車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月17日 イイね!
(メガーヌ試乗記ではございません)

全世界のMEGANE着用の皆様、ついに私も仲間入りさせて頂くことになりました。よろしくお願い致します。

昨年夏の健康診断では右1.5、左1.2を誇っていた私の視力(今にして思えばこれが正しい数値だったのかは大いにダウト)。それが最近、フォーカスするのに時間がかかるようになってきました。先日3Dの映画を鑑賞した時も、手前の字幕は「読めるんだけどボヤけている」状態。「ろーがん、ってやつの始まりかしら?」といよいよ危機感を抱き、お洒落な老眼鏡ならひとつ持っていてもいいかな、と気楽に近所の眼鏡屋さんへ行ってきたのですが・・・

老眼どころか視力自体が驚愕の悪化!両目で0.6ってうそー。来年の免許更新がすでにヤバい状態であることが判明しました。確かに昨年から大学に入って、読む、書く(打つ)、見る、描くが前年比120%増になったりしましたし、普段から仕事もPC中心ですし、相当、目に負担がかかっている感じはしていたのです。年齢的なこともありましょう。これまで視力には問題がなかっただけに、それらのツケが一気に来ちゃった、という感じです。

というわけで、ZENは急げ♪とばかりに人生初MEGANEを作ってきました。遠近両用は初心者にはお薦めしません、と言われていきなり2本持ちに。それにしてもこの年になってもまだ「人生初」があるんですね。これからはどんな「初」がやって来るんでしょうか(恐)。

赤いのが近く用(ブルーライトカット)、茶緑のが遠く用です。

眼鏡を着けてみて初めてわかる「見えていた」ものが「見えていなかった」という衝撃の事実。特に夜間は裸眼で運転していたことに震えました。これまで運転中の視界で不自由を感じたことはなかったのですが、眼鏡を着けてみるともう!全然違います。なんてクリアで奥行きのある世界・・・今まで自分がいかにボヤけた世界を観ていたのかがよくわかりました。でも、比較対象がないと自分で実感出来ないんですよね。ピントが合うのが遅くなったりしても、「あー、目が疲れてるんだなぁ」でやり過ごしてしまいますし、「ちゃんと見えてるから大丈夫」って思ってしまうものです。むしろ、今気づいてラッキー。

それに、実はMEGANEデビューが楽しみでした。だって、眼鏡の顔と眼鏡なしの顔、2種類の顔が持てるんですよ!メイクで小細工したって、ここまでのチェンジは出来ません。これはコンタクトには無いメリットです。店員さんにも「眼鏡かけてる感の強いMEGANEが欲しいんです」とワガママを言い、フレーム選びも楽しかったです。私の肌色はイエローベースなので、青、紫、ピンクはやはりNG。赤、茶、緑系の中からチョイスしました。顔の皮膚が薄いため、パッド付きでもすぐに跡がついてしまうのが難点ですが、見慣れた自分の顔が別人のようで新鮮!

これからはMY MEGANEを軸にしてメイクやヘアスタイル、服などを考えたりするのも楽しみですし、上手に付き合っていけたらいいなと思っています。こうなったら靴なんかと同じで、またこだわりそうです笑。
とりあえずクリアになった世界に乾杯♪

今後は紫外線という強敵も力を増していきますし、次は度付きのサングラスかなぁ
Posted at 2017/04/17 21:56:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年04月14日 イイね!
納車後1年9か月と2週間ちょい。
総走行距離21,210km。

久々に映画館でIMAX 3Dを体感してきました。「ゴースト・イン・ザ・シェル(字幕版)」です。
長年ファンであるジュリエット・ビノシュも出演していますし、期待と諦め半々くらいで出かけてきました。

例えば「インセプション」とかの映像世界がお好きな方は3Dで楽しめるかと思います。
ストーリーのほうは・・・押井監督の2作品を足して4で割って水で薄めたところにハリウッド風味をこってり注ぎ込んだもの、と言いましょうか。途中から「え、ここでお涙頂戴?」みたいなことになり、それによってせっかくの粋なエンディングも無駄になった感が否めません。

押井作品へのオマージュみたいなものは確認出来ましたし、リスペクトは感じられたのですけどね。これから観るご予定の方には、吹き替え版を強く強くお薦め致します。私も吹き替えで見れば良かった・・・かと言ってもう一度観に行くモチベーションまでは保てないなぁ。とてもシンプルでわかりやすいストーリーに組み直したせいなのか、特にバトーの存在感がとても薄くなっていたことは残念。

