車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月23日 イイね!
 いつの間にか、日曜日にドラマが集中しています。月曜日を控えた日曜日は、在宅率が高いという予想に基づく番組編成なのでしょうか?私は、録画しておいたドラマを日曜夜に楽しむスケジュールにしているため、少々困っております。

小さな巨人(TBS系 21:00~21:54)
 刑事ものと聞いて、私が見ないはずがありません。ところが、第一話は見忘れてしまっていました。そしてこの日、第二話から視聴となりました。

が、この作品は、「警察もの」であって、「刑事もの」ではありませんでした。捜査一課(殺人強盗など)と捜査二課(組織犯罪など)との捜査範囲争いが主体で、犯人のことはあまり描かれておりませんでした。そういえば、この時間は「半沢直樹」以来、会社ものドラマが増えています。

昔から、漫画でも組織争いものが多かったですよね。暴力団同士の抗争、スポーツ少年少女団もの、会社組織物等です。しかし、刑事ものでそれをすると、犯人を描けなくなるのです。ひたすら「組織の力学」を描くのみで、見ている方は「何となく仕事論を学んだような気になる」のでしょう。おそらく、成人男性の在宅率が高いことを睨んだ結果でしょう。

私は、仕事でもドラマでも、仕事論系のお話は大嫌いです。「勝手にまとめないでください。」という気分になります。

録画した作品を消化する時間に当てたほうが有効と考え、この作品は挫折することにしました。「踊る大捜査線」が終了した時点で、「警察もの」は終わっているように思います。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている(フジテレビ系 21:00~21:54)

 「今期はアスペルガー主人公作品がない」と先日書きましたが、ここにありました。主人公は骨が好きだそうで、骨のみを分析して事件の核心にたどり着くようです。「ようです。」とあるように、主人公を交えた会話が「変な人」感覚丸出しで、見聞きして疲れてしまいます。

主人公を特殊な性格を持つ者として際立たせる方法は、やりすぎると飽きられるのでしょうね。観月ありさ氏連続主演30作目だそうですが、ただ30作連続というだけで、「誰のため?」と思うばかりです。10分間程度で挫折しました。フジテレビは、「ドラマのつくり方」についてもう一度見直されてはいかがでしょうか?

フランケンシュタインの恋(日本テレビ系 22:00~22:54)
 この作品は、出演者やスタッフ、音楽から推して、2011年の「妖怪人間ベム」を制作した人たちが数多く関わっているようです。「妖怪人間」は、5話位までは面白かったなあ!傑作と言えました。しかし5話以降は脚本がグダグダになり、並の作品になりました。

この作品では、綾野剛演じるフランケンシュタインが人間の女性と会い、徐々に人間界に馴染んでいくことを描くようです。第一話から脚本の起承転結がグダグダで、この先が思いやられる展開でした。脚本家さんは、妖怪人間第5話で才能が出尽くしてしまったのでしょうか?

 この種の「非人間」が人間界に関わっていくお話ですと、誰もが知っている「泣いた赤鬼」のような展開が期待できます。もう少し見守ってみることにします。
Posted at 2017/04/25 21:10:01 | コメント(1) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2017年04月22日 イイね!
 4月も早いもので、もう第3週目です。今期ドラマのほとんどが始まりました。毎度のことですが学園モノは相変わらず途絶えたままで、今期は新人さんが活躍するお仕事ものもないために、年度の始まりという印象は薄めです。

月曜日
貴族探偵(フジテレビ 21時)
 少女漫画に多い、特殊な大金持ちが活躍するというテレビドラマです。「パタリロ」「怪物くん」「おぼっちゃまくん」などが祖先でしょうか?10年ほど前にも、メイドものや執事もの、「富豪刑事」などの作品がありました。

子供にはそのような特殊キャラクターが目に止まるのでしょうが、大人にはくどすぎて耐えられません。また、本作品は「探偵」を職としています。これは裁判ものや弁護士ものにもいえるのですが、今まさに事件が進展しつつあるという緊張感に欠けてしまいます。しかもこの作品は、「主人公は推理すらしない」と、事件に対して身を置かない姿勢を貫いています。

結果として、事件に対して主人公が眺めるだけに近くなってしまい、全く退屈そのもの、当然のことながら、浮世離れした演出も目についてしまい、さっさと挫折することにしました。

火曜日
あなたのことはそれほど(TBS 21時)
 波留主演の恋愛もののようで、原作は漫画だそうです。面白いことに、メガネをかけた男性が「逃げ恋」に出ていた男性と似ていて、作品の連続性を感じさせています。しかし、実際には、無関係な作品です。

漫画が原作とのことでストーリーは決まっているのでしょうが、第一話はその男性と波留演じる女性が結婚するところが描かれました。しかしその男性は、波留に対して何度もメールを送るなど、ストーカー的側面が出てきました。もしかしたら、「ずっとあなたが好きだった」や「誰にも言えない」のような雰囲気が出てくるのかもしれません!?

