車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月26日 イイね!
題名は何のことだ?という感じですが、ちゃんと意味は繋がります。

しかし、英語に拒否反応がある方、、、、

安心してください、英語は話しませんよ♪(とにかく明るいぽんこつ)


アホな冗談はさておき、事の始まりは、TRUSTのブローオフバルブが原因です。

社外品のブローオフバルブを使うと、車種別専用設計でもない限り、純正のPCVパイプは撤去になります(インタークーラーの上に載っている黒い配管)。

が、しかし、ブローオフ付属のPCVパイプに代わって使うホースは、ブリヂストン製の耐圧、耐油ホースという、見た目にもあまりよろしくないものです↓



これを見た目の良いモノに変えてしまおう

というのが今回の趣旨でした。


オイルキャッチタンクを装着する場合、純正PCV配管を延長するべく、CoolnutsやSAMCO製のシリコンホースを使うのを見受けます。

某、SAMCOのホースが大好き?なチューナーショップがありますが、そこではこれを使っているようですね。

耐油ストレート 40FSHL




ところが、私は以前、キャッチタンク用配管に通常の補強ホースを使っていて負圧で潰れた経験があるので、出来ればスプリングホースが欲しい・・・・


と、SAMCOのラインナップを見ていたら、SAMCO製の耐油スプリングホースがありました。

フレキシブル耐油ストレート 40FXFL(耐圧は正負圧とも問題なし)




ただ、4mは欲しいのですが、正規輸入品だと定価ベースで10万円を超えます。

さすがにホース如きでそんなには出せないので、いつもお世話になっているイギリスのSAMCO正規代理店と話をしました。

ところが、

いつも返信レスポンスが超速い彼が、もう既に2日音沙汰なしです(いつもは長くても30分ぐらいでメーカーに問い合わせてくれる)

問い合わせた時に、「SAMCOのラインナップにはありますが、貴方のショップには売ってないですね?他の店では売ってましたが・・・・」といった内容を送りましたが、多分、イギリス人はプライドが高いので、メールの内容で機嫌を損ねたのかもしれません。。。。。。

メールのやり取りの中で時々、「私は英語が得意ではないので、何か失礼があったらごめんなさい」といったような文面は付けていますが・・・・


ただ、私も日本に来ている外人さんと話す(日本語で)機会が結構ありますが、言葉遣いを勉強していないので、時々「ムッ!」と来る時があります。

という事で、

・人の振り見て我が振り直せ

・他国言語は難しい


とつくづく思った「ぽんこつ」でした。


とりあえず数日様子を見て、返信がないようなら低姿勢にお伺いを立ててみるつもりです。

それでもダメなら、「耐油ストレート 40FSHL」で配管するしかないですね。
Posted at 2017/04/26 08:45:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月24日 イイね!
友人から、私の前回の内容について少しだけクレーム?がありました。

ですので今回は、

ブローオフバルブの大気開放をするか否か?

とします。

ですが、前回のブログでも書いたように、私は大気開放はしません。


まず、私がやらない理由を書いていきます。


一つ目は、大気開放をすると車検に通らないこと

優等生的な回答ではありますが、車検を通すためには大気開放をリターンさせなければならず、整備性の悪いスバル車なので、車検の度に元に戻すなんて面倒な事はやりたくありません。

DIYで出来る人なら手間を惜しまなければまだしも、整備してもらう場合はお金もバカになりませんし。


二つ目は、A/Fが崩れてエンジンに負荷が掛かること

私にはこの理由の方が重要ですが、ブローオフからリターンされたエアがシリンダーに入って燃焼されなければいけません。

つまり、本来は入って来る筈のエアが入ってこないのでA/Fはリッチ方向にシフトします。

EJ20はGDB以降でEJ207になりましたが(GCの207は別物)
相変わらずA/Fのバランスにかなりシビアで、毒キノコを入れてシャシダイでパワーチェックをすると、必ずと言っていい程に高回転域でノッキングが発生してエンジンの調子を崩します(見た目に分かるほど、マフラーから煙を吹く場合も多々あり)。


毒キノコを入れた時の様に過剰リーンバーンだと致命傷ではありますが、だからといって逆にリッチ過ぎるとパワーも出ないしトルクも出ない


さて、ブローオフから大気開放されるエアがどれくらい威力?があるのモノか?というと、標準仕様のWRX STIにはエンジンボンネット裏に遮音材が付けてありますが(下画像赤線枠部)、それが



ブローオフの爆風でバラバラに吹っ飛ぶことがあります


私もインテーク経由ではありますが、ブローオフの吹き返し音がすると気分が高揚するので、音を出したいという気持ちも分からなくもありませんが、エンジンバランスを崩してまで大気開放をやろうとは個人的には思いません。

どうしてもやりたいならECUを書き換えた方が安全でしょう。

しかし結局、車検には通せないですが・・・・・
Posted at 2017/04/24 08:57:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月21日 イイね!
全体的な車の改造度にしては、ちょっと手落ち感があったブローオフバルブを変更します。

今までは「コトスポーツ」の強化品を使っていましたが、見た目も仕様も新しくという目標で、TRUSTのブローオフバルブを購入しました。



製品名: TRUST GReedy ブローオフバルブ FV 

型番 : BFV-614(GR/GV/VAB)

