車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月04日 イイね!
ロビンエンジンのFG14なるものを買いました。衝動買い。
こんなもの買う価値も無いはずなんですけど、まあマニア需要というものは不思議なものです。

ロビンエンジンといえばEYとかEDみたにEではじまる型式が有名ですが、FGって初めてみました。
形で判断すれば、多分1960から70年代にかけてのエンジンだと思います。


こういった日本語表記が汎用らしさだと思います。

リコイルスターター(始動時に引っ張る紐)が欠品でした。買うか……紐巻いて引っ張ればかかりはするんですけどね。
欠品は気持ち悪いし。



川崎のエンジンと比較。
多分、川崎のほうが10年くらい後の製品だと思います。デザインになんとなく合理性が感じられます。
ロビンのほうが愛らしいカンジはしますけど。デザイン的にはロビンが好き。


まあ、ゆっくりバラバラにしつつ楽しんでいきたいと思います。
ところで、川崎のほうはIGコイルがポンコツになってしまい、火花が飛ばなくなってしまいました。
さて、どうしたものか……もう部品出ないんですよねぇ……
Posted at 2016/12/04 19:56:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月22日 イイね!
ウリ坊さんの日記を見て、自分も先々週に行ってたのを思い出しました。

新橋停車場跡

新橋といいつつも汐留エリアです。
日本初の鉄道開通後は新橋駅、後に汐留駅(貨物)となり、昭和61年に廃止となりました。
というか、昭和の終わりまで貨物ターミナルがあったことが信じられません。今はビルにょきにょきですから。
ちなみに、現在の新橋駅は旧烏森駅です。たしか駅構内に柱かなにかが残ってたはず……


偉大なる鉄道ゼロマイルポスト。
道路ファンにとっての聖地が日本橋なら、ここは鉄道歴史ファンの聖地でしょうか。
「鉄道ファン」ではなく「鉄道歴史ファン」であるところが、少し悲しいところです。


当時の写真もありました。いいですねぇ。



さてさて、「鉄道唱歌」をご存知ですか?
鉄道の各路線を歌に乗せて巡るといった具合の歌で、第一番は東海道線です。
そして東海道線最初の駅は「汽笛一声新橋を はや我が汽車は離れたり」ではじまる新橋駅でした。
しかしながら、新橋の発車メロディはぜんぜん違います。
鉄道唱歌が発車メロディとなっているのは品川駅の一部ホームです。

動画撮ったのですが、ここに動画あげられないんですね。
Facebookにでも突っ込んでおきましょうか。
夏の東海道本線旅行を思いついたのも、鉄道唱歌を聞いたからです。
ちなみにカラオケには神戸まで66番すべて収録されています。是非歌ってみてください。
Posted at 2016/11/22 20:12:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 土木関連 | 日記
2016年11月15日 イイね!
先週の日曜日は東京にライブに行ってました。そのついでに橋を探索。
川越にぜんぜん行けなくてすみません。野球が終わったので、そろそろ行けるはずなんですが……。


では以下橋の探索。
まずは東急池上線の五反田高架橋。1928年架橋。
東京に2つあるトレッスル橋のうちのひとつです。

おのれラーメン屋。
まあ、ラーメン屋の以前も雑居ビルだったらしいので、東京らしいと我慢しましょう。
トレッスルなのにえらい無骨な印象があります。スマートじゃないね。
古くて珍しいのに土木遺産や歴史的鋼橋の一覧にはありません。地味だから?
なにはともあれ、現存するのは素晴らしいことです。
次に来るときにはラーメンを食べよう。

新橋を歩いてたらキュートな橋を発見しました。

芝口橋架道橋というようです。
東京の鉄道橋ということは、完成当時からの橋なのは間違いないでしょう。
とても状態がよく、手入れが行き届いていることがよくわかりました。

もちろん、新橋名物煉瓦ガードも健在です。私はあまり興味がないのでスルーしましたが。
日本最古の都市型煉瓦アーチ橋かな?風景に馴染みすぎて古さを感じません。

もっと行きたい橋もあるのですが、少しずつ攻めていきたいです。
Posted at 2016/11/15 19:28:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 橋梁関連 | 日記
2016年10月11日 イイね!
タイトルのとおり、「君の名は」を観てきました。
最初は観る気は無かったんですが、あまりにも褒められているので……。