まあ、見てみることにしました。

余談ですが、波留演じる女性の親友には、大政絢が充てられています。いつ見ても、「見て得する」女優さんです。これまで、主人公の妹や親友には、売り出し中の女優が演じることがほとんどでした。その時期を過ぎてなお演じており、それでいてクセがなく、いかにも「親友」らしさが現れています。

ただし、作中に波留に対して「料理のことじゃねえよ!」と言うシーンがあります。ドラマ関係者の中では、、学生の時期から友達だった女性同士は、いわゆる口が悪い言葉で話すものだ、と決められてしまったようですが、現実の人はそうではないですよね。このシーンだけが浮いてしまいました。

水曜日
母になる(日本テレビ 21時)
 沢尻エリカが主人公で、何やら親子ものの感動ものをつくりたいような感じが伝わってきました。しかし、ストーリーが全く伝わって来ず、見続けることに苦痛を感じてしまいました。挫折することにしました。

3人のパパ(TBS 23:56~24:26)
 男性3人(兄弟?)が住む家に、新生児が預けられてからのドタバタ記です。出演者の演技が下手で、全体的に漫画っぽい演出が施されています。見ていて情けなくなってしまいましたので、挫折することにしました。

木曜日
恋がヘタでも生きてます(日本テレビ 23:59~24:54)
 これも深夜枠作品です。大げさな演技、体を動かすたびに「ブゥー」「バサッ」と、風を切る効果音が流れます。ストーリーは滅茶苦茶で、よくわかりません。わざわざ放送する必要も感じません。

それにしても、田中圭の「IT企業の幹部役」というのも定番になりました。私は、彼の役柄はあまり好きではありません。

特筆すべきは、主演の「高梨臨」という女優さんです。芸歴は長いようですが、私は初めて見ました。子供向けヒーローものにも出演されたことがあるようで、体格が良いですね。それでいて髪型も含めて女性らしさがあり、このアンバランスさが魅力です。初めに見た際には、水野美紀や山口紗弥加かと思ってしまいました。現代版の両者として活躍して欲しいのですが、この作品における演技は全然ダメです。

 全くの余談ですが、この高梨臨さん、前髪こそAKB調の重めのものですが、それ以外は軽くウェーブがかかったロングヘアです。また、眉毛は昨年頃の人と比較して、はっきりと細くなり、曲線が強くなっています。そろそろ太眉時代が終わりのようです。

金曜日
リバース(TBS 22時)
 湊かなえ原作のドラマです。湊かなえシリーズは、事件までの出来事や背景をていねいに描くのですが、肝心なクライマックスで「え?これが何週間も描き続けたことのクライマックス?」と思えるほどあっさりとしたシーンになります。早い話が、クライマックスがない作品です。ドラマの感想を語り合うと、意外に同じ意見を持つ人が多くいます。それに気づいてか、この作品は小説とは異なったラストシーンにすると発表されています。

 第一話は、今回描かれるであろう事件のもとになった、主人公が大学生時代に起きた同級生の死に至るまでの事情を描いています。事情をそのまま描いており、視聴者の興味を引き出しています。バランスが良い作品であるように感じます。見ることにしました。

女囚セブン(テレビ朝日 23:15~24:15)
 女性刑務所が舞台で、主人公は剛力彩芽です。刑務所内部を描くのではなく、剛力彩芽が収監されるきっかけとなった事件へと描写が移っていくようです。女性刑務所ゆえ、問題あり女性が多数出ており、言葉も汚く、見ていて疲れます。剛力彩芽演じる女は京都弁で、比較的寡黙です。

かつて「ギネ」という女性医師ものを、大根役者で知られた藤原紀香が演じていました。大根ぶりを隠すためにセリフを減らしましたが、雑誌はこれを「キジも鳴かずば撃たれまい」と揶揄しました。この作品における剛力彩芽にも、同じ手法をとっているのかな?