さて最新映像を堪能した後はアナログなお話です。

こちらの皆様方の撮るお写真はどれも素敵で、いつも楽しく拝見しています。観るのは大好きなのに、撮るのは大の苦手。数年前に買ったオリンパスPENも箪笥の肥やしと化していますし、スマホで撮る写真も呆れるくらいにダメダメ。

ファインダーを覗くと、まず構図を考え込んでしまい、なかなかシャッターを切れないんです。で、迷った挙句に撮れた写真は「ただの説明的な画像」であり、皆様のように「作品」ではありません。自分の気に入らない写真だけが量産されることの繰り返しに、嫌気がさしています。

もうちょっと楽しい気持ちでシャッターを押したいな、と思っていたところ、いつも展覧会情報をチェックしているImpossible Tokyoさんに素敵なカメラを発見。



懐かしく思われる方もいらっしゃるのでは?
この鮮やかなイエローと、ポラロイド画像の持つ独特な雰囲気に惹かれて、つい買ってしまいました。

もともとポラ作品の展覧会を観るのは好きで、大好きな写真家である野村佐紀子さんやアラーキーもポラだけの作品展を開催しています。自分で撮ってみようと思ったことはないのですが、「雨の滴るフロントガラス越しに見える不安定な世界」のような哀しげな雰囲気に憧れて、これから練習してみようと思います。

ただ、現在学んでいる日本画と同じで、季節、時間、天候、温度湿度などで仕上がりがかなり影響されるようですね。やってみないとわからないことと、フィルム代がお高いので、シャッター押す時はものすごく緊張!でもこれはスマホカメラでは味わえない感覚で、とても新鮮です。カシャーと出てくるのも楽しい!一瞬を切り取った、と言う感じがして。


最初に試しに撮った2枚。カラーの高感度フィルム(600)。モノクロフィルムもあるので、楽しみです。

一方で、写真を撮る方々には当たり前過ぎる基本的なこと、例えば太陽の位置や光の方向や量なども考えないといけなくなりました(^^;; お直し出来ないんですもの。


またニッチな世界へ足を一歩踏み入れてしまった感じがしますが、お出かけのお供となりそうです。フラッシュ部が畳めるとは言え、持ち運びにはかさばりそう…



Posted at 2017/04/14 12:56:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年03月22日 イイね!
2ペダルのお時間です。納車後1年と9か月弱。
総走行距離21,338km。

一昨年ゼンの試乗に同行してくれた友達が、珍しくお仕事で湘南方面へやって来たので合流し、彼のクルマを運転させてもらいました。ドイツ車ですが某バイエルンではないので大丈夫です(^^)

何でも、じじばば含む家族全員の人数が7人なので、7人乗りはマストだったとか。でも国産ミニバンは乗りたくない、ということで、この子になったそうです。

その友達から「はい、お土産!」と手渡されたモノがタイトル画像のグッズです。何なのかわからず「何なのコレ」と詰め寄ってしまいました。皆様は勿論おわかりでしょうが、内装を剥がすためのグッズなんですね。こんなん絶対必要ないよ、と言ったのですが、とりあえず持っておけ、と。友人とは言え、女に持って来るお土産はもっとこう、ときめくようなモノを選ぶんじゃないか?普通…





このサイズのクルマを運転するのは初めてです。しかもMTモードがあると言うじゃないですか。初トライです。

乗り込んでみると、まずドアが重い!ゼンに初めて乗った時も重さを感じましたが、それ以上に重い。なので、何となく安心感はあります。シートに座ってみると、生意気にもスポーツシート風。すっぽり収まり快適な座り心地。ですが目線が高いため、変な緊張感が走ります。

サンルーフがあるため明るくて開放感のある車内。後ろを振り返ると「長い」の一言。こんな長いのを操縦するなんて・・・と思いながら出発です。

まず発進時に早速エアクラッチをやらかし(発進!って思うと、左足が自動的に動くように私の脳にインプットされているようですな)、戸惑いながらゆっくりアクセルを入れていきます。が、中々前に進まない!きっと踏みが足りないのね、と思い、気持ち強めに踏み込むとズズーと動き出しました。

「重い」
良くも悪くも、これに尽きますね。普段ゼンに乗っているから当然ちゃ当然なのですが。高速道路はかなり快適そうです。そして、お待ちかねのMTモード。手元だけでカチャっと操作するのに違和感が。「ああー、ギア上がってるなあ」という感覚は何となくありますが、ゼンのようなダイレクト感には欠けました。っていうか難しいよコレ!!

