• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LEDAのブログ一覧

2017年06月21日 イイね!

ゼンが運んできてくれた5つのこと。

ゼンが運んできてくれた5つのこと。納車後2年
総走行距離25,065km。
(実際の納車日は今週末ぐらいなんですが、今週末はみっちりスクーリングなゆえ時間が無さそうなので、少々フライングでUPします)

タイトル画像は2年前、我が最愛のルーテシア4 ゼン0.9がやって来た日です。
この日を境に「ゼンがいなかった日々」と「ゼンがいる日々」に分けられるわけですが、後者はたった2年なのに、とても大きなものを私にもたらしてくれました。

1.運転の楽しさ
遅すぎるデビューで気恥ずかしいのですが、純粋にクルマを運転するのがこんなに楽しいだなんて知りませんでした。例えば日常の通勤や買い物や外出だけでも、じゅうぶんに楽しいんです。2年間ずっと、シートに座った時のわくわく感は衰えません。人間だったら2年で飽きが来る関係もあるのに。こんなクルマは当然初めてですし、出会えたことが奇跡だとさえ思えます。1年前よりも、さらに楽しい!

2.新しい人々
超絶人見知りでSNS嫌いの私ですが、ゼンをきっかけに知り合えた皆様の知識、技術、アイデア、経験など、本当にたくさんのことを教えて頂きましたね。そして、何度も助けて頂きました。感謝しています。
イベントなどにも顔を出せるようになり、実際にお会いして皆様とお話出来ることも楽しみのひとつとなりました。最初はRS軍団の中にゼンがぽつん状態でしたが、ゲンゾスキーさんがゼンに乗り替えられるという嬉しい出来事もあり、肩身が狭くなくなった?でも、もともとグレード関係なくいつも和気藹々とした雰囲気を皆様が作って下さいました。ルーテシアが何色も集まると本当に美しくて、今も、そしてこれからも見惚れ続けるでしょう。
お会いしたことはなくても、いつもこの変なブログを読んで下さっている皆様も、ありがとうございます。

3.新しい日本
それまでどちらかと言うと海外志向であった私にとって、国内にはまだまだ知らないことがたくさんあります。ですが、ゼンに乗ってそれまで行く機会のなかった土地へ出かけるようになり、日本がぐっと大きくなりました。連れて行かれるのではなく、自分の意思でゼンを走らせることに意味があるのです。それによって各地のルーテシアンな方々ともお会い出来たり、新しい体験を味わえたり。中でも、まさか自分が足を踏み入れるとは想像もしなかったサーキットという場所。皆様の応援に出かけたり、富士をパレードランで走ったり、成田のワークショップに参加したり。ゼンが来なければ絶対にあり得なかったことです。

4.知的好奇心のひろがり
自分がフランス車に乗っているゆえ、特に海外のクルマの歴史やストーリーに興味を持つように。これまではクルマという視点からヨーロッパ文化を考えたことはあまりないのですが、例えば映画を観ていても「登場するのがこのクルマということには何か意味があるはずだ」とか考えるようになりました。街でも、どうしても輸入車に目がいってしまいます。それから、私がまだクルマの楽しさを知らなかった頃の国産車もですね。個性豊かなクルマが生産されていた時代など、興味は尽きません。

5.自分自身の肯定
ゼンはそのすべてが私にフィットしているクルマです。妙な動きのワイパーや、突然言うことを聞かなくなるライト、ギシギシいう内装も、「こんなものなのねー、まあいいか」とやり過ごしてしまうほど大雑把な私です。そんな私をいつも気持ち良く受け入れてくれるゼンの存在が、「私は私のままでいい」という自己肯定に繋がっています。ゼンに乗っている自分が好きと思える。こんな感覚も初めてでした。

正直、もう2年もたっちゃったのか、と驚きです。だって、未だに毎日パッション&ラブなんですもの。そりゃあゼン自身にも傷は増えたし私もプラス2歳ですし、確実に時を重ねているのは間違いないのです。でも、「熱しやすく冷めやすい」私であるのに、ゼンに関してはまったくそんなことが無く、ずっと熱が続いている。いや、熱なんてもんじゃなく、それこそ私のルージュフラム。

次の1年もまた、ゼンと一緒に私の道を走って行きたいと思います。

Je t’aime, ZEN!!
Posted at 2017/06/21 22:55:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年06月18日 イイね!