結論から言えば、大変素晴らしいものでした。
細かい突っ込みどころは多々あるものの、それらをカバーして余りある魅力に満ちていました。
レイトショーで観て感動し、勘違いかと思い翌朝もう一度鑑賞し、勘違いではないと確信しました。

まあ細かい内容は置いておいて。
すごく新海誠らしくないけれど、とても新海誠らしい映画でした。意味不明ですかね?
今までの作風から考えるに、だいぶ娯楽性を追及しているように感じましたし、インタビューでもそう言っていましたね。
ただ、それでも作風はスクリーンから滲み出ていると思いました。

ありきたりなストーリーですが、彼でなくてはこの映画は作れなかったであろうことは断言できます。
そして、作品内において描写すべき事柄を大きく絞ったであろうことも、成功のひとつの要因であると思います。
脚本にはまだ粗がありますが、演出においては申し分は無かったでしょう。
そしてタイトルの意味。最初から最後まで一貫しており、観ていて気持ちの良いものでした。

上にも書きましたが、話の内容としてはありきたりでたいしたことはありません。
展開も予想できますが、それでも、キャラクターが選択をするたびにハラハラドキドキします。
それはどうしてか色々と考えましたが、それは野暮なことで、もっと無心に楽しむべきなんだと思います。

新海誠らしい綺麗な絵と、多くの挿入歌や音楽、迫真の演技。
劇場でリアルタイムで観ることができ、とても幸運だったと思います。
こんなアニメなら、いくらでもお金を出したいと思えます。
そしてこんなアニメが作られるのであれば、まだまだ日本のアニメも捨てたもんじゃないと思います。
もっともっと観たい。
Posted at 2016/10/11 18:21:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月03日 イイね!
西日本への旅行目的その3、いよいよ最後です。

まずは瀬田の唐橋。
琵琶湖の南端にかかり、かつては木造であり近江八景やムカデ伝説で知られる橋です。

現在は鉄橋になっていますが、欄干などは木造時代を彷彿とさせる装飾が施されています。
中州にはかつての水位観測所がありました。


その後は京都市内をプラつくつもりだったのですが、京都駅から七条大橋が以外と近いのに気がつき向かうことへ。

大正2年製の鉄筋コンクリートアーチ橋。
正直なところ、鉄筋コンクリート橋はどれだけ古くともどれだけ装飾が見事でも、全く興味ありません。
ですが、市内の要所として現役で働いている姿は素晴らしいものです。
京都市内には意外と明治・大正期の橋は残っていません。鉄橋じゃなかったから?
なにはともあれ、ノーマークでしたが良いもの見れました。

その後は京都タワーへ向かい、京都県最大の本屋へ向かい、全国チェーンの喫茶店で休憩し(客層かわらず、ただし隣のマダムがバリバリの京都弁でした)、その日は終了。
そして翌日帰ってきました。


品川駅の発車メロディを録音し忘れたり、二宮駅の発車メロディが「朧月夜」なのを今さら思い出したりと、逃したものも少しあります。
次は桜を見に行きたいですねえ。
Posted at 2016/09/03 19:26:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 橋梁関連 | 日記
プロフィール
「ロビンエンジン http://cvw.jp/b/2436733/38955207/
何シテル?   12/04 19:56
よろしくお願いします。 なんとなく買ったシティターボⅠ。 壊れたら直す精神で、のんびりと乗っていきたいです。 土日に買い物やドライブくらいにし...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
プラモの虫干し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/12 20:56:56
愛車一覧
ホンダ シティ シティターボⅠ (ホンダ シティ)
シティターボⅠです。2013年から乗り始め、これが初マイカーです。 ノンビリ・コツコツを ...
ヤマハ MR50 MR50 (ヤマハ MR50)
高校3年生のころかな…?に買った、初めてのバイクです ヤマハのミニトレといえば大体通じる ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.