取り、保存と修繕に努めているとのこと。
併設されたレストランのピザもおいしく、これからも貴重な遺産の保護をお願いしたいところです。
Posted at 2017/04/01 17:49:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 土木関連 | 日記
2017年01月09日 イイね!
東京鉄橋探索その2、八幡橋(弾正橋)
富岡八幡の近くにあるため八幡橋、以前は弾正さん家の近くにあったため弾正橋。
明治11年楓川に架橋、昭和4年移設。
日本最古の国産鉄橋であり、素材は錬鉄と鋳鉄(鉄鋼ではない)

細い!華奢!
いつもそこそこな大きさのトラスを見慣れているだけに、頼りなく感じます。
移設以前は幅が9mあったとか。車が通らなければ大丈夫なのか?

外観上の一番の特徴は、菊の御門があしらわれたピンでしょうか。有名です。

ある意味2度と作れないデザインですね。

構造としてはホイップルトラス。よくわかりませんが、語感に合ったしなやかさがあるように思います。

結合点が独特です。丁寧に作られているナァと感じる構造。
まあ、かなり改修さてれいる気配があるんですが、それでもいい構造だと思います。
トラスといっていますが、どちらかというとアーチに近い構造だと思います。
そもそもボウストリングがアーチみたいなもんなので、考えるだけムダでしょうか。


最初期の国産トラスであり、鋼鉄以降前の橋であること。
震災を生き抜いた数少ない橋であること。
菊の御門をはじめとした秀逸なデザインと独特の構造。
重要文化財指定されていますが、土木遺産指定はされていないのが面白いところ。
なお、日本の土木遺産ではなくアメリカの土木学会栄誉賞は受けています。本場アメリカにもホイップルの現存は少ないようです。

今の使われ方であれば損耗も少ないことでしょう。
末永く架けられていてほしいものです。
Posted at 2017/01/09 19:47:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 橋梁関連 | 日記
2017年01月08日 イイね!
おまけ、ピントラスとは
トラス構造において、各部材の結合がピンによってなされている構造のことです。


ピントラスにおいては下弦材が両端に穴の開いたプレート(アイバー)になっていることが多く。ピントラスの特徴のひとつです。
そして下弦材と斜材が細く薄く、そのために橋梁全体がとても繊細に見えます。


剛結構造の橋梁と比べると、その繊細さがよくわかると思います。

これらは戦前の橋なので、剛結構造でも繊細なほうだと思います。だから好きなんですね。

というわけで、自分は繊細なピントラスを追いかけているのです。
もちろんリベットトラスとかラーメン橋とかも好きなのですが、ワクワク感はピントラスにはかないません。
永大橋とか清洲橋にピンとこないのはここら辺があるのだと思います。
でも選奨土木遺産なのでチェックだけはしておきました。


まあそんなわけで、これから橋を見かけた時には気にして見てください。
ピントラスを偶然見かけたとしたら、一生に数回しかない幸運だと思います。
そして教えてください。
Posted at 2017/01/08 13:29:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 橋梁関連 | 日記
2017年01月08日 イイね!
東京都23区内のピントラスといえばこれ、南高橋をおいて他にありません。

東京駅から東へ歩き、亀島川を下るとあります。
高橋の南にあるから南高橋という安直な名前ですが、橋梁名称らしくていいと思います。

元々は明治37年に隅田川は両国橋として架けられたのがはじまりでした。
関東大震災では落橋せずに済むも、隅田川周辺再開発のために撤去されることに。
その後昭和7年に現在の位置に移設されました。
道路鉄橋としては東京で最古なります。

移設の際に、元々は3径間だったものを、被害の少なかった中央径間を手直しして架けられたとのこと。
下の写真では、中央部の垂直材が少し変わっているのがわかると思います。

そもそも幅も想像以上にデカかったのですが、こんなトラスが3径間もあったとは……墨田川の川幅を思えば当然なのですが。
おそるべし明治東京。

こちらの端柱上部の飾りは再現されたものです。
当時のものは復興記念館に保存されているはずです。行き忘れましたが……。


そして去年、やっと選奨土木遺産に認定されました。
それもあって訪問したというわけです。


本で見たとおりの、いい橋でした。
満足。
Posted at 2017/01/08 13:26:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 橋梁関連 | 日記
2016年12月04日 イイね!
ロビンエンジンのFG14なるものを買いました。衝動買い。
こんなもの買う価値も無いはずなんですけど、まあマニア需要というものは不思議なものです。

ロビンエンジンといえばEYとかEDみたにEではじまる型式が有名ですが、FGって初めてみました。
形で判断すれば、多分1960から70年代にかけてのエンジンだと思います。


こういった日本語表記が汎用らしさだと思います。

リコイルスターター(始動時に引っ張る紐)が欠品でした。買うか……紐巻いて引っ張ればかかりはするんですけどね。
欠品は気持ち悪いし。



川崎のエンジンと比較。
多分、川崎のほうが10年くらい後の製品だと思います。デザインになんとなく合理性が感じられます。
ロビンのほうが愛らしいカンジはしますけど。デザイン的にはロビンが好き。


まあ、ゆっくりバラバラにしつつ楽しんでいきたいと思います。
ところで、川崎のほうはIGコイルがポンコツになってしまい、火花が飛ばなくなってしまいました。
さて、どうしたものか……もう部品出ないんですよねぇ……
Posted at 2016/12/04 19:56:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「旧下野煉瓦製造会社煉瓦窯 http://cvw.jp/b/2436733/39545541/
何シテル?   04/01 17:49
よろしくお願いします。 なんとなく買ったシティターボⅠ。 壊れたら直す精神で、のんびりと乗っていきたいです。 土日に買い物やドライブくらいにし...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
プラモの虫干し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/12 20:56:56
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シティ シティターボⅠ (ホンダ シティ)
シティターボⅠです。2013年から乗り始め、これが初マイカーです。 ノンビリ・コツコツを ...
ヤマハ MR50 MR50 (ヤマハ MR50)
高校3年生のころかな…?に買った、初めてのバイクです ヤマハのミニトレといえば大体通じる ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.