北関東事始め。

北関東事始め。納車後1年と11ヶ月と3週間。
総走行距離24,988km。2回目の12ヶ月点検、了。異常無し。毎日元気。前後のタイヤローテーション実施。バッテリーはまだ大丈夫そう。先にブレーキパッド交換か。

タイトル画像は今回の栃木訪問記念品の数々。四角い石は大谷石のアロマストーンです。さっそくゼンの車内で活躍中。

以下、久々にちょい長めの文になります。


ある日、展覧会情報をチェックしていると、興味をひく企画がありました。その名も「美術館狂詩曲 20世紀の痴愚神礼讃」。痴愚神礼讃?なんか私にぴったりなタイトル。
場所は宇都宮美術館。以前雑誌で取り上げられていて、一度行ってみたかった美術館でもあります。これはいい機会がやってきた!とばかりに地図で場所を確認。これなら日帰りで行けそうだ、圏央道よありがとう。

ただ、問題はお昼ごはん。面倒くさがりの私は、せっかく宇都宮まで来たのに平気で○ニーズとか入っちゃいそう。ん?そう言えば北関東には数人のルーテシアンな方々がいらっしゃったはず!

というわけで、sensei@Rさんこと「せんせい」にお声掛けし、プチオフを企画して頂きました。しかし蓋を開けてみれば、完全に遠足でしたね(^^)


そもそも栃木県と私の仲とは・・・
小学校の修学旅行以来、多分訪れた記憶がない未開拓エリア。日光や高原避暑地のイメージもあるので悪い印象は全然ないものの、いまいちピンと来ない地域ではありました。埼玉、栃木、群馬、茨城はこれまで縁もなく、微妙な距離の近さがかえって旅の目的地にはなり得なくて。そんなことからも、今回の栃木訪問は遠足前夜の気分。

7時過ぎに地元を出発し、予定通りの3時間で美術館に到着(この道中、飛び石の襲撃を受ける)。
最近の地方美術館は都市部よりも「やる気」を感じます。今回訪れた宇都宮美術館もミニマムな洗練された空間で、気持ちよく作品を鑑賞。今話題の美術館ちょい悪ジジにも遭遇せず笑、お勉強出来ました。




さて、この美術館の建つ山の麓に、小綺麗な爆弾ハンバーグ屋さんがあります。
ここで皆様と落ち合い、ディナーセットという名のランチセットを頂きました。もちろん、ウェルダンのウェの字も出さず。チーズソースが意外にもあっさりしていて美味しく、最後はせんせいのソースも強奪してぶっかけ。セットのサラダも豆サラダであったり、なかなか地元ではお目にかかれないラインナップで楽しいランチに。

その後はいよいよフィールドワークのお時間。
引率のせんせいの指揮のもと、まずは長岡百穴古墳から。最近中国の石窟をざっと勉強した私は地味に興奮。ドーンと派手な仏様たちもいいですが、こうした人の手の温かみが伝わる素朴な仏様たちもありがたいもの。

こういった場所は1人だと通り過ぎてしまいそうなので、連れて来ていただけて良かったです。せんせい曰く、栃木は古墳が多いのだとか。手元の資料にも、この丘陵上にある古墳群は7世紀前半につくられたとあります。歴男、歴女のみなさん、今行くべきは奈良ではなく栃木です。

おっと、眼下にはさらにありがたいものが鎮座。



後半は、行く前から期待度MAXな大谷資料館を見学。
エントランスに向かう間にも、不自然に直線的なラインを描く山や、急激に下がる体感温度などが気分を盛り上げます。そのわりにエントランス自体はとても地味で味気ないのですが、階段を降りて行くと思わず感嘆の声をあげてしまいました。
ピラミッドや始皇帝陵の地下はこんな感じなのだろうか、と想像力を刺激される空間がそこに。冒険映画ぽくもあり、横溝正史的世界にも見え。巨大ワインセラーみたい、殺人鬼が潜んでそう、男女の心中死体が転がってても違和感ない、古代文明の遺跡にも見えるし中世ヨーロッパの地下牢にも見える・・・と連想ゲームは止まりません。