かつての女囚シリーズをオマージュしてか、梶芽衣子氏も出演しています。どんな作品になっていくのやら、もう少し見守る必要がありそうです。

土曜日
ボク、運命の人です(日本テレビ 22:00~22:54)
 この作品は、過去の作品である「プロポーズ大作戦」を踏襲しています。プロポーズ~では、三上博史演じる妖精が山下智久に語りかけ、山下智久を過去にタイムスリップさせて、時代を変えさせようとします。ただし、脚本家がタイムパラドックスを理解していないために、山下智久は単に傍観するだけになってしまいました。

この作品では、山下智久演じる「?」なキャラクターが、亀梨和也演じる主人公にいろいろアドバイスし、亀梨和也はその時代でいろいろ女性にアタックします。タイムパラドックスの面白さを捨ててしまい、大丈夫なのでしょうか?しかし、「プロポーズ大作戦」にも似た面白さは感じられるために、見ることにしました。

 主題から外れますが、亀梨和也がアタックする女性は木村文乃が演じています。ロングヘアを捨てておかっぱ頭になった彼女は、あまり魅力的とは。。。


 もう少し今期の作品があるようですが、まだ始まっていなかったり、見逃してしまっているものもあります。しかし、「アスペルガーもの」がなくなり、割と見られる作品が出てきています。冬期には見られる作品がなくなってしまいましたが、春期は期待できそうです。
Posted at 2017/04/22 22:58:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
2017年04月19日 イイね!
ソース焼きそば番外編 「みかさ」でソース焼きそばを味わう 大阪には粉物のお店が多く、たこ焼き専業店でなければたいてい「ソース焼きそば」がメニューにあります。しかし、関東ではもともと粉物のお店が少ないばかりか、個人経営の中華料理店も少なく、ソース焼きそばはカップ麺か家庭で味わうものになってしまっています。

 そんな中、以前、お友達がフェイスブック上でソース焼きそば専門店のことをアップロードしておりました。そのお店は通勤路線の途中にあり、行きたいと思っても、時間や食欲の都合で行けないままになってしまっていました。2月に行ったのですが、「麺が売り切れ」とのことで、早仕舞いになってしまっていました。

 そしてこの日、ソース焼きそばへの気分と帰宅時間が重なり、初訪問となりました。お店はカウンターのみで、メニューもソース焼きそばと塩焼きそば、あとはビールがあるだけの、本当の焼きそば専門店です。そんなお店で夜ながら、席はほとんど満席になっていました。



出てきた焼きそばがこちらです。面は平たい太麺で、お店で作っているそうです。ソースはベッタリしていて甘みが強く、塩気は少々、酸味と辛さはありません。大阪のパロマソース辺りを使用しているのかな、と思いましたら、お店で作っているそうです。

あっという間に平らげてしまい、次回は、塩焼きそばも味わってみようと思わせる味になっていました。
Posted at 2017/04/22 23:41:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | ソース焼きそば | グルメ/料理
2017年04月18日 イイね!
ソース焼きそば番外編 大阪のお店にソースを送る 年初に愛犬のことなどがあったために、ソースを買ったり送ったりすることを休んでいました。年末にお友達に送ってもらった中部地方のソース、ショッピングモールで手に入れたソースなど徐々に数が増え、16日に栃木市へ行った際に大量に購入したために、急に在庫が増えました。そこでこの日、大阪にソースを送ることにしました。








 中部地方のコーミは、中部地方で愛用されている「こいくちソース」が有名です。しかし、それ以外にも普通のウスター、とんかつなどのソースもラインナップしておりますが、中部地方出張では全く目にできませんでした。お友達が送ってくださるとのことで、この度の送付となりました。

亀有のショッピングモールでは、長野県の「アップルソース」を購入できました。フルーティで美味しそうな名前ですね。

栃木県はソース文化圏ですが、佐野、栃木、宇都宮と、それぞれのメーカーや愛用品があるようです。栃木市には「林屋商店」というメーカーがあり、ここの製品を購入できました。また、佐野のマドロスソース、ミツハソースも購入できました。北陽ソースというメーカーの製品もありました。

 このように美味しそうなソースが並びましたが、私は口にすることなく、大阪に旅立っていったのでした。
Posted at 2017/04/22 23:21:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | ソース焼きそば | グルメ/料理
2017年04月14日 イイね!
 今週からテレビドラマが始まりました。早速第一話を見ております。ここ数年は全作品が出揃ってから感想と採用可否について書いておりましたが、始まる時期にかなり違いが見られるようになったため、今回は見終わる度に書いてみます。

「犯罪症候群 SEASON1」(フジテレビ土曜日23時40分)

 ハードな作風の事件もののようです。少女誘拐(無事解決)事件にまつわる、警察かそれに近いところでの黒い疑惑を追う作品のように感じましたが、話の展開に盛り上がりがなく、面白く感じられませんでした。まるで1960年代のドラマを見ているようで、「あ、この瞬間が東海テレビだね」と思えてしまいます。