選択基準は、エンジン性能に無意味(というか、逆に弊害)な大気開放は絶対にやらないので、

ブローオフサウンドに拘ったものではない

という理由です。


内容物ですが、車種別の専用配管が付いています。





GR/GV/VABの場合で、このTRUST製ブローオフを使う場合、下画像の様にアクセル・スロットル・ボディの真上を通してブローオフのリターン配管を迂回させるようになっていますが。。。。




私の場合はTOMEIのターボサクションホースを使っている理由で、サクションホースとリターン配管の接続部がアクセルスロットルボディーに接近しており、ホースを避けて上に向ける事が出来ません。





という事で、下向きで迂回させて接続する予定です↓



 
配管が万一合わない場合は、SAMCOの耐油フレキシブルホース(ワイヤー入り)を使って接続すれば何とかなるでしょう

その方が配管の色が統一されて良いと思いますが。

Posted at 2017/04/21 20:22:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月17日 イイね!
先日、パーツレビューの載せたEZLIPを取り付けました。



取り付けた感じは・・・・

この手の製品にありがちな、接近直視禁止ということでw


他のレビューで「端から剥がれてくる」という記述が散見されますが、キッチリとバンパーを洗って脱脂をすれば、高速道路を含めた通常走行ではそう簡単には剥がれてこないと思います。

しかし、端から剥がれてくるという話もあるので、念のため端の部分はマッドガードで挟んでいます(もうちょっと広範囲に挟める様に改良予定)。








パーツリストのイラストで言うと、赤丸部分です↓



フロント部分がクリップも何もないので、バンパー既存の穴に自作幅広ワッシャー(抑え目的)とクリップで止める予定。

パーツレビューでも書きましたが、走行風圧で曲がる可能性が大きいので、特にフロント部分のLIPの強度を上げます


まずは素材を調べます。

EZLIPのWPでは、EPDM (Ethylene-Propylene-Diene-Terpolymers「ASTM」) で、この素材の身近なパーツと言えば、ウェザーストリップやエンジンルームの緩衝材が挙げられます。

ということで、


とりあえず、EZLIPは路面の凹凸に引っ掛けたりしなければ、そこそこ耐久性はあるもの


と解釈しました。


ちなみに余談ですが、車高調で4㎝落とし、EZLIPを付けた事で、バンパーの最低地上高が11.5cmになりました。



これは、私の過去歴代最低の高さです


平坦な地域に住んでいる人にすれば


何だ、大したことないじゃん?


と言われると思いますが、私の居住地域でこの高さは結構冒険です。

何せ、ノーマル車高、ノーマルバンパーでも擦る場合があるので・・・・


次は強度アップの考察をします。
Posted at 2017/04/17 13:27:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月16日 イイね!
以前もブログや整備手帳で挙げましたが、インタークーラーの潰れたコアを修正します。



潰れた原因ですが、人的原因で、前回のパワステポンプ交換の時に、行き付けの整備工場で潰されました


インタークーラー脱着を伴う作業ならともかく、パワステポンプ交換で、何故にコアを潰すのかが全く理解が出来ない


まあ、行き付けの整備工場なのであまり文句を言うのも気が引けるので、自分で直します。

修正後です↓





コア修正に使用する工具は、例によってコレです↓




ラジエーター、インタークーラーのコア修正用として「〇タぺン」という専用工具も持っていますが、私の個人的使用感ではこの工具の方が綺麗にコア修正出来るので、こればっかり使っています。


話は戻って、実は、コア潰れは今回だけでなく、行き付けの整備工場に行くたびにコアを潰されるのですが、


毎度毎度こういう状態だと、I/Cの上に工具を置いたりしてるのか?と疑いたくなります


という事で、自己防衛をするべく、インタークーラー・ガード装着を考えます。

ただ、巷で出回っている「インタークーラー・ガード」は材質的にも構造的にもかなりC/Pが悪い印象があるのと、メッシュの網目が細か過ぎるので、常時装着ではコアへの導風抵抗が上がって冷却効果も下がると思われるため、自作を考えています。


キモは、メッシュ規格の選定と、枠の構造と材質ですね。
Posted at 2017/04/16 15:03:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[パーツ] #WRXSTI BCS ブレーキシリンダーストッパー(マスターシリンダーストッパー) http://minkara.carview.co.jp/userid/2448385/car/1971130/8381337/parts.aspx
何シテル?   04/10 10:09
ぽんこつネコです。 自称、「なんちゃって整備士」。20年近く前に、個人経営の整備工場で3年間勤務。兼業でしたので、中途半端な知識しかありません。 将...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
基本、お断りはしない主義ですが、突然に申請頂いてもお断りするかもしれません。

「ぽんこつ」とお友達になってもメリットはないと思いますので、私からの申請は控えております。
32 人のお友達がいます
@相川@相川 * WR-XtremeWR-Xtreme *
たっきー†M-22†たっきー†M-22† RYO0223RYO0223
ぐんちゃぐんちゃ Gil@k-sukeGil@k-suke
ファン
81 人のファンがいます
愛車一覧
スバル WRX STI スバル WRX STI
スバル WRX STIに乗っています。 一度、大人しくなろうとラグジュアリー系(CM2 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
アシェットの、「週刊スバル インプレッサをつくる」を始めました。 全110号予定ですが ...
スバル WRX S4 スバル WRX S4
MT車のクラッチが遠距離運転で辛くなってきたため、長距離用に購入。でも、ほとんど出番がな ...
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
遮音性と乗り心地の良さ、さらにはオートマという事で、運転中にオチる事もしばしば・・・・ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.