7速もあるので手元で操作するのはバイクみたいな感覚。慣れたらこれはこれで楽しいかもしれません。

一方、シフトダウンのほうは音でよくわかるのですが、音のわりにはエンブレが効いてないような気がする・・・なんて感じました。自分のいる位置が高いのも、妙に落ち着かずソワソワしちゃいます。
とりあえず、やっぱり私に背の高いクルマは向かないのだな、という結論に至りました。

でも、「7人乗りがマスト」という友達にしてみれば、良い選択をしたなぁ、と思います。スタイリングは国産と比較するとシャープでカッコいいと思いますし、ゴテゴテしてないのも好感が持てます。ボディカラーも、私は絶対に選ばない色ではありますが笑、地味というか渋い!ですし。繰り返しますが私は選ばないクルマですけどね。また、若かりし頃にはドリドリしていたらしい彼も、中身にはそこそこ満足しているとか。

少しずつ色々いじっていくそうなので、どんなクルマになっていくのか見守りたいと思います。「このクルマあんまり見ないね」とボソッと言うと、「は?ルーテシアよりは全然いるから!」と反論されました(笑)。恐らく私が気づかないだけなのかもしれません。何せ私のセンサーはルーテシアにだけ敏感に反応するものですから。
「走ってる後ろ姿を見てると、ルーテシアやっぱりカッコいいと思うよ〜 」とフォロー?があったので良しとしましょう。

他のクルマを運転した後にゼンに乗ると、本当に感動します。やっぱり私にはこのクルマ!ゼンが最高なのです♪

Posted at 2017/03/22 12:48:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年03月06日 イイね!
続・ルーテシアはデート車なのか? ルノー ルーテシア4。

私はこのクルマに一目惚れしてオーナーとなりましたから、当然自分の感覚が基準です。
信じられないことに、私の周囲も「どこのクルマ?え?ルノー?それ外車?」という認識。これまで初対面で「ルノー!いいですねぇ!!」と盛り上がった方々は、偶然お2人とも北欧車乗りでした。ニッチセンサーが共鳴するのでしょうか?

確かに私もゼンと出会う前まではルノー=フランスのクルマという認識はあれど、実際どんな車を作っているのかはよく知りませんでした。私の中ではフィアット=パンダのように、すぐに連想する代名詞的車種がなかったんです。

実際、毎日走っていてもカングー以外のルノーは本当に見かけません。こんなに好きなのに、オフ会でしか確実に出会えないクルマなのです。

つまり、そういった理由ゆえに我が最愛のルーテシアがPublic Relationにおいてどのように取り扱われるのか興味があります。皆様にとってはどうでもいい内容だとは思いますが、愛ゆえに書かずにはいられない私をお赦しください。

今回も新たなネタを教えて頂きました。
それは、こちら。
フランス中を魅了している新しい“赤”、新型ルノー「ルーテシア」が大人の男女を虜にする理由とは?
※動画がありますので音声にお気をつけくださいませ

PENのオンライン版に掲載されています。
PENと言えば、私は美術関係のムックを何冊か持っていたり、都市特集だと購入したりしていますが、基本男性誌ですよね。私が長年愛読するFIGARO JAPONと同じ発行元ですから、前回のカーセンサーと違い、読む前から一定の安心感はあります。最近はこのような長いタイトルが主流なんでしょうか。

ルーテシアのカップルと言えば!思い出されるのは昨年の淳とリエです。
出会って10日目の男女が恋に落ちた謎のデートコースがオシャレすぎる!

まだあったよ・・・笑
こちらの記事が色々な意味で強烈過ぎるわけなんですけれど(鋭い視点のotakenさんの記事も逸品でしたね)

PENの今回の記事は謎のモデル顔出しもないですし、ロケ地も意外性のない鉄板な場所が選ばれているので画像は絵になり、まんまと世間一般のイメージ「フランス車=なんかおしゃれ」という世界観の演出に成功していますね。「自分のルーテシアを、カフェの中から眺める。”至福の刻”です。”」という、まるで私か!?というコピーもあり(それ路駐じゃん?という突っ込みは無しで)。

なんですが、全部読み終わってみると、内容がまったく印象に残りません。と言うより、結局ルーテシアってどんなクルマなのよ?と言う疑問が残る内容だと感じました。これは私がすでにルーテシアに乗っているからだと思いますが、「アーバンでコンパクト」「 エレガントでスポーティ」といった表現がこちらを混乱させるのかも。

コンセプトがLOVEであるが故に、やはり「男女」という主役が必要なのはもうお約束。皆様もルーテシアの車内に花束をしのばせたりしていますか?花束は嬉しいですが、車内で渡されたくありませんね。

フレンチレストランに寄るのも、もはや様式美。シックな中華とかのほうが返って洒落てるんじゃないかと思いますけどね。だってルーテシアでフレンチ行ったってどうせワイン飲めないでしょ?もっとも、代行頼んで後部座席で2人で愛を確かめ合うとか、彼女だけを酔わせて下心丸出し計画、あるいは下戸カップルならアリでしょうけれど、だったらフレンチである必要もないわけで。

この記事を読んでルーテシアを買おう!と思う層とはいかに。ルノージャポンがターゲットに考えているのはこのような層なんでしょうか?

