• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

moto('91)のブログ一覧

2017年06月13日 イイね!

また部活でトラブルですってね

 学校の先生方が、授業や学校運営、そして部活指導と忙しすぎる報道は、もうずいぶん前から行われています。そして、部活の指導を先生方から分離することを目的とし、先生でない「コーチ」の採用が一部実行されております。

そして今日の報道では、そのコーチが生徒相手に暴力をふるった、という件がありました。どうしてこうも「部活」にはトラブルが起こるのでしょうね。私は、もうクラブ活動は廃止か、毎週1回1時間に留めた方が良いのではないか、と思うのです。

 クラブ活動について、思うことがあります。私が大学生の頃、こんな一件がありました。

電気関係の授業の時でした。ある生徒が、翌週クラブ活動に関わる大会だから、と、学校公認の「公休届」を先生に提出しました。

すると先生は、

「今この公休届を出した生徒、今すぐ学校を辞めなさい。授業よりクラブ活動の方が大切で、授業を休みながら休まなかったことにしてくださいというのは、虫が良すぎる。授業よりもクラブ活動が大切だというのなら、その道で食っていけば良いことだ。」

あっけにとられた生徒は、渋々公休届を取り下げるのでした。ちなみにその先生の授業の頃、私は父方の祖母を亡くしたのですが、その葬儀の忌引届は受理してもらいましたよ。

体育に類することは、遊びではないことは十分理解しています。生涯スポーツは、肥満や心疾患、脳の疾患を予防する効果があるでしょうし、足腰も年を取ってから違いとなって現れることでしょう。生涯スポーツを研究、指導するためには、体育を学ぶ人が必要なこともわかります。しかし、体育を先行する人以外の人が、娯楽を超えてスポーツに取り組むというのは、本末転倒であるように思うのです。

 なぜこんなに学校の現場でスポーツ系クラブ活動がもてはやされるようになったのか、記憶をたどってみました。どうやら、「ハンカチ王子」などのスポーツ系アイドル(?)が出てきた頃だと思います。勉強の分野で成功を上げることは非常に困難ですが、今まで未開発だったスポーツ分野では、一種のアイドル化が起こったと思います。

その種の、20歳前後のスポーツアイドルが出てくると、それらは大学生であったことから大学志願者が増えます。少子高齢化の中、受験料を払ってくれる志願者が増えることは、大学経営にとっては非常に大切な問題です。

その「スポーツアイドル」を手っ取り早く養成するために、大学ではスポーツ推薦枠を設けます。体育大学ならまだしも、そうでない学科がそうしていたとすると、もはや理解不能です。大学がスポーツ推薦枠を設けるので、高校もそれに合わせた指導を確率、そしてまた手っ取り早く候補者を採用するために、中学に推薦枠を設けます。

その結果、中学の先生にクラブ活動のしわ寄せが発生し、それこそ勉強の授業を差し置いてまで、クラブ活動の指導が行われるのでした。


 スポーツは、スポーツ関連産業やオリンピックを通じた国際交流もありますので、大切なこともわかります。しかし、産業にも通じる、いわゆる机上の勉強を差し置いて、そればかりに注力するのは、非常に不自然なことに思えるのです。

クラブ活動の時短化!スポーツ推薦枠反対!
Posted at 2017/06/13 22:37:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 時事 | ビジネス/学習
2017年06月12日 イイね!

運転のニュースヘッドライン記事と残念なコメント

 現在、多くのサーチエンジンではトップページにニュース記事を掲載しています。とはいってもサーチエンジン運営会社が記事を編集しているわけではなく、各種通信社や編集プロダクションが作成した記事を、トップページデスク係の人が選んで掲載をしているとのことです。

今日、とあるサーチエンジンから東洋経済新報社の記事へとリンクしていきました。東洋経済新報社は、経済専門紙的な名称ですが、まあ、週刊誌的な記事が多くを占めております。この記事は、ツインサーキットで催された、実車を使用した運転講習会に対し、記者が良かった感想を述べたものです。中身は車好きの皆さんならごく当然のことばかりですが、経済系ニュースでは新鮮なものです。

河口まなぶさんは司会や楽しい雰囲気を演出してくれる方で、楽しい時間を提供してくれそうです。参加してみたかったものです。

 私はこの種の運転講習の場には、二回参加したことがあります。O井さんというプロの方の有償講習、タイヤメーカーが主催する、○水さんというプロの方と岩○さんという女性ジャーナリストの方が講師の無料講習でした。日にちは前後しており、○井さんには「急ブレーキの際にも、一瞬ふわっと踏んで荷重を前輪に乗せてから本制動に入るように。」と言われました。翌日のタイヤメーカー講習では、「パニックブレーキではブレーキを蹴飛ばすように踏むこと。あなた、ABS無しの車に乗っていませんか?」と言われ、「はい、わかりました。」と、大人の対応をしました。どちらの人が言うことも正しく、場合分けでどちらもできます。

 その他、クラブの上級生であるAさんは、中○さんというプロドライバーの講習会に参加、「そんな運転じゃ死んじゃうよ。」と言われたそうです。心を入れ替えたAさんは、今でもご存命と聞いています。