どこを撮っても絵になる空間なのですが、この空気感を撮影するのがとても難しく、早々と写真は他力本願へ切り替え。場内の美しい荘厳な様子は同行された方々のブログなどをご覧ください。

撮って頂いた中から

どっかのバンドのジャケ写真ぽい雰囲気(え?違う?)。
事前にせんせいから「上着の用意を」とお達しがあったので、冬の恰好をしています。

こちらも撮って頂いたもの。
「ザ・日本人観光客の図」


視界からの情報だけでなく、気温という肌で直接感じるものがあるから、とてもリアル。時々、天のほうからポタリと水滴が落ちて来てビックリすることも。

大谷石を背負って労働していた人々の写真がありましたが、石に触れると感じる「湿り気と冷たさ」に背筋がシャンとするのは、彼らの労働の困難さを感じるからかもしれませんね。なのに、石の表面はふんわり柔らかい感じすらします。観光客は多いですが、広くて暗いため人の存在が気にならない稀有な場所でした。
晴天なら自然光が射し込むポイントもあり、お天気だけがちょっと残念でしたね。

ここで変態タイム到来。まるで私たちのため用意されたかのような駐車スペースへ移動。


いつもどこでも美しいルーテシアはもちろんのこと、今回は皆様にお願いして、私が個人的に使用する題材のイメージ素材になって頂きました。こんな感じでそれぞれ撮影を。

ご協力ありがとうございました。もちろん今後も機会がありましたら撮らせて頂きます。

〆は大谷石を削って建立された平和観音様に参拝。
この観音様、正面より、上まで登って横顔を拝見するととても美しいお顔なのです。印象がだいぶ変わります。言い方を変えれば、下から見ると親近感を感じるカジュアルな表情ですが、頑張って上まで階段を上ると優しさと凛々しさを兼ね備えた表情をしていらっしゃることがわかります。って観る側の気持ちの問題か?

そんな観音様のお顔を拝みながら靴談義。レーシングシューズ兼ドライビングシューズ兼街歩きシューズ、なんて便利なモノはない!結局履き替えるのが確実、という真っ当な結論に至る。この日もうっかり底が薄いドライビング用で歩き回ってしまったせいか、足の裏が悲鳴を。考えてみたら、階段の上り降りは普段以上にこなした1日でした。不等な間隔で作られた階段は味があるのですが、足には優しくないようです。


栃木県。「また来たい」と思えました。圏央道で行きやすくもなりましたし、ゼンのおかげで北関東にもこうしてお友達が出来たので、まだまだ新発見が出来そう。そして、風景はのどかなのに、交通量が圧倒的に多いというアンバランスな感覚も独特でした。クルマは多いけどギスギスアセアセしていなくて。道路事情も地域の特性があるんですね。日光再訪も是非したいと思います。

歴史遺産や史跡などは、やっぱり大人になってから知識や興味を持って訪れたほうが楽しめますよね。

今回は、ずっと九州にいらしたひろ@ルーテココさん&ルーテシアGTにようやくお会い出来たのも嬉しかったです。企画・引率・ガイドまでしてくださったせんせい始め、皆様ありがとうございました。次回の「クルマ付き文化体験フィールドワーク」も楽しみにしています。


Posted at 2017/06/20 10:13:29 | コメント(4) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年06月05日 イイね!

ルノー燃ゆ(萌ゆ?)