確かにラインナップの中ではインテンスが一番見栄えがするのでこういった広告塔になるのも理解出来ます。ですが私の知る数十名の全ルーテシア4オーナーの方々を見回しても、このような広告に一致するようなイメージの方が一人もいらっしゃいません。もっと濃いんです。とは言え、皆様にこのような「花束をしのばせる」別の顔があっても驚きはしませんけど笑、このような記事でルーテシアに興味を持たれる方はそもそもルーテシアを選ばず、もっと女ウケしそうなクルマを選ぶのではないでしょうか?

だいたい、ルーテシアが「 カップル至上主義」のクルマと書いてあるあたり、私を含め確実に数人を敵に回したと思います笑。

そういう意味では上記に挙げた東京カレンダーの記事のほうが「大げさな芝居感」に振り切れていて、潔いとすら思えます。

例えばゼンそれ自体よりも、ゼンのようなクルマがフランスでは大衆車、実用車として売れている、というところに私は「文化」を感じます。わかりやすく言えば、私も乗るたびにゼンのシートに感動するわけですが、それがスタンダードであり、特別なことではないんですよね。なので、何でもかんでも「とりあえずフランスっぽい感じを演出すればおしゃれでしょ」みたいな上澄みのような記事はつまらないと言うか、もったいないと言うか。


ルーテシアは、絵になる美しい、美しいクルマです。それはこの記事、画像からも伝わってきます。私もこんだけ惚れたクルマは今までありません。記事内で表現されている外見上の描写にもほぼ、異論はありません。ですが、やはりストーリーが型に押したようで感情の琴線に触れないのです。我が愛するルーテシアを起用しといてこれか…という。
男が主役で女を迎えに行き(花束付き)フレンチへ、その後、海へ……って他にヴァリエーションないの?って言いたいです。大人の男女が今更、夜の海を見に行って何するんですか?このコースだと海は千葉か湘南ですよね。どちらにせよ私など最後にそんなデートをしたのは10代後半の記憶。寒いし、潮風でベトベトするし、週末は爆音の方々がいるし、クルマ停める場所も限られてますし、靴に砂入るし。

私がルーテシアを知らないとして、もし男性がルーテシアに乗ってお迎えに来たらどう思うのか想像してみましたが、もはや知り過ぎて客観的に考えられないため無理でした笑。

どんなクルマでお迎えに来られたら嬉しいかも想像してみましたが、うーん……無い。
だって、いいなと思うクルマはイコール自分が運転したいクルマです。とりあえず私より背の低いクルマで、某ドイツ車以外なら良しとしますか。


多分、皆様お一人お一人のリアル・ルーテシアストーリーのほうが100倍面白いに決まってます。


ちなみに…私はVIRONよりAUX BACCHANALES派です。銀座店の雰囲気が実際のパリのカフェに一番近い気がしますね。バゲットにエシレバター(有塩)をたっぷり塗って♪


今回もお付き合い下さり、ありがとうございました。
Posted at 2017/03/06 20:16:02 | コメント(3) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年03月05日 イイね!
他力本願に染まる私。納車後1年と8ヶ月と少し。
総走行距離20810km。

新しいドライビングシューズが届きました。クラークスです。

「ドライビングシューズ」で検索すると星の数ほど靴が出てきますが、ちゃんと踵までゴツゴツがあるのは意外と少ないんです。私にとってこれはスタイリング上の飾りではなく、本当に必要な部分。だって踵は支点にもなりますし、どうしたって一番汚れますから。美しい色のヴァリエーションで言えばTOD'Sが欲しいけど、お高いゆえに買ったら鑑賞品となりそうだし、それでは本末転倒。クラークスはお値段も手頃、ゴツゴツもちゃんとあります。しかも大好きなヒョウ柄。春の到来とともにデビュー予定です。
こういったアイテムひとつ探すのも手間暇かかるんですよね・・・