 この種の講習会は、車好きはお金を払ってでも参加するものですが、「そんな運転で大丈夫?」という人ほど、無料でも参加しないものです。困ったものです。

 そしてもう一つ、この種の記事にはコメントをつけられるものですが、「初心者講習みたいなのを」の人と、「一般道で全く不要なことですね」の人、自分ではできないのに、その理由を達観した目線で書くのは、なんとも心が貧しいな、と思うのです。ニートや学生、実務なし企業管理職についている人にこういうタイプが多く、「自分でも出来るようになってやろう」とか、「すごいなあ」と思わないのは、人間として衰退を始めた証だと思うのです。

SNS機能が発展し、情報発信者と受信者が双方向のやりとりが出来ることがインターネット時代のニュースの特徴と言われた時期があります。しかし、実際にコメントをするのは、世間の進化の足を引っ張る人たち、ということで、少しも良い時代ではないな、と思うばかりです。
Posted at 2017/06/12 22:10:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 交通安全 | クルマ
2017年06月11日 イイね!

風邪をひいています

 ここ二週間ほど、風邪の症状が続いています。ひどかった時期は先月28日から1日まででしたが、その後も症状が完全には良くなっていません。

当初は熱と鼻水、その後、たんと熱に変わってきました。鼻水は一時ひどく、鼻の脇に炎症が起こったほどです。熱のために体がだるく、火照った感じがしています。

先週後半には良くなりかけていました。ところが、土曜日に服を買いに行ったら、店員さんが「風邪をひきましてね。」と言っており、その後別の場では冷房が効きすぎているのか、くしゃみが出てしまいました。

そして今日、午後には体のだるさと火照った感じが再発してしまったのです。

全く、夏風邪には困っています。そんなことから、更新速度が低下しています。なお、フェイスブックは6月以降、さらに運転時間を削減する予定でいましたので、既定の更新回数削減です。余裕時間創出のためですので、あちらで関わっている皆さんは、どうかご理解いただくよう、お願いいたします。
Posted at 2017/06/11 21:53:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 健康 | 暮らし/家族
2017年06月08日 イイね!

人事異動と勤務体系と言葉遣いと態度

 昨日のこと、週末に散髪をするためにいつものお店に予約の電話をしました。まだ新人のようでたどたどしい言葉遣いでしたが、接客精神は理解しているようで、お客としての私は、特に気分を害されたりする子はありませんでした。その一方で、街や電車の中では、「これで働いてお金をもらっているのか?」と驚かされる人が増えていることも事実です。「おもてなし」と言われた10年前の接客精神は失われつつあるようです。
 
 先週末、多くの会社で夏期の人事異動が出されたことでしょうね。私はまだ関東に残れそうです。人事異動で思い出すのが、春期人事異動の時期に、雑居ビル内で耳にしと他社の人同士の言葉遣いです。

女「ねえ、山P(注.山下智久氏ではない)が異動だって?どこ?」
男1「山口支店だって」
女「え?マジで?山P何かやらかしたの?」
男2「特にないみたいだけど」

 おたくの会社がどちらの会社かは知りませんし、山Pが誰であるかも知りません。しかし、そんな社内事情が関わることを、雑居ビルの中のエレベーターで話すとは、なんともみっともないお話です。そしてまた言葉遣いも、高校生・大学生そのものです。私かこういう会社を、仲間同士で満足感を得るための組織として、「部活会社」と揶揄することにしています。こういう会社の製品やサービスは、つとめて利用したくないものです。

 それにしても、雑居ビル内にあるコンビニエンスストアなどで観察をすると、その会社が接客を重視しているかそうでないか、すぐにわかるものです。

・通路の真ん中で突っ立つ
 通路を歩いている人は、あなたのお客ではないかもしれません。でも、お客かもしれません。接客を重視する会社の社員ならば、仕事中にもそんな気持ちが働いてくるものです。エレベーター待ちでも、商品選びでも、端に寄って他人の邪魔にならないようにするものです。皆で固まっておしゃべりをするのは、田舎の高校生ですよ。

・スリッパ/サンダル歩き
 革靴のかかとを「ペッタペッタ」と引きずって歩く人がいます。癖なのかもしれません。当人の靴底が減るだけならまだしも、結構な騒音です。これも上記と同様、田舎の高校生に見えてしまいます。

・群れる
 かつてのOLは、トイレに行くにも群れていたそうです。女性が進化し、一人で行動できるようになった一方、若手男性もおじさんも群れるのですよねえ。数の多さで相手(?)を圧倒しようなど、ヤクザがやることです。恥ずかしいですよ。

・ズボンのポケットに手を突っ込む
 私が通った高校では、冬場の体育の授業でポケットに手を突っ込んでいると、減点対象となりました。また、危険を伴う仕事をしている方は、転倒の恐れがあるためにポケットに手を突っ込むことは当然禁止です。このスタイルは「偉そう」に見せるためのことなのでしょうかね?時代遅れそのものです。「インキンなの?」と言ってあげましょう。