ルノー燃ゆ(萌ゆ?)納車後1年11ヶ月と1週間。
総走行距離24,153km。

みんカラ2周年、という画面が出ました。SNS嫌いの私がよくここまで続いたと思います。
ただでさえ情報量が圧倒的に少ないルーテシアでしたので、色々リサーチしていくうちに当然辿り着いたこの場所。

最近は自分で読んでもイマイチな内容に成り下がった気がするので、いつも読んで下さる皆様にはただただ感謝です。なぜ面白くなくなったかというと、私の経験値が上がってきたからではないかと。最初の頃はとにかくすべてが初めてでしたので新鮮な驚きが多く、それを思いのままに書いていました。なので、これからはもう少し初期のスタイルに戻しつつ、綴っていきたいと思います。

土曜日の午前は愛のお時間ルーティン洗車、昼過ぎには学校の試験をWEBで受験、午後からは人生初「埼京線」に乗って、さいたまへ。芸術劇場にて親友とバレエを観た後、赤羽のフレンチビストロで長らく語らい、日付が変わる頃に帰宅。お風呂にも入らず強制入眠。

なぜなら、今回のフレンチフレンチ幕張は遅刻するわけにはいかない!前回到着した時はすっかり祭りの後だったんです。その甲斐あって、ちゃんとイオン幕張へ時間通りに到着し、受付も済ませることが出来ました。その代わり今回はゲンゾスキーさんがイオンモール幕張新都心の洗礼を…さぁ、お次は誰かな?


定期的に私を襲ってくる「ルーテシアを見たい症候群」。豊穣な色彩のルーテシアがズラリと並んでいる様が見たくて見たくて仕方なくなるんです。だから、こうしてルーテシアが集う場所にゼンを走らせる自分の変貌ぶりが信じられません。ゼンに出会わなければこんな私にはならなかった。なんてなんて罪なクルマなんだろう。

この日はもう少し西のほうのアンコールワットサーキットで素敵なルノーのお集まりがあったようですが、東の私たちもエアレースとケバブでハイセンスなイキフンのサンデーを過ごしておりました。謎。



初夏の幕張の空に、十字架のようなシルエットの飛行機が舞っているのが見えます。空から聞こえてくるエンジン音。ゼンがやって来てから、エンジン音というものを意識して聞くようになったなぁ、空を舞うのは楽しいのだろうか、などと思いながら視線を落とすとそこには私たちのルーテシア。私にとってはこれ以上ないリュクスな空間なのです。





ゼンが珍しく数台いらしたのも嬉しかったですし、異父兄弟S MTも実車を拝見させて頂いたり、身近ではあるけれどこれまで中々じっくり観察する機会のなかったメガーヌRSも、色々教えて頂きました。ルーテシアRSに至っては本当に1台1台違うので、いつも感心してしまいます。その向かいには佇まい自体がその名の通り軽やかでエアリィなWINDも。手入れの行き届いた旧いルノーたちもたくさんいらっしゃいました。ルノー燃ゆ、そして萌ゆ。

他にも、たとえ自分が興味ないクルマでも、美しく保たれたクルマを見ると愛を感じて嬉しくなりますね。

スタッフの方々、このように気軽に楽しめるイベントを運営して頂きありがとうございます。そして、車種ごとに美しく陳列されているクルマたち、ショウルームの100倍以上の価値がある場所だと思います。素敵だなと感じるクルマをじっくり眺めたり、オーナーさんにガイドして頂いたり。とかくフランス車の色の美しさはメーカー問わず、絵具を並べたみたいに目の保養に。


会場近くに住む旧友が「ひとりドイドイ幕張」をやりに来てくれましたが「ルノー車の中にいると、まるで熱に浮かされるように思わずルノーが欲しいって気持ちに陥ってしまうな」と言っていました。見たかルノーの引力!


皆様のクルマを拝見していると、私のゼンもああしたいこうしてみたい、と色々な欲が出てきてしまいます。
でも!!そんな夢を抱いた途端に突如迫ってきた、非情過ぎる現実。




ボンネットに未確認飛来物体を食らいました。
何かが飛んでくるのが見えて、その直後ゴツン!と音がして・・・チェックするのが怖かったくらい。いつもの湾岸線でなく、久々に横羽線を選んでしまったのが間違いだったかも…

私の美しいゼンの滑らかな艶肌にまたしても傷。斜めから見ると少し凹んでいます。なっちゃったもんは仕方ないので(わたしも耐性がついてきた?)とりあえずはまたルージュフラムを調合します。でもやっぱり悲しいぃぃぃ

Posted at 2017/06/07 00:47:32 | コメント(4) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年05月26日 イイね!

