車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月06日 イイね!
ナマステ~!ネパール語の挨拶は「ナマステ」だそうです。
おはよう・おやすみ・こんにちは・こんばんは・さようなら・・・
人と会ったときに使える万能の言葉だそうです。

・・・

こんばんは。

慢性的な疲労にはまり込んでおりマス。

毎日、夕食後には寝落ちしていて、今日もさっきコタツで目覚めました。
1月中旬の大雪ほどの降りではありませんが、
散発的な降雪で徐々に体力を奪われている感じです。

そうそう、タイトルの「ナマステ」ですが、
別に登山家になってネパールに行こうなんて考えてるわけじゃありません。
漢字で書くと「生ステ」です。

・・・

なんだそりゃ?

当然です。

実はワタクシの仕事の相棒のロクロクちゃん(三菱扶桑3tキャンター)が不調で
「生ステ」になっております。

あれは2月になりたての今季最高クラスの冷え込みのあった日、
午前中は何とも無かったのに午後に入ってステアリングの調子がおかしくなり、
終業直前には完全に「生ステ」になってしまいました。
年季の入った車両なので経年劣化でパワステのオイルラインのホースが凍結して柔軟性を失いひびが入ってしまったそうです。
修理屋さん曰く 「今日はこれで4台目です」 だそうです。

・・・

おいおい普通、「重ステ」だろうが。

はい、ワタクシもずっとそう思っていました。
ですが、冬季のみの配送のベテランの方がそうおっしゃってました。

・・・

「生」でも「重」でもどっちでもいいんですが、早く直して欲しいものです。
部品待ちで、毎日修行のようです。このまま続けば春には「ケンシロウ」のようにマッチョな身体になってしまい、別の意味で革ツナギが着られなくなってしまいます。

さて
ブログに上げようと撮り溜めておいた(溜まってしまった?)画像があるので
紹介させてください。せっかく撮ったんだから・・・


仕事の合間に民宿の裏から撮った戸狩スキー場


戸狩スキー場から千曲川方面を望む


戸狩スキー場付近



飯山市外様 寿地区では今年も、「かまくら祭」やってます。

今年は4tダンプで雪を運ばずにすんだようです。

かまくらの内部

この中で鍋をつついて宴会などいかがですか?


かまくら群、中央は「かまくら神社」


試乗体験用のスノーモービル

YAMAHA製です。


試乗体験用の雪上車

料金は高いのか安いのか分かりません


所変わって飯山市羽広山地区

雪の壁


普通に雪の壁



雪原


雪原の中に道




日付は変わって1月28日(土)
連続2回目の雪下ろし

1回目の雪下ろしの終わった夜からまた大雪で週半ばまで降りました。

前出の画像は週末にかけてスカッと晴れたときに撮りました。


前回よりは少ない・・・けど、雪が重い



屋根から覗く池。お~怖い


終わった



ほとばしる水

どうした加減か、流雪溝の水が回復しておりマス。

水量が多いと溶けるのも早い


今回はお向かいの融雪池にスノーダンプで入れさせてもらったので
一輪車は出番無し


実は、天気予報では今週末にかけて巨大な雪だるまマークが出ておりマス。

あ~あ、春はまだ遠いな・・・

と、思っているのはワタクシだけでしょうか・・・?


Posted at 2017/02/07 01:30:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雪国ネタ | 日記
2017年01月22日 イイね!
屋根の雪おろし(続き)昨日までの雪降り天気とうって変わりとってもいい天気の本日。

タイトル画像は全く関係ありません。
配達先の温泉施設の除雪作業を撮ったのですが、盛大に雪を吹き飛ばしておりマス。羨ましい限りです。こっちは何から何まで人力だ。

こんにちは。

でも、やることはひとつ。雪片付け。
玄関側に落とした雪はそりと一輪車を使って綺麗にしました。
問題は池に落とした雪だ。

流雪溝から引き込んでいる水が少なすぎて全然溶けないのです。



池の上にそびえたつ屋根の雪

いつもだと雪山の周りを削って池の大きさにして、溶けた分だけ沈み込むようにするのですが、今回は溶ける量も少ないせいか、削り役を慣れないヨメにやらせたせいか、まったく沈み込む気配がありません。

まあ春になれば消えるのでしょうが、その前にまたこの間みたいな大雪になったらどうするんだ?
屋根の雪も落とすところがなくなるぞ。


と、言う訳でまた玄関側から運び出すことにしました。
といっても池から玄関まではテラス(そんないいものか?)を挟んでいるので、雪山をブロック状に切り出し、手で運ぶ。という実に古典的な方法になりました。