・うなじやもみあげの処理
 散髪を2ヶ月以上の周期でしているショートヘアの人の場合、この部分が必ず乱れます。残念ですが、清潔感がなくなります。「どんな時でも身だしなみ。おばあちゃんの遺言だ」ではありませんが、内勤だから見た目はどうでも良い、というのは、少々幼く感じるのです。見た目の悪さは、サービスの悪さです。

・臭気
 仕事によっては、どうしても発汗が起こりますし、人間本来の機能です。その汗を部屋干しした服が吸い取り、文章では表現しきれないカビ臭さを起こしている人がいます。これだけ部屋干し専用洗剤が発売されている時代ですから、臭気対策もしましょうね。

・言葉遣い
 上でも書きましたが、高校生や大学生の頃の言葉遣いで成長が止まっている人がいます。「若くありたい」と思うことは、死への恐怖心から来る本能です。「ワンワン」「ニャーニャー」「ブーブー」を卒業するのに、なぜ学生言葉は卒業されないことがあるのでしょうね。
「マジで?」「チョー」「やべぇ」「うぜぇ」「ムカつく」
30歳前後の世代に多いようです。聞くと脱力します。

・携帯電話利用
 本当に止まりませんね。現在の白髪まじり世代も元はといえばインベーダーゲーム世代です。携帯電話に集中する人の顔と言ったら、口は半開きだったり、目はうつろだったりで、なんとも情けないものです。草食動物は肉食動物に嗅ぎつけられられないように、自分の存在を隠すそうです。だらしない姿は、なるべく見せないようにしましょうね。

 改めて別のブログで述べますが、今後多くの仕事が「相手に心地よい時間を提供したり、欲しくないモノの場合はつとめて不快度を和らげること」に変わっていくと考えております。以前ならば店舗の人にしか求められなかった「接客能力」が、法人営業者や内勤者、製造業者、鉱工業者、農林水産業者にも求められる時代が来ます。「部活会社」では、自分たちが満足するために働くために、必ずサービスの悪さとなって現れるものです。
Posted at 2017/06/08 23:53:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 仕事 | ビジネス/学習
2017年06月02日 イイね!

ついに「超」が滅ぶ?

ついに「超」が滅ぶ? 今朝のこと、通勤電車の車内でひときわ大きな声でおしゃべりをしている女性二人組がいました。年齢は話の内容から、22~23歳といったところのようです。久しぶりに会ったようで、いわゆる「恋バナ」を含む「女子トーク」をしておりました。静かな車内、さらにサハの中間ということで、彼女たちのおしゃべり内容は、車内のみんなに共有されたのでした。
 そのうちの一人、「みなみちゃん」とやらは、5秒に一回「めっちゃ」と形容詞を強めて言います。口癖なのでしょう。しかし、この種の言葉は、「超」「チョー」が君臨していたはずでした。

 その「超」、言わずと知れた新幹線が「超特急」と表現されたことがはじめでしょうか?その後昭和50年頃には、ユリ・ゲラー氏をはじめとした「超能力者」でテレビで繰り返し放送されます。そして昭和53年の夏と昭和54年の春には、地球を「超巨大戦艦」が襲い、宇宙戦艦ヤマトないしはテレサがこれを退けました。

その「超」が本格的に流行を始めたのは、「キン肉マン」の登場人物が「超人」と表現された時期かな?小中学生から広まったように思います。既にあった「すごく(すごくきれい」、そして誤用から広まった「すごい(すごいきれい)」をあっという間に死語の世界に葬るのでした。

さらに10年後の1996年、「キムタク」の口癖?で、「チョベリグ、チョベリバ」などがあった頃がピークではないでしょうか?

 そしてその10年後、「超」も相変わらずありましたが、「倖田來未」効果なのか、「めちゃイケ」効果なのか、「めっちゃ」が出てきました。関西ではもともとあった言葉のようで、結構年配の方も使います。しかし関東では、ちょっと引っかかるなあ。「ちゃ」は「滅茶苦茶」につながるので、あまり良い印象がありません。

 「超」が出てきて子供語になるまで10年、さらに若者語になるまで10年、次の言葉が出てきて10年、そしてついに滅びたのかもしれません。そんな2017年、新入社員の心の殻を破ろうとして、「チョー」などと使わないように、お互い気をつけましょうね。
Posted at 2017/06/02 22:33:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | 言葉 | 暮らし/家族

プロフィール

「風邪をひいているために、更新速度や返信速度が低下しています。」
何シテル?   06/11 22:42
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ボロン塗布による冷却効率向上 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/07 21:19:15
お客の車を蔑ろにするショップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 18:21:14
日産純正 プラズマクラスター発生装置 流用装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/05 23:16:45

お友達

 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
ブルマウブルマウ * HFC07HFC07 *
f2000f2000 * 工学院大学自動車部工学院大学自動車部 *
かー坊@NCP131かー坊@NCP131 * やまちゃん@8148やまちゃん@8148 *

ファン

83 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.