利き目に効き目。

利き目に効き目。納車後1年と11ヶ月。
総走行距離23,855km。

先月、人生初MEGANEを手に入れた私ですが、日に日に強くなる紫外線と直射日光が運転時に辛くなってきました。かと言ってMEGANEを外して従来のサングラスを使用する気にはとてもなれなくて。。。

町歩きにも必需品ですし、思い切って「度付きサングラス」を作りました。タイトル画像がそうです。

サンプルはグラデーションのかかった、外から目元がはっきり見える明るいレンズだったのですが、やはりそれでは眩しさに対応し切れないこと、濃いレンズのほうがコントラストが明確になるので曇りの日も使えることなどから、濃い目ブラウンのレンズに。これを装着すると視力が1.0に矯正されます。ただ、熱にとても弱いので、車内に放置は厳禁だとか。MEGANEってみんなそうなんですか?初心者なので知識が乏しすぎです・・・

サングラスは大きめフレームのおバカっぽいスタイルが好きなのですが、今回はそこまでおバカっぽくないものに落ち着きました(え?じゅうぶんおバカっぽいですって?)。画像ではわかりづらいのですが、アームの部分が赤くて綺麗なんです。

私の目は、左が利き目なんだとか。言われてみれば頭痛は必ず左こめかみ〜耳上あたりと決まっていますし、人生初SHIRAGAを発見したのもこの場所でした。人間の体って本当に不思議ですね。よって、先月作ったMEGANEは左のほうが強めに調整されているのですが、今回作ったサングラスはあえて両目同じ調整にしてあるとのこと。使用感にはまったく問題ないので、とても快適です。恐らく1年中使用することになりそう。頼もしい運転グッズです。

ちなみにフレームは鯖江産、レンズは岡崎産のメイド・イン・ジャパン。先月買ったMEGANEの4倍のお値段を支払いましたですよ・・・日本製、お高いんですねぇ。大切に使いたいと思います。

それから、もうひとつの新アイテム、iQOSがやって来ました。会社近くの馴染みのコンビニにお願いしておいて3ヶ月。色は選べませんでしたが、開けてみたら紺色。当然赤が良かったけど、紺もまぁまぁ。使用してみた感想は、昔、縁日とかで売っていた「ハッカパイプ」を思い出す感じでした。メンソールやミントはハッカの味しかしません。最近は車内でこれを吸っている人も見かけますが、私はやりません。左手がやたらと忙しいんです!
Posted at 2017/05/26 23:20:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ
2017年05月14日 イイね!

今回はうまくいった静岡。

今回はうまくいった静岡。納車後1年10ヶ月と3週間弱。
総走行距離23,320km。

週末は広島や山中湖にルノーな方々が集結!皆様が素敵な時間をお過ごしになって安全に戻られたことを願っています。さて私はと言うと、山中湖へ向かうだろう数台のルノー車をニヤニヤ横目で眺めた後に新東名へ入り、西へとゼンを走らせました。

1.ついに参拝実現
静岡在住ルーテシアンの方々のブログに時々登場する世界遺産「富士山本宮浅間大社」。
今回の目的地はここ。一応軽くスケッチもしようと思い、道具も持参でお参りしてきました。



もっと山の中に建立されているのかと思っていましたが、意外にも街の中に佇んでおられました。まずは本殿に参拝し、御朱印を頂戴し、念のため境内でスケッチをする旨をお伝えし承諾を頂きます。本殿の建築も見事。三間社流造というそうで、堂々たる佇まいです。そして、本殿の右を抜けるとさわさわと心地良い音が。お隣を歩いていたおばさまのグループが「富士宮に来たんだから、焼きそば食べに行こうよ」と話しているのが聞こえてきて・・・uchiさんは今頃きっと広島で富士宮焼そばを焼いているに違いない、とふと思ったのでした。

2時間ほど湧玉池と神路橋をスケッチし(橋を描くのはとても難しい・・・私は特に構造的センスが皆無なため、美しい橋がなかなか描けず)鳩の餌付けが始まったので撤収。

2.早くもあの店でリベンジ達成!
そして、下道で御殿場へ移動。
富士宮から御殿場へ抜ける469号線は、とても気持ち良かったです。私レベルでも非常に走りやすい曲がり具合。窓を全開にして快適ドライブ。
街に出てから目指す場所はひとつ。そう、「さわやか」です。前回、ウェルダンと言ってしまったが故に普通のハンバーグを食すことになったあのレストラン・・・いざリベンジへ。