効率はめちゃくちゃ悪いです。
でも、例えスコップ一杯ずつでも運び出していればいつかはなくなるでしょう。
あーだ、こーだ言ってる間に少しでも行動した方がいい場合もあります。
いくら頭をひねっていても雪山は無くなりません。



という訳で、塊のままの雪はそのまま運び、それが終わると適当な大きさの塊を雪山からスコップで切り出し、手で抱えてテラスまで運びました。



ある程度たまったらスノーダンプで運んで


そりに積む。

どこまで運ぶかと言うと道路を挟んだお向かいのヨメが務める缶詰工場です。

昨日は雪で一杯だった缶詰工場の池は今日は空いている。
社長さんにお願いして我が家の雪を入れさせていただきました。

普段も道路に落ちた屋根の雪は入れさせてもらっていたのですが、昨日は工場の駐車場などの雪を入れていたため満杯だったのです。

雪の塊を切り出し、抱えて運び、そりに積み、缶詰工場の池に入れる。

これをひたすら繰り返すのです。



少しは減ったかな?
スコップの位置はほぼ同じ場所に刺してます。



ひたすら運んで


そりに積む


そりを引っ張り缶詰工場の池に落とす



おお、池の水が見えた


3分の一くらいになったかな?


なにせ、純粋に肉体労働なので、足はがくがく、頭はくらくらしてきました。
昼食を機に、本日の作業はここで終了。

明日からの日常業務に差し支えるといけません。
いくらがんばって雪片付けをしても一銭にもならないのですから・・・

でも、体脂肪はいくらか減ったのでしょうか?
(〃ω〃)
Posted at 2017/01/22 16:30:28 | コメント(6) | トラックバック(0) | 雪国ネタ | 日記
2017年01月21日 イイね!
屋根の雪をおろしてみた・・・っていうかおろさないとやばい先週から日本海側は雪の天気が続いていて、はっきり言って疲れてます。
元々雪国なんだからしょうがないけど

こんばんは。






ちなみにタイトル画像はうちじゃありません。
めずらしくのぞいた晴れ間に配達途中の建物を撮って見ました。
今は使われていない保育園の建物ですが、
普通の木造建築でこの状態になると雪に引っ張られて軒が壊れます。



出勤前に玄関前と道路に落ちた屋根の雪片付けをし、
仕事中ではトラックのチェーンの脱着を繰り返し、
新雪をかき分け配達し、
残業の後、帰宅し食事の後また雪片付け・・・

もういや・・・

そして二条の屋根には雪が積もりまくり・・・
二条の屋根というのは、都会ではどう言うんだろ?
二階建ての建物に一階だけの部分があって、そこの屋根のこと。


屋根の雪下ろしをする前の状態
この段階で積雪100cm以上、かなりせり出してきてます。
あと100cmくらい積もっても持つはずだけど、怖くて溜められません。



この池に落とします。
たぶん全部は入らないので、残りは道路側に落として運搬することになるでしょう。



お嬢ちゃんの部屋から二条の屋根に出ようと思ったら、窓の半分くらいまで雪が積もっていて出られない。


仕方ないので隣の男どもの散らかった部屋から出ることに・・・

ぬぐわっ!

物干し竿の高さまでまで雪が積もってるよ~(涙)



雪下ろしのその都度スノーダンプを運ぶのが面倒なので、
屋根の雪下ろし専用スノーダンプを常備してます。


軒先が雪庇になっているで屋根の位置を確認しながら道をつけていきます。


すこしづつ足場を広げ、やっと作業がし易くなりました。
雪下ろし中の事故も多く、今シーズンは長野県内では5名の方が亡くなってます。
一応気休めのヘルメット装備です。



スノーダンプは横方向だけでなく縦にも使います。


おっと張り出した雪庇が・・・


スノーダンプを縦に使い雪庇を落とします。


この段階で屋根の面積の半分くらいは落としたのですが、
実は厚さがまだ残っているのです。
一度に全部の高さを落とすことは出来ないので、雪の厚さはまだ半分くらいです。
お嬢ちゃんの部屋の窓はまだ半分埋まってます。


ひたすら作業を続け、ようやく半分終わった所です。
いつものポーズですが、隣はエルメス号ではなくスノーダンプです。とほほ



池に落とせる量が限界に達したので、玄関側に落として作業を進め、
雪を下ろすのは終わりました。




屋根の雪は下ろし終えました。

・・・が、


下ろした雪の片付けがまだ残っています。
これをどうするかと言うと・・・




そりで運ぶのです。
今朝方降った雪が溶けきれずに道路に残っているので一輪車が使えないのです。


50mほどそりを曳き、水路に落とします。
これをひたすら繰り返すのです。

昼食後、道路の雪が少なくなってそりの使用が困難になってきたので、例のコンパネのアオリ付きの一輪車に切り替えて運びます。

(画像は先週の使いまわし)