ゼンと私にとって2度目となる富士スピードウェイに出かけてきました。目的は3つ。

1. Genki Racing Project のステッカーを頂きに。
2. LEDランプ取り付け(→整備手帳をご覧くださいませ♪)
3. ETCC出場のメガーヌチームを応援に。

ナリタモーターランドは直前で遭難しましたが、FSWは経験済みだからきっと大丈夫!農道はなかったハズだし!
と思っていたところへ、FSWへ行く前に和菓子でお茶を、というお誘いを頂きました。
ということは・・・?一人でサーキットを目指さずに済む!というわけで、早くも他力本願発動です。


待ち合わせは御殿場インター近くの和菓子工房「とらや」さん。
羊羹で有名ですね。ここに工房兼喫茶があります。
不測の事態を危惧して早めに出発した私。今回はナリタの教訓?から、あらかじめ地図で店舗と駐車場の位置関係を確認し、駐車場をナビの目的地に設定しておきました。
その甲斐あって、無事にふぐさん&みかんさんと合流に成功。
もういい加減うんざりされてる方も多いとは思いますが構わずに言います。
何て美しいクルマたちなんだろう・・・


日本画的な美しさをたたえた敷地内。

ちょっとした庭園風になっており、草花を愛でながらゆっくり歩くにも素敵な場所です。
ここで出来たての桜餅を頂きました。自然で優しいお味です。
その後、散策しながら絵の資料のためにお花をアップで数枚撮ったのですが(本来は写生すべきなんですけどね)、どんな雰囲気の場所なのかは同行された方々の立派なカメラの画像をご期待ください(笑)。はい、ここでも他力本願!

ゆったりと朝のお茶をした後は、3台でFSWに向かいます。
前にルーテシア、後ろにもルーテシア。これを至福と言わず何と言うのでしょうか。しかもくっついて行けば目的地まで行けるという安心感!他力本願発動しまくりです。



昨年、RSJで初めて訪れたFSWですが、この日はあの日と違ってとても静か。クルマも人もまばらです。それでもコースから聞こえてくる音にはワクワクしますね。まず、ふぐさんに例の作業を他力本願した後は、今回ここへ来る最初の理由となったステッカーを頂きに。主のchobinさんはミーティング中だったため、同郷・湘南のメガーヌ兄貴から手渡して頂きました。


何の貢献もしていないゼンと私ですが、せめてステッカーで宣伝させて頂きます。

控え室にお邪魔し、皆様が持ち寄られたお菓子をつまみます。YES!おやつも他力本願。
どこまでも他力本願な1日・・・ま、たまにはいいか♪ 普段は孤独に走っているのだから、と自分を甘やかしつつ。でも、他力本願は人様のご好意なしには成り立ちません。ゼンに乗って以来、色々なシーンで皆様のご好意を頂戴しています。私からは何のお返しも出来ていないのですが、いつもルノーな方々やルーテシアンな皆様には本当に感謝しているんですよ。

メガーヌチーム出場の4時間耐久レースのスタートを見届けた後は、レースを見ながらレストランでランチ。私としては昨年浮気したあのクルマがサーキット走行しているのが見られて興奮しました。フランス、イタリア、ドイツの速いクルマたちが素敵なサウンドを響かせながら走っているのは見飽きませんね。私はド素人ですが、コーナリングなどを見ていると一台一台走行ラインが少しずつ違うのがわかってきたりで、とても興味深いです。と言いつつも、イタリア車のロッソより私のゼンのルージュのほうがずっと美しいわ・・・と密かに思っていたのは内緒。

私の趣味のひとつに都内の高層階から首都高の流れをぼーっと眺める、というのがあります。それの高速版、しかも美しいクルマたちが次から次へと流れて行くのはたまりません。もっとずっと見ていたかったのですが、帰宅の時間がやってきました。ここからは自力本願となりますが大丈夫です。だって農道はないし(笑)とりあえず南に下っていけば西湘バイパスだし、そこからはもう「庭」同然ですからね!

私の他力本願砲を食らった皆様、どうもありがとうございました♪
Posted at 2017/03/05 14:28:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
プロフィール
「砂埃が気になって、平日のこんな時間に取り憑かれたように洗車。いよいよ私もヘン○イ域まで来たか。近所ランナーの冷たい視線が突き刺さる。でもシアワセ♪」
何シテル?   04/18 20:07
惚れて早1年。 LUTECIA ZEN 0.9MT を日本でいちばん愛しているのは私です。 10代前半からフランス映画&文学に影響を受け続けてきました。...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
休息日と洗車の流れ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/14 21:10:10
7Ways用地図作成が超簡単に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/11 16:36:25
無料カーナビ7ways(on Medi@skinV2)の起動速度を改善 第2版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/15 20:23:46
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー ルーテシア エレーヌ (ルノー ルーテシア)
一目惚れしました。何もかもが大好きです。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.