今回は山中湖から下ってくるゲンゾスキーさんと『すごい今更だけど2月のCRR成田58秒アタック優勝祝賀会』という名の?遅めのランチを頂くことに。混雑のため第2駐車場へ移動し、待つこと3分ほどでブルーのゼンがご到着。素晴らしいタイミング!ですが、店で受付をすると、やっぱり2時間待ち・・・そこで私は思い出しました。

土曜日に施工予定だったナンバープレート位置変更。雨のため作業出来ず、アジャストステーがゼンのトランクに入ったままになっていることを。待ち時間の間に作業出来るかも!しかも頼もしいゼン仲間がここにいる!と思ったところで工具を持って来てないことに気づきました。プレートを外すための特殊工具はあるのですが、肝心のドライバーやネジがない。でも時間はたっぷりある・・・

そこで、近隣のダイソーでとりあえずのミニドライバーを、ホームセンターでネジを調達。そして、ホームセンターでもkazuafさんの整備手帳を開いて確認を。まさに参考書ですね。

この後の展開は整備手帳をご覧ください。短時間で作業出来そうだったのと、他のクルマの邪魔にならなさそうだったので、待ち時間で取り付けることが出来ました。

作業終了後に「そろそろ店内で座って待ちましょうか」と店へ行くと、ちょうど名前を呼ばれ、またしてもナイスタイミング!焼き加減はそのままで、を確認し、今回は無事に「さわやかのげんこつハンバーグ」を美味しく頂くことが出来ました。やっぱりウェルダンは普通だとわかるくらい違ってましたね。しっかり焼いてあるとソースが中までしみていかないんですよ。外側にしかついてない感じ。中がまだ柔らかいと、ちゃんとソースが中まで届いてお肉本来の味とのハーモニーを味わえるんです。これから行かれる方は私の失敗を糧としてくださいませ。さわやか初挑戦のゲンゾスキーさんも満足されたとのこと。良かった!



3.やっぱり最高!ルーテシアの後ろ姿
ルーテシアの後ろを走るのが趣味です。今日はゼンの後ろ!ただ、はぐれたらそれは仕方ないので先に行っちゃってくださいね、なんて話していたら、駐車場から出て1分ではぐれるハメに(涙)。

東名は事故で大渋滞。ゲンゾスキーさんはもうずっと先だろうなぁ、と思っていた矢先、サービスエリアからの合流にブルーのゼンが!しかもちょうど私の前に入れる完璧なタイミングで登場。今日はすべてにおいてタイミングが良く回るなぁ、時間の神様が背後にいるんではなかろうか、なんて思いながら無事に厚木までご一緒出来ました。
本当に永遠に見ていても飽きないルーテシアの後ろ姿・・・見るたびに惚れ直します。

次のイベント参加は来月4日のフレンチフレンチ幕張の予定です。ゼロ戦のデモンストレーション飛行?と重なってるみたいなので混雑具合が想像出来ませんが、参ります。

この日はまた中部方面でサーキットイベントと重なってしまうようですが、幕張に来られる方はお会い出来るのを楽しみにしています♪


Posted at 2017/05/16 20:18:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | LUTECIA ZEN | クルマ

プロフィール

「実車初見。紫をほんの少し感じるような深みのある美しいワインレッド。エレガントで洗練された赤だけど、私の赤じゃない」
何シテル?   05/11 18:24
惚れて早2年。 LUTECIA ZEN 0.9MT を日本でいちばん愛しているのは私です。 10代前半からフランス映画&文学に影響を受け続けてきました。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

ナンバープレート位置変更 クスコアジャストナンバーステー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/07 16:43:52
休息日と洗車の流れ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/14 21:10:10
7Ways用地図作成が超簡単に 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/11 16:36:25

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

ルノー ルーテシア エレーヌ (ルノー ルーテシア)
一目惚れしました。何もかもが大好きです。

過去のブログ

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.