「CRISIS 公安機動捜査隊特別班」(フジテレビ火曜日21時)

 ハードアクション刑事もの(公安もの)です。よくある二人組刑事ものであり、CGや映像の加工で素早い動きに見えるようにしています。

第一話から「新幹線を使ったアクション」が売りで、新聞やインターネット記事も「まるでハリウッド映画のよう」と大絶賛です。例えばビルの非常階段で犯人を追跡する際、螺旋の外側の手すりを掴んでは、一階分ずつ落ちたり、途中階から10m程度飛び降りたりなどの、ワイヤーアクションないしはCGの連発です。アクション時の音も「パン、パン」というパンチ音に「バタバタ」と服の袖が風を切る音だけで、迫力がありません。

一方でストーリーらしいストーリーはほとんどなく、主人公側と犯人側の応酬のみで展開しています。犯人側に「テロ組織」を持ってくると、動機や心情を描かなくて良いので、脚本が楽なのでしょう。まあ、味わいの薄さや空虚なストーリー、映像「だけ」に凝っているなど、確かにハリウッドといえばハリウッド調かもしれません。8年位前の岡田准一主演「SP」を面白いと思った人はどうぞ。

「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ木曜日22時)

 製紙メーカーに勤務する3人の女性(水川あさみ、桐谷美玲、ブルゾンちえみ)が、部署が買収されたことにより化粧品メーカーに勤務することになり、ファッションに奮闘するドラマです。
しかしながら、ドラマというよりはコントに近い面白さを持った作品です。ストーリーは味わえません。

この作品を見ていると、まるで日本テレビ火曜日10時枠(重版出来などの働く女性枠)などを思い出すのです。日本テレビのドラマが「うちもフジテレビのような明るく楽しいドラマを作りなさい。」「わかりましたできました」と作られていたのに対し、本家が分家の作風を輸入か、と思ってしまうのでした。

鈴木浩介演じる化粧品メーカー部門長のファッションに対する造詣を見ると、「生産技術から生産されたものをうまく使う世の中になったのだなあ。」と、工学部出身の私は、時代の変化を感じるのでした。

時に昭和59年、「俺たちポテトボーイ」というドラマがあったそうです。田舎の青年3人が、都会についていこうと奮闘するドラマだったそうです。既に集団就職の時代も都市圏集中の時代も終わっていた時期ですが、男性はまだまだ「見た目よりハート」などと平気で言っていた時代でした。

この作品は、概ね同じコンセプトで女性が演じるのですから、男性どころか女性ですら、「田舎くさい」と「都会的でおしゃれ」の差が出てきた現れなのでしょうかね?

ちなみにこの作品には、「足立梨花」が出演しています。小動物のような親しみがわく雰囲気で、最近お気に入りの女優です。
Posted at 2017/04/14 22:18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | テレビドラマ感想批評 | 音楽/映画/テレビ
プロフィール
「@RA2ひら さん 一時落ち着かれていたようでしたのに。お悔やみ申し上げます。」
何シテル?   04/16 21:38
小さい頃、トラック野郎を見てトラックが好きになりました。その後「太陽にほえろ!」のカーアクションを見て、乗用車も好きになりました。カーグラフィックTVや新車情報...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
お客の車を蔑ろにするショップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 18:21:14
日産純正 プラズマクラスター発生装置 流用装着 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/05 23:16:45
NAGISA AUTO フロント調整式スタビライザーリンク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/07 00:45:55
お友達
 車やドラマ、世間のできごと、甘いものやB級グルメについていろいろお話出来る方、よろしければお友達になりませんか。
152 人のお友達がいます
kurumazukidayokurumazukidayo * たく@独車一番!48・46二番!たく@独車一番!48・46二番! *
三田三田 * 徳小寺 無恒徳小寺 無恒 *
V3 としくんV3 としくん * デカトーデカトー *
ファン
85 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
 自己所有の主力車種です。車いじりと「維持」を中心に使っています。昭和55年式の前期型で ...
マツダ グランドファミリア マツダ グランドファミリア
 1972年頃購入とのことです。ファミリアではなく、グランドファミリアです。同時期のサバ ...
日産 サニー 日産 サニー
 1981年春ごろ、当時同居していた叔父の所有するカローラのセールスマンのつてか何かで、 ...
日産 ブルーバード 日産 ブルーバード
 1982年秋、事故で廃車になったサニーの代わりに買った車です。910型、白の4ドアセダ ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.