たぶん一輪車で雪運びをしてるのはワタクシ位なモノですが、それでもスノーダンプ3台分くらいの雪は運べます。少しずつでも確実に雪は減ります。
地道にコツコツやればいつかは終わるのです。

池に落とした雪は、山になっているので周りから少しずつ削って融かします。
これは池に引き込んでいる水が極端に少なくなっているので(近所中で使うため)明日の仕事になります。


これは、立地の関係で除雪機械が使えない我が家の雪下ろし作業です。
土地に余裕のある場合は降ろした雪はロータリー式の除雪機で敷地内の何処かへ飛ばします。ホイールローダーで排雪する人もいます。

なんせ狭いところに住んでるもので、いろいろと工夫が必要なのです。


田舎の生活もいいんですが、自然は結構キビシイのです(;^_^A









Posted at 2017/01/21 21:15:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | 雪国ネタ | 日記
2017年01月14日 イイね!
参りました。もう勘弁してくださいm(*T▽T*)m全国版のニュースでも話題にされていますが、
今季最高の寒気が流れ込んでいるらしく各地で大雪になってます。

こんばんは。



長野県北部もご多分に漏れず大雪です。
「一晩に一尺(約30cm)なんて降ったうちに入らない」などと豪語しておりましたが、
早朝の時点でその倍の量降られるとちょっと参りました。


大雪の話の前に、前回のブログでバイクの部品弄り用の作業場が
たいへんな状況になっているとお話しましたが、何とか解決しました。

実は作業場といっても元々はボイラーが2台ある、いわば機械室だった訳です。
そして2台あるボイラーのうちの給湯用が壊れました。

これは35年ほど使用していた骨董品で、エルメス号より古いです。
4~5年前に漏水し、自分で修理して使用していました。
今回も年の瀬になって漏水が止まらず、
修理しようと分解してみたら手の付けようもない状態だったので新品に交換することにしました。


外板と断熱材を外し、缶体の状態にしたボイラー


内部から腐食し、ホーローの皮一枚状態だったようです。

鉄板もペラペラになっていて溶接も何も出来ません。
ここまで使えば元は十分取ったでしょう。


ネットで購入した新品の石油ボイラー。
我が家は風呂釜式ではないので、給湯のみのシンプルなものです。
隣に見えるのは屋根と車庫前の融雪用ボイラーです。

既存の配管から、A20のフレキシブル管を使って自分で配管しました。
業者に依頼した場合のたぶん半額くらいで出来たのではないかと思いますが、
自己責任でやってますので、皆さんは真似しないで設備屋さんに頼んでください。


この狭い空間に外した古いボイラーと、新品のボイラーが入っていたので
部品弄りどころではなかったのです。



さて、大雪の話ですが、先週辺りから天気予報等で予告されていたので、
それなりの覚悟はしていたのですが、いざ降られると嫌なものです。
今朝は5時頃から雪片付けを始めたのですが、実は昨晩も行っていたのです。
我が家は、立地の都合で屋根から落ちた雪の一部が道路にまではみ出てしまいます。
昨晩までに残っていた屋根から落ちた雪を綺麗に片付け、
新たに落ちた雪が道路にはみ出るのを最小限に抑えようと思ったからです。


道路側の雪片付けを終え、台所横のスペースの雪片付けです。
殺虫剤の缶と比較してたぶん60~70cmくらいあると思います。


暗くてわかり難いですが、雪消し用の池です。


角度は違いますが雪がないとこんな感じ。

家の周りを一通り片付けると7時くらいになります。

今日はお休みだったので午前中は作業場の片付けをしたり、
昨年の御札や正月飾りを燃やしてもらうためにある場所まで持って行ったりしました。
その場所とはタイトル画像の場所なのですが、
まあ、一般的に田舎で行われているどんど焼き
みたいなもんですね。
ただワタクシの地元ではちょっと他の地域とは違うのですが・・・

これを見て地域が特定できるアナタは通ですね。

昼食後、不覚にも寝入ってしまい午後3時頃目を覚まし外を見ると・・・

「また雪がいっぱい積もってるじゃ~ん!」

池の雪は全然消えてないし、家の傍の流雪溝の水も少ないし、
片付けようがない・・・

仕方ない、奥の手を使うか・・・


平型の一輪車にコンパネであおりをつけた、
おとう!特製「一輪車ダンプ」!


スコップで雪を詰め込むとスノーダンプ2台分くらいの雪が運べます。

これで少し離れたところにある大き目の流雪溝まで捨てに行きます。
何せ、明日は仕事に行かなきゃならないので、
車庫前は最小限の積雪で抑えたいのです。

夕食の直前まで頑張ったのですが、片付ける端から雪が積もっていきます。
さすがにこれには参った。


このブログを書き終わってからまた雪片付けです。
明朝もたぶん5時過ぎくらいから始めないとダメかも知れません。



今度生まれてくるときは雪のないところがいいな (TmT)


Posted at 2017/01/14 20:28:41 | コメント(7) | トラックバック(0) | 雪国ネタ | 日記
2017年01月10日 イイね!
ヘルメットをぶつける唄二年続きの少雪で、生活は楽ですが仕事は・・・?
バイクに乗れなかったり、弄れなかったりすると全くネタがありません。

こんばんは。

なんとか生きてます。

バイクの部品弄り用の作業場が現在とんでもない状態になっているので部品弄りもできません。その理由は解決してから報告します。

それでも皆様に忘れられないように、なんか書きます。




ユーミンの曲が好きで良く聴いてます。
と言っても、ここ10年くらい新しいアルバムを買ってませんが・・・

結構お気に入りの曲をば紹介させていただきます。



『WANDERERS』  作詞・作曲:松任谷由実 1989

黄昏の空はスモーキーに流れて
一等星だけ見えた
袖ちきったシャツをくぐり抜けてゆく
ぬるい春のとばり

好きよ ヘルメットぶつけ
腰にしがみついたあのぬくもり
きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて

タワーが輝く坂まで走ろう
渋滞をぬいながら
きみのために替えたタイヤと心は
試さなくなったけど

好きさ はじめて想った
少し未来の幸せについて
きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて

だけど We're WANDERERS はかない夢
だけど We're WANDERERS もういない

きみに会えなくなるなんて
きみに会えなくなるなんて


三菱ミラージュのCMソングにも使われたことがあるので、
お聴きになった方もあるかと思います。

ワタクシはこれを聴いた時に都会的でオシャレな曲だと思いました。
歌詞から感じるのは 「バイク乗りが恋人を失う」 と言う内容でしょうか。

乗っているバイクはヤマハのVMAXが真っ先に浮かびました。
レーサーレプリカではない。オフロード車でもない。
当然、カブの90ccも無しです・・・

ま、人それぞれ、とらえ方は違うと思うのですが・・・

ちょっと気が付いたのは太字にした部分ですが

   「好きよ ヘルメットぶつけ

タンデムしている彼女が後ろから彼氏に頭突きをかましている光景ですね。

・・・

もっと有名な曲でも似たようなフレーズがあったな。

ドリカムの『未来予想図Ⅱ』ですね。

 「2人でバイクのメット5回ぶつけてたあの合図

あら、おんなじ光景が・・・

どっちかがパクったのか?

気になって調べてみたらなんと同じ1989年に発表されているんですね。

バイクに乗る恋人同士が愛情表現でヘルメットをぶつけ合う。
女子が作詞すると、そうなっちゃうんですかね。



どうでもいいんですが、
安全装備のヘルメットに無用の衝撃を与え続けるのは
いかがなモノかと思うのはワタクシだけでしょうか?


新しいヘルメットが欲しい「おとう!」でした・・・
Posted at 2017/01/11 00:05:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | バイクネタ | 日記
プロフィール
「これから屋根の雪下ろしをします。ブログこうご期待(^_^)v」
何シテル?   01/21 08:12
おとう!です。 金欠カスタムおやじです。金をかけずに手間をかけるをモットーにしてます。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
CDI交換。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/08 17:10:22
銀バッタで草木ダムまで 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/11 18:09:06
GB250 クラブマン エンジンメンテナンスのまとめ(前編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/02 06:52:24
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CBX250RS エルメス(娘が命名) (ホンダ CBX250RS)
ホンダ CBX250RSに乗っています。 84年型・新車で購入、半年ほどで小川部品のバッ ...
ホンダ フィット ふぃと子 (ホンダ フィット)
車体は完全フルノーマルのGK4・FIT(4WD)ですが、お得意の小細工があちらこちらに・ ...
ホンダ オデッセイ オデ子 (ホンダ オデッセイ)
エルメス号の名づけ主のお嬢ちゃんが誕生するのをきっかけに、シビックでは狭かろうということ ...
ホンダ シビックセダン シビ子 (ホンダ シビックセダン)
初めて自分で購入したクルマ。 デジタル画像がないので参考画像。 オプション大魔王。サン ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.